【注意】ベースブレッドで肌荒れは改善する?悪化する?口コミからわかる逆にニキビだらけになる人の特徴2選

ベースブレッドが気になる人
【この記事で解決できるお悩み】
ベースブレッドで肌荒れが改善するってホント?悪化する場合もあるの?肌荒れが改善するケースと悪化するケースの違いをおしえて!

今回は、こんな疑問にお答えします。

早く結論が知りたい方へ!
・ベースブレッドで肌荒れが改善した人はとても多い
・しかし、一方でもともと栄養バランスが悪くなかった人は違和感を感じる場合も
・原材料が多い分、含まれるアレルゲンも多いので、アレルギー体質の人は注意が必要

1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂取できると話題の「ベースブレッド」。

コンビニで買えるようになってから、時短でヘルシー習慣が作れるとますます注目されています。

そして一足早く「ベースブレッド」を食べ始めた人が口をそろえて言うのが「肌荒れが改善した」という口コミ。しかし、一方で「逆に肌荒れが悪化した」という方も少なくありません。

困った人
え、どっち?これ以上肌荒れするわけにいかないから、失敗できないの。わたしは食べていいの?それともダメ?

そこで今回は、ベースブレッドと肌荒れの関係を徹底解説!

肌荒れが改善する人と悪化する人の違いを整理してみました。

長谷川ろみ
この記事を書いた人:腸活研究家 長谷川ろみ 詳しくはこちら
発酵食品にハマり、ダイエットなしで12㎏減。痩せたことをきっかけに腸を愛でる生活に目覚める。重度の便秘から解放され、腸活研究家として活動開始。今では発酵ライフ推進協会通信校校長を務め、昔の自分と同じ悩みを持つ方に向けて腸や菌のおもしろさを発信中。

目次

結論!ベースブレッドで肌荒れが改善する人は多い。でも条件あり!

結論から言うと、ベースブレッドで肌荒れが改善した人はたくさんいます。

長谷川ろみ
例えばこんな口コミが!1件や2件じゃなくて、すごい数のうれしい報告が寄せられています!

しかし、ベースブレッドは、肌荒れが改善する人ばかりではありません。

中にはこんなかなしいお知らせも。

長谷川ろみ
いやぁ…かなしすぎる。泣 アレルギーと言っても、自分ではなかなか気がつけない「遅延性アレルギー」もあります。ベースブレッドをきっかけに気が付く人がいてもおかしくありません。なんか違和感を感じる人は実はアレルギーを持っている可能性も…。

\ベースブレッドの安全性が気になる人はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

口コミを見ていると、ベースブレッドで肌荒れが改善する人には2つの条件(共通点)があるように思います。

その条件とはこちらの2つ。

条件➀ もともと食生活が乱れがちである(外食やコンビニ飯が多い)
条件➁ アレルギーを持っていない
長谷川ろみ
もともとちゃんと自炊をして食生活のバランスに気を付けていた私の友人は、効果を感じにくいと言っていました…。たしかに…。また、習慣的に食べることで自分で気が付いていなかった遅延性のアレルギーがほんのり出てきて、肌荒れが悪化するケースもあるようです。

ベースブレッドは1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂取できるすばらしいパンですが、肌荒れを治すものではありません。

ではなぜ、ベースブレッドを食べると肌荒れが改善する人が多いのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

そもそも肌荒れの原因は?

肌荒れの原因は、以下の3つが大きく関わっていると言われています。

原因➀ 肌のターンオーバーの乱れ
原因➁ 肌のバリア機能の低下
原因➂ ホルモンバランスの乱れ
困った人
なるほどなるほど。でもなんで肌のターンオーバーやホルモンバランスが乱れるの?
長谷川ろみ
その多くはやっぱり生活習慣の乱れから来ていると言われています。

肌荒れにつながりがちな習慣の例は以下のとおりです。

食生活の乱れ(栄養不足・脂質/添加物過多)
ストレス
睡眠不足
運動不足
タバコや飲酒
腸内環境の乱れ・便秘 など
長谷川ろみ
特に生活習慣全体の乱れが腸内環境の乱れにつながり、自律神経系・内分泌系(ホルモン)・免疫系の乱れを招き…それが最初に肌に出てきて、ボロボロになるっていうのは良くある話。これを放置してると病気や老化につながっていくので注意が必要です。

ベースブレッドはこのうちの食生活の乱れにアプローチできる商品!

