ベースブレッドは体に悪い?添加物・原材料・安全性を徹底調査!実際に食べてみた本音とは?

ベースブレッドが心配な人
【この記事で解決できるお悩み】
ベースブレッドって体に悪い?栄養バランスが良いっていうけどホントかな?添加物やその安全性も心配。SNSではステマっぽく良いことばかり言ってるし…本当のことをおしえて!

今回は、こんな疑問にお答えします。

早く結論が知りたい方へ!
・ベースブレッドは体に悪くない。添加物も少なく、栄養バランスのよい時短食として優秀
・実際に「ベースブレッドに主食を置き換えたら痩せられた」という口コミも多数あり
・一方で食物繊維のバランスの問題なのか、便秘がひどくなると感じる人もいるので注意が必要

主食を置き換えるだけでバランスのよい食事がとれると話題の「ベースブレッド(base bread)」。

2021年7月からファミリーマートで販売されるようになり、現在ではどこのコンビニでも手に入る身近な食品になりました。

しかし、身近になればなるほど「ベースブレッドは体に悪い」「まずい」「便秘になる/おならが止まらない」などの不安なウワサも…。

そこで今回は、「ベースブレッド」の原材料や添加物、安全性を徹底解説!

実際に腸活研究家が食べてみて、本当に便秘になるのか確認してみました!

\ベースブレッドで肌荒れを改善したい人はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

長谷川ろみ
この記事を書いた人:腸活研究家 長谷川ろみ 詳しくはこちら
発酵食品にハマり、ダイエットなしで12㎏減。痩せたことをきっかけに腸を愛でる生活に目覚める。重度の便秘から解放され、腸活研究家として活動開始。今では発酵ライフ推進協会通信校校長を務め、昔の自分と同じ悩みを持つ方に向けて腸や菌のおもしろさを発信中。
目次

結論!ベースブレッドは体に悪くない!でも…

結論からいうと、ベースブレッドには「体に悪い」と言われる要素はありません。

でも、人によってちょっと心配な点・合わない点があるのは事実です。

まずはよく言われるメリットとデメリットを整理してみましょう。

ベースブレッドのメリット

・完全栄養食なだけあって栄養バランスが良い
・腹持ちが良くて、食欲が抑えられる
・食品添加物も比較的少なくて安心できる
・食物繊維の含有量が多いので、便秘解消したという口コミも!
・ダイエット中に主食をベースブレッドに置き換えてダイエットが成功した人もたくさんいる

ベースブレッドのデメリット

・味が「まずい」「微妙」と感じる人もいる
・逆に便秘になってしまった、おならが増えて困っていると言う口コミも!
・食品添加物はかなり少ないが入っているので、気になる人にとってはもっとよい商品もある

料理ができない忙しい人が、時短でダイエットや栄養補給をすることを目的にするのであれば、とても便利な商品であることは間違いありません。

しかし、一部の人によっては、もう少し手間をかけて料理するほうが良かったり、普段の食習慣にうまくマッチしなかったり、体質的に便秘になってしまう場合もあるようです。

長谷川ろみ
そりゃ、体質や味覚、生活習慣は人それぞれだから、万人によい食べ物なんてないもんね…!実際にあった口コミをチェックしてみましょう。

ベースブレットの嘘と本当を口コミでチェック!

ウワサの真相の嘘と本当の一覧は、以下のとおり。

口コミ➀「ベースブレッドで痩せた」「ダイエットに良い」は本当
口コミ➁「腹持ちがイイ」「食欲が抑えられる」は本当
口コミ➂「それだけ食べればいい」は嘘!全栄養がパーフェクトというわけではない
口コミ➃「便秘になる」「おならが増える」は個人差があるが、一部は本当
口コミ➄「味がまずい」は個人差があるが、一部は本当

一つずつ見ていきましょう。

\おならをいい匂いにしたいならこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

口コミ➀「ベースブレッドで痩せた」「ダイエットに良い」は本当

ベースブレッドは、体に必要な栄養素が30種類以上含まれている、栄養バランスのよい主食です。

通常の白いパンは小麦粉がベースの商品が多いところ、ベースブレッドは全粒粉をベースにして糖質を抑えているのが大きな特徴。

小麦粉(強力粉) 小麦粉(全粒粉)
エネルギー(kcal) 337 320
たんぱく質(g) 11.8 12.8
脂質(g) 1.5 2.9
炭水化物(g) 71.7 68.2

