クリスタルガイザーが体に悪いと言われる理由!青白キャップの安全性・硬度の違いも紹介

クリスタルガイザー体に悪い理由

困った人
クリスタルガイザーが体に悪い・やばい・危険っていうウワサが…なんで?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の結論
・クリスタルガイザーは各販売元が適切にテストを行っている安全性の高い飲料水
・一方で「ヒ素」「異臭騒動」「硬度」「放射能」が心配されるウワサによって「クリスタルガイザーは体に悪い」などと言われることもあるが、危険性を心配するほどのレベルの話ではない

飲みやすいアメリカ産ミネラルウォーターと言えば、クリスタルガイザー。

クセのない超軟水が世界中で人気の天然水です。

日本でもAmazonや楽天のランキングで、常に上位にいるクリスタルガイザーは、1本あたり約40円で売られていることもあり、飲みやすさだけでなく、低価格による手軽さも注目されています。

しかし、一方で「クリスタルガイザーは体に悪い」とか「クリスタルガイザーはやばい」と、その安全性に不安を持つ方も…。

今回は、クリスタルガイザーが体に悪い・やばいと言われる理由について整理してみました。

長谷川ろみ
この記事を書いた人:腸活研究家 長谷川ろみ詳しくはこちら

\水の安全性が気になるなら…天然水のウォーターサーバーがおすすめ(*´▽`*)/

目次

クリスタルガイザーは体に悪い・やばいと言われる理由

最初に…クリスタルガイザーは、基本的にはきちんと各販売元が安全性を確認して世界中で販売している飲料水です。

世界中で販売されているので危険性が高いのであれば、とっくに販売中止になっているハズ。

安全性はきちんと担保されているので、安心して飲んでください。

ではなぜクリスタルガイザーは体に悪い・やばいと言われるのでしょうか?

その理由は以下の4つです。

理由➀ 微量のヒ素が含まれているから
理由➁ 過去に異臭騒動があり自主回収をしたことがあるから
理由➂ 硬度の違いで下痢になる場合があるから
理由➃ 放射能が含まれている(?)から

一つずつ見ていきましょう。

理由➀ 微量のヒ素が含まれているから

クリスタルガイザーは体に悪い・やばいと言われる理由の1つ目は、微量のヒ素が含まれていることが知られているからです。

オランチャ産のクリスタルガイザーには微量のヒ素が含まれています。

ヒ素
=自然環境中に広く存在する
=殺虫剤や除草剤、防カビ剤などとして世界中で多用

ヒ素は、自然環境の中で広く存在する元素で、有毒性が高いことが知られています。

長谷川ろみ
ヒ素は和歌山毒物カレー事件使われた毒物としても有名ですよね…。殺虫剤や除草剤、防カビ剤などとして一般的に使われています。

有毒性があるというと心配してしまいますが、特別な成分ではありません。日本でも井戸水などから多くのヒ素が発見されることもあり、自然の中にたくさんあふれていることが知られています。

日本の水道法水質基準では、ヒ素(ヒ素およびその化合物)に対して0.01 mg/L以下という数字が定められています。

オランチャ産のクリスタルガイザーは販売元のレポートによると0.0029mg/Lです。

日本の水道法基準:0.01 mg/L以下
クリスタルガイザー:0.0029mg/L
長谷川ろみ
クリスタルガイザーのヒ素の量は、日本の水道法の基準値の範囲に収まっているので、人体に影響はないという判断のもと、販売されています!実は昆布やひじきなどの海藻にも微量のヒ素が含まれていることもあります。意外と身近ですよね…

理由➁ 過去に異臭騒動があり自主回収をしたことがあるから

クリスタルガイザーは体に悪い・やばいと言われる理由の2つ目は、過去に異臭騒動があり自主回収をしたことがあるからです。

2008年にアメリカから輸入販売しているクリスタルガイザーの一部に「移り香があった」との理由で、一時的に自主回収が行われた(※1)ことがありました。

消費者から「なんとなくにおいがする」「いつもと違う」と問い合わせがあったとのことです。

長谷川ろみ
クリスタルガイザー自体に問題があったわけではなく、保管している間に倉庫内で近くにあった別の荷物の匂いがうつってしまったことが原因だったようです。そんなこともあるんですね。

クリスタルガイザーの成分などには異常はなく、健康被害等の影響はなかったとのことですが、「異臭騒動」「自主回収」という危険なワードがひとり歩きして、クリスタルガイザーは体に悪いというイメージを持つ方が増えてしまったようです。

