馬乳酒「クムス」の味ってまずい?モンゴルのアルコールの効果効能

スポンサードリンク

キルギスをはじめ、モンゴルやカザフスタンなど遊牧民族に昔から愛される飲み物、「クムス」

みなさんはご存じですか?

アルコール飲料ではあるものの、キルギスやモンゴルでは、子供から老人まで飲む、健康飲料なのだそう。

今回はこの馬乳酒「クムス」について、その効果効能や味などを調べてみました。

馬乳酒「クムス」とは?

まずは馬乳酒「クムス」をウィキペディアで調べるところから始めましょう。馬乳酒「クムス」は、馬の乳を発酵させたもの。

アルコールは含まれていますが、そんなに強くはありません。

馬乳を原料とした乳酒の1種で醸造酒かつ乳製品でもある。主にモンゴルなどウマ飼育が盛んな地域で夏に作られ、同地域で飲まれている。

エタノール濃度は1%から1.5%で、これは馬乳に含まれる乳糖の酵母による発酵と、エタノール産生型乳酸菌に由来する。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E4%B9%B3%E9%85%92

馬乳酒「クムス」は発酵する際に、二酸化炭素ガスをだします。だから、微発泡性なんですって。

日本のカルピスのヒントになった飲み物としても馬乳酒「クムス」は有名です。モンゴル出身の元横綱朝青龍も地元の馬乳酒を愛飲していると言われています。

馬乳酒「クムス」は遊牧民の栄養補給源

馬乳酒「クムス」は、夏のモンゴル、特に遊牧民の主食とも言うべき飲み物です。

大体1日に0.5~1.5リットルを飲むという報告が多いらしいのですが、1.5リットルって私たちが飲む水の量とほぼ同じ・・・。水のように馬乳酒「クムス」は飲まれているということですよね。

中には1人1日平均4リットルを飲んでいるという調査結果もあるので、モンゴルの人たちにとっては、私たちの水以上の存在であるとも言えそう。

ただ、馬乳酒はかなり高カロリー・高栄養素であることがわかっています。1日3リットル飲むと1,200カロリーに相当!それだけで食事の代わりになるぐらいの栄養素ですよね。

ただ単に糖分だけというわけではなく、本当にビタミンやミネラルが豊富で、遊牧民にとって貴重な野菜の代わりに、ビタミンやミネラルの補給源として摂取されています。

肉食中心の遊牧民の生活において、貴重な野菜の代わりにビタミンやミネラルを補うものとして大量に飲まれている。酒とは言うもののアルコール度数は1% ~3%程度であり、水分、エネルギー、ビタミンC補給源として、モンゴルでは赤ん坊から年寄りまで飲用する。

参考:http://sekaishinbun.net/2016/05/28/kumis/

馬乳酒「クムス」は貴重!夏の間しか作れない?

遊牧民は野菜がなかなかとれないので、ビタミン不足に陥りやすく、その代わりになってくれるのが、馬乳酒「クムス」だといいました。

でも、馬乳酒「クムス」自体もかなり貴重で、ステップ気候(乾燥型気候)の標高の高い草原で、夏の間にしか作ることができないという限定的なお酒です。

馬乳酒の原材料は、その名の通り馬の乳。馬の乳は早春に出産をした雌の馬から夏の時期にだけ採れるもの。

雌の馬が仔馬に授乳する時に、先に仔馬に吸わせて乳が出たら、そのあと人の手で横取りをして絞る。

一回の乳しぼりで一頭から200mlほどしかとれない貴重なものだ。複数の馬から一日に6回ほど搾乳を繰り返し、これを夏の間の毎日の仕事としていく。

参考:http://koizumipress.com/archives/3788

夏の間に搾取して、人間たちは栄養源を確保していたんですね。すごい・・・生きるか死ぬかの戦いだわ・・・。

馬乳酒「クムス」の効果効能

これだけ栄養満点の乳酒「クムス」ですから、効果や効能もいろいろ報告されているかも・・・と思ったら、日本人と同じように遊牧民も生活習慣病に悩んでいる姿が垣間見れました・・・。

これだけ違う食生活でも悩みは同じね。笑

馬乳酒には結核やウイルス性肺炎といった呼吸器系、また胃炎、胃潰瘍、腸炎といった消化器系、さらには糖尿病や高血圧といった生活習慣病に対して効果があるとされ、モンゴルでは各地に馬乳酒を用いた伝統治療院がある。

美容のため、また虫刺されなどに塗布して外用することもある。

スポンサードリンク

参考:ウィキペディア

すごい!日本の発酵食品も生活習慣病予防によいといわれたりしますが、馬乳酒「クムス」も似ている効果効能を持っていると考えられているようです。

馬乳酒「クムス」の味は?まずい?おいしい?