引用:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

長谷川ろみ
全粒粉をベースにすることで、エネルギーや炭水化物(糖質)を抑えて、タンパク質が多いパンを作ることができるんですね。

実際にベースブレッドでダイエットに成功したという口コミも少なくありません。

長谷川ろみ
白米(主食)やおやつと置き換えて、みなさん上手にベースブレッドを活用していますね。

\ダイエット向き!オートミールが気になる人はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

口コミ➁「腹持ちがイイ」「食欲が抑えられる」は本当

ベースブレッドは、食物繊維が豊富なので腹持ちがよく、食欲が抑えられるという口コミも多いのが特徴のひとつ。

食物繊維はヒトの消化酵素では分解できないため、小腸では消化吸収されず、大腸まで届きます。

消化して体の外に排出するまでの時間がかなり長いので、次の食事まで満腹感が続くんですね。

長谷川ろみ
ダイエット中は食欲とどうやって戦うかがいちばん大事なので、これはうれしい効果かも?!

口コミ➂「それだけ食べればいい」は嘘!全栄養がパーフェクトというわけではない

ベースブレッドは栄養バランスが考えらた商品なので、普通の白パンより栄養バランスが良いのは事実です。

しかし、1つの食べ物だけでパーフェクトとは言えません。

長谷川ろみ
本当にベースブレッドだけしか食べない食生活にしちゃって、毎日毎日食べ続けたら、腸内にいる腸内細菌も偏りそう…。単品ダイエットは推奨しません。

特にベースブレッドに関しては、脂質が多めであるという指摘が多く、心配されています。

長谷川ろみ
あくまで他の食品とのバランスで調整可能だけど、ベースブレッドだけにしちゃうとちょっとおかしくなっちゃうという指摘もわかります。

口コミ➃「便秘になる」「おならが増える」は個人差があるが、一部は本当

ベースブレッドと便秘やおならとの関係は、かなり個人差があります。

長谷川ろみ
というのも「便秘になった」「お腹が張って困る」というネガティブな口コミと同じくらい、「便秘が解消した」「おならが良く出て腸内環境が活性化してる」というポジティブな口コミがあるの。飼っている腸内細菌や体質次第なところもありますね。

便秘改善に挑戦したいならこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

便秘になってしまって困っている人がいると思ったら、こんな風に便秘解消する人も…。

長谷川ろみ
これに関しては、食物繊維の種類にも関係がありそうです。後程くわしく後述します!

口コミ➄「味がまずい」は個人差があるが、一部は本当

ベースブレッドの「味がまずい」と感じる人もいらっしゃいます。

味覚は人によって違うのでどうしようもない問題ですが、もちろん「おいしい」と思う人も多いです。

長谷川ろみ
わたしも食べてみました!これだけ栄養バランスを整えたらパサパサになっちゃうのかなと覚悟してたけど、もちもちで普通に美味しい!

長谷川ろみ
まずい問題や脂質が多い問題は、他のメニューとのバランスでどうにかなるとしても、便秘になってしまうのはちょっと困るなぁ…。ここからは実際にベースブレッドの詳細を見ていきましょう。

ベースフードとは?

長谷川ろみ
まずベースフードのことをご存知ない方のために、少しだけ説明しますね。

ベースフードのコンセプト

BASE FOOD(ベースフード)は、株式会社ベースフードさんが提供しているブランド。

1食で1日に必要な栄養素の3分の1をとることができることを目指して、パスタやパンなどの主食を開発されています。

基本的には、凝ったお料理を毎日作ることができない、お仕事や家事に忙しい人が対象で、「忙しくても手間をかけずに、最低限の栄養は採ろうよ!」っていうメッセージが隠れています。

長谷川ろみ
これって、私がInstagramであげている「ずぼら味噌汁」と似ているところがあって、すごくわかる…。ムリせずとも栄養が摂れるという意味で、ずぼらに優しい商品です。