理由➂ 硬度の違いで下痢になる場合があるから

クリスタルガイザーは体に悪い・やばいと言われる理由の3つ目は、いつも飲んでいる水との硬度の違いで下痢になる場合があるからです。

日本の水道水は硬度が低く、ミネラル含有量が少ないと言われています。

そのため、胃腸が弱い人は特に硬度が高い水を飲むと腹痛や下痢になる可能性があります。

硬度が高い水にはマグネシウムやカルシウムなどのミネラルがたくさん入っているのですが、特にマグネシウムは、便秘薬の中に含まれる「酸化マグネシウム」と同じ働きをするので、体質によってはお腹がゆるくなりがちなのです。

長谷川ろみ
日本の水道水に慣れてしまった私たちの胃腸は、少し硬度が高い水を飲んだだけで「ん?」ってなる可能性があります。

硬度の問題なので、水質の安全性は問題ありません。

クリスタルガイザーは軟水で、硬度がそんなに高いわけではないので、腹痛や下痢になる可能性はあまり高くありませんが、いつも超軟水ばかりを飲んでいる方は注意してください。

理由➃ 放射能が含まれている(?)から

クリスタルガイザーは体に悪い・やばいと言われる理由の4つ目は、放射能が含まれている(?)というウワサがあるからです。

これは実際にクリスタルガイザーに放射能が含まれているということではありません。

クリスタルガイザーは、出荷前に放射能試験を行っていてその試験をしっかりクリアしています。

しかし、クリスタルガイザーの水源地の一つであるオランチャの近くに、以前地下核実験が行われていたネバダ核実験場があるために心配する人がいたようです。

クリスタルガイザーとネバダ核実験場の地図

オランチャで採れるクリスタルガイザーの水は高い山から得られる天然水であり、ネバダ核実験場で行われていたのは地下核実験ですし、安全性の確認テストもしているので問題ありません。

クリスタルガイザーとは?

クリスタルガイザーは体に悪い・やばいと言われる理由をおさらいしてみると、どの項目をみても現在は安全性に全く問題がないミネラルウォーターであることが分かります。

ここからはクリスタルガイザーの硬度や成分を確認してみましょう。

クリスタルガイザーは2種類ある

実はクリスタルガイザーには2つの水源地があります。

その種類は以下の2つです。

➀シャスタ産のクリスタルガイザー
米国カリフォルニア州北部のカスケード山脈の南部にある聖地マウント・シャスタ
➁オランチャ産のクリスタルガイザー
米国カリフォルニア州のシェラネバダ山脈にあるオランチャ山の自然保護地域
長谷川ろみ
クリスタルガイザーは、「シャスタ産」と「オランチャ産」に分けられ、それぞれに成分や硬度が違います。ネットの口コミでは、安全性も違うとおっしゃっている人もいますね。基本的にはどっちも安全チェッククリアしているはずだけどね。

クリスタルガイザー種類別比較「シャスタ産」と「オランチャ産」

「シャスタ産」と「オランチャ産」の違いを比較してみましょう。

クリスタルガイザーの「シャスタ産」と「オランチャ産」には、明確な見分け方があります。

「シャスタ産」と「オランチャ産」の見分け方

「シャスタ産」と「オランチャ産」の見分け方のひとつはキャップの色です。

青キャップ:シャスタ産(国内正規流通品)
白キャップ:シャスタ産とオランチャ産の両方がある(並行輸入品)

まずクリスタルガイザーには、2種類のキャップがあります。

大塚製薬が販売する国内正規流通品は、すべて青いキャップです。大塚製薬が販売する国内正規流通品はすべてシャスタ産なので、青キャップのクリスタルガイザーはすべてシャスタ産です。

一方、並行輸入品のクリスタルガイザーは白いキャップです。並行輸入品にはシャスタ産とオランチャ産の両方があるので、キャップの色では区別できません。

シャスタ産を選びたい時は青キャップ、オランチャ産を選びたい時は白キャップを選んだ上で水源地をチェックする必要があります。

長谷川ろみ
通販で購入しようとすると「配送のタイミングでどちらになるかわかりません」と書かれているショップもあります。こだわりがなければいいけど、「シャスタ産が買いたい!」などの希望が強い場合はご注意を~!
産地 シャスタ産 シャスタ産 オランチャ産
キャップの色 青キャップ 白キャップ 白キャップ
イメージ
クリスタルガイザー青キャップ
クリスタルガイザー白キャップ
クリスタルガイザー白キャップ
販売元 大塚製薬 並行輸入品 並行輸入品
成分 ナトリウム:1.13㎎
カルシウム:0.64㎎
マグネシウム:0.54㎎
カリウム:0.18㎎
バナジウム:5μg
ナトリウム:1.13㎎
カルシウム:0.64㎎
マグネシウム:0.54㎎
カリウム:0.18㎎
バナジウム:5μg
ナトリウム:1.91㎎
カルシウム:2.24㎎
マグネシウム:0.27㎎
カリウム:0.26㎎
バナジウム:0μg
硬度 38㎎/L 38㎎/L 67㎎/L
長谷川ろみ
こうやって比べてみると結構違うぞ…どっちにしようかな~迷いますね!

