便が黒い理由って?ただの黒色便よりコワい「タール便」の原因は?




私たちの便は、一般的に茶色や黄土色であることが多く、黒い便がでるということは、かなり珍しいことです。

そこには、なんらかの原因があります。

今回は、黒いといってもちょっと黒っぽいかな・・・で済む色ではなく、コールタールのようなタール便がテーマ。

タール便とはいったいどんな便で、その原因はなんなのでしょうか?

タール便とは?

タール便は、「コールタールのような便」という意味でつけられた、便の形状を示す言葉です。

コールタール
=コークスを製造する時にコークス炉で石炭を乾留して得られる副生成物の一つ。

参考:ウィキペディア

真っ黒な便を指して「タール便」と呼ぶのはちょっと時期尚早で、実は黒色便にも程度があります。

タール便の特徴

黒色便の中でもよりタールに近い真っ黒な便のことを「タール便」と呼びます。

タール便には、以下の2つの特徴があります。

・黒いねっとりとした便で悪臭を放つ
・大量出血が酸化によって黒くなるのが原因

福岡県薬剤師会のホームページには、このように説明されていました。

タール便は、黒いねっとりとした悪臭を放つ黒色便で、コールタールに似ているためタール便という。

食道、胃から上行結腸までで、50~100mL以上の大量出血が起こり、蠕動運動によって肛門まで送られる間に、血液中のヘモグロビンが胃液や腸内細菌の作用を受けて酸化し、塩酸ヘマチンやヘマトポルフィリンに変化して黒褐色となる。

さらに、腸内で発生する硫化水素により硫化ヘモグロビンを生じてタール便となる。

参考:福岡県薬剤師会ホームページより タール便とは、どのような便か?(薬局)
https://www.fpa.or.jp/johocenter/yakuji-main/_1635.html

転んで血が出ると、黒いかさぶたになりますが、私たちの血液は酸化によって黒くなります。タール便ってかなり怖い便だったんですね。

タール便の出血場所

タール便のポイントは、出血がある場所が肛門から比較的遠いことです。

食道、胃から上行結腸で出血が起こると、便として体外に排泄されるまでに時間がかかるので酸化が進み黒くなります。

逆に便に鮮やかな血の色が混じっている時は、腸の中でも大腸の後半部分である直腸や肛門の近くなどで異常があることを示しています。痔などでも真っ赤になります。

どちらもかなり怖いですよね。

真っ赤な血に驚く人はいても、黒い便はよく見ないで流してしまう方も多いと思うので、やはり便をよく見て観察してから流す癖をつけたいですね。

タール便で考えられる病気

タール便が出たときに、病院で疑われる病気には以下のようなものがあります。

・胃/十二指腸潰瘍かいよう/胃がん
胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、主にピロリ菌などの感染などによって、胃や十二指腸の粘膜の強度が落ちて、胃酸によって損傷してしまう状態です。

この場合は粘膜が損傷した際に出血し、血液が肛門から排泄されるまでに黒く酸化することが原因です。

・大腸がん
大腸はとても長く、大腸の後半の直腸などに異変がある場合は、血便になりますが、小腸に近い部分で出血が起こると黒くなることがあるようです。

どちらにしろタール便らしきものがでたら、すぐに医師に相談しないと大変です。

タール便の見分け方

タール便のように真っ黒な便がでると、私たちはすごくひどい病気なのかと、うろたえますよね。まさに、その可能性も大きいのですが、食べたものの色がそのまま出たり、ある種の化学反応によって、便が黒っぽくなることも少なくありません。

どんな場合に便が黒っぽくなるのか、例をあげてみましょう。

便秘で長い間腸内に停滞していた場合、腐敗が進み、便が黒っぽくなることがあります。

腐敗によって酸化したり、水分が少なくなることで、便の色が黒っぽくなるのは、便秘ぎみの方なら1度は経験したことがあるかもしれません。

外傷や手術

当たり前ですが、手術後の出血や外傷や熱傷によっても、黒色便がでることがあります。

薬の影響

貧血などの方が服用する鉄分を配合した薬を飲むと吸収されない鉄分の影響で、便が黒くなることがあるそうです。

また、ビスホスホネート製剤、カリウム剤、NSAIDs等の薬を飲むと、その副作用で消化管出血が起こることがあるのだとか。

薬の影響は、いろいろありそうです・・・。

赤ワインやカシスなどの飲み過ぎ

食べたものがそのままの色で出てしまうことがたまにあります。特に影響が大きいのが、ワインやカシス系の飲み物です。

ワインなどにはアントシアニンなどのポリフェノールがたくさん含まれています。

この成分がPHの変化に伴って色を変えるので、黒っぽくなったり、緑色っぽい便になったりすることがあります。

まとめ

タール便は、私たちの体、例えば食道や胃などで出血が起き、その血液が酸化することで起きることがわかりました。

黒い便だからと言って、すべてタール便というわけではありません。

便秘などで腸内で便の腐敗がすすんだり、特定の薬を飲んだり、赤ワインなどのポリフェノールが多く含まれる食べ物・飲み物を口にしても黒っぽい便はでます。

私はワインを飲んだ翌日は、必ず黒っぽくなってしまうんですよね・・・。

タール便がでたら、それは大きな病気に関連していることがとても多いので、すぐに医師に相談してください。参考になればうれしいです。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。