消化酵素「アミラーゼ」とは?~消化からストレスチェックまでできる万能酵素~

スポンサードリンク

私たちが体に栄養を取り込んで、健康に生きていくために、消化を助けてくれる体内酵素のうち、「」として有名な「」という物質があります。
 

 
聞いたことがある方もいらっしゃるかも?いらっしゃらないかも?笑
 
今日は私たちを助けてくれたり、時に困らせたりする、唾液に含まれる消化酵素「アミラーゼ」をテーマにしたいと思います。

 

 

消化酵素「アミラーゼ」とは

私たち人間は、カラダの中に「」と呼ばれるたんぱく質を持っています。今回テーマになっている、消化酵素の「アミラーゼ」もたんぱく質の一種で、唾液の中にたくさん含まれています。
 
口から入れた食べ物を、「アミラーゼ」が分解して、栄養素を取り込みやすくしてくれるの。
 
ヘルスケア大学さんのホームぺージには、このように説明されていました。
 

主に唾液や膵液に多く含まれ、ごはんやパンなどの炭水化物をブドウ糖やマルトース、オリゴ糖などに分解します。消化の仕方は、α-アミラーゼやβ-アミラーゼなどといったアミラーゼの種類によって異なります。
参考:http://www.skincare-univ.com/article/009778/

 
アミラーゼ、さまさまですねー♪
 

α-アミラーゼとβ-アミラーゼの違い

先ほどのヘルスケア大学さんの説明文にもありましたが、消化酵素のアミラーゼにはα-アミラーゼとβ-アミラーゼの2種類があります。
 
この2つは、消化の仕方が違うので、分解した時にできる生成物が違います。
α-アミラーゼっていう料理人と、β-アミラーゼっていう料理人がいて、材料の切り方が違うので違う料理ができるみたいな感じです。
 
エイチビィアイ株式会社さんのホームページにはこのように説明されていました。
 

▼α-アミラーゼ
澱粉などを加水分解してオリゴ糖やデキストリンを生成する
 
▼β-アミラーゼ
アミロースをマルトースにほぼ100%分解する
 
参考:http://www.hbi-enzymes.com/HBI_Amylase.htm

 
ナチュラルウッドさんのホームページによると、マルトースもオリゴ糖と同じく腸内細菌のエサになるようですね。
 

スポンサードリンク
マルトースは腸内細菌の絶好の餌ですから、非常に急速な腸内細菌、とりわけ乳酸菌の大増殖が起こります。
参考:http://naturalwood.jp/hpgen/HPB/categories/101007.html

 
うん、よかった。どちらにしろ、腸活にはよさそうです。
 

「アミラーゼ」の健康診断機能がスゴイ

唾液の中に含まれる「アミラーゼ」は、私たちが食べたでんぷんを分解してくれるとてもありがたい存在ですが、ただ単に分解してくれるだけじゃなく、私たちの健康を測るための健康診断マーカーとしても注目されています。
 

ストレスがたまると「アミラーゼ」が高値になる?

日本では、1990年代後半から自殺者が増え、私たちのストレス、自律神経系の病気について、何かしらの予防や治療をしなくてはという試みが始まっています。
 
特にストレスの状態を測ることは、直接的な予防につながるため、研究が進められているようです。特に唾液は、血液などに比べるとカンタンに採取できるので注目されているようです。
 

ストレスマーカーは,血液に含まれるものが多く,その一部は唾液でも分析可能である.唾液から分析できるストレスマーカーは,非侵襲で,随時性,簡便性に優れ,血液のようにサンプルの採取がストレッサーにならないというメリットがある.
参考:https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/129/2/129_2_80/_pdf

 
J-STAGE内の資料によれば、ストレスがかかった状態になると、唾液アミラーゼ活性するらしいという結果が・・・。
 

不快な刺激では唾液アミラーゼ活性が上昇し,快適な刺激では逆に低下することを見出し,唾液アミラーゼによって快適と不快を判別できる可能性があることを示した
参考:https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/129/2/129_2_80/_pdf

 
唾液でそんなことがわかってしまうなんて・・・すごいです。
 

まとめ

そういえば少し前に遺伝子検査MYCODE(マイコード)をしたんですが、唾液だけで結果がわかったんですよ!唾液には遺伝子情報がいっぱいなんだって。
 
こんなにいっぱい、ぺっぺっぺって出せるのにね!笑
 
あんまりぺっぺっぺってやりすぎると、個人情報だだもれですね!笑 
 
唾液アミラーゼには感謝をしつつ、食べ物はよく噛んで、腸活がんばりましょう!

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。