体内酵素「PTPRJ」とは?肥満の人は食欲が抑えられない説が解明された?!

スポンサードリンク

「肥満の人は食欲が抑えられずやせにくい」という説・・・聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

食欲旺盛なのはよいことではありますが、中には食べても、食べても、太っても、太っても、食欲が収まらない人がいます。

この仕組みがなんと、基礎生物学研究所により明らかにされ、9月14日に英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載されました。

今回は、この「PTPRJ」について、まとめてみました!

肥満のメカニズムとは?

人は肥満になると、体内ホルモン「レプチン」の作用が低下してしまうと言われています。

この「レプチン」が肥満と大きくかかわっていると言いますが、「レプチン」とは、いったいどんな働きをするホルモンなのでしょうか?ウィキペディアでみてみると・・・

レプチン (leptin) は脂肪細胞によって作り出され、強力な飽食シグナルを伝達し、交感神経活動亢進によるエネルギー消費増大をもたらし、肥満の抑制や体重増加の制御の役割を果たす16kDaのペプチドホルモンであり、食欲と代謝の調節を行う。ギリシャ語で『痩せる』を意味するleptosから命名された。

参考:ウィキペディア

脂肪細胞によって作り出されるホルモンで、食欲を抑えてくれるのが「レプチン」なんです。

「PTPRJ」とは?

この食欲を抑えてくれるのが「レプチン」を阻害してしまうと言われるのが、今回の体内酵素「PTPRJ」。

自然科学研究機構基礎生物学研究所(岡崎市明大寺町)の野田昌晴教授や新谷隆史准教授らのグループがこの肥満の主要因「レプチン抵抗性」の仕組みを解明したことを発表しました。

レプチンは脳内の摂食中枢を刺激し、満腹感に伴い過度の摂食を抑制。しかし肥満(BMI25以上)の場合、摂食中枢でレプチンと同時にPTPRJが増えることでレプチンの抑制作用が弱まり、摂食を続けるという。

スポンサードリンク

参考:http://fmokazaki.jp/tokai/170915.php

肥満は、体内酵素「PTPRJ」が多くする?

マウスによる実験ではありますが、肥満のマウスのほうが肥満ではないマウスと比べて体内酵素「PTPRJ」が多いことがわかっています。

グループは、マウス12匹に高脂肪の餌を与えて飼育。生後16週の時点で、PTPRJを欠損させたマウスは通常のマウスに比べ、脂肪量が約40%少なく、体重が14%軽かったことからレプチン抵抗性の仕組みを結論づけた。

参考:http://fmokazaki.jp/tokai/170915.php

普通の状態の場合、「PTPRJ」がレプチン受容体を抑制し、食欲が抑えられるため、適正体重を維持できるのですが、

肥満状態の場合、「PTPRJ」が多すぎてレプチン受容体を抑制できず、食欲は止まらず、体重はますますふえるという悪循環に陥ります。

これが、肥満と「PTPRJ」の関係です。
んーこわいですねー。

体内酵素「PTPRJ」とは?まとめ

肥満状態にあると、大量に作られてしまう体内酵素「PTPRJ」。

食欲を抑えるホルモンであるレプチンの邪魔をしてしまいます。

体の中で良い循環をつくるためには、やっぱり体も通常の状態を保っておかないと、ホルモンやら酵素のバランスが崩れてしまうんですね・・・。

まずは肥満の回避から!肥満を回避するために、普段の食生活をみなおしましょう。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。