▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

「腸活」とは? ~腸活の定義と考え方~

投稿日:




最近、よく使われるようになった「」という言葉。
そして、このウェブサイト「.(ちょうかつらぼ)」もこの「腸活」という言葉を使っています。
 

 
みなさんは、「腸活」がどんな意味か説明できますか?
 
今回は、「腸活」という言葉の一般的な定義を考えながら、この「腸活LAB.(ちょうかつらぼ)」で、腸内環境を整えるために大事だと考えていること、そして「腸活LAB.(ちょうかつらぼ)」での「腸活」の定義について、まとめてみたいと思います。
 


 

「腸活」とは?

ココロとカラダの健康を作り、維持したいなら一体何をしたらいいんだろう?
食事の改善?運動??・・・もちろんいろいろあると思いますが、そのキモとなるのが
 

腸内環境を正常な状態に保つこと

 
ではないか?と思わせるような専門家の意見や論文が多く発表されるようになりました。
 
腸内環境を整えることを意識すると、自然とココロとカラダは健康に向かい、ダイエットすることができ、美肌にもなる・・・私たちの腸内環境は、健康と美容に密接にかかわっているのです。
 

一般的な「腸活」の定義

腸内環境の正常化、もしくは腸内環境の改善が、私たちの健康に大事なことは、いろいろな方法ですでに証明されていますが、
 

じゃあ何をすれば腸内環境にいいのか?

 
というところは、まだ研究中で、はっきりしていることもあれば、はっきりしないこともあり、途中で事実が覆ったりもします。
 
「腸活」という言葉もまだ新しい言葉で、明確な定義がされているかといえば、そうではありません。ここでは、「腸活」という言葉が一般的にどんな定義で説明されているか、少し調べてみました!
 

「腸活」とは、腸の働きをよくすることで身体全体のコンディションを上げる健康法のことです。
参考:快適ヘルシーライフ http://www.my99box.com/blog/116

 

腸活とは、腸内環境を整え健康な体を手にいれることを指します。
参考:健康チョキン https://kenko-chokin.com/lifestyle/other_lifestyle/9285

 

腸活は、腸の活動を改善することで体の機能をアップさせるという健康法です。
参考:女性の美学 http://josei-bigaku.jp/tyoukenkou5566/

 
ほうほう!だいたい一緒!笑
でも、なんとなくニュアンスが違うといえば違う・・・かな?
 
やっぱりちょっと曖昧に感じる方もいらっしゃるかもしれないので、今回は「腸活LAB.(ちょうかつらぼ)」が考える「腸活」についても整理しておくことにしました。
 

腸活LAB.の「腸活」とは?

コピーライターの糸井重里さんが、日産自動車のためにつくった「くうねるあそぶ。」という有名なキャッチコピーがあります。
 
生きていく上でみんながしていると言われる「食べる」「寝る」「遊ぶ」。
 

これって、「腸」のためにも大事なんじゃないか?
 
生き物にはみんな、この「栄養を補給すること・食べること」「休むこと・寝ること」「動くこと・遊ぶこと」が大事なことなんじゃないか?

 
そう思って、「腸活」の定義を考える際に、1つのフレームワークとして参考にさせてもらうことにしました。
 


▼記事内容はこの下に続きます▼


腸活LAB.の「腸活」の定義

腸活にとって大事なことを、腸活LAB.では、
 
くう、ねる、あたため、そしてだす
 
だと考えています。
 
「食べること」、「寝ること」、「温めること」、そしてそれによって溜まったごみをちゃんと「出す」こと。
 
これが、「腸活」の基本です。
 

腸活1:食べること(

「菌活」と言っても、単純に「菌(発酵食品など)」を食べるだけではありません。
 
「菌(発酵食品など)」はもちろん気になるけれど、もともと私たちの腸内細菌叢にいる腸内細菌たちのエサとなるものもとても大事です。
 
一般的に、
 
微生物は「プロバイオティクス」
微生物のエサは「プレバイオティクス」

 
と呼ばれています。そして、その2つを一緒に摂取しようとする考え方、
 
「シンバイオティクス」
 
という言葉も、少しずつ一般的になってきています。
 
乳酸菌や納豆菌を採ることは大事ですが、腸内細菌叢(=腸内フローラ)全体を整えることを目指した「菌活」を「腸活LAB.(ちょうかつらぼ)」は考えます。
 

腸活2:寝ること(眠活)

腸内環境を整える上で、もう一つとても重要なのが「睡眠」です。
このところ、「睡眠」に秘められた役割が分かってきており、様々な専門書籍も出版され、注目されています。
 
