▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

便秘

便秘と睡眠の関係まとめ ~アセチルコリンと腸のぜん動運動~

投稿日:2016年11月6日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

便秘の中でも腸のぜん動運動が活発でないから便秘になってしまう「結腸性便秘(けっちょうせいべんぴ)の人がたくさんいると言われています。私もまさにこれですなー。このタイプの便秘の人は、筋肉が少なくて腸を動かすのがニガテなんだって。・・・となると、やっぱり筋肉が少なめの女性やお年寄りに多い便秘だと言われています。

腸のぜん動運動が鈍いとお悩みの方に注目してもらいたいのが、副交感神経が優位になった時に分泌される物質、「」です。「」とは一体なんなのでしょうか?

腸のぜん動運動を活発にする「アセチルコリン」とは?

一番最初に発見された神経伝達物質で、1914年にヘンリー・H・デイルさんという科学者に発見されました。副交感神経が優位になると、運動神経の末端から放出される物質で、内臓の筋肉の繊維にあるアセチルコリン受容体に働きかけて、収縮を促すことができます。

その結果、人間のカラダは消化機能が活性化されたり、汗をかいたりします。便秘を防ぐぜん動運動も活発になります。副交感神経が優位なときに発される物質なので、基本的には寝ていたり、リラックスしている時に放出されやすい物質です。

私、実はすごく心当たりが…寝ている時のほうが、おなかが「ぐあっんごごーきゅー」って音を立てて動くんです。笑 これは、「アセチルコリン」が放出されているからなんですって♪そういわれると、あの音もかなりありがたいもののように思えます!

アセチルコリンが不足するとどうなる?

実は、アセチルコリンが不足すると、脳に影響をしやすいと言われています。例えば、アルツハイマー病の方は、アセチルコリンが不足している方に多いとか・・・。もちろん、消化管のぜん動運動が鈍くなるから便秘にもなりがちです。

仕事や色々な悩みを解決し隊さんのブログではこんな風に説明されていました。


▼記事内容はこの下に続きます▼


「ボケ」と言われる加齢による記憶障害を起こす歳でもないのに、物忘れなどが酷くなったら単にアセチルコリン不足にすぎないのかもしれません。アセチルコリン不足のもうひとつの症状は、集中力の低下。アセチルコリンの生産を助ける栄養素をとることで、かなり多くの人か集中力を改善できます。
参考:http://msnki.hatenablog.com/entry/neurotransmitter-brain-arousal-acetylcholine-noradrenaline

やっぱり脳との関係がとても深そうですね・・・。

アセチルコリンの増やし方

アセチルコリンは、ちゃんと増やすことができます!減ったら減りっぱなしじゃないのが、うれしいですね~!一体何から作られるのかというと、食べ物の中にある「」という物質から作られます。この「」は「」と呼ばれる脂質の一種の中に入っていることが多いと言われていて、アセチルコリンを増やしたければ、「」が含まれる食べ物をとるのが近道です。

「レシチン」がとても多い食材として有名なのは・・・「大豆食品」です。

大豆や豆腐、納豆、おから、きなこなどの大豆食品、そしてピーナツやレバーなども「レシチン」が多い食材として有名です。

作ったアセチルコリンを上手に放出する方法

大豆製品をたくさん摂って、「レシチン」から「アセチルコリン」を作っても、カラダの中になかなか放出されない場合があります。この放出の調節をしているのは、セロトニンというホルモンです。セロトニンはシアワセ物質とも言われますね♪

セロトニンが受容体との結合を促進すれば、
アセチルコリンの量が増え、腸のぜん動運動が活発になります。

そんなセロトニン、ぜひ増やしたいですよね。セロトニンを増やすには…やっぱり腸内環境を整えることが重要なんです。発酵食品や食物繊維などを含んだ、バランスのよい食事と睡眠、適度な運動をすることが、結果的にアセチルコリンの量を増やし、ぜん動運動を活発にすることに繋がります。

うーん、結局のところ、腸内環境のバランスがいちばん大事という根本的なところに行きついてしまった気がする・・・でもそれが事実なのかもしれません。ぜひ、積極的に大豆製品をとりながら、よく眠り、腸内環境ケアも習慣化してみてください♪

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

-便秘
-, , , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

便秘で体重何キロ増える?便秘解消で何キロ減る?

便秘でお腹がぽっこりしていると、やばい太った・・・とかなり不安になる方も多いはず。私もそうです。    でもね、実は食べた量がそのまま溜まっているわけではなさそうなんです。いろいろ …

便秘の時にコーヒーは飲んでもいい?~善玉菌を増やすコーヒー効果~

コーヒーは、習慣的に飲む人が多い代表的な飲み物です。 中毒性が高く、大好きな人は1日に何杯も飲んでしまうとか。   便秘の時にコーヒーは飲んでも大丈夫なのでしょうか? 今日はコーヒーと便秘の …

リンゼスの効果・特徴・薬価は?アミティーザとの違いとは?【便秘】

「明日は変えられる」というコピーで有名な、アステラス製薬株式会社さんが、新しい製薬の製造販売承認を厚生労働省から取得したと発表しました!     そのお薬とは、リンゼスです!リンゼ …

【便秘解消】話題のスーパーフード「アマランサス」ってなに?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 最近話題のスーパーフード!チアシードやアサイー、キヌアなど、最近は新しいものもたくさん出てきています。スーパーフードは、も …

新生児の便秘の見極め方は?~原因と解消法は成長段階によって違う~

今日はなんと、大人ではなく赤ちゃんの腸活について、少し触れてみたいと思います。赤ちゃんが生まれたばかりのお母さんの大きな悩みの1つに、赤ちゃんの排便があります。   新生児の便秘の見極め方は …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