ヨーグリーナは飲むと太る?カロリー・成分・砂糖量からダイエット効果を大検証!

ヨーグリーナが気になる人
【この記事で解決できるお悩み】
・ヨーグリーナって太る?
・甘いので砂糖は入ってそうだけど…ラベルに「天然水」って書いてあるし…太らないですよね?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の結論
・ヨーグリーナも飲み過ぎれば太る!カロリーも糖類もゼロじゃない
・カロリーは1本120kcal程度、砂糖は角砂糖にして9個分程度で、アクエリアスなどのスポーツドリンクと同等
・一方で、便秘解消効果を感じる方も…?

サントリーから発売されているヨーグルト味のフレーバーウォーター、ヨーグリーナ。

2015年の発売開始以降、フレーバーウォーター市場の人気第1位に君臨し続けるなど、大人気の清涼飲料水です。

その人気もあって、2021年には「ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げ」として大幅リニューアルも行いました。

が、透明でお水のようにさらっとした口当たりのため、「ヨーグリーナなら太らない」という幻想を抱いているダイエット中の方も少なくないようです。

今回はそんなヨーグリーナを大検証!そのカロリーや砂糖の量を明確にして、ダイエット中に飲んだら太るのか調べてみました。

長谷川ろみ
この記事を書いた人:腸活研究家 長谷川ろみ 詳しくはこちら
発酵食品にハマり、ダイエットなしで12㎏減。痩せたことをきっかけに腸を愛でる生活に目覚める。重度の便秘から解放され、腸活研究家として活動開始。今では発酵ライフ推進協会通信校校長を務め、昔の自分と同じ悩みを持つ方に向けて腸や菌のおもしろさを発信中。

\発酵を体系的に学びたくなったらこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

目次

結論:ヨーグリーナは飲み過ぎれば太る!

あたりまえですが、ヨーグリーナは飲み過ぎれば太ります。

これはヨーグリーナだけに限った話ではなく、水(ミネラルウォーター)以外の清涼飲料水すべてにおいて、飲み過ぎれば太るというのが一般的な考え方です。

その理由は以下の2つです。

理由➀ カロリーは思っているより多い(ゼロではない)
理由➁ 砂糖量(糖質)は思っているより多い

一つずつ見ていきましょう。

理由➀ カロリーは思っているより多い(ゼロではない)

ヨーグリーナのカロリーはゼロだと思っている方がたまにいます。

しかし、残念ながらヨーグリーナのカロリーはゼロではありません。

「ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げ」の成分は以下のとおりです。

【ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げの成分(※1)】
エネルギー(100mlあたり):24kcal
たんぱく質(100mlあたり):0g
脂質(100mlあたり):0g
炭水化物(100mlあたり):6.1g
食塩相当量(100mlあたり):0.08g
カリウム(100mlあたり):1mg未満
リン(100mlあたり):1mg未満
長谷川ろみ
100mlあたり24kcalということは、1本の容量が540mlだから…1本あたりのカロリーは、540ml×24kcal=129.6kcalです。これが多いのか少ないのかは判断が難しいですよね。他の清涼飲料水と比べてみましょう。
【清涼飲料水の100mlあたりのカロリー】
コカ・コーラ:45kcal
カルピスウォーター:46kcal
ポカリスウェット:27kcal
ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げ:24kcal
アクエリアス:19kcal
GREEN DA・KA・RA:18kcal

「ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げ」は、コカ・コーラなどの炭酸系清涼飲料水よりはカロリーが少ないですが、ポカリスウェットやアクエリアスなどのスポーツドリンク系清涼飲料水の中では一般的なカロリーがあります。

長谷川ろみ
「天然水」って書かれているからヘルシーっていう決まりはありません。「サントリー天然水」の名前で勘違いしている人もいるような気がするなぁ。決してカロリーが低い、もしくはカロリーゼロというわけではありません。

理由➁ 砂糖量(糖質)は思っているより多い

ヨーグリーナの砂糖量(糖質)はゼロだと思っている方がたまにいます。

しかし、残念ながらヨーグリーナの砂糖量(糖質)はゼロではありません。

「ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げ」の原材料は以下のとおりです。

【ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げの原材料】
ナチュラルミネラルウォーター、糖類(高果糖液糖(国内製造)、砂糖)、乳清発酵液(乳成分を含む)、食塩、はちみつ、ミントエキス/酸味料、香料、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)
長谷川ろみ
ちゃんと「糖類(高果糖液糖(国内製造)、砂糖)」と「はちみつ」が入っています。はちみつはとりあえずおいておいて…「高果糖液糖」も入ってるんですね…!

