▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

アンチエイジング

若返り薬「NMN」の効果は?アメリカNASAも認める効果・現状・摂取方法

投稿日:2016年11月28日 更新日:




先日、アメリカの学術誌「セル・メタボリズム(Cell Metabolism)」にワシントン大学の今井眞一郎教授が率いるグループの新しい論文が発表されました。
 

 
その研究論文の主役は、「(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)」。最初は、マウス実験で糖尿病の治療薬としての可能性を取り上げられた薬でした。
 
その後のマウス実験で、肝機能を回復させたり、体毛をフサフサにしたりという驚きの結果が見えるようになり、放射線や老化で傷ついたDNAが修復する効果があるのではと、国内でも老化を防止する物質として期待されています。もしかしたら、NMNを利用した若返り薬でカンタンに若返れちゃう時代がくるかも?しれません。笑
 
今回はアメリカNASAも効果を認めたと噂の若返り薬「NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)」についてまとめてみました。
 


 

NMNとはなにか?

NMNは通常、カラダの中でビタミンB3(ナイアシン)から作られる物質です。そして、同じように体の中でNADという物質に変換されて、カラダの機能を保つ役割をしています。
 
通常は、加齢とともにこのNADは作られにくくなり、それによって老化が促進されたり、様々な健康被害を伴うようになってしまいます。そこで、オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究チームが「NMN()」に注目!DNAの回復効果を調べ始めたのです。
 

研究チームは、DNAの修復を司るタンパク質相互作用に重要な役割を持つ「NAD+」、要は細胞を若返らせる分子に注目。実験用のマウスにNAD+を促進する「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)」と呼ばれる物質を投与したところ、放射線や老化で傷ついたDNAがみるみる回復したという。
 
「たった一週間の治療で、老齢のマウスの細胞が、若いマウスのそれと見分けがつかないほど回復しました」(デイヴィッド・シンクレア教授)
参考:http://tocana.jp/2017/03/post_12721_entry.html

 
1週間で老齢から若者へ・・・。まさに「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)」は、若返りの薬の可能性を秘めているのです。
 

NMNの効果

アメリカのNASAをはじめてとして、各国企業が研究を始めているNMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)、これだけ注目されているのには、訳があります。
 

若返り薬と言われるようになったきっかけ

ハーバード大学医学大学院で行われたマウス実験がそのきっかけと言われています。メスのマウスにNMNを投与したところ、樹病が16%も伸びたんですって。
 
具体的には、1週間投与し続けたところ、生後22か月のマウスの細胞が生後6か月のマウスと同様の状態にまで戻ったことを受けて、「若返りの薬」だと言われるようになりました。また、糖尿病のマウスに1週間NMNを投与したら、血糖値が正常にまったという報告もあることから、糖尿病の薬としても期待されています。
 

最大の若返り効果の秘密は「

サーチュイン遺伝子とは、「」とも呼ばれている寿命を延ばす働きがある遺伝子です。活性化させれば、寿命を延ばすことができる(=)と言われていますが、今までこれを活性化させる方法は、
 

・お腹を空かせておくこと
・レスベラトロール(※)を摂取すること
※赤ワインなどに入っているポリフェノールの一種

 
だと言われていました。それと同じように、NADはサーチュイン遺伝子を活性化させて、細胞を若返らすことができるというのです♪
 


▼記事内容はこの下に続きます▼


NMNの販売状況と価格

日清製粉グループの「」という企業が研究用に科学物質原末としてNMNを販売しています。まだ一般ユーザー向けではないようです。現在は、他社に向けて販売し、今後若返りの薬が一般市場に出回るきっかけの研究に使われるかもしれません。
 
なんと、この販売事業をきっかけに日清製粉さんの株価も上がっているらしいです。注目度がスゴイですね!
 

すでに大手製薬会社や大学の研究所など、複数の研究機関への販売は開始されていて、その価格はテレビで放送された通り、100mg で4万円です。
参考:http://tocana.jp/2015/01/post_5522_entry_2.html

 
うーん。高い!笑 
でも、本当に若返りたい人なら、でも効果によっては「そんなに高くない?」と思える範囲なのかも!
 

NMNは食べ物でも摂取できる

もちろん純粋なNMNの成分だけを買おうとすると高いですが、このNMNは別に人工的に作るものだけではありません。私たちが普段口に入れる食品の中にも入っている成分なのです。
 
では、NMNはどういった食品に多く含まれているのでしょうか?
 
NEVERまとめにはこんな記事が掲載されていました。
 

野菜やフルーツには比較的多いようです。タネのようなもの、言い換えれば芽のために栄養価をためているような部分に多く含まれているのではないかと考えています。例えば、私たちが調べたところでは枝豆やアボカドにかなり含まれています。 逆に、牛肉やシーフードにはあまり含まれていません。
参考:https://matome.naver.jp/odai/2142088642594681401/2147764381404094503

 
健康サイト「Dailymail online」さんの記事にはこんな内容も!
 

Physical signs of ageing could be slowed down by a compound found in broccoli, cabbage and avocado, scientists claim.(ブロッコリー、キャベツやアボカドに含まれる物質に老化現象を遅らせる効果があると、科学者は主張している)
 
It slowed down the deterioration of liver and eye function, bone density and the metabolism, a new study found.(新しい研究によると、その物質は目や肝臓機能の低下や骨密度の代謝の低下を軽減するという)
 
参考:http://www.dailymail.co.uk/health/article-3879000/Why-BROCCOLI-reverse-signs-ageing-Compound-vegetable-slows-vision-loss-middle-age-spread.html

 
んー。アボカドって本当にアンチエイジングを目的とした栄養素がたっぷりなんだなぁ・・・。アボカドの美容・若返り効果はアボカドオイルだけじゃなさそうですよ。数年後、アボカドからNMNを抽出し、若返り薬を作る人が増えたりして・・・。今後が楽しみですね★

まとめ

NMNはまだまだ実験中ですが、期待の若返り薬だと思いませんか?私はどこか期待しつつ、今のところはアボカドやブロッコリーを意識して食べようかなと思っています。
 
みなさんもエイジングケアや腸活の参考にしてみてくださいね。
 
▼アンチエイジング・若返りについてもっと知りたい方におすすめの記事は下にあります↓




 
▼アンチエイジング・若返りについてもっと知りたい方におすすめの記事

-アンチエイジング
-, , , , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

徹底解明☆白髪が治る食べ物はあるのか?!~腸内環境と成長・ストレスホルモン~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 大体10歳~15歳は若く見られる私のところには、よくこんな質問がきます。 「なんでそんなに若いの?」 「なに食べてるの?」 …

【アンチエイジング】石田ゆり子も永作博美も愛飲中♪甘酒の成分と効能まとめ

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 ヨーグルティアを買ってから、2~3日に1回は稼働中です。 なんだかんだで、自分が食べるだけじゃなくて、人にあげたり、人にあ …

腸内フローラ、口内フローラ、肌フローラの意味をまとめてみた♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 最近、「フローラ」という言葉が増えているような気がしています。 「腸内フローラ」に「口内フローラ」、そして「肌フローラ」ま …

【アンチエイジング】「体内酵素」って何?~定義から増やす方法まで~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 最近、ムダなものを食べたくないなーってすごく思うんです。わくわくするぐらい美味しいものや、ずっと食べたかったものって、たと …

「抗酸化」ってなに?抗酸化物質、抗酸化作用についてまとめてみた♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 私たちのカラダが老化したり、太りやすくなったり、代謝が悪くなる原因として有名なものが、「酸化」、「糖化」、「炎症」です。 …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