若返り薬「NMN」の効果は?アメリカNASAも認める効果・現状・摂取方法

スポンサードリンク

アメリカの学術誌「セル・メタボリズム(Cell Metabolism)」にワシントン大学の今井眞一郎教授が率いるグループの新しい論文が発表されました。

その研究論文の主役は、「NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)」

NMNはもともと糖尿病の治療薬として取り上げられた薬でしたが、マウス実験で肝機能を回復させたり、体毛をフサフサにしたり、若返りとも思える変化が見え始め、放射線や老化で傷ついたDNAを修復する効果が期待されています。

もしかしたら、NMNを利用した若返り薬でカンタンに若がえっちゃう時代がくるかもしれません。これは、腸活じんべーも黙ってられなくなってきましたよ。笑

今回は、アメリカNASAも効果を認めたらしい若返り薬、「NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)」について、総復習してみましょう!

NMNとはなにか?

NMNは、私たち人間がカラダの中でつくることができる物質です。

NMNは、カラダの中にあるビタミンB3(ナイアシン)を元にNMNがつくられ、NMNがNADという物質に変換されて、カラダの機能を保つ役割をしています。

ビタミンB3(ナイアシン)

NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)

NAD

NMNは、加齢とともに作られなくなる

NMNは私たちのカラダが日々老化していく中で、修復作業を行ってくれる大事なものです。

しかし、恐ろしいことにNMNは加齢とともにつくる量が減っていくことがわかっています。本当は、年を取ればとるほど大事なNMNなのに・・・。

なぜならNMNにはこんな役割があるからです。

▼NMNの役割
・病気の症状を改善させる、「治療薬」の役割
・身体の修復をする、「予防薬」の役割

〇〇代からNMNをつくる能力が落ちてくる

NMNをつくる能力は、個人差はあるものの50代後半から60代ぐらいで、落ちてくると言われています。

この時期には、カラダにガタがくるとおっしゃるご年配の方が多い気がしますね。
もしかしたらNMNが作れなくなることも関係があるかもしれません。

NMNが足りないと、老化が促進されたり、様々な健康被害を伴うと言われています。

NMNの発見者は、実は日本人!

NMNの発見者は、ワシントン大学医学部発生生物学部門・医学部門(兼任)教授である今井眞一郎先生です。

今井眞一郎|SHINICHIRO IMAI
ワシントン大学医学部発生生物学部門・医学部門(兼任)教授。専門は哺乳類における老化・寿命の制御メカニズム、および科学的基盤に立脚した抗老化方法論の確立。

参考:https://wired.jp/2015/02/16/next-world-11/

今井先生による、NMNの説明がこちら!

NMNとは、ニコチンアミド・モノヌクレオチドという物質の略称です。

ビタミンB3からつくられる物質で、わたしたちが身体の機能を保つのに必要なNADという物質に変換されます。老化すると、このNADという物質が各臓器で減少する一方で、NMNを体内でつくる能力も減少していくと判明しています。

参考:https://wired.jp/2015/02/16/next-world-11/

日本は今、超高齢化社会に突入しつつあります。

この時代に日本からNMNが明らかになり、生き生きとしたお年寄りが増えれば、日本全体に明るい未来が見える…。

今井先生は、そんな日本の未来のためにNMNの研究を続けていらっしゃると言います。

NMNに期待される効果とは?

アメリカのNASAをはじめてとして、各国企業が研究を始めているNMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)、これだけ注目されているのには、訳があります。

NMNが若返り薬と言われるようになったきっかけ

ハーバード大学医学大学院で行われた、マウスによるNMN実験がそのきっかけと言われています。

メスのマウスにNMNを投与したところ、なんと寿命が16%も伸びたことがわかったというのです。

マウスによるNMN実験の詳細はこちらです。

生後22か月のマウスに、1週間NMNを投与し続けた

1週間後、生後22か月のマウスは、生後6か月のマウスと同様の状態にまで戻った

このNMN実験を受けて、NMNは「若返りの薬」だと言われるようになりました。

また別の実験では、糖尿病のマウスに1週間NMNを投与したら、血糖値が正常に戻ったという報告もあります。NMNは、糖尿病の薬としても期待されているのです。

NMNはDNAを回復させる

オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究チームが「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)」のDNA回復効果を調べた実験があります。