おおざっぱではありますが、「ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げ」の炭水化物量から、1本に含まれる砂糖の量を角砂糖(1個3.7g)何個分なのか計算してみましょう。

炭水化物(100mlあたり):6.1g

100mlあたりの炭水化物量は6.1gなので、1本分(内容量540ml)になおすために5.4倍します。

6.1g×5.4=32.94g

これを角砂糖(1個3.7g)で計算すると…

32.94g÷3.7g=8.9個

「ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げ」に含まれる角砂糖は約9個であることがわかりました。

長谷川ろみ
コーヒー飲むときでも入れる角砂糖は、大体1~3個だよねぇ…そう考えると、9個はかなりの量です。

無糖の「サントリー天然水」は、炭水化物がゼロなので、角砂糖の数ももちろんゼロです。

【サントリー天然水の成分(※2)】
エネルギー(100mlあたり):0kcal
たんぱく質(100mlあたり):0g
脂質(100mlあたり):0g
炭水化物(100mlあたり):0g
食塩相当量(100mlあたり):0.002g
ナトリウム(100mlあたり):0.8mg
カルシウム(100mlあたり):0.1~2.4mg
マグネシウム(100mlあたり):0.02~1.1mg
カリウム(100mlあたり):0.04~0.7mg
リン(100mlあたり):1mg未満
硬度(1Lあたり):約10~80mg
pH値:約7
長谷川ろみ
ヨーグリーナは味がそんなに濃くないので、たまにヨーグリーナは水と大して変わらないハズ…と誤解している方がいます。ヨーグリーナはカロリーも砂糖もゼロではないので、飲み過ぎは注意が必要です。飲み過ぎると太るぞ。

「お砂糖や甘味料の量が気になる」

…とお思いの方は、甘くない自然由来の腸をあたためるハーブティがおすすめです。

ちゃんと腸内温度を温めたエビデンスもあるので信頼性抜群!気になる方はぜひチェックしてみてください。

\今なら2000円OFFでお得 (*´ω`*)/

》》詳細や体験談はコチラからチェック!

▲目次に戻る▲

ヨーグリーナとは?

一般的に「ヨーグリーナ」と呼ばれることが多いですが、現在の正式名称は「ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げ」となっています。

ヨーグルト味でのど越しすっきり、喉が渇いたときにごくごく飲めるのが大人気の清涼飲料水です。

2021年9月21日から名称やパッケージデザインが変わり、「ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げ」としてリニューアル新発売された。

これまでのヨーグリーナとの違いは、以下の通りです。

・北海道産の乳清からできた乳清発酵液(ホエイ)をブレンド
・ヨーグルトのフレーバーを含む味が少し濃くなった
・スポーツドリンクとしても飲めるように塩味もプラス
長谷川ろみ
昔より味がちょっと濃くなった印象がありますね!たしかにスポーツドリンクのアクエリアスなどに寄ってきた気がするかも…!

ヨーグリーナの原材料「乳清発酵液(ホエイ)」

ヨーグリーナは、甘味と酸味がちょうどよく、喉が渇いた時に飲めるすっきり感がありながら、口寒しい時に嬉しいヨーグルトのコクがあります。

ヨーグリーナは一体、どんなものからできているのでしょうか?原材料はこちらです。

【ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げの原材料(※1)】
ナチュラルミネラルウォーター、糖類(高果糖液糖(国内製造)、砂糖)、乳清発酵液(乳成分を含む)、食塩、はちみつ、ミントエキス/酸味料、香料、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)

