ほうじ茶が便秘に効くってほんと?効果・効能・栄養を確認したら、その秘密がわかったはなし♪




最近、ほうじ茶味のお菓子やスイーツが増えたと思いませんか?

昔から日本人に愛されてきたお茶の1つだけど、最近はチョコレートやアイスなどのフレーバーとしてとても人気!

独特の香ばしさが甘いモノとあうようで、ハーゲンダッツさんでは「ほうじ茶ラテ」というアイスを発売したり、伊藤園さんからほうじ茶ラテというペットボトルのお茶が発売されたり、なんだかブームになっているんです。

味がおいしいのはもちろんのこと、健康効果が注目されいて、腸活女子にはうれしい「便秘改善効果」があるとのうわさも・・・。

今回は、ほうじ茶が便秘に効くというのは本当なのか、ほうじ茶の作り方を振り返るとともに、効果・効能・栄養を調べてみました!

ほうじ茶とは?

ほうじ茶は、自宅に常備するお茶として習慣的に飲んでいる方もいるほどポピュラーなお茶です。
でも、どうやって作られているのか、煎茶や緑茶とはなにが違うのか、あんまりわかっていない方もいるかもしれません。

まずは、ほうじ茶がどんなお茶なのか、チェックしてみましょう。

ほうじ茶は煎茶の仲間?

ほうじ茶はお茶の葉っぱを発酵させずに製造した不発酵茶の一つです。

不発酵茶には、実はこんなにたくさん種類があります。

不発酵茶:「煎茶」「深蒸し煎茶」「玉露」「抹茶」「番茶」「」「玄米茶」
半発酵茶:「ウーロン茶」
発酵茶:「紅茶」

不発酵茶の仲間の1つという意味では、ほうじ茶と煎茶は仲間だと言えますね。

不発酵茶の仲間で、よく家庭で飲まれるお茶の一つが「煎茶」です。

煎茶は、日光を遮ることなくのびのびと育てたシンプルなお茶!

よく「玉露」と比較されますが、玉露は日光を浴びないように覆いをかぶせて育てた、いわば箱入り娘のようなお茶で、カテキンがあまり作られないのが特徴です。カテキンは渋みのもとになるので、カテキンが少ないということは、自然とまろやかな味になります。

「玉露」はちょっと高級なイメージがありますよね。

では、煎茶とほうじ茶の違いはなんなのでしょうか?

ほうじ茶が香ばしい理由

ほうじ茶は、高級な「玉露」ではなく、一般的な「煎茶」「番茶」などを使ったお茶です。

「煎茶」や「番茶」をきつね色になるまで火を使って炒ったものを「ほうじ茶」といいます。「ほうじる=炒る」という意味があるんですね。

ほうじ機でほうじ香と呼ばれる独特の香りがでるまで、約200度で加熱し、すぐに冷却したものがほうじ茶です。炒ることで苦味が減るので、お子さまでも飲むことができ、一般的に飲みやすいと言われています。

ほうじ茶のカフェイン含有量

お茶にはカフェインがつきものですが、ほうじ茶は比較的カフェインの含有量が少ないお茶です。

カフェインは、覚醒作用や解熱作用があり、眠気や倦怠感に効果があると言われていますが、その一方で血管を収縮させてしまうので、冷え症の方はあまり飲まないほうがよいと言われています。

厚生労働省のホームページに記載されている、世界保健機関(WHO)のカフェインに関する見解は以下のとおりです。

2001(平成13)年に公表した「Healthy Eating during Pregnancy and Breastfeeding (BookletFor Mothers)2001」において、 「紅茶、ココア、コーラ飲料は、ほぼ同程度のカフェインを含み、コーヒーにはこれらの約2倍のカフェインが含まれている。

このため、カフェインの胎児への影響についてはまだ確定していないが、妊婦はコーヒーの摂取量を一日3~4杯までにすべき」とされています。

参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html

ほうじ茶は、コーヒーなどに比べるとカフェイン量は3分の1なので、体の冷えが心配な方には飲みやすいお茶です。

コーヒー:60mg/100 mL
インスタントコーヒー:57mg/100mL
紅茶:30mg/100 mL
煎茶:20mg/100 mL
ほうじ茶:20mg/100 mL
ウーロン茶:20mg/100 mL
玄米茶:10mg/100 mL

参考:文部科学省「日本食品標準成分表(七訂)」
file:///C:/Users/romir/Downloads/kai20171113ik1_120.pdf

ほうじ茶が便秘に効く理由

ほうじ茶は、カフェインが少なく飲みやすいお茶であることがわかりました。でも、なぜほうじ茶は便秘に効くと言われているのでしょうか?

