ほうじ茶の効果効能!便秘解消や高血圧に効果があるってほんと?

ほっとするいい香りが人気のほうじ茶。最近は、お菓子やアイス、スイーツなどにも「ほうじ茶味」が次々と発売されています。

独特の香ばしさと甘いものの相性は抜群で、「ほうじ茶味」が気になる人も多いと思いますが、実はおいしいだけではありません。

ほうじ茶の健康効果が注目されているんです。特に便秘解消効果や高血圧予防にイイとのウワサあり!

今回は、ほうじ茶は便秘解消や高血圧に効果があるのか、ほうじ茶の作り方を振り返るとともに、効果・効能・栄養をまとめました。

ほうじ茶とは?

ほうじ茶は、自宅に常備するお茶として習慣的に飲んでいる方もいるほど人気なお茶です。

しかし、煎茶や緑茶とはなにが違うのか、正確に説明できるでしょうか?まずは、ほうじ茶がどんなお茶なのか、チェックしてみましょう。

ほうじ茶と緑茶の材料は同じ

ほうじ茶はお茶の葉っぱを発酵させずに製造した「不発酵茶(発酵していないお茶)」のひとつです。不発酵茶には、実はこんなにたくさん種類があります。

不発酵茶:「緑茶(煎茶・玉露)」「抹茶」「番茶」「ほうじ茶」「玄米茶」
半発酵茶:「ウーロン茶」
発酵茶:「紅茶」

ほうじ茶と緑茶の茶葉は同じものです。緑茶には、煎茶と玉露があります。不発酵茶の仲間で、よく家庭で飲まれるお茶の一つが「煎茶」です。

煎茶は、日光を十分に当てて育てます。一方、玉露は日光を浴びないように覆いをかぶせて育てます。日光が少ないのでポリフェノールの一種である苦み成分の「カテキン」があまり作られません。玉露は、カテキンが少ない分、とてもまろやかな味になります。

煎茶:日光を十分に当てて育てる→カテキンが多い→苦みが多い
玉露:日光をさえぎって育てる→カテキンが少ない→苦みが少ない

ほうじ茶は日光をたくさん当てて育てた煎茶を使って作ります。

ほうじ茶と緑茶の違いは火を通すかどうか

ほうじ茶は、高級な「玉露」ではなく、一般的な「煎茶」「番茶」などを使って作ります。

「煎茶」や「番茶」をきつね色になるまで火を使って炒っるとできるのが「ほうじ茶」です。「ほうじる=炒る」という意味があるんですね。炒ることで苦味成分であるタンニンが減るので、もともと苦みが多い煎茶でも、すっきりとして香ばしい味わいになります。

ほうじ茶はカフェイン含有量が少ない

ほうじ茶にもカフェインは含まれています。

しかし、コーヒーや紅茶などに比べると、ほうじ茶に含まれているカフェインの量は少ないのがうれしいところ。毎日飲んでも問題ないお茶です。

カフェインには一般的に以下のような作用があります。

・覚醒作用
・解熱作用
・眠気覚まし

カフェインは集中して仕事をしたい時には効果がありますが、その一方で血管を収縮させてしまうので、冷え症の方はあまり飲みすぎないほうがよいと言われています。

ほうじ茶は、コーヒーなどに比べるとカフェイン量は3分の1なので、体の冷えが心配な方には飲みやすいお茶です。

コーヒー:60mg/100 mL
インスタントコーヒー:57mg/100mL
紅茶:30mg/100 mL
煎茶:20mg/100 mL
ほうじ茶:20mg/100 mL
ウーロン茶:20mg/100 mL
玄米茶:10mg/100 mL

参考:文部科学省「日本食品標準成分表(七訂)

