▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

アンチエイジング

健康おつまみ1位はするめ?アルギニンが成長ホルモンを分泌するらしいよ

投稿日:2017年1月3日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

若返る発酵おつまみを作ろう~と思い立ったが吉日。

お正月はお酒を飲む機会が多いけど、どうせ飲むならちゃんとカラダにいいおつまみで飲みたいですよね。私もお酒好きだけど、最近は本当に食べ過ぎないように気をつけなくちゃと思っています。そんな時におススメなのは、

するめはダイエットにもアンチエイジングにも効く?

するめは、みなさんもご存じのとおり、もともとは「イカ(スルメいか、ヤリイカ、ケンサキイカなど)」ですよね。「イカ」の内臓と目を取り除いて、干したものが「するめ」です。「するめ」の「する」が縁起が悪いと言われて、「」と呼ばれることもあります♪

干していることで栄養素もギュッと詰まっているのが特徴!ちょうどさっき買ってきた、するめの栄養成分表示をみてみましょう。

▼1袋(32g)あたりの栄養素
エネルギー:106cal
たんぱく質:20.9g
脂質:1.3g
炭水化物:1.4g
ナトリウム:473㎎
食塩相当量:1.2g

特にタンパク質が全体の65%程度を占めます。すごいですよね!脂質や炭水化物は全体の5%以下だし、カロリーも少ないこともあり、ダイエット中の方や筋肉をつけたい方達にぴったりなのです。ただし…ちょっとだけ塩分が多いのが気になるところ。これについては後述しますね。

どんな若返り栄養素が含まれている?

では、「スルメ」の美容効果やダイエット効果、アンチエイジング効果に関連しそうな栄養素を調べてみました。

アルギニンは、最近サプリなどの摂取をしている方も増えている、注目のアミノ酸です。なぜそんなに注目されているかというと、成長ホルモンを分泌すると言われているから!他にも以下の作用があると言われています。


▼記事内容はこの下に続きます▼


→成長ホルモンの分泌
→免疫力UP
→血流の改善
→代謝UPによるスキンケア、
→細胞の活性化、若々しい肌を保つ

・タウリン

疲労回復はもちろんのこと、血圧血糖を下げてくれます。

・ビタミンE

悪玉コレステロールを抑制してくれる。

塩分の多さをカバーするには?

カラダにいいものがたくさん含まれるスルメですが、やはり塩分は気になるところ…高血圧の方はちょっと注意したほうがいいかもしれません。また、普通の方であっても、食べる時にちょっとした工夫をすることをおススメします。そう、塩分代謝を助けてくれる「カリウム」を一緒に摂るべし!

カリウムは、海藻類やきのこ類に多いと言われる成分ですが、実は、ぬか漬けのぬかにも多く入っています。クックパッドニュースによると、ぬか漬けにすると、カリウムが2倍から3倍に増えるというのです。

野菜はぬか漬けにすることでカリウム、ビタミンB1、ビタミンCは約2倍にアップ!特にきゅうりはカリウムが3倍、ビタミンB1はなんと8倍もアップします。
参考:http://news.cookpad.com/articles/10005

わぁ、ほんと?!すごくない??スルメをぬか漬けにしてみるというのもありだなぁ…。するめを使った発酵おつまみとして、近いうちにやってみたいと思います★

今日もムリせず、楽しくコツコツ腸活・菌活しましょう♪

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

-アンチエイジング
-, , , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

免疫老化がコワイ!食べ過ぎが内臓老化&免疫老化を加速させるらしいよ!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 アンチエイジングや健康長寿を目指すためには、「免疫力」はとっても重要です。でも、最近の「除菌ブーム」もあって、若い人の間に …

老化物質「AGE」とは?抗糖化ケアが大事な時代、〇〇を摂取しよう!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 最近、美容や健康、アンチエイジングのテーマとして注目を集めている「抗糖化」。チョコレート大好きな私にとって、若干無理かもし …

腸内フローラ、口内フローラ、肌フローラの意味をまとめてみた♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 最近、「フローラ」という言葉が増えているような気がしています。 「腸内フローラ」に「口内フローラ」、そして「肌フローラ」ま …

ビフィズス菌bb536の効果に驚愕!エクオールも作れるってホント?

ビフィズス菌は私たちの腸内細菌の中で善玉菌の代表となる菌です。その中でもビフィズス菌bb536は、生きたまま大腸まで届くとか、アンチエイジングに欠かせない成分エクオールを作れるなど、最近とても話題にな …

冷凍すると栄養価が高くなる?!冷凍フルーツ・野菜のすすめ

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 みなさんは、野菜や果物をたくさん食べていますか?食物繊維をとるには、やっぱり野菜をたくさんとるのがいちばん! なんでも新鮮 …

腸活じんべー編集長:長谷川ろみ
元おデブ。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、発酵食品との運命の出会いをはたし、数十キロのダイエットに成功しました!

このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