▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

コンブチャの効能・成分・副作用・効果的な飲み方は?

投稿日:2017年1月23日 更新日:




海外セレブの間で健康茶・ダイエット茶として人気の「(kombucha)」。
みなさんはもう飲んでみましたか?
 

 
発音の響きを効くと、「昆布茶」なのかなと思ってしまうのですが、どちらかというと…「KOMBUCHA」に近いイメージかもしれません。
 
実はこの「コンブチャ(kombucha)」、おしゃれな最新のダイエット茶だと思われていますが、日本では大昔に大ブームになったことがある老舗の健康茶で、古くから効果を認められてきたダイエット界の大御所なんです。時代を経て、今が再・再ブームぐらいかな?今回のブームは海外のおしゃれセレブの間で始まったようですので「コンブチャ(kombucha)」と呼ばれていますが、昔は全然違う名前でした。
 
若い方はご存じないかもしれませんが、団塊の世代の方達は、よく知っている元祖健康飲料!
 
今回はこの「コンブチャ(kombucha)」の効能・成分・・効果的な飲み方などを整理したいと思います。

再ブーム!「コンブチャ」とは?

日本では約40年前に、「コンブチャ(kombucha)」の大ブームがありました。今の団塊世代の方で知らない方はいないと言っても過言ではないほど、健康ブームとしては大きなものだったようです。
 
でも、当時は「コンブチャ(kombucha)」とは呼ばず、「」とよんでいたらしい!あ、なんか聞いたことある?という方も多いのではないでしょうか?
 
「コンブチャ(kombucha)」という名前の由来は諸説あって、一説にはもともとは韓国語の菌「KOM」がアメリカに伝わる間に、「KOMB」に変わっていった…という話があります。「チャ」は韓国語でも、お茶のことです。そのまま日本語にすると、「菌茶」?急に、かなり発酵飲料っぽい名前になりましたね。笑
 
「コンブチャ(kombucha)」は、きのこでもコンブでもなく、セルロースのゲルからできている発酵飲料です。ナタデココも産膜性酢酸菌の生成したセルロースゲルからできているので・・・仲間ですね。ウィキペディアによると…

 

東モンゴル原産で後にシベリアでよく飲まれるようになった発酵飲料。紅茶、もしくは緑茶に砂糖を加え、そこに培地で栽培されたキノコにも見えるゲル状の塊を12日から14日ほど漬け込む事で発酵させる。
参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E8%8C%B6%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3

 
酢酸菌が糖をエサに発酵する飲料だったんですね!昔紅茶キノコが流行った時は、家で培養している間に酸っぱくなりすぎて、カラダに良くない説が流れたりして、ブームは去ってしまったようです。
 

コンブチャの成分と効能は?

そもそも、「コンブチャ(kombucha)」は、紅茶などのお茶に砂糖を入れ、そこに酢酸菌や酵母を加えて発酵させたもののことを言います。酢酸菌が糖を分解することで、多くのビタミンや様々な酵素、そしてポリフェノールなどが作られます。菌が作ってくれた様々な栄養素が含まれ、栄養価が高い液体になるんですね。お酢の健康パワーがとりだたされることがありますが、酢酸の効能も影響する飲み物です。
 
健美ステーションさんの記事によると、日本紅茶キノコ協会が発表した、紅茶キノコに期待される効能が掲載されていました。これをみると・・・本当にいろんな効能がありますね!
 

効能一覧

消化吸収の促進
デトックス
便秘の改善
慢性疲労の改善
代謝機能のアップ
抗酸化作用(アンチエイジング効果)
ガン予防
肝臓病の予防
冷えの改善
アトピー性皮膚炎の緩和
美肌効果(肌の保湿効果)
目の粘膜の保護⇒眼精疲労の改善
髪質の改善
ホルモンバランスの調整
コレステロールを下げる
血圧を下げる
頭痛や偏頭痛の予防

参考:http://kenbi-station.com/148.html
 
こうやって見てみると、人間が持つ恒常性維持機能(免疫系、自律神経系、内分泌系)が正常に働くように手助けしてくれる飲み物だと考えられそうです。ビタミンB群もかなり豊富なので、全体的に代謝をよくするように思えますね。他の発酵食品と効能が似ている気もします!
 


▼記事内容はこの下に続きます▼


「コンブチャ」の副作用は?

