春雨とマロニーの違いとは?ダイエットに使えるのはどっち?




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

サラダやスープ、炒め物など、いろいろな料理方法が可能な春雨。

満足度が高いわりに、そんなにカロリーが高くないのでダイエット中に活用している方も多いのではないのでしょうか?

春雨はなんとなくわかるけど、最近よく聞く「」ってなんなのだろう?w

今回は春雨とマロニーの違いをまとめてみました!

春雨とマロニーの違い

春雨とマロニーは、見た目はそっくりです。でも実際に料理をしてみると、意外と感触が違うことにびっくりする方も多いのではないでしょうか?

実は春雨とマロニーは、材料から全く別のものです。ここではその違いをみてみましょう。

原料の違い

マロニーは「マロニー株式会社」という会社が作っている独自の商品で、一般名称ではありません。

春雨と似ているように感じますが、その材料は全く違います。

春雨
=さつまいもでんぷん、緑豆でんぷんなど

マロニー
=ジャガイモでんぷん、コーンスターチなど

味のしみこみやすさの違い

両方ともでんぷんですが、材料と作り方が違うので、味のしみこみやすさがかなり違います。

マロニーを使ったことがある方はお分かりかと思いますが、とにかく味がよくしみこむので煮込み料理などにはもってこいなのがマロニーです。

煮崩れしやすさの違い

実は煮崩れしにくい春雨をつくりたくて開発されたというマロニーなので、マロニーは煮崩れしないところが特徴の一つです。

スポンサードリンク

春雨とマロニーの共通点

春雨もマロニーも低GI食品として知られています。

GIとは、血糖値が上昇するスピードを数値化したものです。GIが低いほど、その食品の糖質は血糖になりにくいといえます。

GI値55以下の食品が、低GI食品と言われていますが、マロニーも春雨もこの55以下に該当します。

マロニーを使ってダイエットできるのか?

近畿大学農学部の米虫教授のコメントによると、マロニーを継続して食べると、体脂肪を減少させたり、腸内環境を改善する効果があったことがわかっています。

「マロニー」は低GI、低GL食品であり、週4回1日1食、普段の食事と置き換えて「マロニー」を食べてもらったところ、1ヶ月間で約1.2%の体脂肪の減少と腸内の善玉菌の増加時に観察される便中の乳酸の増加が確認されました。

参考:https://www.malony.co.jp/know/gi.html

乳酸が増えるのは、善玉菌が増え、悪玉菌が減っている証拠です。マロニーを継続して食べることで腸内環境が整ってきていることがわかっています。

低GIはもちろん、乳酸が増加するのはスゴイですよね!

春雨とマロニーの違いまとめ

春雨とマロニーはとても似ていますが、以下の違いがあります。

材料
味のしみこみやすさ
煮崩れのしやすさ

材料は双方でんぷんではありますが、その種類が違い、そのせいで味のしみこみやすさや煮崩れのしやすさが変わります。

春雨
=さつまいもでんぷん、緑豆でんぷんなど

マロニー
=ジャガイモでんぷん、コーンスターチなど

煮崩れさせたくなかったら、また味をしみこませたかったら、ぜひマロニーがおすすめです。

マロニーを食べると腸内環境が整ったり、脂肪が減少するという研究結果もあるので、上手にダイエットに活用したいですね。

工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイトの編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中! 「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、100歳まで遊んでくれる仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪ ▼プロフィール詳細はコチラ ▼活動内容詳細はコチラ ▼取材やお仕事の依頼はコチラ ▼instagramはコチラ ▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。