ほうじ茶の効果効能① 

ほうじ茶は習慣的に飲めば、便秘解消効果があることが知られています。
その理由をまとめてみました。

ビタミンCが腸のぜん動運動を促すから

ほうじ茶には、レモンの5倍ものビタミンCが含まれています。

ビタミンCは、腸のぜん動運動を活発にする働きがあります。腸が動きにくい方は排出を促す効能に期待しましょう。

テアニンがリラックスさせてくれるから

便秘の原因となる腸内環境の悪化には、ストレスも大きく関わっていることが知られています。ストレスのせいで、腸内環境が悪くなっている場合、ほうじ茶に含まれるテアニンのリラックス効果が、結果的に便秘予防になったり、便秘改善につながう可能性があります。

テアニンは、自律神経のうちリラックスしている時に優位になる副交感神経の活性を増すことがわかっています。副交感神経が優位な時は、消化が促進され、腸内細菌が活発に動きますので、便秘にならないように働いてくれる可能性があります。

テアニンを摂取すると、交感神経には影響がないものの、副交感神経の活性を増すことが分かっており、またリラックス時に発現する脳波として知られているα波を増強することでリラックス状態になると報告されています。よって、テアニンを摂取することでストレスの低減や集中力の向上、起床時のリフレッシュ感がより高くなると考えられています。そのほかに、血圧上昇を抑制するといった生理作用も知られています。

参考:一般財団法人食品分析開発センター
http://www.mac.or.jp/mail/151001/03.shtml

ピラジンが血行を促進するから

ピラジンは、ほうじ茶や麦茶などの香ばしい香りの素となる成分です。ピラジンには血行を良くして冷えを防いでくれる効果があります。

麦茶などの商品を開発しているカゴメさんのカゴメ株式会社総合研究所では、麦茶やほうじ茶に含まれるピラジンに血流をよくする効果があることを発表しています。

カゴメ株式会社総合研究所(栃木県西那須野町)は、麦茶の香ばしい匂いの成分であるアルキルピラジン1類の多い麦茶の飲用による、血液流動性向上(サラサラ)効果をヒトで確認したことを明らかにしました。

参考:カゴメニュースリリースより
https://www.kagome.co.jp/company/news/2004/000396.html

冷えは腸内環境を鈍くしてしまうので、血行がよくなり、体が温まれば、腸内環境も生き返ります。ほうじ茶に含まれるピラジンが、体の冷えを改善して、疲労回復や血液サラサラ効果をもたらしてくれることが、結果的に便秘を改善する、もしくは便秘を予防することが考えられます。

ほうじ茶の効果効能② 高血圧予防

ほうじ茶に含まれているカテキン、、ピラジンには、血管を拡張し、高血圧を予防する力があります。また、リラックス効果のあるGABAも含まれていて、心身共にリラックスさせてくれます。

カテキン
=緑茶などに含まれるタンニンの一種
=抗酸化作用や抗菌作用、血管拡張作用がある

=緑茶に含まれるアミノ酸(旨味成分)の一種
=睡眠をサポートしたり、抗ストレス効果がある
GABA
=緑茶に含まれるアミノ酸(旨味成分)の一種
=ストレスを軽減させる効果やリラックス効果がある

ほうじ茶の効果効能③ 冷え性改善効果

カフェインが多い飲み物は体を冷やしがちですが、ほうじ茶はカフェインが少ないので、問題ありません。

また、ほうじ茶に含まれるピラジンには血流を良くする効能があり、冷え性の改善に効果的です。

ピラジン
=香ばしさに関連する香り成分の一種
=血流を良くする作用がある

まとめ

ほうじ茶は煎茶や番茶にもう一度火を通し、炒っているおかげで、とてもまろやかで飲みやすいお茶になります。

お水や苦いお茶だと、なかなか毎日習慣的に飲むのが難しいという方でも、ほうじ茶なら飲みやすいかもしれません。毎日習慣的に飲むことができるわりには、カテキンやピラジン、ビタミンCなどの栄養素も豊富です。

便秘改善にいい成分が直接入っているというよりも、血行を良くして冷えを改善したり、ストレスをたまらないようにしてくれたり、私たちの体のバランスを調整して、腸内環境を緩やかに良い方向に導いてくれているように思います。

ほうじ茶の香ばしい味が好きな方は、習慣的に飲んでみてもよいかもしれませんね。