どうやらほうじ茶は、便秘にすごく効く成分が入っている!というわけではなく、いろいろな複合的な理由で便秘予防効果につながっている可能性が高いお茶であることがわかってきました。では、その複合的な理由をみてみましょう。

水分をとる機会になっているから

ほうじ茶は飲み物なので、もちろん水分をとる機会になります。当たり前のことのようですが、便秘には水分不足も関係しているので、これが結構重要です。

便秘の方がまず最初に気をつけたほうがよいのは、水分の不足です。お水をほとんど飲まない食習慣の方は、やっぱり便秘になりやすく、このお水を飲む習慣は意外と変更が難しく、意識して変えていく必要があります。

お水はどうしても味が苦手で飲めないけど、お茶なら飲める!という方もいるでしょう。ほうじ茶の味が好きで、定期的に飲むようになれば、摂取する水分量も増えるかもしれませんよね。そういう意味で、ほうじ茶は便秘解消に役立っている可能性があります。

テアニンがリラックスさせてくれるから

便秘の原因となる腸内環境の悪化には、ストレスも大きく関わっていることが知られています。ストレスのせいで、腸内環境が悪くなっている場合、ほうじ茶に含まれるテアニンのリラックス効果が、結果的に便秘予防になったり、便秘改善につながう可能性があります。

テアニンは、自律神経のうちリラックスしている時に優位になる副交感神経の活性を増すことがわかっています。副交感神経が優位な時は、消化が促進され、腸内細菌が活発に動きますので、便秘にならないように働いてくれる可能性があります。

テアニンを摂取すると、交感神経には影響がないものの、副交感神経の活性を増すことが分かっており、またリラックス時に発現する脳波として知られているα波を増強することでリラックス状態になると報告されています。よって、テアニンを摂取することでストレスの低減や集中力の向上、起床時のリフレッシュ感がより高くなると考えられています。そのほかに、血圧上昇を抑制するといった生理作用も知られています。

参考:一般財団法人食品分析開発センター
http://www.mac.or.jp/mail/151001/03.shtml

なるほどー。テアニンのリラックス効果は便秘改善や便秘予防に影響しそうですね。

ピラジンが血行を良くするから

ピラジンは、ほうじ茶や麦茶などの香ばしい香りの素となる成分です。

ピラジンには血行を良くして冷えを防いでくれる効果があります。

麦茶などの商品を開発しているカゴメさんのカゴメ株式会社総合研究所では、麦茶やほうじ茶に含まれるピラジンに血流をよくする効果があることを発表しています。

カゴメ株式会社総合研究所(栃木県西那須野町)は、麦茶の香ばしい匂いの成分であるアルキルピラジン1類の多い麦茶の飲用による、血液流動性向上(サラサラ)効果をヒトで確認したことを明らかにしました。

参考:カゴメニュースリリースより
https://www.kagome.co.jp/company/news/2004/000396.html

冷えは腸内環境を鈍くしてしまうので、血行がよくなり、体が温まれば、腸内環境も生き返ります。ほうじ茶に含まれるピラジンが、体の冷えを改善して、疲労回復や血液サラサラ効果をもたらしてくれることが、結果的に便秘を改善する、もしくは便秘を予防することが考えられます。

まとめ

ほうじ茶は煎茶や番茶にもう一度火を通し、炒っているおかげで、とてもまろやかで飲みやすいお茶になります。

お水や苦いお茶だと、なかなか毎日習慣的に飲むのが難しいという方でも、ほうじ茶なら飲みやすいかもしれません。毎日習慣的に飲むことができるわりには、カテキンやピラジン、ビタミンCなどの栄養素も豊富です。

便秘改善にいい成分が直接入っているというよりも、血行を良くして冷えを改善したり、ストレスをたまらないようにしてくれたり、私たちの体のバランスを調整して、腸内環境を緩やかに良い方向に導いてくれているように思います。

ほうじ茶の香ばしい味が好きな方は、習慣的に飲んでみてもよいかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。