ベースフードは主食にこだわる

手間をかけずにベースになる栄養素をとることがベースフードの目的なので、栄養のベースとなる主食を置き換えることにこだわっているとのこと。

そのため、発売されている商品は、いまのところ主食ばっかりなんです。

【ベースフードの商品ラインナップ】
世界初の完全栄養パスタ:ベースパスタ(BASE PASTA)
世界初の完全栄養ラーメン:ベースラーメン(BASE RAMEN)
世界初の完全栄養パン:ベースブレッド(BASE BREAD)

そんな中でも今や大ヒット商品となった「ベースブレッド(BASE BREAD)」について、詳しく見ていきましょう。

ベースブレッドの原材料は?

ベースブレッドにはさまざまな味の商品が出ていますが、主力の3商品の原材料を見てみましょう。

プレーン チョコレート メープル
原材料 小麦全粒粉(国内製造)、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、液卵、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、バター、食用こめ油、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、調味料(無機塩) チョコレートフラワーペースト(ゼラチン・乳成分を含む)、小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、鶏卵、食用こめ油、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、真昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、香料、増粘多糖類、pH調整剤 メープル味フラワーペースト、小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、鶏卵、ライ麦全粒粉、食用こめ油、小麦胚芽、米ぬか、チアシード、パン酵母、米酢、バター、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、真昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、着色料(カラメル)、増粘多糖類、香料

特にベースフードが良く使う原材料は、以下の4つです。

主な原材料➀ 小麦全粒粉
主な原材料➁ 小麦たんぱく
主な原材料➂ 大豆粉
主な原材料➃ もち米

一つずつ見ていきましょう。

主な原材料➀ 小麦全粒粉

ベースフードが商品の主原材料として使っているのが小麦全粒粉です。

一般的な小麦粉には含まれない皮や胚芽も使っているのでビタミンやミネラルなども豊富に含んでいるだけでなく、糖質が少なく、タンパク質や食物繊維が多めで、低糖質・高タンパクなパンが作れます。

小麦粉(強力粉) 小麦粉(全粒粉)
エネルギー(kcal) 337 320
たんぱく質(g) 11.8 12.8
脂質(g) 1.5 2.9
炭水化物(g) 71.7 68.2

引用:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

主な原材料➁ 小麦たんぱく

小麦全粒粉に加えて、ベースフードが商品の主原材料としてよく使うのが小麦たんぱくです。

小麦たんぱく
=小麦を加工してたんぱく質の含有量を高めたもの
=たん白質含有率が50%を超えるもの

他社のパンに比べてベースフードの商品のタンパク質量が多いのは、この小麦たんぱくの影響も少なくありません。

主な原材料➂ 大豆粉

小麦たんぱくに加えて、ベースフードがさらにタンパク質を確保するために使っているのが大豆粉です。

大豆粉
=大豆を粉末状にしたもの

大豆のタンパク質量は小麦粉の倍以上で、「畑の肉」と言われるとおりタンパク質の量が豊富です。

小麦粉(強力粉) 小麦粉(全粒粉) 全粒大豆
エネルギー(kcal) 337 320 451
たんぱく質(g) 11.8 12.8 36.7
脂質(g) 1.5 2.9 25.7
炭水化物(g) 71.7 68.2 28.5
長谷川ろみ
大豆に関しては、遺伝子の組み換えが心配ですが、ベースブレッドでは「遺伝子組み換えではない」大豆を使っていることがはっきりと表示されています。安心ですね!

主な原材料➃ もち米

ベースブレッドには、もち米もとても多く含まれています。

タンパク質の比率を高めると、パサパサしがちなところ、ちゃんと弾力があるパンに仕上がっているのは「もち米」のおかげかもしれません。

もち米
=ねばりの素「アミロペクチン」の含有量が多いのが特徴の米
(通常の米はアミロペクチンが2割のみ)
長谷川ろみ
タンパク質の比率を高めながら、美味しい味を保つ企業努力といったところでしょうか?

