オーツ麦とは?グルテンダメな人でも大丈夫?ダイエット&腸活効果が高い理由




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

みなさんは、オーツ麦ってご存知ですか?

別名エンバク、オートムギ、オートなどいろんな名前があるので、よくわからなくなってしまっている人も多いと思います。

麦とついているのにグルテンフリーだとか、食物繊維がたっぷりで腸活やダイエットにいいとか、よいうわさがたーくさん。今日はそんなオーツ麦のすごさについてまとめてみました。

オーツ麦とは?

まずはオーツ麦とは?からはじめましょう!
ウィキペディアによると、オーツ麦は以下の通り。

イネ科カラスムギ属に分類される一年草で、その種子は穀物として扱われる。なお漢字では燕麦と書かれる。

参考:ウィキペディア

イネ科に属す穀物ということは、お米と親戚なんですね。

オーツ麦は、食べやすいように押し麦や引き割り麦にしたり、製粉されることがほとんどなのだとか。粗挽きもしくは圧扁したものはオートミールと呼びます。

オートミールのほうがスーパーではよく見かけるかもしれません。

日本はお米文化なので、そこまでポピュラーではありませんが、アイルランドやスコットランドやべラルーシなどでは主食として食べられているんですって。

特にポリッジと呼ばれるおかゆにして食べることが多いそうです。

オーツ麦と日本の歴史

日本では明治時代ごろから栽培されはじめて、馬の飼料として人気だったんですって。昔はあまり人が食すイメージがなかったようなのですが、近年の健康食ブームにのって、オーツ麦やオートミールの存在が知られるようになりました。

そして特にここ数年、グルテンフリーの食品を求める人たちから、グルテンが含まれていない穀物として愛されるようになったようです。

オーツ麦はグルテンフリー?

通常、オーツ麦はグルテンフリーの食材だといわれています。グルテンのアレルギーがある方でも食べられる穀物として有名ですよね。

ただし、グルテンフリーのオーツ麦でも、グルテンが含まれてしまうことがあります。例えば、小麦などのグルテンを含む食材の隣の畑で栽培されているオーツ麦は、グルテンが少し混ざってしまうこともあるんですって。

もともとはグルテンフリーだけど、ちゃんとチェックしていない場合もあるそうなので、アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

メーカーによっては、こんな説明をちゃんとしているところもあります。

OatPureグルテンフリーのシュレッドオーツ麦、ジャンボオートフレーク、スチールカットオーツ麦、インスタントオーツ麦は、BRC規格でグレードAA評価を受けたオーツ麦限定施設で、当社OatSecureの厳重な14ステップクローズドループのサプライ・チェーンおよびプロセシングを介して製造されているため、完全にグルテンフリーですのでご安心ください。

参考:https://www.glanbianutritionals.com/ja/houdou-to-dosatsu/oatpuretehakurutenfurinootsumaiwobaozheng

こういう商品のほうが安心は安心ですよね。個人的にはグルテンアレルギーでもないのに、グルテンフリーしか食べないのはどうだろうと思ったりもするんだけど。笑

また、セリアック病患者はオーツを食べることによって、グルテンフリーダイエットを行ってたにも関わらず症状が発症する事があるらしいので、もともと関連する病気やアレルギーを持っている人は、ちゃんとお医者様の指示のもとに食べるか食べないかを決める必要があります。

オーツ麦に含まれるアベニンが曲者らしい…

スポンサードリンク
アベニンは、小麦に含まれるグルテンと似た働きをします。ゆえに、セリアック病を持っている人は、オーツのアベニンによってグルテンに対する反応と同様の反応が生じる場合があります。

しかし、最近の研究でアベニンに反応する免疫細胞に注目した実験では、毎日100gのオーツを3日間食べ続けたところ、アベニンへ反応があった人はたったの8%でした。

参考:http://www.tcnkenko.com/oats-11593.html

関連する人は気を付けてくださいね。

オーツ麦の栄養素

オーツ麦はダイエットや腸活にいいといわれる、穀物の中でも栄養素が注目される食材です。

カロリー自体はお米などのほかの穀物と一緒でそんなに低くないのですが、インスリンの分泌を低下させる作用を持つともいわれるぐらい低GI食品なので、脂肪を作りにくいといわれています。

オーツ麦には

ビタミンB群

カリウム
マグネシウム

などなど、ダイエット中の方がデトックスや腸活をする上でなるべくたくさんとりたい栄養素がたっぷりつまっているんです。

ビタミンB群は脂質や糖質の代謝を促してくれるし、カリウムはデトックスに必要なミネラルで、食物園医は腸内細菌のえさになり、マグネシウムは腸の蠕動運動を促してくれる…なんだか、だめなところが一切ない穀物ですねー。笑

これは食べなくちゃ。

特に食物繊維の質については、ほかの食材と比べてもかなり期待できるんです。

オーツ麦の食物繊維

オーツ麦の食物繊維には、不溶性食物繊維だけでなく、普段の生活で不足しがちな水溶性食物繊維もたっぷり含まれています。

水溶性食物繊維をもう少し深堀すると、オーツ麦の水溶性食物繊維はβグルカンで、血中コレステロールの低下や血糖値の上昇抑制など、たくさんの研究結果が発表されています。

エンバクの水溶性食物繊維の大部分はβグルカンである。エンバク由来のβグルカンについて血中コレステロール値上昇抑制作用、血糖値上昇抑制作用、血圧低下作用、排便促進作用、免疫機能調節作用などが欧米を中心に多数報告されている。

参考:ウィキペディア

これは、健康面でも腸活面でもかなり優秀!オーツ麦は、食べておきたい穀物の1つですね。

オーツ麦とは?まとめ

オーツ麦はイネ科に属す穀物で、たくさんの栄養が含まれている健康的な穀物であることが知られています。カロリーはほかの穀物と大きな違いはありませんが、低GIであるため、脂肪になりにくいことがわかっています。

多く含まれるビタミン&ミネラルは以下で

ビタミンB群
食物繊維
カリウム
マグネシウム

特にダイエットや腸活、デトックスをしている方にとって、のどから手がでるほどほしい成分をあますところなく摂取することができます。

特にオーツ麦の食物繊維は優秀で、血糖値上昇の抑制作用や、コレステロール上昇抑制作用などが認められているので、やせているのだけど、コレステロールが高いというような、生活習慣病が気になる方にとってもうってつけの穀物です。

こんなに栄養満点なのに、さっぱりしてて、味もおいしいし、クッキーなどにしてももちもちするので、食べ応えがありながらもヘルシーですよ。

ぜひ、ためしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活研究家&本サイトの編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中! 「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、100歳まで遊んでくれる仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪ ▼プロフィール詳細はコチラ ▼活動内容詳細はコチラ ▼取材やお仕事の依頼はコチラ ▼instagramはコチラ ▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。