ピコスルファートナトリウム錠、効かない?!効果・副作用について【便秘】

スポンサードリンク

ピコスルファートナトリウム錠は、腸を刺激する刺激性下剤であるにも関わらず、比較的体に優しい成分であることが注目されている便秘薬です。
 
子供の便秘や妊娠中の便秘に対して、よく使われるんだって。
 

 
体に優しいということは、効かない可能性も?今回は添付文書をよみながら、ピコスルファートナトリウム錠について詳しくみてみましょう!

 

 

ピコスルファートナトリウム錠とは?

ピコスルファートナトリウム錠・ピコスルファートナトリウム液は、1980年から発売されている「ラキソベロン」という便秘薬の後発品で「ジェネリック医薬品」なんだそう。
 
ピコ太郎みたいなとてもかわいらしい名前なのでごまかされちゃいますが、腸を刺激する刺激性下剤に分類されています。
 
私なんかは刺激性下剤だとちょっとだけ心配になりますが、このピコスルファートナトリウム錠は、その安全性が注目されることも多い便秘薬なんですよ。
 

体にやさしいとされる理由

刺激性下剤なのに、なぜカラダに優しいことが注目されているのでしょうか?その理由が、ヘルスケア大学さんの記事に書かれていました。
 

ピコスルファートナトリウムが体にやさしいのは、胃や小腸では作用せず、大腸に到達してから効果が現れるためです。
 
大腸内に入ってからはじめて、腸内細菌がもっている酵素によって加水分解され、腸の蠕動運動を促進することになります。
 
また、腸壁からの水分再吸収を抑制するため、便に水分を保つことにも繋がります。
 
参考:http://www.skincare-univ.com/article/002524/

 
おおーーー。でたー、腸内細菌のチカラ!このピコスルファートナトリウムは、腸内細菌と力を合わせて、私たちの便秘を解消してくれるお薬だったんですね。
 
安全性が高いとされるためか、添付文書の用法・用量のところにも成人についてだけではなく、小児に対しての記述もあります。あまり薬に頼らないほうが良いと思いますが、表示上は6か月以下から記載されており、その安全性がうかがわれますね。
 

薬価が安くて経済的

薬価についてもそんなに高くないので経済的なお薬と言えそうです。
 

ピコスルファートナトリウム錠2.5mg 5.8円
ラキソベロン錠2.5mg  8.6円

 
「ラキソベロン」という便秘薬の後発品とのことだったので比較してみましたが、うん、やっぱり安いですね!
 

スポンサードリンク

ピコスルファートナトリウム錠の効果・効能

ピコスルファートナトリウム錠の効果として一番注目されているのは、やはり便秘薬としての役割です。
 
添付文書の効能・効果には、このように書かれています。
 

1.各種便秘症
2.術後排便補助
3.造影剤(硫酸バリウム)投与後の排便促進
4.手術前における腸管内容物の排除
5.大腸検査 (X線・内 視鏡)前処置における腸管内容物の排除
 
参考:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00058778.pdf

 
ピコスルファートナトリウム錠は、大腸刺激性下剤の一種ですから、大腸の動きが悪くなってしまっているタイプの便秘によく効くと言われています。いわゆる「弛緩性便秘」と言われるタイプの便秘です。
 
また高齢者の方や子供の便秘などにもよく利用されます。
 

妊娠中でも飲めるってほんと?

妊娠中に使える便秘薬として有名なのは、「酸化マグネシウム」と「ピコスルファート」を使った便秘薬です。
 
「ピコスルファート」を主成分とする便秘薬が「ラキソベロン」です。腸内だけに作用し、効果も穏やかで体への負担が少ないことから、妊婦さんにも処方されます。
 

液体タイプもあって自分で飲む量を調節できますが、飲み過ぎて下痢になってしまうことがあるので用法・用量はしっかりと守ってください。ピコスルファートを含む市販薬には「コーラックソフト」「ピコラックス」などがあります
 
参考:https://192abc.com/26700

 
市販薬なので、見たことがある方も多いのではないでしょうか?市販薬はみんな刺激が強そう・・・と思っていたけど、そうでもないんですね。
 
とはいえ、やっぱり妊婦さんの自己判断はキケンです。市販薬でも、まずはお医者さんに相談してから飲んでくださいね。
 

ピコスルファートナトリウム錠の副作用は?

基本的にピコスルファートナトリウムは安全性が高いことで有名な薬です。ですが、まれにこのような副作用が起こることがあるようです。
 

腸閉塞、腸管穿孔:
大腸検査前処置に用いた場合、腸管に狭窄のある患者において腸閉塞を生じ、腸管穿孔に至るおそれがあるので、観察を十分に行い、腹痛等の異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。
 
虚血性大腸炎:
大腸検査前処置に用いた場合、虚血性大腸炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。
 
参考:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00058778.pdf

 

まとめ

ピコスルファートナトリウムというかわいい名前でありながら刺激性下剤であり、刺激性下剤でありながら、安全性が高いという不思議な便秘薬でした。笑
 
効かないって言う人もいるみたいだけど、「弛緩性便秘」のような大腸の動きが弱っているタイプの便秘ではない可能性もありそうですね。
 
どんな便秘でも効果がないわけではないとのことですが、体質によって効くもの、効かないものがあるので、効かない場合はさっさと違う方法に移動するのも手です。
 
腸活の参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。