便秘解消にすぐ効果!つま先立ちの効果的な方法とは?

スポンサードリンク

便秘解消のために食事を気をつけたり、運動をしたり、マッサージをしたり、水分を多く摂ったり、オリーブオイルを1さじなめたり・・・いろいろな方法がありますが、外出中でも仕事中でも、いつでもどこでもすぐできる便秘解消方法が「つま先立ち」です。
 

 
これが意外と即効性が高いと今注目されているんですって。
 
今日は便秘解消にすぐ効果がでると言われている「つま先立ち」の秘密に迫ってみたいと思います。

 

 

便秘解消とつま先立ちのメカニズム

つま先立ちと便秘解消は、一見全く関係ないように見えます。でも、つま先立ちには、血行改善や基礎代謝の向上ができるという効果があることがわかっています。
 
血行が良くなると、それによって代謝が上がり、腸の動きも活発に行われるようになります。やっぱり運動は便秘解消によいんですね~!
 
ふくらはぎ専科さんでは、ふくらはぎと血液の循環のメカニズムをこのように説明しています。
 

全身の血液は、心臓から送られて、また心臓に戻るというように循環しています。
 
人体の血液は、70%が下半身に集まっています。ふくらはぎは下半身の血液を心臓に押し戻すポンプ作用があることから「第2の心臓」と言われています。
 
そのポンプ作用となる筋肉の働きは、乳搾りのようであることから「ミルキングアクション」と呼ばれています。
 
ふくらはぎは直立歩行をする人間に与えられた重要な器官なのです。
 
参考:http://f-tao.com/effect.html

 
考えてみたらつま先立ちをよくするであろう、バレリーナやモデルさんはやっぱりスリムなので、姿勢をよくすること、つま先立ちをすることは、ダイエット効果があるという方もいます。
 
ふくらはぎを動かすことができるつま先立ちは、気軽にできる運動として便秘解消に有効なのです。
 

便秘解消にすぐ効くツボ「三陰交」

足首の内側につま先立ちをすることによって刺激を与えることができる「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれるツボがあります。
 
このツボは便秘解消やむくみなどに効果が高い、デトックスのツボです。
ヘルスケア大学さんのホームページによると、その期待効果はこちらです。
 

三陰交(さんいんこう)は、足首の内側付近にあるツボです。くるぶしから指4本分上にのぼったあたり、骨の後ろのくぼみがこれです。
 
三陰交は消化器、肝臓、腎臓といった内臓器官の働きを助けてくれるツボです。便秘のほか、生理痛や生理不順、むくみなどへの効果も期待できます。
 
左右の親指を重ねた状態で押し当てたら、力を込めるというよりも左右に動かすようなイメージで揉んであげましょう。
参考:http://www.skincare-univ.com/article/002511/

 
直接、押したり、もんだりするのも効果的ですね。
 

スポンサードリンク

便秘解消にすぐ効果がでるつま先立ちの方法

便秘ドクターの救急箱さんのホームページでは、便秘解消にすぐ効果がでるつま先立ちの方法を公開されていました。ちゃんと基本姿勢もチェック!
 
▼基本姿勢

肩幅に足を開いて、親指の付け根に力を入れて目線はまっすぐに立って、両手はおへその上に重ねて置き、おへその下に力を入れます。
 
つま先立ちをするとバランスをとるために、自然におへその下に力が入りお尻がキュッとするので、下腹部を意識するだけでも十分です。

 
▼つま先立ちの方法

①かかとを限界まで上げる
②5分間かかとを上げ続ける

 
その場で立ち止まってキープすると結構しんどいんです。歩きながらではなく、その場で姿勢よく行うと、全身がぽかぽかしてくる気がします♪怪我をしないように、ふらふらしてしまう方は、ちゃんと掴むことができる壁や柱を意識してやってみてください。
 
便秘解消なら朝晩はやるようにして、ダイエット効果を期待するには1日5セットはしたほうがよいみたいですよ。
 

便秘解消にすぐ効果がでるつま先立ちの注意点

便秘解消に効果があるつま先立ちは、ふくらはぎの内側を意識すると良いそうです♪
 
あんまりやりすぎると、ふくらはぎの収縮運動が強すぎて、筋肉が太ってしまうようなので、途中でふくらはぎをもんでみたり、先ほどの便秘解消のツボ「三陰交(さんいんこう)」を活用しながら、便秘対策のゆる運動をはじめて見ましょう。
 

まとめ

本当は、ちゃんと運動したほうがいいのはやまやまなのですが、社会人はなかなか運動時間がとれません。。。そして便秘解消にすぐ効く、つま先立ちからはじめて見るのは1つの手として有効です。
 
運動不足の解消のため、健康のために、ぜひつま先立ち、ふくらはぎもみからトライしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。