便秘

便秘で体重何キロ増える?便秘解消で何キロ減る?

投稿日:2017年5月5日 更新日:




便秘でお腹がぽっこりしていると、やばい太った・・・とかなり不安になる方も多いはず。私もそうです。 

 
でもね、実は食べた量がそのまま溜まっているわけではなさそうなんです。いろいろな方の経験則も合わせて、便秘で体重が増える仕組みを調べ、何キロぐらい増えてしまうのか、シュミレーションをしてみました。
 


 

便秘の時、私たちの腸はどうなってる?

ダイエット中の場合、体重0.1gなど微量であっても一喜一憂している状態ですよね。
 
そんな時に便秘になってしまうと、さあ大変、痩せにくくなるし、お腹がぽっこりしてウエストがきつくなったり、見た目もすごく変わります。「太ってしまった」と思ってもムリはありません。
 
その時、私たちの体では、どんなことが起こっているのでしょうか?
 
そもそも「体重」は「体の重さ」のことです。
では、便秘によってたまった便は、いったい何でできているのでしょうか?
 
便の約80%は水分です。そして残りの20%は、「食べ物の残りかす、腸内細菌の死骸、はがれおちた腸壁」などが約3分の1ずつ、老廃物となってまとまったものですので、本来の体の一部である脂肪や筋肉とは異なります。
 
もちろん、時間がたったからと言って、それらの老廃物が脂肪に代わってしまうことはありません。
 
でも、実際に老廃物をお腹の中に貯めたままになっているのは事実なので、体重自体は増えることになります。
 
私たちが毎日出している便の量について、快適ヘルシーライフさんでは、このように紹介されていました。
 

成人の場合、男性で平均1日100グラムから300グラム程度となるでしょう。女性は、男性よりも食事量が少なくなる分だけ便も少なくなることが多いです。便の重さは、食事量や水分摂取量によっても変化するでしょう。便秘の人は、排便があった日でも50グラム程度になることもあります。
参考:http://www.my99box.com/blog/282

 
ひやあ・・・恐ろしいです。
 

便秘の時の体重の増え方シュミレーション

先ほどの例を元に、実際に何キロぐらい溜まってしまうのか、計算してみましょう。
 
平均して200g排泄しなければならないのに、全く排泄できずに1週間たってしまったら・・・結構な量の便がお腹の中に溜まることに。便秘の方の場合、排便したとしても200gを一度に出せる方はあまりおらず、50gをちょっとずつ出すような状態になることも多いようなら、その場合もちょっと計算してみましょう。
 

1週間1度も排便なしの場合

1日の便(老廃物)を200gと仮定し、1週間1度も便を出せなかった場合をシュミレーションしてみましょう。
 

▼1週間で本来出すべき老廃物量は?
200g/日×7日(1週間)=1400g=1.4㎏
 
▼1週間で出せた老廃物量は?
0g/日×7日(1週間)=0g
 
▼1週間で増えた体重
1.4㎏-0g=1.4㎏

 


▼記事内容はこの下に続きます▼


1週間に1度微量排便の場合

1日の便(老廃物)を200gと仮定し、1週間1度だけ便を出した場合をシュミレーションしてみましょう。
 

▼1週間で本来出すべき老廃物量は?
200g/日×7日(1週間)=1400g=1.4㎏
 
▼1週間で出せた老廃物量は?
50g/日×1日(1週間のうち1度だけ)=50g
 
▼1週間で増えた体重
1.4㎏-0.5㎏=0.9㎏

 
なるほどー・・・1週間で1キロぐらいはカンタンに増えてしまうことがわかりました・・・。
 
こちらはただのシュミレーションですが、この体重の変化よりももっと心配なことがあるのです。
 

便がおなかに溜まっているとどうなるか?

実は便がおなかに溜まっていると、実際にたまる老廃物よりも心配なことが・・・そう、ダイエット中の方には何より怖い「太りやすい体」になってしまう可能性があるのです。
 
便秘の状態は、お腹の中に老廃物をためた状態。便が腸に溜まっているので、腸内環境はゴミだらけ、活発に動くのが困難になります。
 

一度便秘になってしまえば、腸は活発には動かなくなります。腸内で増えてしまう「悪玉菌」が便秘傾向に拍車をかけたり、体によくない物質を発生させたりします。便秘が便秘を呼び、その結果として体重が増えてしまうことにつながるのです。
参考:https://xn--hack-pv7ix61h.com/constipation/constipation-weight/

 
エネルギーの代謝ができにくくなって消費カロリーが減ってしまい太りやすくなったり、大腸のぜん動運動が悪くなってしまうことで、ますますの便秘の悪化が見られたり・・・悪玉菌が増えて、悪いモノを生成しはじめたり・・・いろいろ心配なことが増えてきます。
 
便秘にならないようにお腹を整えておくことが、健康への第一歩かもしれませんね。
 
みなさんも腸活の参考にしてみてくださいね。
 
▼便秘についてもっと知りたい方におすすめの記事は下にあります↓




 
▼便秘についてもっと知りたい方におすすめの記事

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活LAB.編集長。元おデブ。 発酵食品との出会いにより数十キロのダイエットに成功。過去の自分と同じ悩みを持っている人に向けて、腸内環境の大切さを伝える活動中。

-便秘
-, , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

リンゼスで下痢が起こるメカニズム~過敏性腸症候群(IBS)薬の作用機序~

「リンゼス」とは、アステラス製薬が過敏性腸症候群(IBS)の薬として2017年3月に発売を開始した注目の便秘治療薬です。   アメリカやカナダ、メキシコでは結構前から販売されていたのに、日本 …

お腹が張る原因と解決法 ~ガスだまり、腹部膨満感~

太った気がする・・・と、なんとなくすっきりしないお腹とにらめっこすること、ありませんか?私は、結構ある・・・笑   やっぱりぜん動運動があまり活発ではない体質に生まれちゃったのはしょうがない …

赤ちゃんの便秘解消対策!離乳食にも使えるおススメ食材とは?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 離乳食初期って初めての食べ物に赤ちゃんもびっくりしてしまうのか、お腹の調子が悪くなってしまう子がいるようです。特によくある …

便秘と睡眠の関係まとめ ~アセチルコリンと腸のぜん動運動~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 便秘の中でも腸のぜん動運動が活発でないから便秘になってしまう「結腸性便秘(けっちょうせいべんぴ)の人がたくさんいると言われ …

【金スマ腸活】便秘解消!大根おろしはちみつヨーグルトの作り方・効果・評判・アレンジ法

2017年5月12日の金スマ(金曜日のスマイルたちへ)は、なんとわれらが腸活・便秘改善特集でした!   順天堂大学の教授でもあり、小林メディカルクリニックの院長でもある小林弘幸氏が先生です。 …

follow us in feedly