比較ポイント➀ 産地の違い

日本で購入できるクリスタルガイザーの産地は以下の2つです。

以下では、シャスタ産とオランチャ産の産地の違いについて紹介します。

➀シャスタ産のクリスタルガイザー
米国カリフォルニア州北部のカスケード山脈の南部にある聖地マウント・シャスタ
➁オランチャ産のクリスタルガイザー
米国カリフォルニア州のシェラネバダ山脈にあるオランチャ山の自然保護地域

比較ポイント➁ 成分の違い

クリスタルガイザーのシャスタ産とオランチャ産を比較すると、大きく違う成分がバナジウムです。

バナジウムはシャスタ産には含まれていますが、オランチャ産には含まれていません。

シャスタ産:5.5μg
オランチャ産:–μg

バナジウムは地中や海水中、牛乳やそばに多く含まれる超微量元素のことで、血糖値を下げ、動脈硬化を予防する効果が注目されている成分です。

バナジウム
=地中や海水中、牛乳やそばに多く含まれる超微量元素
=血糖値を下げ、動脈硬化を予防する効果が注目されている

またナトリウムやマグネシウムの量にはあまり大きな差はありませんが、カルシウム量はオランチャ産のほうがかなり多いです。

シャスタ産:0.64mg
オランチャ産:2.24mg
長谷川ろみ
バナジウムが気になる人はシャスタ産を選び、カルシウムを摂りたい人はオランチャ産がいいのかも?ちなみにヒ素が検出されたことがあるのはオランチャ産です。気になる方はシャスタ産を選びましょう。

比較ポイント➂ 硬度の違い

クリスタルガイザーのシャスタ産とオランチャ産は、硬度も大きく違います。

シャスタ産:38mg/l
オランチャ産:67mg/l

数値が低いほど軟水なので、シャスタ産はオランチャ産に比べて一般的には飲みやすくなります。ただどちらも軟水の仲間であり、日本の水道水の硬度とそれほど違うというわけではないので、クリスタルガイザーは比較的美味しく飲めるミネラルウォーターでおすすめです。

まとめ ~クリスタルガイザー、体に悪い?安全性や硬度まとめ~

クリスタルガイザーは、基本的にはきちんと各販売元が安全性を確認して世界中で販売している飲料水です。

世界中で販売されているので危険性が高いのであれば、とっくに販売中止になっているハズ。

安全性はきちんと担保されているので、安心して飲んでください。

しかし、それでも一部ではクリスタルガイザーは体に悪い・やばいと言われることがあります。

その理由は以下の4点です。

理由➀ 微量のヒ素が含まれているから
→日本の水道法基準である0.01 mg/L以下なので問題なし
理由➁ 過去に異臭騒動があり自主回収をしたことがあるから
→2008年に実際に自主回収をしているが、水質には問題なし
理由➂ 硬度の違いで下痢になる場合があるから
→体質によってはあり得るが、そもそもクリスタルガイザーは硬度が低めなので可能性は低い
理由➃ 放射能が含まれている(?)から
→出荷前に放射能試験を行っていてその試験クリアしたものが販売されているので問題なし

また、クリスタルガイザーは2種類あります。

シャスタ産
=硬度低めで飲みやすい
=バナジウムが含まれている(血糖値降下作用、動脈硬化予防に期待)
オランチャ産
=カルシウム量が多め
=値段が安め

ぜひ飲み比べてみてね。

参考文献

(※1)マイナビニュース 「クリスタルガイザー」移り香での自主回収進む – 大塚ベバレジ
https://news.mynavi.jp/article/20081119-a039/

\腸活を習慣化するおすすめサービスはこちらの記事もみてね(*´▽`*)/



\今ならAmazonギフト券10,000円分がもれなくがもらえる(^O^)/
4種類から選べる天然水!業界最安級の「ウォーターワン」 [aside type="boader"] 【特徴】
・激レアの非加熱の天然水が飲めるのはココだけ!甘くておいしいと口コミ多数
・水の定期配送を2ヶ月無料スキップできるので、一人暮らしでも安心
・脂質代謝効果が注目の「バナジウム」や美肌効果が注目の「シリカ」入りまで4種から選べる![/aside] [btn]詳細はこちら [/btn]

目次