腸内細菌学と同じように、睡眠学もこれから研究が進む、新しい分野です。まだわかっていることは少ないと言ってもいいでしょう・・・。
 
しかし、「腸活LAB.(ちょうかつらぼ)」では、効率的で有効な睡眠がとれないと、腸内環境の改善もなかなか効果が出づらいと考えています。
 
その理由は、
 
ホメオスタシス(恒常性維持機能)
 
にあります。
 
ホメオスタシス(恒常性維持機能)は、自律神経系、内分泌系、免疫系の3種に分かれ、私たちのカラダを安定させてくれる人間にとって重要な機能ですが、腸内環境が良くないとゆがみが生じることがわかっています。
 
また、睡眠によって、うまく自律神経の切り替えスイッチをコントロールできないと、これまたゆがみが生じやすくなることがわかっています。
 
うん、睡眠は大事です。なるべく効率的な睡眠を「腸活LAB.(ちょうかつらぼ)」は目指します。
 

腸活3:温めること(

寒いところにずっといると動きたくなくなる・・・そんなことはありませんか?
私は明らかに冬よりも夏のほうが活発に動き回ります。笑
 
私たちのおなかにいる腸内細菌たちも同じです。
温かい腸内だと活性化してくれますが、腸冷えしているとなかなかうまく動いてくれません。
 
通常の運動・スポーツはもちろん、腸もみなどのマッサージや、腸トレなどのストレッチなど、最近は

腸を動かすこと

に注目したサービスも生まれています。
 
また、単純に外からおなかを温めること、低体温にならないような生活を心がけることも、「腸活LAB.(ちょうかつらぼ)」は腸内環境にとってとても重要なことだと考えています。
 

腸活4:出すこと(便秘改善/デトックス)

食べること(菌活)、寝ること(眠活)、温めること(温活)を毎日繰り返し、正常に動くようになればなるほど、私たちのカラダはいらないゴミを出しやすくなります。
 
汗や尿はもちろんのこと、その一番大きいものが便です。
 
便は私たちが食べたものの食べカスだけでなく、腸内細菌の死がいや剥がれた腸壁、そして水分で構成されています。
これが腸内にたまったままだと、発酵してガスを出したり、他のごみを腐らせたりして、腸内環境を悪化させます。
 
できるだけ、迅速に。
私たちは腸内からゴミを出す必要があるのです。
 

まとめ

一般的な「腸活」の定義はもちろんのこと、私たち「腸活LAB.」が考える「腸活」について、改めてまとめてみました。
 
「腸活」を構成する、
 
くう、ねる、あたため、そしてだす
 
をなるべく円滑に行える方が1人でも増えるよう、「腸活LAB.」は日々情報発信をしていきます!
 
これからも「腸活LAB.」をよろしくお願いいたします。
 
▼腸活についてもっと知りたい方におすすめの記事は下にあります↓




 
▼腸活についてもっと知りたい方におすすめの記事

 

ランキング参加中、応援クリックお願いします♪

↓↓ 現在の順位はこちら ↓↓

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活LAB.編集長。元おデブ。 発酵食品との出会いにより数十キロのダイエットに成功。過去の自分と同じ悩みを持っている人に向けて、腸内環境の大切さを伝える活動中。 >書いている人詳細はコチラ

-健康
-, , , ,

長谷川ろみ

関連記事

春キャベツの効果効能をチェック!ガン予防や活性酸素除去にも…

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 そろそろ桜の季節…そう、春がきます! 春と言えば、春キャベツ。笑 スーパーに行くと、売り場面積のほとんどをしめるのではない …

セロトニンを増やす漢方薬にはなにがある?~エゾウコギ・抑肝散・加味逍遥散など~

セロトニンを増やすにはいろいろな方法があります。   お薬に、漢方薬に、サプリに、ハーブ・・・もちろん普段の食生活と睡眠などの生活習慣がいちばん大事!     ざっくりし …

【健康長寿】日本が「予防医療後進国」な理由を探る!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 なんともショックな見出しにびっくりして、口半開きのまま数秒たっちゃうぐらい読みいったニュースがw その理由は…「予防医療後 …

【薬膳】漢方薬の名前の読み方と基本的な飲み方

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 先日、お世話になっている健康好きな先輩たちと、薬膳のお店で火鍋を食べてきました。体がびっくりするぐらいぽっかぽかで、本当に …

インフルエンザ2017、東京のピークはいつ?現在流行警報発出中!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 うわぁ、周りにインフルエンザの方が出始めました~~。流行っているっぽい?みなさんの周りはいかがですか? インフルエンザに負 …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