ヨーグルト味のポイントは、「乳清発酵液(乳成分を含む)」です。

この発酵液が甘味と酸味が絡まったヨーグルトの風味を作り上げ、美味しさにつながっているようです。

ヨーグリーナの甘味料「高果糖液糖」

ヨーグリーナの甘味料は、砂糖やはちみつなどのよく見るもののほかに「高果糖液糖」が使われています。

高果糖液糖は、自然界でとれた糖ではなく、加工して作った糖のこと。

高果糖液糖は、一般的に、とうもろこしやじゃがいもからとれたでんぷんを酵素に分解して、そこからとれたぶどう糖液を酵素やアルカリによって、果糖又はぶどう糖を主成分とする糖に変換させたもののことを指します。

日本農林規格(JAS)(※3)では、果糖含有率が90%以上のものを高果糖液糖とよんでいます。

高果糖液糖
=とうもろこし等からとれたでんぷんを酵素に分解してできた、果糖又はぶどう糖を主成分とする糖
=日本農林規格(JAS)では、果糖含有率が90%以上のものを指す
➀ブドウ糖果糖液糖:果糖含有率(糖のうちの果糖の割合)が50%未満のもの

➁果糖ブドウ糖液糖:果糖含有率が50%以上90%未満のもの

➂高果糖液糖:果糖含有率が90%以上のもの 

➃砂糖混合異性化液糖:上記の液糖に10%以上の砂糖を加えたもの

「高果糖液糖」は太る!肥満&糖尿病との関係(研究論文)

高果糖液糖はヨーグリーナだけでなく、多くの清涼飲料水に普通に入っている甘味料です。

実際のところ高果糖液糖が私たちの体にとってどんな影響があるか、はっきりしていません。研究結果によっては砂糖よりも採らないほうが良いといわれることもあります。

例えば、高果糖液糖の一つだと言われる、高フルクトース・コーンシロップ。

一般的なグラニュー糖よりも肥満や糖尿病へのリスクが高いという結論がでたことがあります。

米国プリンストン大学の動物実験(※4)によると、グラニュー糖を与えたマウスと同量の高フルクトース・コーンシロップを与えたマウスの体重を比較すると、高フルクトース・コーンシロップを与えたマウスのほうが体重が増えたことがわかりました。

この研究から高果糖液糖などの甘味料は、以下のリスクが高い可能性があると報告されています。

・肥満
・糖尿病
・インスリン抵抗性異常
・メタボリック症候群など

また、高フルクトース・コーンシロップ消費量が少ない国と多い国で2型糖尿病有病率を比べると、明らかに高フルクトース・コーンシロップ消費量が多い国のほうが2型糖尿病有病率が多いという報告もあります。

長谷川ろみ
うーん…わたしも甘党なので、全部甘いものを排除するのはムリだけど…ダイエット中の方や生活習慣病にかかりたくない方は、清涼飲料水の飲み過ぎに気を付けないとね…。

▲目次に戻る▲

ヨーグリーナの効果

砂糖や高果糖液糖などの糖類の面では、普通の清涼飲料水と同じ程度にはリスクがありそうなヨーグリーナですが、「人間の健康・美容に影響があるのでは?」とうわさされる成分も入っています。

それが「ホエイ(乳清)」です。

ホエイ(乳清)
=乳製品が発酵する過程で作られる水溶液
=ヨーグルトの上澄みとして出てくる液体

ホエイ(乳清)にはどんな効果があるか整理してみましょう。

便秘解消効果/整腸作用

公益財団法人腸内細菌学会のホームページ(※5)によると、乳清発酵物の中でもプロピオン酸菌による乳清発酵物には、ビフィズス菌を増やして、腸内環境を整える力があるとしています。

ヨーグリーナに入っている乳清発酵物がどんな種類のものかはわからないのですが、もしかしたらおなかの調子が良くなる方もいるかもしれません。

便秘解消のために、腸内環境を整えたい人は、わたしが挑戦した腸活法100個の中から効果が出やすいものを厳選し、挑戦しやすいドリル形式でまとめた「腸活ドリル」もおすすめです。気になる方はチェックしてみてくださいね。

\ 今ならオープニング価格で70%OFF (*´ω`*)/

》》腸活ドリルを購入する

▲目次に戻る▲

ヨーグリーナの効果に関する口コミや評判

さて、そんな研究結果も踏まえて、ヨーグリーナに関する口コミや評判を集めてみました!