他社の栄養補助食品との比較➀ カロリーメイト

栄養補助食品として人気のカロリーメイトとベースブレッドの栄養成分を比較してみましょう。

ベースブレッド プレーン カロリーメイト チーズ味(2本)
原材料 小麦全粒粉(国内製造)、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、液卵、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、バター、食用こめ油、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母 小麦粉(国内製造)、マーガリン(乳成分を含む)、砂糖、ナチュラルチーズ、卵、アーモンドパウダー、でん粉、脱脂粉乳、大豆タンパク、小麦タンパク、食塩

栄養成分表は先に書いてあるほうが含有量が多いので、ベースブレッドはタンパク質を多めにしていることが分かります。

長谷川ろみ
昆布や米ぬかも入れているなんて!タンパク質はもちろん、食物繊維もかなり多くしようとしていることがわかりますね。

他社の栄養補助食品との比較➁ 低糖質パン

他社の低糖質パンとベースブレッドの栄養成分を比較してみましょう。

ベースブレッド プレーン 低糖質ワッフルブラン(Pasco) 超熟ライ麦入り1枚分(Pasco)
原材料 小麦全粒粉(国内製造)、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、液卵、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、バター、食用こめ油、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母 マーガリン、砂糖、小麦ふすま、小麦粉、小麦全粒粉、卵、ファットスプレッド、牛乳、大豆粉、パン酵母、小麦たんぱく、はちみつ、ショートニング、糖蜜液、食塩 小麦粉(国内製造)、ライ麦加工品(ライ麦、食塩)、砂糖、バター入りマーガリン、パン酵母、食塩、はちみつ、小麦たんぱく、食物繊維、醸造酢、米粉、(一部に小麦・乳成分を含む)

低糖質パン同士は原材料が似ていますが、やはり主成分は小麦粉+マーガリンやショートニングになりがちです。

ベースブレッドは油分についてもなるべくマーガリンやショートニングを避けようとしているように見えますね。

ベースブレッドの添加物

ベースブレッドは、さまざまな材料を混ぜていて加工度が高いので、食品添加物も多いのではないかと心配されます。

しかし、食品添加物は同じ加工パンの中ではかなり少ないほうだと言ってよいでしょう。

プレーン チョコレート メープル
添加物 酒精、調味料(無機塩) 酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、香料、増粘多糖類、pH調整剤 酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、着色料(カラメル)、増粘多糖類、香料
長谷川ろみ
プレーンなんて、酒精と調味料(無機塩)だけ…。日持ちがするパンなのに保存料もなく、添加物が2種類だけなのはかなり優秀かも…。

酒精とは、発酵アルコールのこと。

酒精
=発酵アルコールのこと
=殺菌のためや発酵を止めるために添加される
無機塩
=塩化カリウム、リン酸三カリウム、リン酸三ナトリウム、リン酸水素二カリウム、リン酸水素二ナトリウム、リン酸二水素カリウム、リン酸二水素ナトリウムなどのこと
長谷川ろみ
誤解を恐れずに簡単に言うと、酒精を入れる=アルコール消毒みたいなものですね。味噌などにも入っている一般的なものです。無機塩はおいしくするためのもので食塩を増やし過ぎないために使われます。ベースブレッドのプレーンはかなり優秀ですね。

他社の栄養補助食品との比較➀ カロリーメイト

栄養補助食品として人気のカロリーメイトとベースブレッドの添加物を比較してみましょう。

ベースブレッド プレーン カロリーメイト チーズ味(2本)
添加物 酒精、調味料(無機塩) カゼインナトリウム、加工でん粉、香料、カロチノイド色素
長谷川ろみ
やはりベースブレッドのプレーンが優秀過ぎる…決してカロリーメイトが多すぎるわけではないのですが、香料や色素も入っていないのはすごいですね。

他社の栄養補助食品との比較➁ 低糖質パン

他社の低糖質パンとベースブレッドの添加物を比較してみましょう。

ベースブレッド プレーン 低糖質ワッフルブラン(Pasco ) 超熟ライ麦入り1枚分(Pasco)
添加物 酒精、調味料(無機塩) 加工デンプン、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、着色料(カロチノイド)、ビタミンC
長谷川ろみ
すごいのが出てきちゃいました。超熟ライ麦入りパンは驚きの添加物なしです!そういう商品もないわけではないので、ベースブレッドがいちばんスゴイわけではないですが、かなり優秀であることはわかりました。

