残った野菜くずで「ファイトケミカルスープ 」を作ろう!ダイエットやアンチエイジングに効くしくみ

スポンサードリンク

6月29日(木)に放映された朝の情報番組「あさチャン」(TBS系)で、ダイエットや腸内環境改善にもよさそうな、「ファイトケミカルスープ」が紹介されていました!
 

 
冷蔵庫に残った野菜や、使わない野菜くずだけでできちゃう「ファイトケミカルスープ」は、別名「ハーバード大学式野菜スープ」とも言うらしいよ♪
 
今回はこの「ファイトケミカルスープ」とは?そして、その効果効能、作り方をチェックしてみたいと思います。

 

 

「ファイトケミカルスープ」とは?

「ファイトケミカルスープ」は、野菜などの植物が持つ、「自分たちの身を守る力」を少しおすそ分けいただいて、人間も元気になれるスープです。
 
「ファイトケミカルスープ」をを知るためには、まず「」とは何かを理解しましょう♪
 

「ファイトケミカル」ってなに?

「ファイトケミカル」とは、植物が持つ色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質のことです。植物が持つ色素や香り、アクに含まれる「ファイトケミカル」は自然界で自分の身を守るための大事なもの。
 
大塚チルド食品さんのホームページにはこのように紹介されていました。
 

“ファイトケミカル”とは、、果物、豆類、芋類、海藻、お茶やハーブなど、植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質です。抗酸化力、免疫力のアップなど、健康維持・改善に役立つのではないかと期待され、研究が進んでいます。
参考:http://www.otsuka-chilled.co.jp/power/phytochemical/page2.html

 
植物性のものに多く含まれるので、野菜だけでなく、アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類や豆類などにも「ファイトケミカル」は多く含まれます。
 

「ハーバード大学式野菜スープ」との違い

そんな「ファイトケミカル」をたくさん含んだスープを「ファイトケミカルスープ」と呼んでいますが、実は「ハーバード大学式野菜スープ」と呼ぶこともあるようです。
 
レシピや作り方はもちろん書籍やメディアによって違うこともあるけど、「野菜に含まれるファイトケミカル」を摂ろうとしているという意味では同じものだと思われます。
 
なぜ「ハーバード大学式」というのかというと、「ハーバード大学式野菜スープ」は、もともとハーバード大学で野菜に含まれるファイトケミカルに活性酸素を除去できる作用があることが研究され、その中で「ファイトケミカルを日常的に取り入れる方法」として考えだされたそうなんです。
 
この研究には日本人の高橋弘博士もかかわっていて、高橋弘博士が考案した野菜スープとも言われているそう。
 

「ファイトケミカルスープ」の効果効能

「ファイトケミカルスープ」を飲んで、日常的に「ファイトケミカル」を摂取することができれば、このような効果が期待できると言われています。
 

ファイトケミカル10の効果
 
1  抗酸化作用………………活性酸素を消去します
2  デトックス作用…………体内の毒素を解毒します
3  免疫増強作用……………病原体に対する抵抗力を高めます
4  免疫調整作用……………免疫を調整します
5  抗癌作用…………………発がん物質の増殖を抑制します
6  血流改善作用……………血液をさらさらにします
7  動脈硬化予防……………血管をしなやかにします
8  骨の強化…………………骨を強くします
9  アンチエイジング効果…老化を防ぎます
10 アンチストレス効果……ストレスを緩和します
 
参考:http://kenkousokuhou.mobi/?p=650

 
ファイトケミカルは、人間にもともと備わっている自然治癒力と自己調整機能に直接働きかけることができると言われているので、幅広い効果が期待できるのです。
 
自己調整の要である免疫系、自律神経系、内分泌系が整い、また新陳代謝機能も活性化します。治癒力というと怪我や病気だけだと思う方もいるかもしれませんが、活性酸素を消去することで老化防止につながります。
 
すごいですよねー!
 

スポンサードリンク

「ファイトケミカルスープ」の作り方レシピ

ではここで一般的な「ファイトケミカルスープ」の作り方をご紹介しましょう。
 

材料

野菜くず 適量 (両手でつかめるぐらい)
水 1リットル
酒 大さじ1

 
野菜くずはなんでもOKだそうです。普段なら生ごみとして捨ててしまいそうな大根やニンジンの皮やヘタ、キャベツのシンのあたりとか、カボチャのワタの部分など・・・基本的にはなんでもOK。
 
日々お料理をする方は、野菜くず入れとして1つビニールを作ってためておくと言いそうです。
 

作り方

1:鍋に材料の野菜くず、水、酒をすべて入れる。
2:20分ぐらい煮込んだら、野菜くずだけ取り出し、できあがり!

 
これを出汁替わりに使ってみそ汁を作ったり、煮ものを作ったりすると、野菜の甘みが感じられる美味しい料理ができるんだ~♪
 
冷凍すると2週間ぐらい使えるらしいですよ。みそ汁を毎日飲むのであれば、結構すぐなくなっちゃいます。
 

まとめ

「ファイトケミカル」の存在を知った時、植物のチカラは本当にすごいんだな~と感動しました。私たち動物は動くことができるので、自然界の危険なモノから自分の足で逃げることができます。
 
でも自分で動くことができない植物たちは、自分のカラダの中に「ファイトケミカル」という物質を持って、紫外線や虫などから自分のカラダを守っています。
 
なんとなく植物に親近感がわきませんか?笑
 
せっかくの「ファイトケミカル」、ちゃんと野菜くずからも利用しちゃいましょう!
 

がんにならない!  ファイトケミカルスープ健康法
高橋弘
泰文堂
売り上げランキング: 183,238
マナテック ファイトマトリックス 120粒 ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル補給
マナテックジャパン合同会社
売り上げランキング: 287,981
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。