▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

「イヌリン」 の機能性表示食品が誕生?!効果効能、副作用まとめ

投稿日:2017年7月5日 更新日:




食品製造会社のフジ日本精糖が、機能性関与成分「」を原料とした製品の機能性表示食品の届け出をしたところ、消費者庁に受理されたことがわかりました!
 

 
もしかしたら、これからどんどん新しい「イヌリン」製品がでてくるかも~♪
 
「イヌリン」が私たちのカラダにとって、どんな良いことをもたらしてくれるのか、効果効能などの機能性、副作用や注意点などをまとめてみました!

 


 

「イヌリン」とは?

イヌリンは、犬とはまったく関係がなく、キクイモ(菊芋)やごぼう、にらなどの野菜に含まれる糖類の一種です。
 
わかさの秘密さんのホームページにはこのように説明されています。
 

イヌリンとは、キクイモやごぼう、にらなどに多く含まれる多糖類の一種です。
イヌリンは糖の吸収を抑制し血糖値の上昇を抑える働きがあり、糖尿病予防に効果的です。また、善玉菌を増やし、老廃物の排出を促すため、腸内の環境を整える効果も持っています。
参考:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/inulin/

 
最近、よく清涼飲料水などにはいっている「難消化性デキストリン」なんかと同じ、一般的に「水溶性植物繊維」に分類される物質です。
 
「難消化性デキストリン」は、じゃがいもやトウモロコシに含まれているものです。
 

「イヌリン」の効果効能

イヌリンは砂糖やでんぷんなどの糖類の仲間なので、一瞬ちょっと太りそう・・・と思ってしまうかもしれません。
 
でもね、私たち人間はイヌリンを分解する酵素を持っていないので、あまり吸収されずに、ほとんどが体の外に排出されます。だから太るというよりは、腸内細菌のエサになって腸内環境を整えてくれたり、逆に他の糖の吸収を抑える働きがあると言われています。
 
その効果のため、特に糖尿病の予防効果には定評があります。
 
▼糖尿病予防

イヌリンは、水に溶けるとゲル化し、胃から小腸への食べ物の移動を緩やかにするため、糖質の吸収速度を緩慢にし、食後の急激な血糖値の上昇を防ぐ働きがあります。
 
糖尿病は、血糖を調節するために必要なインスリンが不足することによって起こる病気です。血糖の上昇が緩やかであればインスリンが無理なく作用し、不足することがなくなります。
 
参考:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/inulin/

 
インスリンというのは、私たちのカラダの中にあるホルモンで、血糖値をコントロールする働きをしているものです。
 
また、腸内環境をよくしてくれることから、ダイエットや便秘の解消にも効果があると言われています。
 
▼ダイエット/便秘解消

イヌリンは、水溶性食物繊維であるため、腸のぜん動運動に働きかけ、便秘の解消にも効果的です。また、糖質でありながら体内に吸収されないため、ダイエットにも効果的な成分として知られています。
参考:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/inulin/

 
場合によっては、太らない甘味料といういい方もされるみたいですね。
 

「イヌリン」の副作用や注意点

基本的には、天然の食べ物であり、薬ではないので副作用はありません。
 
でも、イヌリンは人間が体内に持っている酵素では分解しにくく、腸に達して初めて分解されます。個人差はありそうだけど、お腹にいる腸内細菌のバランスによっては、ガスを発生しやすい可能性もあるみたい。
 

結腸ではバクテリアによって分解されメタンガスなどに代わります。イヌリンを多く含む食品は食べ慣れるまでは、おならがよく出る傾向があります。
参考:https://www.fashion96.com/supplement/inulin/

 
おならがたくさんでるなぁと思う人がいたら、多分腸内細菌が分解する過程でガスが発生しています。
 

「イヌリン」と「難消化性デキストリン」の違いとは?

同じ水溶性食物繊維に分類される「イヌリン」と「難消化性デキストリン」、何か違う部分はあるのでしょうか?
 
糖尿病予防とか、コレステロールの排泄、便秘改善などの効果は基本的に同じようです。違うところとしては・・・
 
▼溶けやすさ

イヌリン:とけにくい
難消化性デキストリン:とけやすい

 
→最近清涼飲料水に難消化性デキストリンが入っているのは、とけやすいという特徴のせいでもあるんです。イヌリンも今後使用されるようになるかもしれませんが、ドリンク類ではなく、お菓子とか固形のものに使われることが多くなるかもしれません。
 
▼味


▼記事内容はこの下に続きます▼


イヌリン:甘い
難消化性デキストリン:無味

 
→イヌリンは少し甘さがあるので、甘味料として使われることもあります。味を変えたくないものに混ぜる場合は、難消化性デキストリンのほうが使いやすそうです。
 
▼善玉菌の増えやすさ

イヌリン:強い
難消化性デキストリン:まあまあ

 
→イヌリンは分解されるとフラクトオリゴ糖になります。オリゴ糖は善玉菌の大好物です。難消化性デキストリンも食物繊維としてエサにはなりますが、イヌリンは食物繊維としてもオリゴ糖としてもエサになるので、腸内細菌に豊富なエサを届けることができます。
 

まとめ

イヌリンについて、少しわかってもらえましたか?今流行の難消化性デキストリンブームの次に、イヌリンブームが来るかもしれません。笑
 
難消化性デキストリンも腸内環境の改善によいけど、イヌリンはもっと期待できるので、腸活中のみなさんはいち早く取り入れてみてくださいね♪
 

nichie オーガニック 水溶性 食物繊維 イヌリン 500g 10ccスプーン付 UB
ニチエー株式会社
売り上げランキング: 6,442

 
▼水溶性食物繊維についてもっと知りたい方におすすめの記事は下にあります↓



 
▼水溶性食物繊維についてもっと知りたい方におすすめの記事

 

 

 

ランキング参加中、応援クリックお願いします♪

↓↓ 現在の順位はこちら ↓↓


 

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

-健康
-, , , ,

長谷川ろみ

関連記事

驚愕!アルツハイマー予防には、ビールを飲め?!~世界初のイソα酸と認知症の研究結果~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 忘年会に新年会…最近飲みすぎてます~泣 という方に朗報!…いや、朗報とは言わないかな。笑 ちょっと、心なしか自分を慰めてあ …

「内蔵型冷え性」とは?原因・チェック法・改善法をまとめました!

あれ?なんかお腹がやけに冷たいなぁ・・・   こんなことを思ったことはありませんか?   実は、最近、汗かきで冷え性じゃないはずなのに、お腹だけ冷えている「内蔵型冷え性」「隠れ冷え …

栄養完全食「COMPグミ」、が人気すぎて発売中止?!その栄養と人気の秘密に迫る♪

「ヒトに必要なすべての必須栄養素を手軽に摂取できる」お菓子というキャッチフレーズで発売開始した、栄養完全食「COMPグミ」!   なんと、発売開始早々人気がありすぎて、発売中止になる事件がお …

クレソンの効能がスゴイ!栄養素ランキング1位に輝いた秘密とは?

みなさんは「クレソン」って好きですか?   好きもなにも~あんまり食べないし。 たまに、お肉のそばについてるはっぱでしょ?   っていう声が聞こえてきそう。笑   &nb …

売り切れ続出!ミニストップの豆乳スイーツ「ティラティス」が再発売!腸内環境への影響は?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 またまた、ミニストップが豆乳を使ったヘルシースイーツを発売することがわかりました~♪ 実はこのスイーツ、前にも一回発売して …

腸活じんべー編集長:長谷川ろみ
元おデブ。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、発酵食品との運命の出会いをはたし、数十キロのダイエットに成功しました!

このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