LG21乳酸菌ヨーグルトは〇〇に効く?!その正体・特徴・効果をまとめてみたよ♪




最近、スーパーのヨーグルト売り場で個人的にすごく目立っている気がするのが、LG21乳酸菌入りのヨーグルト、「明治プロビオヨーグルトLG21」。

種類がたくさんあるのはもちろんのこと、パッケージに書かれた宣伝文句がとても個性的なんです。

少し前は、「リスクと戦う乳酸菌」というキャッチフレーズが付けられていました。

最近よく見るのは「胃で働く乳酸菌」。

乳酸菌といえば、腸内環境を想像しませんか?胃じゃなくて、腸で効くんじゃないの?と思う方も多いはず。

でもこれ、間違っていないのです。この胃との関係が、LG21乳酸菌ヨーグルトの特徴であり、注目されている理由なのです。

今回は、このLG21乳酸菌ヨーグルトの正体・特徴・効果に迫ってみたいと思います。

LG21乳酸菌とは?

まずは、LG21乳酸菌はなぜ、LG乳酸菌という名前なのかというところから、ひも解いていきましょう。

LG21乳酸菌の正式名称は、Lactobacillus gasseri (ラクトバチルスガッセリー)OLL2716株といいます。

普通ならLactobacillus gasseri (ラクトバチルスガッセリー)の頭文字「LG」につけるのは、菌株の末尾の数字であることが多いのだけど、このLG21乳酸菌の場合はそうはしませんでした。

じゃあ、「21」ってなんぞや…。もちろん菌株の数字からとった「21」ではあるのですが、なぜわざわざ「2」と「1」をとったのかというと、「21世紀への飛躍」に願いを込めて、「21」と名付けたそうです。

すごい!「21世紀への飛躍」って、なんかでかい!!笑

そんなLG21乳酸菌ヨーグルト、なぜ「21世紀への飛躍」という話になっているのかというと、私たちを救ってくれるかもしれない、かなり特徴的な個性を持った乳酸菌だからです。

その特徴を整理してみましょう。

特徴1:とにかく酸に強く、胃でも増殖する乳酸菌

LG21乳酸菌は、乳酸菌の研究を長年されている株式会社明治さんが保有している乳酸菌ライブラリーに保有している2500もの菌株の中から、胃酸に強く、強い酸性の場所でも増殖できる乳酸菌を探した結果、見つけ出した乳酸菌です。

時は1997年の秋、東海大学との共同研究によって、酸性に強い乳酸菌を探すところから始まりました。

当社保有のLactobacillus属の乳酸菌のなかで人工胃液(pH2.0)に37℃で2時間作用させた時の生残率が特に高かった8菌株を用いて、低pH条件下(pH4.0)での増殖性を調べた。各菌株をそれぞれpH4.0かつ微好気の条件下で37℃、9時間、培養し、培地の光学濃度(Optical Density; OD)を測定。培養前と培養後のOD値の変動量を⊿ODとして示した。

参考:https://www.meiji.co.jp/dairies/yogurt//about/

胃酸のような酸が強い場所でも生存できるだけでなく、ちゃんと増殖することを視野に入れて選びに選び抜いた、一番酸性下でも元気に増殖できる乳酸菌なんですね。

この個性、すごい!!

このLG21乳酸菌を胃酸に強い乳酸菌として選ぶまでに、なんと2年の月日を要したそうです。

すごい、執念もすごい!!笑

特徴2:酸素に弱い!偏性嫌気性乳酸菌

そしてもう一つの大きな特徴が酸素に弱いことです。だから家庭で繁殖させたり、何かの発酵食品を作るときに入ってきちゃう可能性はほとんどなく、私たちからは少し距離がある乳酸菌だと言えそうです。

LG21乳酸菌は、意識しないと食べられそうにないですね。
そう考えると、LG21乳酸菌入りのヨーグルトはとてもありがたいです。

LG21乳酸菌の効果

そんな胃酸に強く、酸素に弱いLG21。その特徴を生かして、すごい効果があることが注目されています。

効果1:ピロリ菌抑制効果

なんといっても一番注目されているのが、ピロリ菌抑制効果です。

・胃酸耐性が強い
・胃の粘膜に付着しやすい
・ピロリ菌の増殖を抑える

という理由から、ピロリ菌の抑制効果があると言われています。

ピロリ菌といえば、最近は日本人の2人に1人がピロリ菌に感染し、慢性胃炎、胃潰瘍、胃がんなどを招くケースがあると言われている、かなりリスクの大きな菌。

感染したことがある人は、ピロリ菌に感染したことがない方に比べて、胃がんリスクが5~10倍になると言われ、注目されています。

感染した場合は、除菌が推奨されますが、1回の除菌の成功率は約70%で、除菌に時間がかかる可能性もあります。そんな除菌成功率を高めてくれるのが、このLG21乳酸菌です。