よく誤解されるのが、この「副作用」という言葉。
 
本来は、薬などの医薬品に対して、使います。その薬の働きのことを「主作用」といい、「主作用」があるものに対して、「副作用」があると考えられているので、そもそも医薬品ではない「コンブチャ(kombucha)」には、「副作用」はありません。
 
「コンブチャ(kombucha)」は、健康食品ですから「不足している栄養素」を補うだけのものです。例えば、酢酸菌や酵母、そしてビタミンやポリフェノールが、ここでいう「不足している栄養素」です。
 
副作用とは別に何か危険性があるとすれば、なんからのアレルギー反応は、どんな食品、健康食品にもあり得ます。もちろん「コンブチャクレンズ」にもないとは言えないです。
 
「コンブチャ(kombucha)」「コンブチャクレンズ」と呼ばれる製品が各社からたくさん出ているので、商品によって入っている成分は違います。他の食品と同じように、入っている成分については、飲む前に確認をしたいですね。
 
またメーカーによっては、その飲料を長持ちさせ、腐りにくくするために添加物・保存料を入れています。流通にのせるためにはある程度はしょうがないのですが、いちお成分表はチェックしたいところです。
 
保存料としてたまに添加されている「安息香酸ナトリウム」は、一時発がん性が注目されました。
 

安息香酸NaがビタミンCと反応すると、ベンゼンに変化する。このベンゼンは発がん性があるという。「ベンゼンはなかなか壊れないため、体内で異物となってぐるぐる巡り、特に造血器官である骨髄に悪影響をもたらして白血病を起こすと考えられている」
参考:http://toyokeizai.net/articles/-/48586?page=2

 

飲料水に入ってる安息香酸が化学反応でベンゼンを生成する可能性があるから危険、という理由は早計すぎます。
というのは、飲料水中で最大でも20ppb程度にしかなりません。この濃度であれば、ほとんど問題にならないといわれています。
参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214558177

 
必要以上に怖がる必要はないけど、できればナチュラルなものを飲みたいですよねー。どうしても気になる方は、コンブチャを手づくりするのもおススメです。
 
アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムKなどの合成甘味料も注意が必要だと言われています。
 

人工的に甘味をつけるために使われるもの。カロリーがゼロ、もしくは少量しかないので、ダイエットや健康志向の飲み物、菓子類に使われることが多い。アスパルテームは、脳腫瘍や白血病の原因となる可能性があると研究者から指摘されている。スクラロース、アセスルファムKは肝臓や腎臓に悪影響が。
参考:http://news.livedoor.com/article/detail/9378178/

 
うーん、気にしすぎると気になってしまうけど・・・。私の場合は、習慣的に飲むものや食べるものに関しては、それなりに気にしますが、たまに食べるものに対しては、そんなに気にしていません。
 
個人の選択によりますね!
 

「コンブチャ」の効果的な飲み方は?

腸内環境を整えることを考えると、なるべくたくさんの菌を摂ってミックスさせるのがおすすめです。コンブチャは最初から酢酸菌や酵母など、種類の違う菌が入っているのでそれだけでよさそうではありますが、もう一つ違う菌を足してみるという意味で、ヨーグルトにかけて食べるのもおススメです。
 
お砂糖が入ったヨーグルトではなくてプレーンのヨーグルトなら、なおおススメ!期待のコンブチャ、腸活の方は試してみてはいかがでしょうか?
 

まとめ

今回の「コンブチャ」のように、何度も何度もブームがきては去って、きては去ってと動きが激しい食品は、結構本当に効果があったと考える方が多かった証拠なんじゃないかなと思っています。
 
だって、本当にたくさんの食材がある今、何度もブームを起こすってすごくないですか??あんまり効果が無かったり、美味しくないモノは、次々と淘汰されていくと思うんです。
 
決して一発屋ではない「コンブチャ」。ぜひみなさんも腸活ツールの1つとして活用してみてくださいね。
 
▼いろんな発酵食品が気になる方におススメの記事はこの下へ↓




 
▼いろんな発酵食品が気になる方におススメの記事

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

-健康
-, , , , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

ハナマルキさん主催!麹と発酵のシンポジウムが品川で開催!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 味噌・醸造製品メーカーのハナマルキ株式会社さんが「塩麹ビュッフェ」を出す、麹と発酵のシンポジウムを開催したらしい! イベン …

和風スーパーフード?!腸内環境改善、認知症予防に「海苔チーズ」はいかが?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 私たち日本人の腸内環境には、海苔を分解するのが得意な菌が住んでいると言われているように、海苔はとても日本人の腸内環境にあっ …

「眠活」とは? ~睡眠時間は90分の倍数!・・・はもう古い~

みなさんは、毎日十分な睡眠がとれていると、自信をもって言えますか?   日本生活習慣予防協会の調査によると、なんと日本人の成人のうち約20%が慢性的な不眠を抱えているというのです。 &nbs …

腸内環境改善にイイ「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」のバランスを考えよう♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 食物繊維は私たちの腸内環境を整えるためにとても重要な成分ですが、食物繊維には実は2種類あって、そのバランスが腸内環境を整え …

【バレンタイン】高カカオチョコは腸内環境改善に役立つ!カカオで酪酸を増やそう♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 私は自他ともにみとめるチョコ中毒なのですが、そんなチョコ中毒仲間さんに勇気を与えるニュースが出ていたので、ご紹介したいと思 …

腸活じんべー編集長:長谷川ろみ
元おデブ。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、発酵食品との運命の出会いをはたし、数十キロのダイエットに成功しました!

このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