発酵食品ソムリエ・発酵マイスター・発酵ライフアドバイザーの違いってなに?【発酵資格比較】

困った人
発酵食の勉強をしたいんだけど、似た資格が多くて迷っちゃう…「発酵食品ソムリエ」「発酵マイスター」「」の違いを教えて!

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の結論
・どの発酵資格がおすすめなのかは、資格取得後に発酵食品とどんな関わりをしたいかによる
・とにかく安く体型的に学ぶなら発酵食品ソムリエ、発酵を生活にとりいれる環境を作りたいなら発酵ライフアドバイザーがおすすめ

ここ数年、おうち時間が増えたこともあり、味噌や塩こうじなどの発酵食品を家で手づくりする人が増えています。

発酵食品は栄養バランスがよく、免疫力アップや花粉症予防、そして時短料理やダイエット飯にも使えるとあって大人気!

せっかくなら発酵のしくみを学んで、楽しく、効率的に、健康キレイを目指そうと発酵の資格を探す方も急増中。

でも、発酵の資格は複数あって、「発酵食品ソムリエ」「発酵マイスター」「」と言われても、違いがよくわかりません。

そこで今回は、それぞれの資格とその違いを徹底解説!

ぜひ、この記事を読んで自分に合った資格を見つけましょう。

長谷川ろみ
この記事を書いた人:腸活研究家 長谷川ろみ詳しくはこちら

発酵食品ソムリエと発酵マイスターと発酵ライフアドバイザーってどんな資格?

まずは「発酵のプロ」になれる、3つの発酵の資格をピックアップ!

資格➀ 発酵食品ソムリエ
資格➁ 発酵マイスター
資格➂ 

一つずつ見ていきましょう。

資格名発酵食品ソムリエ発酵マイスター養成講座発酵ライフアドバイザー養成講座
認定団体NPO法人
発酵文化推進機構
日本発酵文化協会
受講条件だれでもOKベーシック講座4科目を受講済みであること
(1科目6600円×4=26400円)
だれでもOK
受講費用32,000円176,000円149,600円
受講場所通信(オンライン:書籍教材)通信(オンライン:Zoomアプリ配信)
※通学講座もあり
通信(オンライン:動画アーカイブ配信)
※通学講座もあり
受講期限6か月4日間申込から1年間
試験日程いつでもOKあらかじめ決められた日程で開催(オンライン:Zoomアプリ配信)
※通学講座もあり
いつでもOK(オンライン受験)
※通学講座もあり
試験会場通信(オンライン)通信(オンライン:Zoomアプリ配信)
※通学講座もあり
通信(オンライン:アーカイブ配信)
※通学講座もあり
合格基準試験:全体の70%以上非公開試験:250点中180点+レポート提出
受験期限6か月講座終了から1年間申込から1年間
年会費なし10,000円/年12,000円/年
合格者特典・定例会に参加できる
・講師としてワークショップができる
・定例会に参加できる
・勉強会に参加できる
・資格者限定のオンラインコミュニティに参加できる(会員同士の交流、イベントなど随時開催)
・講師として発酵教室が開催できる
メリット値段が安い歴史と伝統がある合格者特典が多く、継続的に情報収集が可能
デメリット合格者の特典が少なく、資格をとったら終わり値段が高い値段が高い
申し込み

資格➀ 発酵食品ソムリエとは?

発酵食品ソムリエは、NPO法人発酵文化推進機構が認定し、ユーキャンが運営している資格講座です。

教材は発酵分野で権威のある学者、小泉武夫(こいずみ たけお)先生が監修しています。

ユーキャンと言えば数多くの通信講座を運用している会社です。

質の良い体系的なテキストを作り、比較的低価格の講座としてまとまっているので、費用を抑えながら発酵食品についての体系的な知識が学べます。

長谷川ろみ
認定団体と運用団体が違うので、資格取得後の特典は少なく、続けて勉強をしたり、発酵に興味がある仲間とのつながりを作りたい人には向きませんが、とにかく値段を安く抑えながら体系的に勉強したい人におすすめです。

資格➁ 発酵マイスターとは?

発酵マイスター養成講座は日本発酵文化協会認定が認定・運用する資格です。

日本発酵文化協会は、2012年に設立され、同年に発酵マイスター講座を開催した歴史のある協会です。
資格講座以外にも多くのワークショップがたくさん開催されています。

オンライン講座はZoomアプリ機能を使用して開催されます。オンライン講座ではありますが、アーカイブ配信ではなく、4日間集中して勉強する形になっています。

長谷川ろみ
歴史がある日本発酵文化協会が提供するワークショップは、基本的な発酵食品から少々マニアックなものまで種類が豊富で定評があります。資格講座はちょっとお値段が高い印象はありますが、歴史と伝統のある教材で学べるというメリットがあります。

資格➂ 発酵ライフアドバイザーとは?

発酵マイスター養成講座は発酵ライフ推進協会が認定・運用する資格です。

発酵ライフ推進協会は、その名のとおり、発酵を日々の食生活(ライフ)に採り入れることを重視し、発酵ライフアドバイザー資格取得後の取得者同士のつながりを作るオンラインコミュニティや勉強会などの活動に力を入れた運用をしています。

オンライン講座は、忙しい方でも自分のペースで勉強できるように、申込みから365日以内ならいつでもどこでもなんどでも閲覧可能な動画講座(アーカイブ配信)になっています。

長谷川ろみ
発酵ライフアドバイザー養成講座は、講座はもちろん試験も自分のタイミングでいつでもどこでも受けられるので、家事や子育て、お仕事に忙しい方でも受けやすいのが魅力のひとつ。資格を取って終わりではなく、資格を取ってから生の発酵情報を手に入れ続けることができる環境があります。

\コミュニティ・定例会参加で「発酵ライフ」を楽しく学ぼう(^O^)/
》》口コミ・体験談はコチラからチェック!