本気で肌荒れを改善したいなら、自分で食事管理をしないとなかなか効果がでないもの。でも、ベースブレッドなら超時短でその第一歩をはじめられます。

\美肌になるお茶が気になる人はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

ベースブレッドで肌荒れが改善する理由

ベースブレッドで肌荒れが改善する理由を整理すると、以下の5つ。

理由➀ 基本のタンパク質と26種のビタミン・ミネラルをもれなく補えるから
理由➁ 糖質の食べ過ぎを減らし、糖化スピードを緩めるから
理由➂ 不足しがちな必須脂肪酸が摂れ、肌のターンオーバーを正常化するから
理由➃ 不足しがちなビタミンC・Eが摂れ、シミシワを予防するから
理由➄ 食物繊維を補い、腸内環境を整えるから

一つずつ見ていきましょう。

理由➀ 基本のタンパク質と26種のビタミン・ミネラルをもれなく補えるから

ベースブレッドがなによりすごいのは、体に必要な栄養素をすべてまるっと補ってくれるところ。

健康的な体を作り、代謝を促すタンパク質をベースに、26種のビタミン・ミネラルがもれなくバランスよく補えます。

長谷川ろみ
タンパク質が不足しちゃったら体はなにもできません。ベースブレッドを食べると、とりあえずタンパク質を補い、極端に不足している栄養素を作らないようにベースを作れるの。

タンパク質が多く含まれる食材と言えば、肉・魚・卵などがありますが、それぞれ少なからず調理が必要ですし、食べる場所も選びます。

その点、ベースブレッドなら1食分(2袋)でタンパク質が27gも補えるので、それだけで1日の食事のベースを作ることができ、安心なのです。

【タンパク質含有量例(100gあたり)】

ささみ(ゆで)
タンパク質:29.6g
エネルギー:121kcal / 脂質:1.0g
サバ缶(水煮)
タンパク質:20.9g
エネルギー:174kcal / 脂質:10.7g
ゆでたまご
タンパク質:12.5g
エネルギー:134kcal / 脂質:10.4g
白米
タンパク質:2.5g
エネルギー:156kcal / 脂質:0.3g
長谷川ろみ
白米200gとってもタンパク質は5gしかとれないことを考えると、ベースブレッドはすごいなぁ…。

ベースブレッドは、タンパク質のみならず、食物繊維や26種のビタミン・ミネラルまで全部含まれているので、手軽に栄養バランスを整えることができます。

ベースフード栄養バランス

長谷川ろみ
1食(2袋)ですべての栄養素の1日分の基準値の1/3以上が摂れるのはさすがです。過剰摂取が心配されている脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量は基準値に満たないように少なめに設計されているよ。

理由➁ 糖質の食べ過ぎを減らし、糖化スピードを緩めるから

ベースブレッドは、一般的なパン類と比べると約30%糖質オフされた商品です。

主食としての満足感はそのままに、糖質をタンパク質に置き換えられている秘密は、その原材料にあります。

長谷川ろみ
通常のロールパンは小麦粉類を多く使っているところ、ベースブレッドは小麦たんぱくや大豆粉などのタンパク質を積極的に使っていますね。
ベースブレッド(プレーン バターロール(Pasco) ロイヤルバターロール(ヤマザキ)
原材料 小麦全粒粉(国内製造)、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、液卵、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、バター、食用こめ油、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、調味料(無機塩) 小麦粉(国内製造)、バター入りマーガリン、糖類、卵、パン酵母、乳等を主要原料とする食品、食塩、加工油脂/香料、乳化剤、イーストフード、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンC、着色料(カロチン) 小麦粉、糖類、フラワーペースト、バター、卵、パン酵母、植物油脂、ファットスプレッド、脱脂粉乳、食塩、発酵風味料、植物性たん白/乳化剤、加工デンプン、糊料(アルギン酸エステル、キサンタン)、イーストフード、香料、着色料(紅麹、カロテノイド)、V.C。

糖質を摂りすぎると、肌を作るコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質が固くなり、糖化と言われる現象が起きやすくなります。

糖化
=体内の糖とタンパク質が結合し、細胞にダメージを与える現象のこと
=くすみ、たるみ、シワなどの原因になる
長谷川ろみ
パンや白米、麺類などの炭水化物が好きな人は、どうしても糖の摂りすぎになりやすく、肌トラブルが起こりやすいと言われています。

