ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)の効果に注目!2週間摂取でどうなった?

スポンサードリンク

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)の効果に注目!お手軽価格&2週間摂取でどうなった?

最近人気のビフィズス菌BifiX(ビフィックス)シリーズ、みなさんは食べてみましたか?

2015年9月に機能性表示食品としてリニューアル販売してから、ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)シリーズの効果が注目され、人気が急上昇しているようなんです。

今日はグリコさんのビフィズス菌BifiX(ビフィックス)シリーズの効果、味、評判(口コミ)についてまとめてみました。

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)とは?

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)は、グリコさんが約1万株の菌株コレクションの中から見つけ出した、グリコさんだけの独自のビフィズス菌です。

ヒト由来のビフィズス菌で、正式名称は「ビフィドバクテリウム・ラクティス・GCL2505株」と言います。

ビフィズス菌と一言にいっても、細かく分けるといろんな種類があるのですが、ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)に関しては、グリコさん独自の菌なんです。

グリコさんのプレスリリースでは、ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)について、このように説明していらっしゃいました。

約1万株の菌株コレクションの中から見つけ出したグリコ独自のビフィズス菌です。その最大の特長は、おなかの中で“増える”こと。ビフィズス菌BifiXが健康をパワフルにサポートします。

参考:https://www.glico.com/assets/files/20160330NR%E3%80%80Bifix__1.pdf

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)の機能性表示内容は?

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)は、消費者庁長官に届けられてちゃんと認められた機能性表示食品です。

届出表示の一部がグリコさんのホームページにも紹介されていました!

【届出表示】
(抜粋)本品にはビフィズス菌BifiX(B.lactisGCL2505)が含まれます。

BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。

参考:http://web.bifix.jp/kinou.html

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)のポイントは2点あります。

1:ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)は、お腹の中で増える!
2:便秘改善に役立つ!

ビフィズス菌は、私たちが赤ちゃんの時からお腹の中にいて、赤ちゃんの時は腸内細菌の99%がビフィズス菌だと言われていますが、歳をとるにつれやりやすいことが有名ですよね~。

このビフィズス菌BifiX(ビフィックス)は、ただお腹の中に入るだけではなくて、「増殖する」というのが、注目されているポイントです。

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌も乳酸菌も人間の腸内環境のバランスを整えてくれる菌ではありますが、

乳酸菌は、乳酸を作る
ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作る

という点が異なっています。大腸内で乳酸よりも殺菌力の高い酢酸も一緒に作ることができるビフィズス菌は、腸内環境のバランスを整えてくれるという意味では、かなり強力だと言うこともできるのです。

グリコさんのホームページでは、ビフィズス菌入りのヨーグルトと乳酸菌のみのヨーグルトの違いをこのように説明していました。

“ふつうのヨーグルト”は、腸内をビフィズス菌が増えやすい環境に整えてくれる乳酸菌(いわば“腸内整備スタッフ”)を摂取するもの。一方、“ビフィズス菌入りヨーグルト”は、環境を整える乳酸菌と腸内で活躍するビフィズス菌(いわば“プレイヤー”)を一緒に摂取するものである。

参考:http://www.glico.co.jp/laboratory/bifix/01.html

いろんな菌をとったほうがいい、腸内環境の多様性を高めたほうがいいという意味では、乳酸菌だけでなくビフィズス菌もたくさん摂りたいですね♪

特にビフィズス菌が作る酢酸は、短鎖脂肪酸の一種です。短さ脂肪酸は、酢酸、プロピオン酸、酪酸などの酸をまとめた言葉で、私たちの腸内フローラを元気にしてくれるとして注目されています。

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)の効果

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)を食べ続けるとどんないいことがあるのか・・・実はつい先日、ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)を2週間食べ続けた方の腸内環境が変化したとの研究結果が発表されました。

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)の実験の内容はこちらです。

「ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)」を摂取することによる、肉食女子たちの腸内環境の変化について検証。肉を食べる量や頻度は、モニター前と変わらず普段通りのまま、「ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)」を2週間摂取してもらった。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000014967.html

この実験の結果、なんと8割の方の腸内フローラに変化があったとのこと!

スポンサードリンク

それも摂取していたビフィズス菌BifiX(ビフィックス)と同じ、ビフィズス菌だけでなく、他の善玉菌と呼ばれる菌たちの割合も増えていたというのです。

「バランス調整菌」が増えた人の割合は、モニター54名中42名と、全体の約8割(78%)。ビフィズス菌はもちろんのこと、乳酸菌、フィーカリ菌といった、さまざまな善玉菌について増加がみられた。

参考:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000014967.html

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)が増殖したことで、腸内フローラ全体が善玉菌たちにとって居心地イイ環境になり、他の菌たちも増えた・・・という可能性がありそうですね。

前述したように、ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)は短鎖脂肪酸を作るので、腸内フローラが酸性に傾き、居心地の良い環境が作れるのです♪

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)の評判&口コミ

ココからはTwitterなどで実際にビフィズス菌BifiX(ビフィックス)を食べている人の評判や口コミを見てみたいと思います。

https://twitter.com/meow_n_purple/status/910734271920316417

食べている人は実感している人も多いみたい♪もちろん体質によるので全員に良い効果がでるわけではありませんが、評判はよさそうですね!

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)の効果まとめ

ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)、グリコさん独自の貴重な菌ですが、ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)シリーズのヨーグルトの口コミによると、かなり便秘改善効果に期待がもてそうです。

体質にもよるので、ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)がカラダに合うかどうかはわかりませんが、試してみる価値はあるかも?!

気になる方は、ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)を確認してみてくださいね!

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。