有資格者限定のオンライン発酵定例会勉強会を随時開催中

3つの発酵資格の共通点

発酵食品ソムリエと発酵マイスターと発酵ライフアドバイザーの共通点は、オンラインで学べることです。

発酵食品ソムリエ:自宅で教材で学ぶ(いつでも可)+資格試験も郵送(いつでも可)
発酵マイスター:自宅からZoomでつなげて講座に参加して学ぶ(日程固定)+資格試験もZoom参加受験(日程固定)
:自宅で講座動画を視聴して学ぶ(いつでも可)+資格試験もオンライン受験(いつでも可)

発酵食品ソムリエと発酵マイスターと発酵ライフアドバイザーは、ともにオンラインで資格の取得が可能です。

教材と試験郵送のみの発酵食品ソムリエ、動画視聴とオンライン受験の発酵ライフアドバイザーは、場所だけでなく勉強&試験時間も自分で選べますので、時間がない方でも最短で資格が手に入ります。

\コミュニティ・定例会参加で「発酵ライフ」を楽しく学ぼう(^O^)/
》》口コミ・体験談はコチラからチェック!

発酵食品ソムリエと発酵マイスターと発酵ライフアドバイザーの違い

ここからは発酵食品ソムリエと発酵マイスターと発酵ライフアドバイザーの違いを整理してみましょう。

違い➀ 料金の比較
違い➁ 教材と試験の比較
違い➂ 資格取得者特典の比較

違い➀ 料金の比較

料金は発酵食品ソムリエが明らかに安いです。

発酵食品ソムリエは、資格をとることによるその後の活動メリットがほとんどないので、その分の費用が必要なくとても安くなっています。

長谷川ろみ
「とにかく低価格で発酵資格がほしい!」という人は、発酵食品ソムリエがおすすめです。
発酵食品ソムリエ発酵マイスター養成講座発酵ライフアドバイザー養成講座
事前費用26,400
受講費用32,000176,000149,600
年会費10,00012,000
総額32,000212,400161,600

発酵マイスター養成講座は、発酵マイスター養成講座の受講前にベーシック講座を4つ受けないといけないので、その分の事前費用がかかりますが、発酵ライフアドバイザー養成講座は事前講座は必要なく、だれでも受講することが可能です。

違い➁ 教材と試験の比較

教材についてはそれぞれ学べる内容が微妙に違うので、求めるものをひとりひとりが選ぶ必要があります。

お忙しい方でも勉強しやすいのは、より受講環境の自由度が高い発酵食品ソムリエと発酵ライフアドバイザー養成講座に軍配が上がります。

発酵食品ソムリエ発酵マイスター養成講座発酵ライフアドバイザー養成講座
教材メインテキスト2冊、早わかり!発酵食品図鑑100、健康発酵レシピ85、発酵食品手づくりDVD、添削課題集、ガイドブック、お知らせと提出用紙テキスト1冊+全8講義分のZoomによる講座参加テキスト1冊+全8講義分の動画視聴
内容世界や日本の発酵食品や発酵食品の作り方など微生物の知識や発酵食品の調味料についての知識など発酵のメカニズムや発酵調味料の選び方、発酵ライフを楽しむコツなど
試験いつでもOK:在宅試験(郵送)Zoom接続によるオンライン受験いつでもOK:オンライン受験+レポート提出

\コミュニティ・定例会参加で「発酵ライフ」を楽しく学ぼう(^O^)/
》》口コミ・体験談はコチラからチェック!

違い➂ 資格取得者特典の比較

資格取得者特典は発酵ライフアドバイザー養成講座が明らかに多いです。

発酵ライフアドバイザー養成講座は、資格取得後の生活に発酵を取り入れることを目的としているため、さまざまなサポート制度があります。

発酵食品ソムリエ発酵マイスター養成講座発酵ライフアドバイザー養成講座
資格者特典認定証の授与・認定証の授与・無料再受講制度・定例会/イベント/ツアー等への参加・ワークショップを企画し、講師業務ができる。・認定証の授与・無料再受講制度・限定オンラインコミュニティへの参加・特別講演会/定例会/限定勉強会/限定懇親会への参加・カリキュラム企画買取制度・アシスタント体験制度・講師養成講座の受講と教室の開校

\コミュニティ・定例会参加で「発酵ライフ」を楽しく学ぼう(^O^)/
》》口コミ・体験談はコチラからチェック!

まとめ~発酵食品ソムリエと発酵マイスターと発酵ライフアドバイザーの違い~

結局、どの発酵資格がおすすめなのかは、個々の目的や資格取得後に発酵食品とどんな関わりをしたいかによります。

以下に一部のおすすめ例を記載しておきますので、ぜひ参考にしてください。

➀お金をかけずに体型的に発酵の知識をつけたい方におすすめ
発酵食品ソムリエ
➁伝統のある資格を手に入れたい方におすすめ
発酵マイスター
➂発酵食品を生活にとりいれる知識を身につけ、発酵ライフを楽しみたい方におすすめ

\コミュニティ・定例会参加で「発酵ライフ」を楽しく学ぼう(^O^)/
》》口コミ・体験談はコチラからチェック!

有資格者限定のオンライン発酵定例会勉強会を随時開催中