しかし、ベースブレッドは主食としての満足感はそのままに、糖化リスクを下げてくれるありがたい商品です。

理由➂ 不足しがちな必須脂肪酸が摂れ、肌のターンオーバーを正常化するから

ベースブレッドは、不足しがちな必須脂肪酸である「n-3系脂肪酸」を1食(2袋)分で0.8g(1日分の44%分)も補ってくれます。

n-3系脂肪酸は、体内でつくることのできない不飽和脂肪酸のひとつで、血液をサラサラにし、血流をアップさせる効果があることが知られています。

体内で作ることができないため、食べ物から摂取したいところですが、現代人は不足しがちです。

n-3系脂肪酸
=体内でつくることのできない不飽和脂肪酸のひとつ
=血液をサラサラにし、血流をアップさせる効果がある
長谷川ろみ
血流がアップすれば、肌のターンオーバーも整いやすくなることから、肌トラブルを防ぐことも期待されているの。

理由➃ 不足しがちなビタミンCが摂れ、シミシワを予防するから

ベースブレッドは、不足しがちな「ビタミンC」を1食(2袋)分で38g(1日分の約38%分)も補ってくれます。

ビタミンCは、美肌作りに欠かせないビタミンのひとつ。

それなのに、水溶性ビタミンであることから、毎日摂取しないとどんどん流れてしまいます。

ビタミンC(※1)
=水溶性ビタミンのひとつで、毎日摂取する必要がある
=コラーゲンを生成したり、メラニン色素の沈着を予防し、シミやシワを防ぐ
=ニキビや毛穴の黒ずみの原因である皮脂の分泌を抑制し、活性酸素を取り除く
長谷川ろみ
ビタミンCはお肌の問題だけじゃなく、体全体を若々しく保つために必須なビタミンなので、わたしも意識して摂ってます!

理由➄ 食物繊維を補い、腸内環境を整えるから

ベースブレッドは、不足しがちな「食物繊維」を1食(2袋)分で6.4gも補ってくれます。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると、食物繊維の目標摂取量は18~64歳で男性21g以上、女性18g以上。

女性の場合、ベースブレッドで1日の約35%が補えます。

長谷川ろみ
これはありがたい!

便秘になると、肌荒れに直結します。

これは、腸内に溜まった老廃物とそこに住む腐敗菌が腐敗を繰り返し、自律神経系や内分泌系(ホルモン)の働きを狂わせてしまうから。

血行が悪くなると、肌のターンオーバーの機能が低下し、ニキビや肌荒れ、くすみなどの肌トラブルが起きやすくなります。

便秘改善に挑戦したいならこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

ベースブレッドで肌荒れが悪化する理由

一方、ベースブレッドで肌荒れが悪化する理由を整理すると、以下の2つ。

理由➀ 逆に栄養のバランスを崩してしまっているから
理由➁ なんらかのアレルギーが起きているから

一つずつ見ていきましょう。

理由➀ 逆に栄養のバランスを崩してしまっているから

個人の生活習慣によって違うので、直接的な原因はわかりません。

しかし、栄養がたっぷりのベースブレッドが逆に仇となり、逆に栄養バランスを崩している可能性があります。

長谷川ろみ
わたしも良くあるんですが、明らかに栄養もりもりな食べ物を食べると、急にバランスが崩れて体の調子がおかしくなる時があるんですよね…むしろあまり栄養ないモノのほうが良くも悪くも体に影響しずらいみたいな…笑

もともと自炊をきちんとしていたり、自分にあった食材を探すことがちゃんと習慣になっていて、食生活が整っている場合は特に、体はとても敏感です。

なにかしら自分に合わないものに反応して、体が拒否している可能性があります。

合わないなと思ったら無理をしないのも大事なことです。

理由➁ なんらかのアレルギーが起きているから

ベースブレッドは栄養バランスを良くするために、たくさんの原材料が使われています。

栄養バランスがいいという大きなメリットがある反面、当たり前ですが含まれるアレルギー物質も増えます。

ベースブレッドの各種類のアレルゲン(28品目対象)の表示は以下のとおり。

アレルゲン(28品目対象)
ベースブレッドミニ食パン・プレーン 小麦・卵・乳成分・大豆
ベースブレッドプレーン 小麦・卵・乳・大豆
ベースブレッドチョコレート 小麦・卵・乳・大豆・ゼラチン
ベースブレッドメープル 小麦・卵・乳・大豆
ベースブレッドシナモン 小麦・卵・乳・大豆
ベースブレッドカレー 小麦・卵・乳・大豆・牛肉・豚肉・りんご
長谷川ろみ
小麦アレルギーの人も、卵アレルギーの人も、乳アレルギーの人も、大豆アレルギーの人もダメ…って考えると、結構引っかかってしまう人は多そうな気がします…。

