カルピス菌は二度と作れない!貴重な菌!!驚きの効果・効能とは?

スポンサードリンク

アサヒ飲料から出ている飲み物「」。
 
最近は「カルピス」だけでなく、「カルピスウォーター」や「カラダカルピス」という機能性飲料も発売されて、日本の夏の定番飲料として定着しています。
 

 
でも、この「カルピス」、すごく貴重な飲み物であることをご存じですか?
 
カルピスを作っている「カルピス菌」は実はものすごく貴重で、今ある「カルピス菌」がなくなってしまうと、もう二度とカルピスは作ることができないのです。
 
今回は、カルピスを作っている貴重な菌、「カルピス菌」についてまとめたいと思います。
 

 

カルピス菌の歴史

カルピスが発売されたのは、1919年7月7日、なんと大正時代までさかのぼります。まだ今のような飽食の時代ではなく、栄養分は片寄りがちだったと言います。
 
この時代に、ある僧侶がモンゴルへ旅をしに行きます。この旅がなかったら、もしかしたら私たちは今、カルピスを飲んでいなかったかもしれないのです。
 

カルピス菌とカルピス創業者の出会い

カルピス創業者は、僧侶出身の三島海雲さんです。
 
彼は、1902年(明治35年)、雑貨商の事業のためにモンゴルを訪れました。その長旅で疲れ切った三島海雲さんは、当時モンゴルで飲まれていた「ジョッヘ」という飲み物を口にします。
 
美味しいのはもちろん、一気に疲れが取れ、胃腸の調子がよくなった三島海雲さんは、この「ジョッヘ」に魅了されます。そして「ジョッヘ」にはいっている発酵した酸乳に注目しました。
 
「ジョッヘ」を参考に、「カルピス菌」、そして「カルピス」を開発した、三島海雲さん。この時の出会いがなければ、私たちは今「カルピス」を飲んでいないかもしれないのです。
 

カルピス菌の開発までには、失敗の連続だった?

このように説明してしまうと、「カルピス菌」を入れた飲み物を作ったらすぐに大人気になったように感じちゃうかもしれませんが、三島海雲さんはしぶとく研究を重ねたようです。
 
帰国して食べた日本のヨーグルトのまずさが、三島海雲さんの研究魂に火をつけたんだって!
 

そのヨーグルトがあまり美味しくなかったことから、海雲は、ヨーグルトよりもおいしくて、今までにない健康で体に良いものを多くの人に提供しようと思い、内モンゴルで製法を学んだ酸乳の研究を重ね、翌1916(大正5)年に、乳酸菌で発酵させたクリームを商品化した「醍醐味」を発売。
 
さらに「醍醐味」の製造過程で残った脱脂乳を乳酸菌で発酵させた「醍醐素」を発売しました。
 
参考:https://kakunist.jimdo.com/2016/06/13/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%94%E3%82%B9%E5%89%B5%E6%A5%AD%E8%80%85-%E4%B8%89%E5%B3%B6%E6%B5%B7%E9%9B%B2/

 
三島さんの努力が無かったら、私たちは「カルピス菌」にも「カルピス」にも出会えていないんです。
 

「醍醐素」を改良したおいしく体に良い飲み物として開発したのが、日本初の乳酸菌飲料「カルピス」でした。
 
海雲は、「カルピス」の本質は、“おいしいこと”、“滋養になること”、“安心感のあること”、“経済的であること”の4つだと言っています。
 
参考:https://kakunist.jimdo.com/2016/06/13/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%94%E3%82%B9%E5%89%B5%E6%A5%AD%E8%80%85-%E4%B8%89%E5%B3%B6%E6%B5%B7%E9%9B%B2/

 
おいしいのはもちろん、元気がでて、安心できて、安い!これが、「カルピス」なんです。
 

カルピス菌の正体

では、具体的に「カルピス菌」ってどんな菌なのでしょうか?実は・・・これがあまりよくわかっていないようなんです。
 

カルピス菌は貴重!盗まれたら二度と作れない

これだけ努力し、改良に改良を重ねて作られた「カルピス菌」。実は、この「カルピス菌」、もう作り方がわからないんだって。笑
 
三島さんが、一生懸命研究に研究を重ねた結果、偶然発見したのが「カルピス菌」で、その後は、鰻屋さんの秘伝のタレみたいに、少しずつ継ぎ足しながら、約100年もの間、「カルピス菌」は生き続けてきました。
 
