炭を食べると痩せるってほんと?チャコールダイエット(食用炭)の効果と安全性

工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

海外で人気のチャコール(charcoal)ダイエット。

チャコール(charcoal)とは、日本語で「炭」のこと。竹を真っ黒な炭になるまで燃やした「炭100%(炭素)」を指しています。この真っ黒な炭を粉上にしてドリンクやお料理に入れる「炭パウダー」は、日本でも新しいデトックスダイエットのひとつとして注目されています。

しかし、ぱっとみはただの真っ黒い粉なので、本当にダイエットやデトックスに効果があるのか、疑わしく思う方も多いですよね。そして、効果があっても危険性があるなら、口の中に入れるのはコワいという方も多いはず。今回は炭を使ったチャコール(charcoal)ダイエットの効果と安全性についてまとめてみました。

チャコールダイエットとは?

チャコールダイエットは、その名の通り「チャコール(炭)」を食べるダイエットです。

チャコールダイエット
=チャコール(炭)を食べるダイエット

炭と言っても、お料理の時に生まれる「焦げ」とは違います。食べられる炭は、炭の吸着力を利用して、体の中にある有害な物質、不要な物質を外に排出することを狙ったもの。キレート効果特定の木材を高温でしっかり焼き上げて炭素100%の炭を作ります。

この炭を細かく砕いたり、粉状にして、食品に混ぜやすい「食品添加物」にしたものを「食用炭」や「炭パウダー」と呼びます。食用の「炭パウダー」は無味無臭。食品添加物として混ぜてもお料理の味を変えないのが重宝される理由です。

なぜ食用炭はダイエットに使われるのか?

食用炭(食べられる炭)は、別名「活性炭」と言います。

もともと炭には、不純物を吸着する力があります。例えば水の中に炭を入れておくと、不純物が炭の中の小さい穴に吸着し、水がきれいになります。この炭の特徴を踏まえて作ったのが「活性炭」です。普通の炭よりもさらに高温で一気に加熱処理することで、細かい穴を増やし、普通の炭よりもさらに吸着力をアップさせています。

普通の炭
=木材を加熱して作る
=1グラム当たりの表面積300~500㎡
活性炭
=木材を高温で加熱して作る
=1グラム当たりの表面積800㎡以上(吸着力が高い)

なるべく吸着力を高めるために、原料選びは重要です。吸着力に定評がある木材としては、竹(竹炭)、赤松、ヤシ殻、樫の木などがとても人気!特に日本では、国産の木材がとても人気のようです。

チャコールダイエットと聞くと単純に「活性炭=痩せる」と考えがちですが、活性炭の効果はそれだけではありません。体の中に溜まった老廃物や、人体に悪影響があると心配される農薬や合成物質などの化学物質、食品添加物や水銀などの重金属、そして油脂やプリン体などを吸着して、外に出してくれる可能性があると期待されています。

その期待効果も材料にする木材によって異なるのが面白いところです。

食用炭の効果

食用炭は、ほとんどカロリーがありません。それなのに、カルシウム、カリウム、ナトリウム、鉄分などの天然のミネラル分が豊富で、水に溶けやすいという特徴があります。ミネラルは、私たちの体からいらないものを排泄してくれます。

また炭には吸着効果があり、有害物質や余分な脂肪、糖分を吸着して排出する効果があります。また、炭が発する遠赤外線効果で内臓の働きを活発にし、血行や新陳代謝を活性化してくれるとのこと。だからデトックスにいいとか、腸内環境の改善にイイとか、便秘改善にイイと言われているんですね。

食用炭の材料別の効果

生産工程にもよるので一概には言えませんが、活性炭の原料によって、それぞれ特徴があると言われています。


=チャコールダイエットに使われる食べる炭の中ではいちばん多く使われる
=カルシウム、カリウムなどのミネラル分が多い
=農薬や合成物質など幅広く化学物質を吸着する
=匂いがほとんどない
赤松
=長野県伊那地方(長寿の里として有名)で作られる
=トランス脂肪酸などの質の悪い油や食品添加物、水銀などの重金属を吸着する効果が注目
=活性炭入りの水を飲む試験で体温上昇効果を確認
=ファーストフードや外食が多い場合におすすめされることが多い
ヤシ殻
=ココナッツの外殻を使用して作られる
=最終糖化産物(AGES)やプリン体などを吸着する効果が高い
=プリン体が多い人や老化防止効果を期待する場合におすすめされることが多い

食用炭の食べ方

食用炭はパウダー状になっているものも多く、無味無臭です。だから、飲み物に入れたり、食べ物にふりかけたりして食べることができます。例えばヨーグルトやスムージーに混ぜたり、デザートにかけたりする食べ方が多いようです。真っ黒にはなってしまいますが、逆にちょっとおもしろいかもしれません。

特にどんなタイプの方にあうのか、美BEAUTEさんにはこんなことが書いてありました。

1、外食が多い、加工食品をとる習慣がある
2、体重が最近増えたor体が重い
3、運動より食事によるダイエットの方が向いている など

参考:https://www.bibeaute.com/article/10426

基本的にカラダに悪いものが溜まってそうな人に向いているダイエットだと言えそうです。

チャコールダイエットの安全性と危険性

食用の活性炭は基本的に安全性が確認されていますが、その安全性と危険性に関しては、その原材料にもよります。その活性炭がどう作られているか、念のため調べてみる必要はありそうです。

竹虎さんのホームページにはこんな説明が書かれていました。

原料の竹の品種と産地、熱加工の過程(炭化方法と窯型式)、炭化の温度範囲など安全基準を満たした竹炭は、身体への有害物質を含みません。技術センターなどで、しっかりと審査を受け厳しい試験を通過した竹炭こそ高品質、最高級と呼ぶのにふさわしいのです。

参考:https://www.taketora.co.jp/special/bamboocharcoal.html

また、体に良いからと言って、大量に食べるのはやめましょう。くれぐれも用量には注意し、過剰摂取はしないでください。大量に摂取すると、必要な水分や栄養素まで排出されてしまう可能性があると指摘されています。きちんと各メーカーが提示する適量を守って食べることが重要です。また、薬を服用中の方は必ず医師に相談してから食べましょう。

まとめ

ダイエットや腸活中の方にうれしい効果がもりだくさんの食用炭。最近では老化防止や健康のために常用する方も多いと聞きます。

その理由は利用しやすいから!とにかく無味無臭でいろんなものに入れられるので、特に海外ではヨーグルトやスムージー、パンケーキの生地などに混ぜて食べるチャコールダイエットをする方が増えているそう。腸活中にも使いやすいですね。

参考にしてみてね。

工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら