酢玉ねぎ、効果なし?血糖値や血圧、コレステロール、ダイエットへの効果と効果なしの理由を総復習!

スポンサードリンク

血糖値やコレステロール、血圧が高い人、そしてダイエット中の方にも、「酢玉ねぎは体にイイ」と、多くのメディアで叫ばれてきました。

健康番組の大道とも言える「ためしてガッテン」でも取り上げられていたし、いわゆる健康専門雑誌でもよく特集が組まれ、ブーム化してました。

もちろん発酵調味料のお酢と野菜のコラボですから人間の体にとってイイものがたくさん入っているとは思うのですが、「病気が治る」と言い切っているメディアも多く、その科学的根拠が疑われています。

今回は、「、効果なし説」を含め、その科学的根拠や他の専門家の見解、そして酢玉ねぎの血糖値や血圧、コレステロール、ダイエットへの効果を総復習してみたいと思います。

「酢玉ねぎ」とはなにか?

「酢玉ねぎ」とは、読んで字のごとく、日本の発酵調味料である「酢」と野菜の「玉ねぎ」を合わせたものです。

「酢玉ねぎ」の作り方

材料はこちらの3つだけ!

▼材料
玉ねぎ:1個(約150g)
酢:大さじ5
はちみつ:大さじ1程度
▼作り方
1:玉ねぎの皮をむいてスライスする
2:はちみつと酢を混ぜる
3:ふた付きのガラス製の容器にはちみつと酢を混ぜたものを入れて、玉ねぎを漬けておき、2~3日おいたら出来上がり。

「酢玉ねぎ」の効果効能

「酢玉ねぎ」は一緒にしてはいますが、結局は「酢」と「玉ねぎ」なので、この2つの効果を見てみましょう。

「酢」の効果効能

お酢は、防腐・抗菌効果、だけでなく、疲労回復や生活習慣病予防にも役立つと言われています。

タマノイ酢さんのホームページには健康効果として以下の内容が描かれていました。

・便秘改善の効果
 腸内の善玉菌を増やすことで、便通の改善効果が期待できます。

・疲労回復のお手伝い
 お酢と糖分を一緒に摂ることで、より効果的にグリコーゲンを補給できます。

・内臓脂肪を減らす効果
 毎日摂ることで、内臓脂肪を減らす働きがあることがわかってきました。

・がん抑制効果
 黒酢に含まれる成分には長期間摂り続けることにより、大腸がんを予防する効果があることがわかりました。

・高血圧抑制効果
 毎日お酢を摂り続けることによって、高血圧の人には血圧低下効果があることがわかりました。

・血中脂質低下
 高めの血中脂質を低下させる働きがあることがわかってきました。

参考:http://www.tamanoi.co.jp/health/health.html

「玉ねぎ」の効果効能

玉ねぎには、ケルセチンという抗酸化作用の強いポリフェノールが含まれているのをご存じですか?

玉ねぎの薄皮に多く含まれ、心身の緊張をほぐし、血液をサラサラにする効果が期待できます。ケルセチンは水溶性で、玉ねぎを水にさらすと成分が流れ出てしまうので、注意が必要です。

玉ねぎ独特の辛味は硫化アリルという成分で、香りのもととなり、涙が出る原因でもあります。硫化アリルは、疲れた身体を元気にしてくれるビタミンB1の吸収を高め、新陳代謝アップに役立ちます。

玉ねぎには、他にもセレンというミネラルも豊富に含まれ、老化や動脈硬化の防止に効果が期待できます。玉ねぎは水溶性の食物繊維が豊富なため、便秘にも効果があるとされています。

参考:http://www.skincare-univ.com/article/020479/

玉ねぎには、抗酸化作用がたっぷり含まれているんですね。水溶性の食物繊維も多いとは有り難いです。デトックスできそう!

このようにお酢も玉ねぎも、決して人間にとって悪い成分ではなさそうです。では、「酢玉ねぎ効果なし説」はどんな意味で、どこから来た話なんでしょうか?

「酢玉ねぎ効果なし説」の内容とは?

「酢玉ねぎ効果なし説」が注目されたきっかけは、2015年6月18日号の週刊文春の「タマネギ健康法にダマされるな!」という特集だと言われています。

この特集には、酢玉ねぎをはじめとする、玉ねぎ氷や玉ねぎ紅茶などの玉ねぎ関連にフォーカスを当てた健康法を提唱していた、周東寛南越谷健身会クリニック理事長の周東寛先生へのインタビューが掲載されていました。

酢玉ねぎ提唱ドクター、周東先生とは?

南越谷健身会クリニックのホームページによると、周東寛先生は昭和大学藤が丘病院で呼吸器内科に入局し、その後国立がん研究センター中央病院などでの研修を経て、南越谷健身会クリニックを開院されています。

スポンサードリンク

早期治療や予防医学に注目されているお医者様の1人で、「周東式高血圧改善の酢たまねぎ食事法」を提唱されています。

酢玉ねぎ提唱ドクター、周東先生の見解

高血圧の食事療法と運動療法の「高血圧改善食事法」というサイトの中で周東寛先生の見解を見ることができました!

タマネギは血管内で血液が固まるのを防ぎ、血液をサラサラにする抜群の効果や血圧を下げる効果もあり、血中の余分な糖や脂質を減らす硫化アリルと、強い抗酸化作用で血管をしなやかに保つことができ、血圧を下げるケルセチンという成分が働いている理由です。

周東寛先生は自分の病院に通院する患者さんにも酢タマネギを勧めて、
高血圧や糖尿病、耳鳴り、めまいなどが改善した人が沢山います。

参考:https://sites.google.com/site/kouketsuatsusite/system/app/pages/recentChanges

週刊文春の「タマネギ健康法にダマされるな!」という特集の中で、「科学的な根拠」を問われたところ、

動物実験では科学的根拠はあるようですが、人についての玉ねぎの科学的なエビデンスは1件しかなかったとのこと。それから本当に効果があるの?と「酢玉ねぎ効果なし説」が浮上しているようです。

他の専門家の「酢玉ねぎ健康法」に関する意見

「酢玉ねぎ健康法」に科学的な根拠がないことから、効果なし説が浮上するとともに、他の専門家の方からいろいろな疑問が上がっています。

例えば・・・・

▼酢玉ねぎに含まれている「ケルセチン」は微量
周東寛先生が根拠として出した「ケルセチン」という成分については、玉ねぎに含まれているのは微量だとおっしゃる他の専門家もいます。

それに対して、専門の医者たちはケルセチンには糖や脂質を減らす効果はあるが、タマネギに含まれているのはごくごく微量で、

ケルセチンが身体にいいからといってタマネギを摂るといいに違いないというのは、エビデンス(科学的根拠)がないと批判している。

参考:https://www.j-cast.com/tv/2015/06/12237663.html?p=all

ケルセチンは、玉ねぎやブロッコリーなどの野菜に含まれている、フラボノイドの一種です。血液をサラサラにすると言われているので、知っている人も多いかもしれません。

▼酢玉ねぎは糖質が多いから、糖尿病には向かない?
周東寛先生によると酢玉ねぎは、糖尿病にも効くとのことですが、血糖値を下げようとしている人にとっては、あまり食べないほうがいいとおっしゃる方もいます。

玉ねぎは、中1個(約150g)中に約10gの糖質を含み、これは8枚切りの食パン1/2枚の糖質に匹敵します。酢玉ねぎには、はちみつなどの糖質も加わるので、糖尿病の人が血糖値を下げようとして食べ過ぎると逆効果になる可能性があるので、摂取量には注意しましょう。

参考:http://www.skincare-univ.com/article/020479/

たまねぎ(100g)      7.2g
トマト(150g 1個) 5.6g
アボカド (70g 1/2個) 0.6g
オクラ (20g 2本) 0.3g
キャベツ (50g 中葉1枚) 1.7g
ブロッコリー(50g 1/4房) 0.4g

参考:http://xn--u8jxb9ib9614bvp3chsxa8yppif.net/toushituryou.html

たしかに・・・玉ねぎって野菜の中でダントツと言ってもいいぐらい、糖質が高いかも・・・糖質制限ダイエット中の方は要注意の野菜ですね。

「酢玉ねぎ効果なし説」まとめ

お酢自体はとてもカラダに良い成分が多く、玉ねぎももちろん私たちの体を助けてくれる栄養素がいっぱいです。

でも、「酢タマネギで病気が治る」とタイトルを銘打つのは、ちょっとどうなんだろう?いうのが「酢玉ねぎ効果なし説」の意図でした。

よくよく考えたら、無理やり酢たまねぎにしなくてもいいですよね。酢+たまねぎでもよさそうな気がします。

医学的な根拠に基づく食品というよりは、美味しい料理として玉ねぎと酢をかつようしていくことをおすすめします♪

酢タマネギでやせる! 病気が治る! (高血圧、糖尿病を撃退する特効食)
マキノ出版 (2015-01-15)
売り上げランキング: 14,289

玉ねぎ酢 村田食品の玉葱林檎酢1本720ml入り
村田食品
売り上げランキング: 124,290
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。