甘酒パックの作り方を覚えて美白&美肌になろう!効果と注意点まとめ




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

「飲む点滴」と呼ばれることもある、栄養価の高い甘酒。

飲んでいる人はたくさんいると思いますが、実は、肌に塗ることで美肌や美白が狙える「甘酒パック」としても使えるんです。

最近は甘酒を手作りしている方も多いと思うので、甘酒を美容パックとして使う方法もマスターして、美肌や美白を目指す方法をチェックしてみましょう。

おさらい:甘酒とは?

そもそも甘酒とは、どんなものなのでしょうか?

もしかしたら甘酒を飲んだことない方もいらっしゃると思うので、その効果効能についておさらいしてみましょう。

甘酒の基本材料

甘酒の基本材料は、麹と水と米だけです。お砂糖入ってないのに、あんなに甘いの?!とびっくりされる方もいるかもしれませんが、実はお砂糖は全く入っていません。

甘さの理由はお米や麹のでんぷんです。麹菌がでんぷんを分解してくれることで糖ができ、私たちは甘さを感じることができます。

甘酒の効果効能

甘酒は自分で手作りすれば添加物も全く入りません。まさにお米と麹とお水だけでできているのです。

そのまま飲むのはもちろんおいしいですが、ソーダで割ったり、ヨーグルトに入れたり、料理に使えばお砂糖の代わりになります。

ただ甘いだけではありません。

甘酒の栄養分はとっても豊富!腸内環境を整えてくれる食物繊維だけでなく、私たちの肉や血を作るアミノ酸もたっぷり含まれていて、とても栄養バランスのよい食品です。

甘酒の優れた点としてよく上げられるのは、ビタミンB群が豊富に含まれているところです。新陳代謝をよくするので、老化を防いだり、ダイエット中の方にも絶対に必要な栄養素です。

甘酒に関しては、これまでにいろいろな記事を書いているので、この辺も参考にしてみてくださいね。

天領盃蔵元のあまざけ 720ml
天領盃酒造
売り上げランキング: 60,585

飲むだけじゃない!甘酒パックとは?

とにかく栄養満点の甘酒ですが、実は飲むのではなく、最近では肌に塗ってみる人が増えています。いわゆる美容パックのように、肌につけてしばらく時間を置き、洗い流すという甘酒パックです。

市販されている高級美容パックじゃないとびくともしない乾燥強め肌でも、高級美容パックと同じような保湿効果があると評判なんです。

しかも、米と米麹と水しか入っていないので、防腐剤や香料でかゆくなってしまう方にもおすすめです。化粧品が刺激物に感じてしまうような敏感肌の方は、自分で作った甘酒を使った甘酒パックを作ってみるのはいかがでしょうか?

甘酒パックのどんな成分が肌によいのか、具体的にみてみましょう。

コウジ酸:抗酸化作用と美白効果

甘酒の材料になっている「麹」は、米を蒸して麹カビをふりかけたもので、麹菌が米の糖を分解し、米にはなかった、新しい成分がたくさん生まれます。

この中で注目されている成分が「コウジ酸」です。「コウジ酸」は化粧品に使われることも多いほど、美容界では有名な成分で、メラニン色素というしみやそばかすの原因となる細胞を抑制し、・美白を実現する効果があります。

甘酒を飲むことで肌のくすみなどが改善されたり、パックをすることで、ニキビやニキビ跡の効果も期待できます。甘酒で透明感がある肌を目指しましょう。

ビタミンB群:保湿効果

甘酒には糖質代謝や脂質代謝を促してくれるビタミンB群がしっかりと含まれていて、肌に塗るとしっかりと保湿してくれる保湿成分のモトになります。

肌に塗ればぷるぷるもっちりな美肌を実現してくれ、髪の毛に塗れば、しっとりツヤツヤな美髪になります。

パントテン酸:シミを薄くする効果

肌の新陳代謝を助け、できてしまったシミを薄くすると言われているのが、パントテン酸です。シミの部分だけ甘酒を塗ってみたら、薄くなってきたという方もいるので、ちょっと期待したくなっちゃいますね。

甘酒パックの口コミ

甘酒パックを実際に使ってみた方の口コミを集めてみました!やっぱり甘酒のしっとりもちもち効果を実感している方がとても多いようです♪

https://twitter.com/kaoringo822/status/1097722256954773505

甘酒パックを試してみたい!そう思った方は、ぜひ塗る甘酒「甘酒パック」を作ってみてください。

甘酒パックの作り方

では実際に塗る甘酒として利用できる「甘酒パック」の作り方をご紹介しましょう。
材料は2つだけなので、かんたんにできます。

材料

ハチミツ…大さじ1
…大さじ1

作り方

甘酒パックは、上記の材料を混ぜるだけです。笑

注意点

肌に塗る用として使う甘酒は、出来れば手作りしたものがおすすめです。

また、保存料などが入っていない場合でも、何かしらが反応してアレルギー症状を引き起こすこともあるので、少しでも異変を感じたら使うのをやめましょう。

敏感肌ではない方も甘酒パックには合う人と合わない人がいるので、二の腕など目立たないところに塗ってみてパッチテストをしてから使いましょう。

また、作ったものは当日に使い切るようにし、残ったら廃棄をしましょう。

塗り方

洗顔後にまんべんなく甘酒パックを塗っていきます。10分程度置いてから洗い流します。

まとめ

甘酒パック、いかがでしたか?

甘酒にはたくさんの栄養素が含まれているのに、比較的低価格で手に入るので、肌に合う人にはすごくおすすめです。

コウジ酸:抗酸化作用と美白効果
ビタミンB群:保湿効果
パントテン酸:シミを薄くする効果

特にもちもち肌になるという口コミが多く、乾燥肌の方には特におすすめです。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。