さて、馬乳酒「クムス」の効果効能がすごいことはわかりましたが、果たして味はどうなのでしょうか?

馬乳酒「クムス」は気持ち悪い食べ物1位?(米フォーブス)

実は、米「フォーブス」誌のウェブサイトで「気持ちの悪い食べ物トップ10」で、馬乳酒はなんと1位に選ばれてしまっているのです。

1. 馬乳酒:馬の乳を発酵させた酒、中央アジアの大草原地区で飲まれる。
2. ハカール:サメ肉を発酵させたもの。強烈なにおいが特長。
3. 蛇酒:アジアでは滋養強壮に効くとされている。
4. パロット:フィリピンで食べられる孵化直前のアヒルの卵のゆで卵。
5. シベット・コーヒー:ジャコウネコ科の動物「シベット」の糞からとれるコーヒー

参考:http://murenosato.jugem.jp/?eid=84

そんなに・・・気持ち悪いのかなぁ・・・馬乳酒の味も心配になってきましたよ・・・笑

馬乳酒「クムス」の口コミ:おいしい!説

飲んだ場所でも違うのかもしれませんが、新鮮な馬乳酒「クムス」は、美味しいと思える場合も多いみたい。

昔、飲みました!
とても飲みやすく美味しかったですよ!

参考:
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1474374689?__ysp=6aas5Lmz6YWSIOWRsw%3D%3D

上質なクムスはスモークチーズのような香りがすると聞いていましたが、まさにそんな香りです

意を決して飲んでみると、強烈な酸味と、チーズのような発酵臭はするもののビシュケクで飲んだものより飲みやすく1杯目はかなり美味しくいただけました。鮮度が違うんでしょうか。

参考:http://sekaishinbun.net/2016/05/28/kumis/

馬乳酒「クムス」の口コミ:まずい?説

強烈な酸味が特徴の馬乳酒「クムス」。発酵酒なので当たり前と言えば当たり前ですが、強烈なチーズのにおいがするそう。まずい・・・という方もたくさんいます。

白い液体で、チーズのような強い匂いがします。口に含むと強烈な酸味。発酵する過程で二酸化炭素が発生するため若干発泡性があります。

飲んでみた感想は、「なんじゃこりゃ酸っぺえ!」でした。同じ宿に泊まっていた日本人旅行者にも分けてみましたが「……うーん…。」というようなリアクション。

参考:
http://sekaishinbun.net/2016/05/28/kumis/

馬乳酒「クムス」の口コミ:もはや飲んではいけない説

日本人など馬乳酒「クムス」に慣れていないお腹には馬乳酒「クムス」を飲むために必要な腸内細菌がいないので、あんまり飲まないほうがいい・・・というご意見も多いです。

食中毒になってしまうことがあると知ってしまうと、ちょっとコワイですね・・・。

遊牧民の最高のおもてなしの一つとして
馬乳酒を振舞うとあったが耐性のない日本人は飲んではいけない。

食中毒になって1週間位苦しむのだ。

昔々モンゴル草原に調査に行く前に先生から
馬乳酒はすすめられても飲んではいけないと再三の注意を受けたことと、
飲んでしまって食中毒で苦しんでいた同級生がいたことを思い出した。

でも、1回食中毒になってしまえばあとは大丈夫だそうですが
そんなことは一般人にはできません。

参考:http://2.suk2.tok2.com/user/nobuhiroogawa/?mod=day&y=2005&m=03&d=15&a=0

劣化してない馬乳酒、質の良い馬乳酒を飲むことが大事なようです。改めて食習慣による腸内細菌の違いってすごいなーと思わざるをえません。モンゴルの方達は、お腹こわさないんだもん。すごいです。

馬乳酒は草原から遠方に持ち出すと、たちまち劣化して成分が変化し、すぐさまお腹を壊す飲み物に早変わりしてしまうため、日本ではまず飲むことができない。

これが遊牧民族の草原でしか体験出来ないのは本当に残念だ。

参考:http://koizumipress.com/archives/3788

馬乳酒「クムス」の味ってまずい?まとめ

馬乳酒「クムス」は、モンゴルなどの遊牧民が、自分たちの生活習慣予防などのために、もはや水と同じくらい飲む生活飲料水であることがわかりました。

発酵しているお酒ですが、アルコール度数は少なく、子供から大人まで、みんな飲んでいます。

その味は・・・アメリカのフォーブスでは気持ち悪い食べ物の1位にランキングされるほど、クセのあるものではありますが、日本人の口コミを見ると案外おいしいと言っている方も少なくありません。

(ただし、たぶん質がよくない場合は、かなりの率でお腹を壊したり、食中毒になるかも。泣)

もしモンゴルに行くなど機会があったら、そして、お腹に自信があったら、馬乳酒「クムス」を試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。