水溶性食物繊維の中でも大注目!「グアーガム分解物」とは?「グァー豆」ってなに?

工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

腸活をしていると、食物繊維は腸内細菌のえさになるのでたくさん食べたほうが良いという話を聞くことが増えると思います。

食物繊維の中でも「水溶性食物繊維」と呼ばれる、水に溶ける食物繊維は腸内細菌たちの大好物で、腸活をテーマにした商品に含有されることが多くなってきました。

だんだん水溶性食物繊維が含まれていることが普通になってきて、中でも「この水溶性食物繊維がいい!」といった話もちらほら出てきています。その中で次世代水溶性食物繊維として注目されているのが、「グァー豆」から作られる「グアーガム分解物」です。

さて、「グアーガム分解物」とはいったいどんな水溶性食物繊維なのか、今回は「グアーガム分解物」についてまとめてみました!

食物繊維とは?

「グアーガム分解物」の前に、ちょっとだけ、食物繊維のおはなしをしたいと思います。

食物繊維は、炭水化物のうち消化酵素で分解・吸収されない成分のことを言います。

炭水化物=+糖質

炭水化物の中で分解されたり、消化されたりしてエネルギー源になるのが糖質で、

分解されたり、消化されたりせずに腸まで届いて、腸内細菌のえさになったり、腸を動かすために働いてくれるのが食物繊維です。

最近は糖質制限ダイエットなどがとても話題で、確かにわたしもゆる糖質制限はしてたりしますが、食物繊維自体はすごく腸のために大事だったりするんですよね。

糖質と食物繊維と炭水化物は仲間といえば、仲間なわけです。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維

そんな食物繊維の中にも大きくわけて2種類があります。

そう、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維です。

かんたんにいってしまえば、水に溶けないのが不溶性食物繊維で、水に溶けるのが水溶性食物繊維。

不溶性食物繊維は、水に溶けないのでうんちのかさを増やしてくれるため、腸を動かしてくれるという大事な役割があります。ちょっとしかかさがなかったら、腸が「外にださないと!」と思ってくれないわけです。

水溶性食物繊維は、水に溶けて腸内細菌のえさとなり、腸内環境を改善してくれる働きが注目されています。

どちらの食物繊維も腸内環境をよくするためにはとても重要で、そんな中特に最近注目されている水溶性食物繊維に今回のテーマ、「グアーガム分解物(グァーガム酵素分解物)」があります。

グアーガム分解物とは?

グアーガム分解物は、「グァー豆」を原料につくられた分解物です。
グアー豆酵素分解物とも呼ばれるみたいですね。

グアー豆酵素分解物(グアーまめこうそぶんかいせいせいぶつ)は、水溶性の食物繊維。

インド・パキスタンなどで食用にされている一年生マメ科植物クラスタマメ(グアー豆、学名 Cyamopsis tetragonoloba)を原料としており、グアー酵素分解物とも呼ばれている。これの種子を粉末にしたものがグアーガムで、その主成分であるガラクトマンナンを酵素により部分的に加水分解し低分子化したものが、グアー豆酵素分解物である。

参考:ウィキペディア

グアー豆の種を粉末にしたのが「グアーガム」、そして「グアーガム」の中に含まれるガラクトマンナンを酵素で分解したのが「グアーガム分解物」です。

雑にいうと、グアー豆の種に含まれる食物繊維をこまかーくしたもの!という感じだと思ってもらえればと思います。笑

グアーガム分解物とほかの水溶性食物繊維の違い

このグアーガム分解物、一部の方から「次世代の水溶性食物繊維だ!」などなどと絶賛されていますが、その理由は一体なんなのでしょうか?

実は、他の食物繊維よりも腸内で酪酸をたくさん作ってくれるというところが注目されている理由のようです。

太陽化学株式会社のホームページによると、以下のとおり。

水溶性食物繊維は、腸内細菌の栄養源(エサ)となり発酵分解され、短鎖脂肪酸を作り出して腸内環境を酸性にしてくれます。しかし、水溶性食物繊維の種類と腸内細菌の種類には相性があり、どんな水溶性食物繊維でもいいというわけではありません。

グアーガム分解物は、他の水溶性食物繊維より短鎖脂肪酸のひとつである「酪酸」を多く作ることが知られています。

参考:
http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20171002.html

私たちの腸内フローラに住む腸内細菌たちは、食物繊維などのえさを食べて、発酵の過程でいろいろな成分を出しますが、その中で腸内環境を整えるために重要な短鎖脂肪酸を出します。

短鎖脂肪酸には、酪酸、プロピオン酸、酢酸などなどいろいろな酸が含まれるのですが、このうちの酪酸がたくさん作られることが注目される理由のようです。

グアーガム分解物の効果・効能

では実際に酪酸をたくさん作ってくれるグアーガム分解物は、私たちの腸内環境にどんな変化をもたらしてくれるのでしょうか?これについても太陽化学株式会社さんがたくさんの研究を行っています。

排便改善効果

まずは、腸内環境が整うと必ずといっていいほど影響があるであろう排便改善効果です。

太陽化学株式会社のホームページでは、とくに便秘になる可能性が高い方たちの便秘や下痢に関して、以下のように発表しています。

血液透析患者は食事・水分制限、薬剤の副作用により便秘となることから、下剤・糖アルコールが投与されますが、逆に下痢となる場合もあり、排便コントロールが深刻な問題となっています。

そこで血液透析患者30名を対象にグァーガム酵素分解物を摂取した結果、便秘だけでなく下痢も改善されることが確認され、医療現場でも広く利用されています。

参考:http://www.taiyokagaku.com/technology/report/fiber

医療現場でも使われるほど信頼性が高いなんて…。グアーガム分解物はやっぱり注目されていることがわかりますね。

GI低下効果

また糖質制限ダイエットなどでも注目されているGIについてもこんな結果が出ています。

グリセミックインデックス(GI)は食品に含まれる糖質の吸収度合いを示す指数で、GI値が低いほど、糖質の吸収が穏やかで太りにくいと言われています。

グァーガム酵素分解物をご飯と同時に摂取した結果、ご飯のGIを下げることが確認されました。

参考:http://www.taiyokagaku.com/technology/report/fiber

糖質を食べるときに、グアーガム分解物を一緒にとれば、糖質の吸収を穏やかにすることができるのだとか…!これも併せて注目したい内容ですね。

「グアーガム分解物」とは?まとめ

最近注目の「グアーガム分解物」、いかがでしたか?

インドなどで食用に栽培されているグアー豆の種を粉末にしたのが「グアーガム」、そして「グアーガム」の中に含まれるガラクトマンナンを酵素で分解したのが「グアーガム分解物」です。

この「グアーガム分解物」が、数ある水溶性食物繊維の中でも「酪酸」をたくさん作ってくれるという意味で、注目を集めつつあります♪

まだサプリ等でたまに見かけるだけですが、もしかしたら一般の食品に混ぜられてくる日もそう遠くないかもしれませんね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。