驚愕の発酵料理「キビヤック」の味って?食べてみた人の口コミまとめ

スポンサードリンク

発酵料理が好きな方であっても、食べるまでに勇気が必要とも言われる、世界有数の驚愕発酵料理「」!みなさんは食べたことはありますか?「」は、日本ではなかなか食べられないシロモノです。

「キビヤック」は、生の海鳥(ウミスズメ類)をアザラシのおなかの中に詰め込んで、土の中に長期間埋めて作ります。その匂いは・・・納豆どころではないことは想像に難くないでしょう・・・そしてその味は・・・全く想像がつきません。笑

一部では「ゲテモノ料理」と言われちゃうアザラシと海鳥を使った発酵食品、キビヤック。今回はそんな「キビヤック」を食べてみたという強者の意見、味の感想を調べてみました。

 

 

「キビヤック」とは?

「キビヤック」は、簡単に言ってしまえば海鳥の漬物です。笑

もやしもんというマンガをご存じですか?菌が見えるという少年の農業大学での学生生活を描いた、発酵好きに愛されるマンガですが、このマンガに詳しく「キビヤック」が出てくるので、知っている方も多いかもしれません。

もやしもんの中では、かなりグロテスクな発酵料理として、登場するのです。それもそのはず・・・その作り方、そして食べ方はかなり驚愕です。

「キビヤック」は、貴重な保存食

ウィキペディアによると作り方はこんな感じ・・・

グリーンランドのカラーリット民族やカナダのイヌイット民族、アラスカ州のエスキモー民族が作る伝統的な漬物の一種、発酵食品である。海鳥(ウミスズメ類)をアザラシの中に詰めこみ、地中に長期間埋めて作る。

参考:ウィキペディア

グリーンランドはとても寒い過酷な環境です。キビヤックは、料理法や調理法というよりも、エスキモー民族が技術を駆使して作った保存食という意味合いが強いようです。日本の味噌や醤油と同じですね。

同じなのですが・・・笑 キビヤックのほうがかなり上級者用であるような気がします。なぜなら・・・

「キビヤック」の食べ方

「キビヤック」を食べる時はなんと、海鳥の肛門からチューチュー内臓を吸うんだそう・・・怖い。単純に。笑

食べるときはアパリアスの尾羽を除去した後、総排出口に口をつけて発酵して液状になった内臓をすする。肉も、皮を引き裂きながらそのまま食べる。歯で頭蓋骨を割り中身の脳味噌も食する。

参考:ウィキペディア

また、内臓を調味料としてお肉に漬けて食べることもあるそうです。イヌイットの方達にとっては貴重なビタミン源だったんですね。

素晴らしい生活の知恵なんですけども、日本で生まれた私にとっては、「キビヤック」の味や臭いが気になってしまうのが正直なところです・・・。笑

実際に日本にいると「キビヤック」は食べるチャンスになかなか出会えない食べ物なので、「キビヤック」の味や臭いを「キビヤック」を食べたことがある人、そして「キビヤック」を使って測った数値的なデータを使って想像してみたいと思います。

「キビヤック」の臭いは?

納豆ぐらいで臭いとか言っている場合じゃないかもしれません。と思ったんだけど・・・実は私たち日本人が食べるものの中に「キビヤック」と同じぐらいの臭さのものがあるようです。

アラバスターという臭いを数値化することができる測定器を使って測定を行ったところ、「キビヤック」は、焼きたてのくさやと同じぐらいであることが発覚!

シュールストレミング:8070
ホンオフェ:6230
エピキュアーチーズ(缶詰チーズ):1870
キビヤック:1370
くさや(焼きたて):1267
鮒寿司:486
納豆:452

スポンサードリンク

参考:ウィキペディア

あれれ?「キビヤック」、臭い的には受容できないほどではなさそうです。笑

私、くさやは食べたことがあるんですが、とりあえず大丈夫でした。「キビヤック」も臭いだけなら大丈夫かもしれません。

「キビヤック」の味は?

「キビヤック」は残念ながら日本で食べることはできないんですって。
となると、なかなか「キビヤック」の味を知っている方は少なそう。

そこまでハードルあげられたら絶対食べてみたい気がしちゃうけど・・・残念。店舗はもちろんのこと通販でもなかなかなさそうなので、やっぱりキビヤックは普通、現地にいかないと食べられないようです。

キビヤック、食べるのが難しいのであれば、食べたことがある方の味の感想を見てみたいと思います。
口コミもあまり多くないのですが、キビヤックを食べたことがある貴重な方々をご紹介したいと思います。

冒険家:植村直己氏が語る、キビヤックの味

日本を代表する登山家であり冒険家の、植村直己氏はグリーンランドでキビヤックを食べたそうです。その味とは・・・

気になるキビヤックの味ですが、とても濃厚な鶏肉の味なのだとか。強烈な刺激臭にさえ慣れてしまえばとても美味しいらしいのですが、慣れていない人は近づくこともできないほどの臭いがします。

また、その食べ方も慣れない人にとってはグロテスクなため、抵抗を覚える人が多いようです。

参考:http://www.marukan-natto.jp/kusai/kiviak.html

良く考えたら海鳥ですもんね。濃厚な鶏肉かぁ・・・。

『地球縦回り一周の旅』の探検家の方が語る、キビヤックの味

また、キビヤックではないですが、キビヤックに使われる海鳥をゆでたものを食べた方の感想が、『地球縦回り一周の旅』の探検家の方の日記に掲載されていました。この鳥、アッパリアホっていうらしい。

見ると、お皿に黒い鳥が山盛りにもられていて、見た目には、かなりの迫力がある。 病み上がりの、景気づけには持ってこいのごちそうと言えるかも知れない。

お皿に取ろうとすると、ベッチが、「やってあげるわよ」、といって、まるで服を脱がせるようにすべらかに、 するするとアッパリアホの皮をむきだした。身体の毛と皮を一緒に取り、最後に頭をポキンと折って、 白いお皿の上にちょこんと置いた。

胸肉の辺りの肉から食べると、血の味の濃い、コクのある味がした。 臭みもなく、ゆでただけでも充分旨味がある。

参考:http://www.global-edventure.net/journal/ja/miyashita/040528.html

うーん・・・やっぱりキビヤック・・・味も見た目も衝撃がすごそうです。笑

まとめ

キビヤックの味、死ぬまでに1度は味わってみたいですね。

調味料になっていたら濃厚な風味と味が美味しそうと思えなくもないですが、現地で肛門から吸うように促された場合、実際にキビヤックが目の前にあったら、その動作をすることができるのか、若干不安です。笑

最初から肛門を吸うのは難しそうなので、まずは手始めに、キビヤック味の何かを発売してくれたらいいのにな。

みなさんも、キビヤックだけでなく、世界のいろんな発酵料理を試してみてくださいね。そして、味の感想、お待ちしております。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。