ゼラチンアレルギーの人は、食べられないのはチョコレートだけ、牛肉・豚肉・りんごアレルギーの人はカレーだけなので、ぜひ他の味をためしてみてください。

\自分の腸内環境が悪いかどうか気になったらこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

ベースブレッドで肌荒れを改善する方法

ベースブレッドで肌荒れを改善しやすくするために、大事なポイントは以下の2点です。

方法➀ 材料がシンプルで、添加物の少ないプレーンを選ぶ
方法➁ 1日1食/月20食をベースブレッドに置き換える

一つずつ見ていきましょう。

方法➀ 材料がシンプルで、添加物の少ないプレーンを選ぶ

ベースブレッドは、さまざまな材料を混ぜていて加工度が高いので、食品添加物も多いのではないかと心配されがちですが、実はそんなことはありません。

特にプレーンの食品添加物は同じ加工パンの中ではかなり少ないほうで、肌荒れが気になる方にはいちばんおすすめしやすい商品です。

プレーン チョコレート メープル
添加物 酒精、調味料(無機塩) 酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、香料、増粘多糖類、pH調整剤 酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、着色料(カラメル)、増粘多糖類、香料

方法➁ 1日1食/月20食をベースブレッドに置き換える

ベースブレッドを製造している、ベースフードの公式サイトを見ると、ベースブレッドは毎日食べる必要はないとのこと。

おすすめなのは、1日1食の置き換えと、それを20日/月のペースで続けることです。

目安として月20食、小学校の給食と同じ頻度をおすすめしています。バランスのよい食事を1日に1食とることで、栄養のベースづくりをサポートします。
引用:ベースフード公式サイト

肌のターンオーバーは大体28日周期だと言われています。もしベースフードが体質や習慣に合うようなら、約1~2か月でお肌に変化があらわれるかもしれません。

まとめ:ベースブレッドで肌荒れは改善する?悪化する?

結論から言うと、ベースブレッドで肌荒れが改善した人はたくさんいます。

しかし、すべての人に合うわけではなく、逆にベースブレッドで肌荒れが悪化したと感じる人もいるようです。

ベースブレッドで肌荒れが改善する理由と悪化する理由を整理すると、以下のとおり。

【ベースブレッドで肌荒れが改善する理由】
理由➀ 基本のタンパク質と26種のビタミン・ミネラルをもれなく補えるから
理由➁ 糖質の食べ過ぎを減らし、糖化スピードを緩めるから
理由➂ 不足しがちな必須脂肪酸が摂れ、肌のターンオーバーを正常化するから
理由➃ 不足しがちなビタミンC・Eが摂れ、シミシワを予防するから
理由➄ 食物繊維を補い、腸内環境を整えるから
【ベースブレッドで肌荒れが悪化する理由】
理由➀ 逆に栄養のバランスを崩してしまっているから
理由➁ なんらかのアレルギーが起きているから

普段から食生活が乱れていることを自覚している方、なるべく時短でバランスを整えたい方、そしてアレルギーの心配がない方は、一度試してみるのもおすすめです。

ベースブレッドで肌荒れを改善しやすくするために、大事なポイントは以下の2点です。

方法➀ 材料がシンプルで、添加物の少ないプレーンを選ぶ
方法➁ 1日1食/月20食をベースブレッドに置き換える

参考にしてみてね。

ベースブレッドは食生活が乱れがちで時間がない人にはおすすめの肌荒れ改善方法のひとつですが、アレルゲンや原材料が多い分、自分に合わないものが入っている可能性も多くなります。

また、もともと便秘体質の方は、肌荒れ改善までに時間がかかるかもしれません。

「腸を根本から元気にしたい!」

…とお思いの方は、自然由来のエキスをたっぷり含んだ腸をあたためるハーブティもおすすめです。腸内温度を温めたエビデンスもあるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

\今なら2000円OFFでお得 (*´ω`*)/

》》詳細や体験談はコチラからチェック!

参考文献

(※1)医療法人社団優医会 有楽町皮膚科 ビタミンCについて
https://my-hifuka.com/products/vitaminc/

\ベースブレッドの安全性が気になる人はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

目次