あわせて読みたい

▼ピロリ菌の除菌ができない!?ヨーグルト併用が効果的な理由と食べ方
https://www.chounaikankyou.club/article/piroriyogurt.html

 
東海大学が行い2009年に行われた米国消化器病学会で発表された実験結果によると、除菌療法を行うだけの人と除菌療法を行うと同時にLG21乳酸菌を摂取する人を比べると、除菌できる可能性が高まることがわかったのです。

117人のピロリ菌陽性患者のうち、除菌療法を行うA群と、LG21乳酸菌の摂取を併用するB群に分けた。B群はLG21乳酸菌が入ったヨーグルト90グラムを1日2回、4週間にわたって食べた。はじめの3週間はヨーグルトだけ食べ、残りの1週間はヨーグルトと除菌療法の両方を行った。

結果は、A群の除菌成功率が77.8%、B群は89.3%だった。また、117人のうち22.5%がクラリスロマイシン耐性ピロリ菌に感染していて、この菌の除菌成功率はA群が18.8%だったのに対し、B群は60.0%と大きく差をつけた。

参考:J-CASTニュースより
https://www.j-cast.com/2009/08/08047047.html?p=all

ピロリ菌にも種類があり、特にLG21乳酸菌がクラリスロマイシン耐性ピロリ菌を抑制する効果が高いことがわかりました。

クラリスロマイシン耐性ピロリ菌の除菌が必要な方にとっては、すごい朗報ですよね。

効果2:機能性ディスペプシア症状軽減効果

もう一つLG21乳酸菌の効果として注目されているのが、機能性ディスペプシア症状の軽減効果です。

機能性ディスペプシア症状は、もともと医学用語であまり一般的には使われていません。
でも、症状を説明したら、あ、経験あるかも?と思われる方も多いかも?

機能性ディスペプシア(FD :functional- dyspepsia)とは、胃の痛みや胃もたれなどのさまざまな症状が慢性的に続いているにもかかわらず、内視鏡検査などを行っても、胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃がんなどのような異常がみつからない病気です。

参考:なるほど病気ガイド
https://www.astellas.com/jp/health/healthcare/fd/basicinformation01.html

原因がわからないのに、食後に胃もたれがしたり、あまり食べていないのに胃が食べ物でいっぱいになるように感じて食べられなくなったり、みぞおちが痛くなったりする病気です。

昔は、「慢性胃炎」や「神経性胃炎」として診断されていました。

原因がわからない機能性ディスペプシアの症状ですが、LG21乳酸菌入りのヨーグルトを継続的に食べるとその症状が軽減するということが株式会社 明治のプレスリリースにて発表されています。

株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、機能性ディスペプシア(Functional Dyspepsia 、以下FD)※1の有症状者を対象にLactobacillus gasseri OLL2716株入りヨーグルト(以下、乳酸菌OLL2716株入りヨーグルト)の無作為化比較試験を実施し、乳酸菌OLL2716株入りヨーグルトの継続摂取がFD症状の軽減に有効であること、特にFD症状のうち食後のもたれ感、早期満腹感のような食後愁訴症候群に有効であることを確認しました。

参考:株式会社明治 プレスリリースより
https://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2017/detail/20171102_01.html

この研究結果は、2017年7月29日にスイスの医学専門誌「Digestion」にオンライン公表されたのだそう!

LG21乳酸菌入りのヨーグルトには、LG21乳酸菌を胃の中で粘膜に定着させることで、私たちの胃になんらかの良い影響を与えてくれることがわかりましたね。

機能性ディスペプシア症状に悩まされる方にとっては、かなりの朗報です。

まとめ

LG21乳酸菌ヨーグルトには、2500種類の乳酸菌の中から、胃酸に強く、また胃酸のような強い酸性の中でも増殖することができるLG21乳酸菌が入っています。

LG21乳酸菌は、とても個性が強い乳酸菌です。

その個性のために医学業界をうならせる研究結果も多く、ピロリ菌抑制や機能性ディスペプシア症状の軽減など、私たちの健康維持に役立つのではないかとも期待できます。

さすが、2年もかけて探し当てられた乳酸菌ですね。

胃に不安を抱える方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか♪
もしかしたらあなたの21世紀を照らしてくれる乳酸菌かもしれません。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。