▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

そば米ダイエットで健康的にやせよう!~栄養&効果、食べ方レシピ~

投稿日:




みなさんは、そば米ってご存知ですか?そばの実を茹でたものでその栄養価やダイエット効果に注目が集まっています。
 
徳島県の郷土料理には、「そば米汁」というものがあるらしく、2008年のミス・ユニバース日本代表の美馬寛子さんも体調管理のために食べていたそう。
 

 
今回はそんなそば米に関してまとめてみましょう。

 


 

そば米とは?

」という響きから、そばと米を混ぜたものを連想する方もいらっしゃるかもしれませんが、実はお米とは全く関係がありません。笑
 
そば米は、収穫したばかりのそばの実を塩水に浸してから蒸すか、塩ゆでして、十分に乾燥させたもののこと。素朴な味が古くから愛されている食べ物です。
 
そばは和食の定番のように感じますが、実は世界中で栽培されている食材で、そば米は世界的な健康食材の1つなんですって。
 

そばは日本ばかりでなく古くから世界各国で栽培されており「そば米」同様の食べ方であるそば粥(ロシア語でカーシャ)はロシアから東欧諸国を中心に日常的な料理の一つになっています。
 
カーシャには塩味だけのものや、ミルクやバター、サワークリームなどを混ぜたもの、キャビアやニシンの酢漬けなど具に添えるものとさまざまなバリエーションが見られます。
参考:http://www.hokuto-kona.net/soba/zatsugaku/soba-kome.html

 
サワークリーム!?なんかぜんぜん違うものになりそうだけど、それはそれで美味しそうですね。笑
 

そば米とそばの実の違い

もともと収穫したばかりの実のことをそばの実とよび、そのそばの実をゆでて加工したものをそば米と呼ぶのが一般的なようですね。
 
でも、実際は明確に分けられていないみたい。山形県の庄内平野のほうでは、そばの実をだし汁で食べるようですが、すずや穀物さんのブログによると、そば米という言い方はあまりしないようです。
 

むきそばと呼ばれている蕎麦粥で、蕎麦粥と言っても普通の蕎麦粥とは違い一度茹で上がった物を冷ましてそれをうるかして膨れたそばの実をだし汁で食べるのだそうです。
 
そばの実と言われてはいますが、実から剥いた物を使用するのでそば米と言った方が正しいと思います。
 
参考:http://suzuya-rice.co.jp/blog/?p=711

 

徳島県の郷土料理「そば米汁」

日本全土で親しまれてきたと言っても過言ではない「そば米」ですが、郷土料理として有名なのは、徳島県の「そば米汁」です。
 
美馬寛子さんがダイエットで使っていたという話で有名になったのかなぁ?
 
平安時代末期に起こった源平の合戦の時代にはすでに「そば米雑炊」「そば米汁」は存在していたようです。
 

源平の合戦(げんぺいのかっせん)にやぶれ祖谷地方に逃げてきた平家の落人(へいけのおちうど)たちが、都をしのんで正月料理に作ったのが、「そば米雑炊」のはじまりといわれています。
参考:http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/cuisine/cuisine6_1.html

 
それだけ私たちの生活に密着していた穀物だったんですね。
 

そば米の栄養価とカロリー

そば自体の栄養価がスゴイことは有名ですよね。もちろん原料が同じなのでそば米も注目の栄養素がたくさん含まれています。それもダイエットや腸活に良いとされる栄養素が多いんです!
 

ビタミンB群

ビタミンB群は、私たちの体の代謝を高めて、生きるためのエネルギーをつくってくれる、ダイエットやデトックスを気にする方にとって重要な栄養素です。
 

▼ビタミンB1
白米:0.08㎎/100g
そば米:0.42㎎/100g
 
▼ビタミンB2
白米:0.02㎎/100g
そば米:0.1㎎/100g
 
参考:http://xn--ecki4eoz0157dhv1bosfom5c.com/zakkoku/sobagome.html

 
ほほう・・・そば米、すごいですね!
 


▼記事内容はこの下に続きます▼


マグネシウム

マグネシウムは、この腸活LABでもよく取り上げますが、腸活にとってとても重要。腸内の水分を調節して、便を外に出しやすくしてくれます。
 

▼マグネシウム
白米:23㎎/100g
そば米:150㎎/100g
 
参考:http://xn--ecki4eoz0157dhv1bosfom5c.com/zakkoku/sobagome.html

 

トリプトファン

自律神経のバランスを安定させるセロトニンを作り、中性脂肪を減らすナイヤシンのもとにもなると言われているトリプトファン。
 
ストレスが多くなりがちな人、生活習慣病が心配される方には絶対に必要な成分です。
 
白米とそば米のカロリーを比べると・・・そば米のほうがちょっとお高め。
 

白米:356cal
そば米:364cal

 
栄養素が白米より高い場合が多いので、しょうがない・・・と思える範囲でしょうかね?私はぜんぜんOKと思えるけど、人によるかな?笑
 

そば米の食べ方レシピ

どうやって食べたらよいのかわからない・・・という人が多いですが、変な話なんにでも入れられます。味もそんなに強くないですからね。
 
例えば野菜いっぱいのサラダにお豆と一緒に振り掛けるとプチプチして美味しいし、おみそ汁に入れるとみそ味の雑炊みたいになるし。
 
いろんな食べ方を試してみてくださいね!
 

まとめ

最近白米をそのまま食べるのがもったいない気がしてきて、豆や雑穀が入っていないと満足できなくなってきました。笑
 
サラダでも、ナッツや豆、雑穀を振り掛けて、なるべくバランスをよくしようとするけど、そもそも食べ過ぎかも・・・。気をつけなきゃです。笑
 
▼雑穀についてもっと知りたい方におすすめの記事は下にあります↓



 
▼雑穀についてもっと知りたい方におすすめの記事

 

 

 

ランキング参加中、応援クリックお願いします♪

↓↓ 現在の順位はこちら ↓↓


 

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活LAB.編集長。元おデブ。 発酵食品との出会いにより数十キロのダイエットに成功。過去の自分と同じ悩みを持っている人に向けて、腸内環境の大切さを伝える活動中。 >書いている人詳細はコチラ

-健康
-, , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

腸内細菌で病気調査する時代へ!腸内細菌で、大腸がん選別検査の感度が73.1%から92.3%にUPした?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 つい先日、お医者さまたちがつくるオンライン病気事典「MEDLEY」さんでこんな記事が紹介されていました。 フゾバクテリウム …

納豆業界のパイオニア「タカノフーズ」が新しい研究機関、おかめ「納豆サイエンスラボ」を設立!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 2016年12月15日(木)、納豆に関する正しい知識や健康価値、その重要性の啓発のために、「納豆サイエンスラボ」が設立され …

「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」「シンバイオティクス」の意味をおさらいしよう!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 腸内環境の改善が重要という考えを持つ方が増えてきて、腸内環境系の用語がどんどん一般化しているような気がしています。というこ …

セロトニンを増やす飲み物はコレ!トリプトファンで幸せ体質に?!

最近お疲れで、幸せをもっと感じたいとお嘆きのあなた・・・!   「セロトニンをもっと増やしたい!」と思った時、その方法はたくさんあります。     セロトニンを増やすため …

遺伝子検査『マイコード(MYCODE)』結果公開!① やってみた感想は?

遺伝子検査『マイコード(MYCODE)』の結果が届きました~~~~!!!   はやい、すごい、さすがです♪   言いたいこと盛りだくさん、気になること盛りだくさん。やっぱりうけてみ …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