えのき氷ダイエットの効果は?口コミをチェックしてみました!

スポンサードリンク

ためしてガッテンなどのテレビ番組や健康雑誌などで定期的に取り上げられている「

これだけなんども特集されるってことは、やっぱりダイエット効果を感じている方が多いのかもしれません。

えのき氷はダイエット効果だけでなく、美容・健康にも絶大な効果があるんだって!

今回はそんなえのき氷の効果や口コミをチェックしてみました。

「えのき氷ダイエット」とは?

まずは、「えのき氷ダイエット」を知らない方のために、ざっくりと説明すると・・・

えのき氷ダイエット
=えのきと水を煮詰めて冷凍庫で凍らせた「えのき氷」を、日々の食生活に取り入れることで行う、ダイエット法のこと

「えのき氷」をあらかじめ作っておき、みそ汁やうどん、そば、シチュー、カレーなどの汁物・煮物にも簡単に入れられますし、ハンバーグやロールキャベツなどに練りこむこともできます。

どんな料理にでもいれて習慣的にえのきをとるためのコツのようなものが「えのき氷」なのです。

通常のえのきだとなかなか毎日摂るのは難しいですが、えのき氷にしておけば日持ちもしますし、料理にも使いやすいし、煮詰めて凍らすことで栄養効果もアップすると言われています。

「えのき氷ダイエット」の効果は?

「えのき氷ダイエット」は科学的にも効果があるとされた実験が行われているダイエット法です。

例えば東京農業大学の実学ジャーナルが発表した内容によると、えのき氷を毎日3個摂取すると、便秘やむくみが解消されたり、脂肪が減ったことがわかっています。

ヒト試験による解析の結果、”エノキ氷”を料理に利用して毎日3個摂食した試験群では、「便秘の改善」、「むくみの解消」、「冷え症の改善」などの感想が多く寄せられました。血液検査項目における摂食群への効果は、2カ月目の検査から顕著に観察され、中性脂肪、総コレステロール、総脂質、LDLコレステロールの値が低下しました。

参考:東京農業大学 実学ジャーナル2014年5月号

コレステロールが気になる方もえのき氷は救世主となりえるかもしれません。

このようにえのき氷は、ダイエットや美容、健康に効果的だと言われていますが、その理由は、えのき氷に含まれる以下の2つの成分が注目されているからです。

キノコキトサン
トレハロース

まずはこの2つの成分についてみてみましょう!

「キノコキトサン」の効果

「キノコキトサン」は、不溶性食物繊維の一種です。

不溶性食物繊維は、水を含んでふくらみ、便の量を増やしてくれるので、便が外に出やすくなります。また、腸壁をコーティングする性質があるとも言われていて、腸が油分を吸収しすぎないように調節してくれます。

同じキトサンでも食べ物によって効用が変わると言われていますが、特にえのきに含まれているキトサンには、内臓脂肪の燃焼する効果が高いとされています。

キノコキトサン
=β-グルカン+キトサン
えのきのキトサンには、摂取した油分を40~50%を体に吸収しないようしてくれる成分もあります。えのき氷を作る際にえのきを粉末にすることで、キトサンが凝縮されている細胞壁を破壊することになるので、より効率良くキトサンを摂取することが出来ます。

参考:http://dietoinette.jp/enoki-ice/

だからダイエットにいい!って言われるんですね。他にも、血糖値のコントロールや、高血圧の調整も得意な栄養素です。

キノコキトサンは、便秘解消だけでなく、油分のカット、血糖値改善、高血圧改善などの効果があります。

「トレハロース」の効果

次に「トレハロース」の効果についてです。「トレハロース」は糖質の一種で、保湿効果が注目されています。化粧品の材料になったりもしますよね。

でもそれだけではありません。「トレハロース」は脂肪細胞にも働きかけることが最近の研究でわかってきています。

近年の研究では、トレハロースには脂肪細胞が肥大するのを防いだり、インスリン抵抗性の悪化を防いだりする効果もあることが判明しており、メタボリックシンドロームの予防に有効とみられている。

参考:http://slism.jp/related_terms/trehalose.html

やっぱりダイエットによさそうな成分ですよね!さっそく試してみたくなります。笑

「えのき氷」の作り方

▼材料
えのき:300g
水:400ml

※通常サイズであればえのき3パック分=300g程度

▼必要な道具
・お鍋
・ミキサー
・製氷機
▼作り方
・えのきは洗わずに、石づき部分を切り落として、ざく切りにします。
・ミキサーにカットしたエノキを入れ、水400mlを入れて30秒くらいかけてペースト状にします。
・鍋に移して弱火で60分煮詰めます。
・あら熱を取ります。
・製氷機に流し込んで、冷凍庫で凍らせます。

ちょっと時間はかかりますが、えのき氷を作る工程自体はかんたんです。

1時間煮詰めるのがめんどう・・・という方もいらっしゃいますが、できればちゃんと工程どおりにやりたいところ。

スポンサードリンク

というのも、煮詰めることで、キノコキトサン、β―グルカン、アミノ酸、ペプチド遊離脂肪酸などの有効成分が、抽出されると言われています。

また、えのき氷を作る前にえのきを天日干しすると、ビタミンD2が増えるそうです。ビタミンDはカルシウムとリンの吸収をサポートし、骨の形成をするために必要なビタミンなので、もうちょっとこだわりたいという方はぜひやってみてください。

お時間ができた時にやれば、ストレス解消にもなるかも?!しれません。笑

「えのき氷」の買い方

作るのがめんどう・・・という方は、もちろんお店で買うこともできます。

長野県で作られた新鮮なえのきをキューブ状に凍らせ、産地直送しています。
どうしても面倒・・・という方はお手軽な方法もミックスさせてもいいかもしれません。

「えのき氷ダイエット」の口コミ

ここからは「えのき氷ダイエット」の口コミを集めてみました!
ダイエットだけでなく、いろいろな効果を感じている方が多いみたいです。

▼「えのき氷」のダイエット効果をちゃんと感じている方もいます

▼「えのき氷」で肝臓も安定するかも?
https://twitter.com/himawari_cocolo/status/915018337419091968

▼「えのき氷」は、作るのが大変というかたももちろんいますよね・・・たしかに。
https://twitter.com/mononokeberry/status/904659058707185664

▼さすが健康長寿県の長野県だなぁ、コンビニでえのき氷が買えるとは!

「えのき氷ダイエット」の効果まとめ

「えのき氷ダイエット」は、えのきと水を煮詰めて冷凍庫で凍らせた「えのき氷」を、日々の食生活に取り入れることで行う、ダイエット法のこと!

えのき氷を習慣的に食べると、「便秘の改善」、「むくみの解消」、「冷え症の改善」などの効果があることがわかってきており、とても注目されています。

作るのがちょっと面倒と言う点は否めないですが、効果は結構期待できそうなので、健康や美容、そしてダイエットに興味がある方は一度お試しするのもよいかもしれません。参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。