腸内洗浄「コロンハイドロセラピー」の効果 ~メリット・デメリット~

スポンサードリンク

便秘や腸内環境の改善に悩む方の間では、腸内洗浄がとても注目されています。「コロンハイドロセラピー」とも呼ばれる腸内洗浄法、みなさんはご存知ですか?
 

 
宿便を摂ってくれるとか、ダイエットにいいとか、やせやすくなるとか、いろいろな効果も言われていますが、まだ新しい方法であるがゆえに、そこには心配な点、そしてデメリットも存在します。
 
今回は、そんな腸内洗浄について、その効果やメリット、デメリットをまとめました。
 

 

腸内洗浄とは?

腸の中に温水を入れて、腸の中のゴミ(宿便など)をキレイに取り除くことを目的とした施術です。
 
便秘症でお腹の中にガスや便が溜まっていると心配している人にはとても人気で、腸内洗浄を1回すると肌がきれいになったり、ダイエット効果もあるという理由でトライする方も多いんだとか。スーパーモデルさんとか、故ダイアナ妃も施術を受けていたようですね。
 
ときわ台メディカルクリニックさんのホームページには以下のように説明されていました。
 

腸内洗浄(コロンハイドロセラピー)は、大腸全体(約1.5m)にろ過された温水を注入して洗浄する施術です。
 
注入は腹部をマッサージしながら行い、薬を一切使用しません。便秘による滞留便・古い毛細血管・腸内ガスなどが排泄され、しかも腸内の悪玉菌(有害菌)と、悪玉菌が生み出した有害物質を取り除き、善玉菌が優勢になる環境へと導きます。
 
汚れがちな腸内環境をキレイに整えることで、美肌や疲労回復、便秘改善、むくみの改善などに効果的といわれています。
 
参考:http://tokiwadai-medical.com/colonic/explain/

 
私も、何度かやってみようかな・・・と考えたこともあるのですが、そこにはちょっと心配があります。自然にできた腸内フローラに科学的な力を加えてしまってもいいものか・・・私はまだトライしたことはありません。
 

そもそも宿便ってなに?

お医者さんによっては「宿便」というものは存在しないという方も多いです。もちろん実際に腸内洗浄をするとでてくるうんちはありますが、これは数日おなかの中に滞留しているだけの「滞留便」である可能性が高く、長年こびりついた便が、一度にどばっとでてくるということはあまりないんだとか。
 
宿便については以下の記事にまとめてみたので、ご興味ある方は読んでみてください。
 
▼過去記事

 
便というのは、食べ物の残りかすや腸内細菌の死体、古くなった腸壁でできていますので、これらを無理やり外に出すことが本当にいいことなのか・・・ちょっと悩みますよね。
 

腸内洗浄のメリット

ここでは腸内洗浄をすることによる効果、そしてメリットをまとめてみました!
 

デトックス効果がある

慢性的に便秘を抱えている人は、便が出たとしてもまだお腹に溜まっている状態です。その便が発酵するなどして、腸内環境をさらに汚している場合も多く、となれば血液にもその汚れが混ざってしまっている可能性もあり、腸内洗浄をすることでこの腸内環境を汚しているもとを取り除くことができます。
 
もともと悪玉菌が優勢な状態の腸内環境であれば、腸内洗浄によってリセットできる可能性も高いんですって。薬物を使用して腸をキレイにするのは心配な方も、腸内洗浄であれば薬物なしで、短時間/短期間でリセットできるのが魅力です。
 

スポンサードリンク

ダイエット効果がある

以前こちらの記事にも詳しく書きましたが、慢性的な便秘の方の場合、便が1㎏近く溜まっていることもあるんだそう。
 
▼過去記事

 
それを考えると、1㎏の便が体外に排出されるわけなので、その分体重を減らすことができます。
 

腸内洗浄のデメリット

腸内洗浄についてメリットがあれば、デメリットも必ずあるもの。ここではデメリットもまとめてみました!
 

腸内細菌のバランスが不自然になる

腸内洗浄によって、腸内細菌を洗い流してしまうことになるので、良い菌も悪い菌もみんな流れてしまう可能性があります。
 
バランスが崩れると、新しい細菌が入ってしまうことも考えられますし、腸内環境にとってよいハズの善玉菌もいなくなる可能性も・・・。果たして本当に洗い流すのがよいことなのかちょっと疑問です。
 

腸の動きが鈍くなってしまう

1回ぐらいならば大丈夫だとは思いますが、あまり外からの刺激で無理やり出す方法に慣れてしまうと、腸自体のぜん動運動が弱まってしまう可能性があります。
 
マグネシウムなどをいっぱいとったり、腸もみをして、少しずつ動くようになってきた腸が、またサボりはじめる可能性もゼロではないと思うのです。自力で排便することがますます難しくなる可能性があります。
 

腸を傷つけてしまうかも?

細菌では医療機関だけではなく、自宅で腸内を洗浄できるキットが売られているようですが、素人が医療行為を行和なくてはならないのはちょっと心配です。腸を傷つけてしまうと、感染症にかかりやすくなったり、大腸全体の機能が低下します。 
わたしのおなかはもともとぜん動運動が激しい方ではないので、変な刺激を与えてしまうとますますサボってしまったり、びっくりして動かなくなってしまう気がするのですよね。これは別に医学的な根拠があっての発言ではなくて、単純な心配ですけども。
 

まとめ

ストレスで便秘になってしまう方もいるぐらいですから、腸内環境(=腸内フローラ)はとてもデリケートです。
 
腸内洗浄と聞くと一見魅力的だけど、科学的な処置は何かしらの心配が伴います。特にもともと腸の動きがあまりよくない方は、それなりに影響も強そうなので心配が増えますよね。
 
気にしすぎてもしょうがないけど、腸内洗浄の効果、メリット、デメリットをちゃんと理解して、自分なりによい利用方法を見つけてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。