ベースブレッドの栄養素

ベースブレッドの栄養素を見てみると、やはりタンパク質と食物繊維の多さが目を引きます。

BASE BREAD®プレーン(1個)
熱量 205kcal(9%)
たんぱく質 13.5g(17%)
脂質 5.4g(9%)
∟n-3系脂肪酸 0.4g(22%)
∟n-6系脂肪酸 1.6g(17%)
炭水化物 23.9g(7%)
∟糖質 20.7g
∟食物繊維 3.2g(17%)
食塩相当量 0.7g(10%)
亜鉛 1.6mg(18%)
カリウム 469mg(17%)
カルシウム 114mg(17%)
クロム 1.7μg(17%)
セレン 9.6μg(34%)
1.4mg(20%)
0.2mg(22%)
マグネシウム 68mg(21%)
マンガン 1.4mg(36%)
モリブデン 48.2μg(193%)
ヨウ素 25.4μg(20%)
リン 173mg(19%)
ナイアシン 8.5mg(66%)
パントテン酸 1.1mg(23%)
ビオチン 8.6μg(17%)
ビタミンA 176μg(23%)
ビタミンB1 0.4mg(34%)
ビタミンB2 0.3mg(20%)
ビタミンB6 0.4mg(32%)
ビタミンB12 0.4μg(17%)
ビタミンC 19mg(17%)
ビタミンD 1.2μg(23%)
ビタミンE 1.4mg(22%)
ビタミンK 26.5μg(18%)
葉酸 108μg(45%)

ベースブレッドで便秘になる人が多い理由を考察!

困った人
でも食物繊維がこんなに多いのに、なんでベースブレッドで便秘になる人が多いんだろう…

長谷川ろみ
食物繊維って多ければいいっていう単純なものでもないんです。バランスも大事なんだよね。

理由➀ 食物繊維の多さ

ベースブレッドは、食物繊維がとても多いパンであることがわかりました。

しかし、そのバランスは表示されていません。

BASE BREAD®プレーン(1個) カロリーメイト チーズ味(2本) 低糖質ワッフルブラン(Pasco) 超熟ライ麦入り1枚分(Pasco)
熱量 205kcal 200kcal 198kcal 180kcal
たんぱく質 13.5g 4.2g 4.9g 6.4g
脂質 5.4g 11.1g 11.8g 2.8g
炭水化物 23.9g 21.4g 21.5g 33.7g
∟糖質 20.7g 20.4g 14.7g 30.7g
∟食物繊維 3.2g 1g 6.8g 3g
食塩相当量 0.7g 0.47g 0.4g 0.8g

食物繊維には2つの種類があります。

水溶性食物繊維
=水に溶ける食物繊維
=腸内細菌のエサになる
不溶性食物繊維
=水に溶けない食物繊維
=腸のぜん動運動を促す

この2つのバランスは、水溶性:不溶性=1:2がベストだと言われています。

特に不溶性食物繊維ばかりを食べてしまうと、腸のぜん動運動が起こりにくいタイプの人は腸内で食物繊維が詰まってしまい、便秘が悪化することがあります。

長谷川ろみ
だいたい不溶性食物繊維は十分に採れても、水溶性食物繊維が不足する場合が多いんですよね…。

実際にベースブレッドの食物繊維が多そうな食材を確認してみると、ベースとなるのはやはり不溶性食物繊維です。

【不溶性食物繊維が多い】
小麦全粒粉
大豆粉
もち米
ライ麦全粒粉
小麦胚芽
米ぬか

水溶性食物繊維も含まれていると考えられる食材もあるのですが、全体的にみるとやっぱり少なそうであることは否めません。

【水溶性&不溶性の両方が多い】
チアシード
海藻粉末
昆布粉末

長谷川ろみ
食物繊維のバランスについては公開されていないので、本当のところはわかりません。でも、便秘になってしまう方が多い理由は、ひょっとすると食物繊維のバランスが関係しているかもしれません。

