ほうじ茶の効果効能!便秘解消や高血圧に効果があるってほんと?

困った人
ほうじ茶が体に良いってほんと?お通じにも効果あるって聞いたんだけど、腸活や便秘解消にもいいのかなぁ?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の結論
・ほうじ茶はリラックスタイムに使える、カフェインが少ないお茶。
・カフェインが少ないわりに、ポリフェノールはたっぷりで便秘予防や高血圧予防効果が期待できる!

ほっとするいい香りが人気のほうじ茶。最近は、お菓子やアイス、スイーツなどにも「ほうじ茶味」が次々と発売されています。

独特の香ばしさと甘いものの相性は抜群で、「ほうじ茶味」が気になる人も多いと思いますが、実はおいしいだけではありません。

ほうじ茶の健康効果、特に便秘解消などの腸活効果が注目されているんです。

今回は、ほうじ茶の効果効能、便秘解消や高血圧に効果があるというのは本当なのか整理してみました。

長谷川ろみ
この記事を書いた人:腸活研究家 長谷川ろみ詳しくはこちら

\今なら2000円OFF!最近、痩せにくくなったなぁと思っているあなたへ(^O^)/
》》詳細や体験談はコチラからチェック!

ほうじ茶とは?

ほうじ茶は、リラックスタイムの定番のお茶。

自宅に常備し、習慣的に飲んでいる方もたくさんいらっしゃるほど人気のお茶です。

しかし、煎茶や緑茶とはなにが違うのか、正確に説明できるでしょうか?

まずは、ほうじ茶がどんなお茶なのか、チェックしてみましょう。

特徴➀ ほうじ茶の材料は緑茶

ほうじ茶はお茶の葉っぱを発酵させずに製造した「不発酵茶(発酵していないお茶)」のひとつです。

不発酵茶には、実はこんなにたくさん種類があります。

不発酵茶:「緑茶(煎茶・玉露)」「抹茶」「番茶」「ほうじ茶」「玄米茶」
半発酵茶:「ウーロン茶」
発酵茶:「紅茶」

ほうじ茶と緑茶の茶葉は、全く同じもの。

緑茶には、大きく分けると煎茶と玉露の2種類があります。

煎茶:日光を十分に当てて育てる→カテキンが多い→苦みが多い
玉露:日光をさえぎって育てる→カテキンが少ない→苦みが少ない

煎茶は、日光を十分に当てて育てます。一方、玉露は日光を浴びないように覆いをかぶせて育てます。

日光を当てて育てる煎茶は、光合成をしながらポリフェノールの一種である苦み成分の「カテキン」がたくさん作られます。

「カテキン」は人間が口に入れると苦味を感じる苦み成分のひとつ。

そのため、煎茶は一般的に苦みが強くなります。

一方、玉露は日光を当てないようにして育てるため、カテキンが少なく、とてもまろやかな味になります。

長谷川ろみ
玉露は手間がかかるので、ちょっと高級品のイメージがありますよね。ほうじ茶はこの高級品の玉露ではなく、庶民的な煎茶を使って作ります。

特徴➁ 緑茶に火を通すとほうじ茶になる

「煎茶」や「番茶」などの苦みがあるお茶を、きつね色になるまで火を使って炒るとできるのが「ほうじ茶」です。

長谷川ろみ
「ほうじる=炒る」という意味があるんですね。

炒ることで苦味成分である「タンニン」が減るので、もともと苦みが多い煎茶でも、すっきりとして香ばしい味わいになります。

ほうじ茶のキレイな茶色は、高温で焙煎することによって生まれます。

赤外線を使ったり、炭火を使ったり、作り方はさまざま。

温度によって味や香りが変わるので、ほうじ茶を作るには高度な技術が必要です。

特徴➂ ほうじ茶はカフェイン含有量が少ない

ほうじ茶は高温で焙煎するので、カフェインの含有量が少なくなります。

カフェイン含有量の目安
コーヒー:60mg/100 mL
インスタントコーヒー:57mg/100mL
紅茶:30mg/100 mL
煎茶:20mg/100 mL
ほうじ茶:20mg/100 mL
ウーロン茶:20mg/100 mL
玄米茶:10mg/100 mL
参考:文部科学省「日本食品標準成分表(七訂)

ほうじ茶も全くカフェインが含まれていないわけではないのですが、コーヒーや紅茶などに比べると、かなり少なめです。

カフェインには一般的に以下のような作用があります。

・覚醒作用
・解熱作用
・眠気覚まし

カフェインは集中して仕事をしたい時には効果がありますが、その一方で血管を収縮させてしまいます。

リラックスしたい場合や冷え症の方はあまり飲みすぎないようにしましょう。

ほうじ茶は、コーヒーなどに比べるとカフェイン量は3分の1なので、体の冷えが心配な方でも飲みやすいという特徴があります。

特徴➃ ほうじ茶は自分で作れる?!

ほうじ茶は、緑茶さえあれば自宅で作ることができます。

①フライパンを温める
②茶葉をフライパンに入れる
③弱火で3分程度炒る
④強火にし、茶葉の色を見ながら仕上げる
⑤好みの茶色になったら出来上がり
長谷川ろみ
ほうじ茶は、わたしたちの身近なお茶です。柔らかくて香ばしいお茶が飲みたい時は、自分で作ってしまうのもひとつの手ですね。

\コミュニティ・定例会参加で「発酵ライフ」を楽しく学ぼう(^O^)/
》》口コミ・体験談はコチラからチェック!

