ヤクルト×緑茶が台湾で人気?!その飲み方と口コミまとめ

スポンサードリンク

日本の人気乳酸菌飲料のヤクルト。
子供の時は、かなりの頻度で飲んでいた方が多いのではないでしょうか?

ヤクルトは日本の会社ですが、世界中にヤクルトを届ける「グローバル企業」であることをご存じの方も多いでしょう。

今回は、そのうちの台湾で人気の飲み方「×緑茶」について、その飲み方と口コミをまとめてみました!

グローバル企業ヤクルトの取り組み

ヤクルトグループは、日本が誇る大企業ですが、特にグローバルを視野に入れている「グローバル企業」です。

株式会社ヤクルトの本社代表取締役の根岸社長は、ホームページ上でこのような「トップコミットメント」を発表しているほど。

ヤクルトグループは、
生命科学の追及を基盤に
グローバル企業としての社会的責任を果たしていきます。

参考:http://www.yakult.co.jp/csr/basic/

特に最近は、海外の健康志向の高まりがあって、和食が注目され、日本=健康というイメージもあるといわれますから、日本の会社ができることも多くありそうですよね。

ヤクルトさんは「生命科学の追及を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します」という企業理念のもとに、予防医学や健腸長寿に注目しているらしい・・・!

単純に乳酸菌の製品を売るだけではなく、基礎研究にも力を入れていらっしゃいます。その証拠に2016年には中央研究所をリニューアルしたのだとか。

2016年4月、当社は、腸内フローラやプロバイオティクスなどの基礎研究および食品、医薬品、化粧品の製品化研究を加速させ、これらの研究活動を通じ、科学技術の推進や社会の発展に寄与するために、中央研究所をリニューアルしました。

参考:http://www.yakult.co.jp/csr/basic/

本気度がうかがえますね。

台湾ヤクルトとは?

国際事業も順調なヤクルトさんですが、もともと日本と比較的近い文化を持った台湾では、かなり古くからヤクルトが販売されています。

日本以外の諸外国でのヤクルトの販売は、台湾がいちばん最初でした。

海外での販売は1964年の台湾を皮切りに、アジア・オセアニア、米州、欧州へと広がっており、現在日本を含め、世界32の国と地域で愛飲されています。

参考:http://www.yakult.co.jp/news/article.php?num=487

台湾のヤクルトは、日本よりもパッケージが大きいのが特徴です。

台湾ヤクルトの人気がある飲み方は?

台湾では、ヤクルトがいろいろなところで売られていrます。
コンビニはもちろん、ドリンクスタンドのようなお店や、屋台が並ぶ夜市でも・・・みんなヤクルト大好きなんですね。

それもただのヤクルトではなく、なんと「ヤクルト」と「緑茶」を混ぜて飲むのが人気なのだそう。

養楽多緑茶
(ヤクルト緑茶)

スポンサードリンク

として、販売されているそうです。

台湾ヤクルト×緑茶の作り方

シェーカーに緑茶、ヤクルト×2、シロップを入れてシャカシャカ振りだしたのだ。マジでヤクルトと緑茶で作られている。これがヤクルト緑茶なのか……。

参考:https://rocketnews24.com/2015/12/04/674274/

材料はヤクルト2本、緑茶、シロップのみです。
シロップはお好みで増やしたり、減らしたりするのだそう。

甘そう・・・な気がするけど、大丈夫なんでしょうか?

台湾ヤクルト×緑茶の口コミ

台湾の「ヤクルト緑茶」を飲んだ方の口コミを集めてみました。

おそるおそる飲んでみると……これは! パッと感じるのは、ほんのりとしたヤクルト風味。甘さのない「マミー」と言ったところだろうか? だが、乳酸飲料の口にまとわりつくような味はなく、とくに後味が大変スッキリしていて美味しい!

ヤクルトを水で薄めたなら、きっとただ薄いだけのヤクルトだ。しかし緑茶を投入することにより、お茶の自然な甘み、渋みが “薄さ” をカバー。むしろ進化させている。ヤクルト×緑茶とは、日本では見ない組み合わせだが、全然怖くない。むしろウマイ!!

参考:https://rocketnews24.com/2015/12/04/674274/

なに?!絶賛ですね!笑

乳酸菌飲料のまろやかな味わいに緑茶のさわやかな苦みがよく合って、すっきりとした味わいは一度の飲むとハマってしまうおいしさ!

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170907-00073962-esse-life

たしかにヤクルトってちょっと甘ったるいから、お茶と一緒にすることで飲みやすくなるのかも。

筆者は「微糖」が好きなので、ガムシロを1個半ほど入れてみた。よーくかきまぜて、さっそく飲んでみると……キタ、キタ、キターッ!! 台湾夜市の味キタァァーッ! ヤクルトの味わいを残しつつも、緑茶が乳酸菌飲料のまったり味を引き締め、キリっとした爽やかな美味しさに。

参考:https://rocketnews24.com/2015/12/15/678252/

みなさん、大好評ですね!やってみたくなる・・・笑
比較的まろやかな甘みのあるお茶と相性がいいようです。

台湾の緑茶ヤクルトまとめ

台湾では、街のジューススタンドや夜市の屋台でも売られているほど、ヤクルトが人気です。日本のようにそのまま飲むよりも、いろいろなアレンジをしているのも特徴の1つで、中でも緑茶とヤクルトとガムシロップを混ぜた、「緑茶ヤクルト」が人気のようです。

台湾の方にしか受け入れられないのかと思ったら、そうでもないのがおもしろいところ。

日本人の方で「緑茶ヤクルト」を飲んでみた方の意見は、みんなおいしい!と大絶賛でした。

久しぶりにヤクルトを飲んでみたい・・・そう思った方は、ぜひヤクルト緑茶もお試しください♪

森永マミー 200ml×24本
森永マミー 200ml×24本

posted with amazlet at 17.10.26
森永乳業
売り上げランキング: 12,121
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。