ターメリックが便秘に効く!!便秘予防のためなら春ウコンと秋ウコンのどちらを選ぶ?




給食の人気ナンバーワンメニューといえば、カレーライスですよね!

辛いにも関わらず子どもにも大人にも大人気のカレーは、スパイスもたっぷりはいったスタミナ食で、元気になるために食べる!という方も多いのではないでしょうか?

実はカレーに含まれるスパイスのターメリックは、うまく活用すれば便秘予防や脂肪蓄積の予防に役立ってくれる可能性があります。

今回は、ターメリックについてまとめてみました。

ターメリックとは?

ターメリックは、独特の苦い香りが特徴で、カレーパウダーの中には必ず入っているといっても過言ではない、ポピュラーなスパイスです。

ショウガ科ウコン属の多年草で、日本ではウコンと呼ばれたり、沖縄ではうっちんと呼ばれたりして、親しまれてきました。

温かい場所で作られる植物で、インドや熱帯地方が原産です。

日本では、カレー粉に使われるのはもちろんのこと、二日酔い対策のためのドリンクに使われることも多くなってきましたよね。

ターメリックの種類

ターメリックの別名はウコンですが、厳密にいうと、ウコンには2種類があります。

春ウコンと秋ウコンです。

▼春ウコン
クルクミン:0.3%
精油成分:6.0%
ミネラル成分:6.0%

▼秋ウコン
クルクミン:3.6%
精油成分:1.0%
ミネラル成分:0.8%

参考:https://www.okinawajoho.jp/ukon/1_kitai.html

同じようなものが入っているものの、春ウコンと秋ウコンではその割合が大きく違います。

春ウコンと秋ウコン

春にさく春ウコンは、カルシウム・カリウム・鉄・マグネシウム・リンなどのミネラルが多く、正確な英語名は「ワイルドターメリック」といいます。正式名称は「キョウオウ」です。

また、春ウコンには植物の葉や茎、根等に含まれる精油成分が多く含まれています。ターメロン・シネオール・アズレン・カンファーなどの精油成分にはさまざまな働きがあるといわれています。

動脈硬化予防
コレステロールの分解
ガンの抑制 など

一方で秋ウコンと呼ばれるターメリックは、クルクミンが多く含まれています。

クルクミンは肝臓で代謝を受けて、腸管に排泄されるのですが、その後また肝臓に移動して腸管と肝臓を行ったり来たりするといいます。

この行ったり来たりする過程がクルクミンの効果を十分にうけるために重要だといわれています。

春ウコンもいろいろな効果がありますが、秋ウコンは特に腸への影響力が高そうです。

ターメリック(秋ウコン)の効果

では、クルクミンがたっぷり含まれた秋ウコンには、どんな効果が期待できるのでしょうか?

中国で書かれた古い薬学書である「本草綱目(ほんぞうこうもく)」には、ウコンに関してこんなことが書かれています。

主治は、血積(逆上してうっ血すること)に気を下す。
悪血を破る、血淋、尿血、金瘡を治す。

主治は、心服の血積。気を下し、血を破り、撲損のお血を治し、腫瘍を消す。
冷気を止め、食物を落ち着かす。

参考:
http://www.yo-sachiko.com/2011/11/%E3%82%A6%E3%82%B3%E3%83%B3%EF%BC%88%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%89/

血流をよくして、血をきれいにして、体を温めて、悪いものを外にだしてしまうよ。みたいなことでしょうか。ターメリック、めちゃくちゃすごいですね。笑

冷え症対策

ウコンが冷え性の方にすすめられる理由は、ウコンが血行を良くして、毛細血管などの隅々の血管まで血をいきわたらせてくれるといわれているからです。

たしかに、カレーを食べるとカラダがあたたまるきがするなぁ。

昔は、ウコンを赤ちゃんの肌着に入れると、温かいといわれていたそうです。保温性が高まるのは、ウコンの大きな特徴ですね。

便秘対策

体をあたためることや血行を良くすることは、腸をあたためることにもつながるので、腸のぜん動運動を促したり、腸内細菌の働きを活発にするという意味で、とても効果があります。

しかし、ウコンが便秘に効くといわれる理由はそれだけではありません。

なんと、食物繊維もたくさん含まれているんですね。体をあたため、血行を良くして、腸内細菌のえさである食物繊維も提供されるので、腸にとってはよいことづくめで、便秘効果が期待できるのです。

脂肪の増加を抑える

特に秋ウコンに多く含まれているクルクミンは、肝臓の働きを活発にしてくれる効果が期待されています。

肝臓には

代謝
解毒作用
胆汁の生成・分泌

の3つの働きがあり、クルクミンはこれらの働きを活発にし、脂肪を分解したり、排泄したりすることを助けてくれます。

クルクミンは細かければ細かいほど、肝臓や腸管への吸収がすすみ、効果を発揮するので、細かい粒にする技術なども進んでいるようです。今後が楽しみですね。

ターメリックの採り入れ方

体が冷えて冷えて仕方ない時におすすめなのが、白湯に少しターメリックを振って、香りが付いたお湯をすすることです。

「あれ?カレー?笑」

と思うかもしれませんが、イチローさんのように朝からカレーを食べる気にはなかなかなれない私は、真冬の時期は、ターメリック白湯に挑戦していました。

便秘改善効果までは、白湯の効果かターメリックの効果か、もしくは相乗効果なのかわからなかったけど、調子がいい時は、白湯を飲んだ後、すぐにトイレにいきたくなることもありました。

ターメリック白湯の作り方

白湯に、クミンとコリアンダーパウダーを2~3ふりするだけです。

ちょーかんたんですが、味のないお湯があまり好きじゃない方でも気軽に白湯生活が始められるのでおすすめです。

特に寒い時期はよかったので、冷えすぎて感覚がない朝なんかにお試しいただければと思います。

まとめ

カレーに入っているスパイスのターメリック、実は便秘にも効果があるということを知らない方も多いかもしれません。

血行が良くなるので、腸が冷えてなかなか動かないタイプの便秘の方にはすごくおすすめです。私もこのタイプなので、お湯+ターメリックは、結構おすすめです。

試してみてくださいね♪

The following two tabs change content below.
アバター

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中!

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、元気でポジティブな仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。