コールドプレスジュース(低速低温搾法)なら酵素が壊れない?栄養いっぱい?




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

コールドプレスジュース、とても流行ってますね~♪ローラさんなど有名なタレントさんも飲んでいると言われ、ますます人気になっているみたいです。

私も最近、友達がコールドプレスジューサーを買って、作って飲ませてくれたフルーツジュースが、ほんっとにおいしくて、びっくりしました。コールドプレスだからってわけじゃなくて、お料理上手の友達の絶妙なフルーツバランスがよかったのかもしれないけど。笑

コールドプレスジュースとは?

日本初のコールドプレスジュース専門店だという、サンシャインジュースさんのホームページによると、こんな感じで定義されています。

コールドプレスジュースは、その名の通り野菜や果物をゆっくり「プレス(圧搾)」して、素材が持つ水分を搾り出して作るジュースです。
参考:http://sunshinejuice.jp/

通常、コールドプレスジュースとは低速低温圧搾法で作ったジュースのことを指します。特徴としては、以下の2つが挙げられます。

1:熱が加わっていない
⇒熱に弱い栄養素も摂取しやすい
2:繊維質は細かく分離されている
⇒消化のために必要なエネルギーが少なくてよい

地産地消にコールドプレスジュースを使った道の駅

岩手県一関市川崎町にある、道の駅かわさきでは、地産地消の足掛かりとして、地元の素材と健康にこだわったコールドプレスジューススタンド「JOY!」がオープンしたんですって。岩手日日新聞社のIWANICHIONLINEによると、

ほとんどのメニューに使用するリンゴは全て地元産。野菜類も道の駅の産直を活用するなど、新鮮な地元食材へのこだわりを見せる。

参考:
http://www.iwanichi.co.jp/ichinoseki/19962.html

と書かれています。ステキな取り組みですね!

コールドプレスジュース懐疑論がたくさんある理由

あんまり低速低温圧搾法に関する科学的な論文や実験結果はまだないみたいで、これが正解!とは言いにくい内容でありながら、中には大げさかつあいまいに「デトックスできます!」「栄養価が高いです!」「ビタミン・ミネラル・酵素たっぷりです!」といって宣伝するところもあるみたいなので、たしかに懐疑論も増えちゃう気がします。

個人的に思うのは、確かに酵素は熱に弱いとは言うけど、機械に通すことによって、酵素がどうなるかはちょっとわかりません。笑

でも、確かに熱によって壊れるものは多いハズで、でも逆に熱を加えたほうがいいビタミンなんかもあるんですよね。わたしの大好きなトマトがもつ「リコピン」は、熱を加えたほうが吸収しやすくなるといいますし。

ごはんつぶよりもおかゆが消化にいいといわれるのと同じレベルになっちゃうけれど、細かくなっている時点で、消化酵素のムダづかいはしなくて済みそうではあります。個人的には、美味しいからたまに飲みたいな♪でも、果物そのままで食べたい時ももちろんあるし。

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。