口コミ➀ おいしい+種類が豊富

何と言ってもヨーグリーナの口コミで一番多いのは「おいしい」というご意見です。

期間限定でいろんなフレーバーが発売されるのも楽しいですね。

口コミ➁ 健康・美容効果押しに見えないが実は機能性表示飲料もある

ヨーグリーナに関しては、あまり積極的に機能性表示飲料を作らないサントリーですが、風邪やインフルエンザが流行りやすい冬の間だけ、免疫力強化のためにプロテクト乳酸菌4337Lを配合した機能性表示飲料を販売していた過去があります。

長谷川ろみ
今後ももしかしたらまた機能性表示飲料を売り出すことがあるのかも?!


\乳酸菌を効率的に摂りたい方はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

口コミ➂ エビデンスはないけど、便秘解消に効果あり?!

ヨーグリーナに入っている乳清発酵物がどんな種類のものか、正確にわからないのですが、ヨーグリーナで便秘改善効果を感じている人は少なくありません。


\発酵を体系的に学びたくなったらこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

▲目次に戻る▲

まとめ:ヨーグリーナは飲むと太る?カロリー・成分・砂糖量

あたりまえですが、ヨーグリーナは飲み過ぎれば太ります。

これはヨーグリーナだけに限った話ではなく、水(ミネラルウォーター)以外の清涼飲料水すべてにおいて、飲み過ぎれば太るというのが一般的な考え方です。

その理由は以下の2つです。

理由➀ カロリーは思っているより多い(ゼロではない)
理由➁ 砂糖量(糖質)は思っているより多い

カロリーに関しては、一般的な清涼飲料水の中でもスポーツドリンク群と近い100mlで24kcal程度で、1本分だと120kcalほどになります。

砂糖量も角砂糖に換算すると9個分程度と少なくありません。また、ヨーグリーナに含まれている糖類は、砂糖やはちみつのほかに高果糖液糖が含まれています。

高果糖液糖は、まだ確実な研究結果があるわけではないものの、肥満や糖尿病との関係が報告されることも多いので、やはり飲み過ぎはよくありません。

一方で口コミを見ると、便秘改善効果を感じている方も多いので、やはり注目の清涼飲料水であることは確かです。

参考にしてみてくださいね。

「発酵の資格を最短でとって、日本の発酵文化を広める活動をしてみたい」
「発酵食品を健康や美容に活かす具体的な方法を、継続的に得られる環境がほしい」
「発酵食品について悩んだ時や楽しみたい時に、共有・相談できる仲間が欲しい」
「好きな発酵に関連するお仕事や副業をしてみたい」

…とお思いの方は、発酵食について、時短かつ体型的に学べる「発酵ライフアドバイザー養成講座」がおすすめ!

長谷川ろみ
資格取得後も勉強会やコミュニティで継続的に知識が得られます!私の場合は、資格取得が好きな発酵をお仕事にするきっかけになりました。好きなことで副業してみたいなーという方も挑戦の価値あるかも?!

\オンラインでいつでもどこでも学べる!今なら無料講師養成講座付き(^O^)/

\無料講師講座などサポートいっぱい(*´ω`*)/

》》講座の詳細をみる

有資格者限定のオンライン発酵定例会勉強会を随時開催中

▲目次に戻る▲

参考資料

(※1)サントリーホームページ「ヨーグリーナ&サントリー天然水 贅沢仕上げ」
https://products.suntory.co.jp/d/4901777285705/
(※2)サントリーホームページ「サントリー天然水」
https://products.suntory.co.jp/d/4901777216884/
(※3)日本農林規格(JAS)異性化液糖及び砂糖混合異性化液糖
https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/attach/pdf/kikaku_itiran2-342.pdf
(※4)High fructose corn syrup and diabetes prevalence: a global perspective
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23181629/

(※5)プロピオン酸菌による乳清発酵物(公益財団法人 腸内細菌学会)
https://bifidus-fund.jp/keyword/kw024.shtml

\今なら2000円OFFでお得 (*´ω`*)/

》》詳細や体験談はコチラからチェック!

目次