\難消化性デキストリンが気になる人はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

ベースブレッドが「ステマ」「怪しい」と言われてしまう理由

最後になぜベースブレッドが「ステマ」「怪しい」といわれがちなのかも考察してみましょう。

その理由は主に2つです。

理由➀ アンバサダー制度があるから
理由➁ 友達紹介システムがあるから

一つずつ見ていきましょう。

理由➀ アンバサダー制度があるから

ベースブレッドには2022年の4月22日までアンバサダー制度があったようです。

【アンバサダー制度】
SNSに投稿すると定期的にベースブレッドが無料でもらえる
長谷川ろみ
なるほど、だからSNSに口コミが多いのかぁ…

理由➁ 友達紹介システムがあるから

ベースブレッドには継続的に購入している人向けの友達紹介システムがあるようです。

友達紹介システム
=購入者が友達紹介用のURLから初回継続コースを購入したら2000円引きで購入できる
=紹介者は1000ポイントがもらえる
長谷川ろみ
厳密にいうとステマではないのかもしれませんが、ステマと感じる人がいる理由は分かった気がします…!なーるほど。

ベースブレッドを実際に食べてみた感想

長谷川ろみ
わたしが初めてベースブレッドを食べたのは、コンセプトカフェ「BASE FOOD BAKERY & CAFE」に行った時なので、その時の感想をシェアしたいと思います!カフェでは、以下の3つのメニューから選ぶことができました。
【ベースフードカフェのメニュー紹介】
BASE BREAD (ベースブレッド) とシチューのセット
BASE BREAD (ベースブレッド) と3種のディップ
BASE BREAD (ベースブレッド) のフレンチトースト
長谷川ろみ
ベースブレッドの味がちゃんと味わえそうな3種のディップを注文しました。

びっくりしたのが、ベースブレッドのもちもち感!タンパク質が多いパンだと聞いていたので、ちょっとパサパサしたものを想像しすぎてしまったかもしれませんが、全くパサパサ感を感じなかったというのが第一印象。

長谷川ろみ
雑穀の味っていうのかな?なんか自然の味がして美味しかったです…!プチプチしているのは多分チアシード?!

気になる方はぜひ食べてみてくださいね。

まとめ:ベースブレッドは体に悪い?添加物・原材料・安全性を徹底調査

結論からいうと、ベースブレッドには「体に悪い」と言われる要素はありません。

でも、人によってちょっと心配な点・合わない点があるのは事実です。

ベースブレッドのメリット
・完全栄養食なだけあって栄養バランスが良い
・腹持ちが良くて、食欲が抑えられる
・食品添加物も比較的少なくて安心できる
・食物繊維の含有量が多いので、便秘解消したという口コミも!
・ダイエット中に主食をベースブレッドに置き換えてダイエットが成功した人もたくさんいる
ベースブレッドのデメリット
・味が「まずい」「微妙」と感じる人もいる
・逆に便秘になってしまった、おならが増えて困っていると言う口コミも!
・食品添加物はかなり少ないが入っているので、気になる人にとってはもっとよい商品もある

ウワサの真相の嘘と本当の一覧は、以下のとおり。

口コミ➀「ベースブレッドで痩せた」「ダイエットに良い」は本当
口コミ➁「腹持ちがイイ」「食欲が抑えられる」は本当
口コミ➂「それだけ食べればいい」は嘘!全栄養がパーフェクトというわけではない
口コミ➃「便秘になる」「おならが増える」は個人差があるが、一部は本当
口コミ➄「味がまずい」は個人差があるが、一部は本当

栄養成分を見てみると、一般的なパンと違うのは「タンパク質の多さ」「糖質の少なさ」です。

添加物も心配するほど多くなく、むしろプレーン味であればなかなか探せないほど少ないレベル。

とはいえ、入っていないわけではないので、自分で料理をする時間がある人にとってはもっと健康的かつ効率的にダイエットできる方法があるかもしれません。

\痩せる発酵食品が気になったらこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

「あまり食べ物は気にせず、食事制限はしないで痩せたい」

…とお思いの方は、運動や食事制限をしなくても痩せることができる「メディカルダイエット」という方法もあります。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

\ダイエットも医師に相談する時代!ストレスなく科学的にヤセよう(^O^)/
》》メディカルダイエットの詳細はコチラから


\ベースブレッドで肌荒れを改善したい人はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

目次