スポンサードリンク
研究チームは、DNAの修復を司るタンパク質相互作用に重要な役割を持つ「NAD+」、要は細胞を若返らせる分子に注目。

実験用のマウスにNAD+を促進する「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)」と呼ばれる物質を投与したところ、放射線や老化で傷ついたDNAがみるみる回復したという。

「たった一週間の治療で、老齢のマウスの細胞が、若いマウスのそれと見分けがつかないほど回復しました」(デイヴィッド・シンクレア教授)

参考:http://tocana.jp/2017/03/post_12721_entry.html

1週間で老齢から若者へ・・・。
まさに「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)」は、若返りの薬の可能性を秘めているのです。それも…即効性がスゴイ…ちょっと怖いぐらいです。

最大の若返り効果の秘密は「

サーチュイン遺伝子とは、「長寿遺伝子」とも呼ばれている寿命を延ばす働きがある遺伝子のことです。

サーチュイン遺伝子を活性化させれば、寿命を延ばすことができる(=若返り)と言われていますが、今までこれを活性化させる方法は、以下の2つしかないと考えられていました。

・お腹を空かせておくこと
・レスベラトロール(※)を摂取すること
※赤ワインなどに入っているポリフェノールの一種

NMNやNADは、サーチュイン遺伝子を活性化させる新たな選択肢として、大きく期待されています。

NMNの販売状況と価格

日清製粉グループの「オリエンタル酵母工業」という企業が研究用に科学物質原末としてNMNを販売しています。

まだNMNは一般ユーザー向けではないようです。現在は、他社に向けて販売し、今後若返りの薬が一般市場に出回るきっかけの研究に使われるかもしれません。

なんと、このNMN販売事業をきっかけに日清製粉さんの株価も上がっているらしいです。注目度がスゴイですね!

すでに大手製薬会社や大学の研究所など、複数の研究機関への販売は開始されていて、その価格はテレビで放送された通り、100mg で4万円です。

参考:http://tocana.jp/2015/01/post_5522_entry_2.html

うーん。NMN、高い!笑 

でも、本当に若返りたい人なら、でも効果によっては「そんなに高くない?」と思える範囲なのかもしれませんね。このNMNの微妙なラインがズルいです。笑

NMNは食べ物でも摂取できる

もちろん純粋なNMNの成分だけを買おうとすると高いですが、このNMNは別に人工的に作るものだけではありません。私たちが普段口に入れる食品の中にも入っている成分なのです。

NMNはどういった食品に多く含まれているのでしょうか?

NEVERまとめにはこんな記事が掲載されていました。

野菜やフルーツには比較的多いようです。タネのようなもの、言い換えれば芽のために栄養価をためているような部分に多く含まれているのではないかと考えています。例えば、私たちが調べたところでは枝豆やアボカドにかなり含まれています。 逆に、牛肉やシーフードにはあまり含まれていません。

参考:https://matome.naver.jp/odai/2142088642594681401/2147764381404094503

健康サイト「Dailymail online」さんの記事にはこんな内容も!

Physical signs of ageing could be slowed down by a compound found in broccoli, cabbage and avocado, scientists claim.(ブロッコリー、キャベツやアボカドに含まれる物質に老化現象を遅らせる効果があると、科学者は主張している)

It slowed down the deterioration of liver and eye function, bone density and the metabolism, a new study found.(新しい研究によると、その物質は目や肝臓機能の低下や骨密度の代謝の低下を軽減するという)

参考:http://www.dailymail.co.uk/health/article-3879000/Why-BROCCOLI-reverse-signs-ageing-Compound-vegetable-slows-vision-loss-middle-age-spread.html

NMN、アボカドにも含まれるとは!アボカドって本当にアンチエイジングを目的とした栄養素がたっぷりなんですね。

アボカドの美容・若返り効果はアボカドオイルだけじゃなさそうですよ。数年後、アボカドからNMNを抽出し、若返り薬を作る人が増えたりして・・・。今後が楽しみですね★

NMNの効果まとめ

NMNはまだまだ実験中ですが、期待の若返り薬だと思いませんか?

私はどこか期待しつつ、今のところはNMNが含まれると思われているアボカドやブロッコリーを意識して食べようかなと思っています。NMNが気軽に買えるぐらい安くなるのはまだまだ先かなぁ~。

お金持ちの方は、ぜひNMNの購入も検討してみてくださいね。笑

NMNピュア3000 60カプセル NMN β-ニコチンアミドモノヌクレオチド 3000mg 配合
新興和製薬株式会社
売り上げランキング: 31,995
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。