カルピスの社員さんでも「カルピス菌」の作り方はわからないらしい・・・作り方がわからなければ培養もできないし・・・困っちゃったな。でも、よくある話っぽくて、ちょっと親近感はあります。私もレシピ、忘れちゃう。笑
 

乳酸菌と酵母菌のダブル発酵がスゴイ

「カルピス菌」は、牛乳を脱脂したものに、乳酸菌だけではなく酵母菌も加えています。この2つが組み合わさったものを「カルピス菌」と呼んでいます。
 
このダブル発酵だということは、わかっているようですね。笑
 
日本の発酵食品の中では、このダブル発酵というのがとても珍しいんですね。このダブル発酵のおかげで、いろいろなカラダに優しいメリット、効果効能が生まれています。
 

「カルピス菌」に含まれる「ラクトトリペプチド」とは?

「カルピス菌」もしくは、「カルピス菌」で発酵させた乳(=カルピス酸乳)には、健康効果が注目されるある成分が発見されました。
 
その成分は「ラクトトリペプチド」です。
 

スポンサードリンク
ラクトトリペプチド
=「カルピス菌」を構成する乳酸菌ラクトバチルス・ヘルベティカスが乳たんぱく質を分解してできる成分
=VPP(バリン-プロリン-プロリン) とIPP(イソロイシン-プロリン-プロリン)からできている

 
サプリメント大学さんのホームページにはこのように説明されていました。
 

ラクトトリペプチドはヨーグルトなどの発酵乳から得られる乳由来のアミノ酸が三つ結合した有効成分です。
 
LTPと略されることもあります。私たちにとって馴染みの深い飲料メーカーであるカルピス社が、カルピス菌の1つである乳酸菌「カルピス酸乳」を発酵する途中で得られた天然成分です。
 
血圧が高めの方に適した食品として、1997年に特定保健用食品(トクホ)の許可を得ました。
 
参考:https://www.supkomi.com/univ/lacto-tripeptide/

 
この「ラクトトリペプチド」が、「カルピス」や「カルピス菌」の健康効果、効能をになっていると言っても過言ではありません。
 

カルピス菌の効果効能

「カルピス菌」には、たくさんの固有の健康効果が確認されています。
 

健康長寿・循環器系疾患予防

マウス実験の結果によると、「カルピス菌」で発酵させた乳をエサとして摂取していたマウスは、平均寿命が長くなることがわかりました。
 

マウスを3つのグループに分け、それぞれ通常のエサ、カルピス菌で発酵させた乳(=カルピス酸乳)を含むエサ、発酵前の乳を含むエサを与えたところ、カルピス酸乳を与えられたマウスのグループの生存率が高く、平均寿命が長いことが確認されたそうです。
参考:http://nyusankinx.com/calpis/#i-3

 
「カルピス菌」によって、マウスの主な死因である感染症や腫瘍、循環器系の疾患などを予防したと考えられています。
 

血圧上昇抑制/血管強化

 
「カルピス菌」に含まれる「ラクトトリペプチド」は、一般の「ペプチド」と比べると、私たちの体内にある消化酵素では分解されにくいことがわかっています。腸まで届いて、腸管から吸収され、血液の中で働きます。
 
サプリメント大学さんのホームページによると以下のように説明されていました。
 

ラクトトリペプチドの効果として特定保健用食品(トクホ)でも認められているのは、血圧上昇の抑制効果です。
 
ラクトトリペプチドは血圧上昇の原因となるアンジオテンシン変換酵素の働きを阻害して、血圧が上がらないように作用します。
 
参考:https://www.supkomi.com/univ/lacto-tripeptide/lacto-tripeptide-effect.html

 

腸内環境改善/便秘予防

腸まで届いて、腸管から吸収されることから、もちろん腸内環境の改善効果が注目されていて、その結果、他の発酵食品が持っている以下の効果効能ももちろん期待されています。
 

・免疫力強化
・疲労回復
・メンタル強化
・ストレス緩和
・記憶力向上
・新陳代謝促進/美肌

 

まとめ

カルピスは私たちが小さいころから飲まれていたため、ただの「市販の乳酸菌飲料」というイメージが強いかもしれません。
 
でも、ただの乳酸菌飲料で片付けてしまってはもったいないぐらいの効果効能、そして長い歴史があります。
 
偶然発見された「カルピス菌」ですが、その偶然には意味があるはず!私たち日本人の健康に役立つために生まれてきてくれたのかも?笑
 
ぜひ、腸活に活用してみてくださいね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。