死菌と生菌の違いとは?生きて腸まで届かなくていいってほんと?




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

インフルエンザや風邪の対策や生活習慣病の予防、ダイエットやアンチエイジングなど、さまざまな目的で腸内環境を整えることの重要性が叫ばれるようになりました。

そこで注目されるのは、体にいいといわれる発酵食品たち!特に乳酸菌市場はとても盛り上がっていて、「生きて腸まで届く乳酸菌」というキャッチコピーが先行し、大きく取り上げられることも多かったので、菌は生きていないとダメだと思っている方ももしかしたらまだいらっしゃるのかもしれません。

でも、最近では死菌の素晴らしい効果が注目されています!

今回は、死菌と生菌の違いや効果について、まとめてみました。

死菌と生菌の違い

死菌と生菌は、読んで字のごとく、

死菌=死んでいる菌
生菌=生きている菌

を表しています。

例えば乳酸菌の場合、生菌はうようよと動き回り、熱や酸などの外部環境の変化によって死んでしまう可能性があります。

一方、死菌ですが、すでに死んでいます。

一般的に乳酸菌を加熱殺菌処理して加工したものを殺菌乳酸菌=死菌と呼んでいます。

死菌のメリット

殺菌乳酸菌には実は多くのメリットがあります。
死菌は死ぬことを恐れる必要がないから、幅広く応用することができます。

最近、いろいろな商品に「乳酸菌配合」と書かれたものがありますが、この多くは殺菌乳酸菌=死菌なんです。それは、死菌が安定して提供できるというメリットがあるから!

ここからは死菌のメリットについて、詳しくみてみましょう。

菌の品質が変わりにくい

例えばものすごい高温で調理をしたり、酸をたくさん振りかけたりすると、生菌は品質が変わってしまう場合があります。

意識的にやったことならまだしも、知らないうちに環境がかわり、安定的に供給できないこともあるのだとか。死ぬ可能性のある生菌はそういう意味ではリスキーなのです。

死菌はもう死んでいるので、ンやお菓子、麺類などをはじめ、あらゆる一般食品に応用することができます。

胃酸など体液の影響を気にしなくていい

生きた乳酸菌にとって、人間のカラダはとても脅威です。

胃酸をはじめとする強い酸性の道を通らないと腸までたどり着けません。腸に届くまでにかなりの量の生菌は状態が変わってしまう可能性が少なくありません。

生菌の商品には、「胃酸の影響を受けやすい空腹時はなるべく避けて、胃になにか入っているときに飲みましょう」などといった、ややこしい注意書きが書いてある場合がありますが、

死菌でOKの商品なら、「いつでも好きな時に飲んでね!」でOKです。かんたんですよね!

小さい体積中にぎゅっと詰め込める

生菌の場合、一度にたくさんの量を食べるのは難しいといわれています。というのも、生菌は同じグラムの中に入れられる量がある程度決まっているからです。

でも、死菌は生菌と比べると、ぎゅっと詰め込むことができるので、一度にたくさんとることが可能です。

健康博覧会さんのニュースによると、その違いはなんと50倍!これは大きな違いですよね。

殺菌乳酸菌の一番の強みとなるが、グラム中の乳酸菌数が圧倒的に多いこと。生菌では、平均して1 mg中に10億個の乳酸菌が存在するが、殺菌乳酸菌(死菌)では、1 mg中に500億個の乳酸菌が存在する。

参考:http://www.this.ne.jp/news/detail.php?nid=475

死菌のデメリット

そんなかんたんでシンプルな死菌ですが、あらかじめ殺菌が必要なので製造工程は少し複雑になり、コストがかかります。

死菌は効果がない?ってほんと?

なぜか死菌は効果がない、生きたまま食べないと!といった考え方を持つ人が増えてしまったようですが、死菌でも健康効果があることが論じられている文献は少なくありません。

例えば…100年前のヨーグルトの話とか…

いまから100年ほど前に、ベロノウイスキー氏が犬の腸管にヨーグルトを注入し、腸内の腐敗産物の産生が抑制されたことを確認、さらに、コアンディー氏によって、マウスに加熱殺菌した乳酸菌を添加した餌を食べさせたところ8 %寿命が延びたことも確認している。これにより、殺菌乳酸菌においても健康効果があると論じられている。

参考:http://www.this.ne.jp/news/detail.php?nid=475

腸内細菌叢研究者としてとても有名な光岡知足氏も、生菌でも死菌でも免疫力の強化や制がん作用などには影響がないことをお話されています。

腸管を入った乳酸菌は、小腸のパイエル板を通過して、体内に引き込まれます。マクロファージによる貪食が起こり、IL-12やインターフェロン-αなどのサイトカインを分泌し、この物質を出すことによって免疫担当細胞に向けて、異物が入ってきたという信号を発します。それが制がん作用や感染防御作用につながる

参考:http://www.this.ne.jp/news/detail.php?nid=475

「届く強さの乳酸菌」は死んでいる?

例えば、死菌でも効果があるといわれている乳酸菌の1つに、
「プレミアガセリ菌 CP2305」があります。

「プレミアガセリ菌 CP2305」は、「届く強さの乳酸菌」というキャッチコピーを使っていますが、生菌ではありません。

「届く強さの乳酸菌」というキャッチコピーは、「ちゃんと腸まで届くよ」という意味ではなく、「ちゃんと効果がでるところまで届くよ」という意味なのだと、研究元のアサヒ飲料さんは説明されています。

「プレミアガセリ菌CP2305」は、腸内環境を改善する効果がある乳酸菌です。 「届く強さの乳酸菌」には、この乳酸菌が入っています。商品名に「届く強さ」とありますが、乳酸菌飲料などで「届く」と聞くと、「乳酸菌が生きて腸まで届く」という意味合いだと思われる方も多いと思います。しかし、「プレミアガセリ菌 CP2305」の「届く」は、「しっかり機能をもたらすところまで届く」という機能を表現しています。

参考:http://www.asahiinryo.co.jp/rd/note/

「プレミアガセリ菌 CP2305」は死菌ですから、腸の中でうようよ動いたりしません。

でも、腸の壁に接触するだけで、人間の腸に刺激を与え、人間にとってよい反応をすることがわかっています。

なんだかふしぎですね。

死菌と生菌の違いまとめ

一般的に乳酸菌を加熱殺菌処理して加工したものを殺菌乳酸菌=死菌と呼んでいます。

最近では、この殺菌乳酸菌=死菌が大活躍で、たくさんの製品に入れられています。

その理由は、

品質が安定していて、胃酸などの人間の体内の環境を気にせず、いろいろな商品にも入れられるのに、ちゃんと効果があることがわかっているから!

まだまだ、研究中の菌たちですが、どうやら死菌にも大きなメリットがありそうですね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中!

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、元気でポジティブな仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。