有資格者限定のオンライン発酵定例会勉強会を随時開催中

ほうじ茶の栄養成分と効能

ほうじ茶には、さまざまな健康効果・効能が期待できる成分が含まれています。

成分と効能➀ :リラックス
成分と効能➁ ピラジン:血行促進・冷え性改善
成分と効能➂ カテキン:生活習慣業予防
成分と効能➃ タンニン:シミやくすみを防ぐ

ひとつずつ見ていきましょう。

成分と効能➀ 

ほうじ茶の栄養成分と効能の1つ目は、「」です。

テアニンは、お茶に含まれるうま味成分(=アミノ酸)の一種で、リラックス効果があることが知られています。


=お茶に含まれるアミノ酸の1種
=緊張を和らげたり、リラックスさせる働きがある

テアニンは、自律神経のうちの副交感神経を優位にする働きがあり、リラックスさせ、消化を促し、腸内細菌の働きを活発にする効能があります。


\今なら2000円OFF!最近、痩せにくくなったなぁと思っているあなたへ(^O^)/
》》詳細や体験談はコチラからチェック!



血圧の上昇を抑制したり、腸のぜん動運動を促して、腸内環境を改善する力も持っています。

ほうじ茶を飲むとゆったりとリラックスできるように感じるのは、このテアニンのおかげかもしれません。

テアニンを摂取すると、交感神経には影響がないものの、副交感神経の活性を増すことが分かっており、またリラックス時に発現する脳波として知られているα波を増強することでリラックス状態になると報告されています。よって、テアニンを摂取することでストレスの低減や集中力の向上、起床時のリフレッシュ感がより高くなると考えられています。そのほかに、血圧上昇を抑制するといった生理作用も知られています。
参考:一般財団法人食品分析開発センター http://www.mac.or.jp/mail/151001/03.shtml

成分と効能➁ ピラジン

ほうじ茶の栄養成分と効能の2つ目は、「ピラジン」です。

ピラジンは、ほうじ茶や麦茶などの香ばしい香りの素となる成分です。ピラジンには血行を良くして冷えを防いでくれる効果があります。

ピラジン
=お茶などに含まれる香り成分
=アミノ酸と糖が高い温度で加熱されることで生成される成分でコーヒーやローストナッツ、ココアなどにも含まれる

カゴメ株式会社総合研究所の研究によると、ピラジンを摂取すると血液の流動性が向上(=血液サラサラ効果)することがわかりました。

カゴメ株式会社総合研究所(栃木県西那須野町)は、麦茶の香ばしい匂いの成分であるアルキルピラジン1類の多い麦茶の飲用による、血液流動性向上(サラサラ)効果をヒトで確認したことを明らかにしました。
参考:カゴメニュースリリースより https://www.kagome.co.jp/company/news/2004/000396.html

ピラジンには血管を拡張し、血流を良くする効果があるため、ほうじ茶を飲むと体が温まりやすくなります。

体が温まれば、腸内細菌も活発に動けるようになり、結果的に便秘予防につながる可能性があります。

成分と効能➂ カテキン

ほうじ茶の栄養成分と効能の3つ目は、「カテキン」です。

カテキンは、ポリフェノールの一種で、お茶の苦み成分です。

カテキン
=ポリフェノールの一種
=苦み成分で抗菌作用や抗酸化作用が注目されている

カテキンは、緑茶に多い成分ではありますが、ほうじ茶にも含まれます。

脂質、糖質の吸収を抑える働きがあり、体脂肪を燃焼したり、抗酸化作用が高く細胞の参加を防いで老化を予防してくれる効能があります。

成分と効能➃ タンニン

ほうじ茶の栄養成分と効能の5つ目は、「タンニン」です。

タンニンもカテキンと同じポリフェノールの1種であり、紅茶や緑茶などの渋みのもとの成分でもあります。

またワインや渋柿などにも多く含まれます。

タンニン
=ポリフェノールの一種
=渋み成分で抗酸化作用が注目されている

抗酸化作用が強く、肌にメラニンが増殖したり沈着したりすることを抑える働きがあるので、シミやくすみを防ぐと言われています。

また、タンパク質と結合して組織を縮める働きがあるので、腸の粘膜の痙攣を抑える働きがあります。

ドイツで行われた研究によると、クローン病患者の方たちの慢性的な下痢症状が緩和したことがわかっています。

下痢にお悩みの方は、ほうじ茶を飲んでみるとよいかもしれません。

\今なら2000円OFF!最近、痩せにくくなったなぁと思っているあなたへ(^O^)/
》》詳細や体験談はコチラからチェック!

ほうじ茶の期待効果

ほうじ茶に含まれるポリフェノールなどの有効成分には、私たちの腸内環境を整えたり、体をリラックスさせる効果があります。

期待効果➀ 便秘/下痢緩和効果

体を温め、血流を促し、副交感神経を優位にすることで、腸内環境を整えます。

腸内細菌や腸内の粘膜の働きを正常化させるので、便秘の方はもちろん下痢の方も症状が緩和する可能性があります。

期待効果➁ リラックス効果

ほうじ茶の香り成分であるピラジンにはリラックス効果が期待できます。

ある研究によると、ピラジンの香りを嗅ぐ前に比べて、嗅いだ後には明らかに脳が円滑に機能していることを示すα波が増えていました。

α波が増えると、脳が円滑に動き、気持ちがリラックスします。

そのため、ほうじ茶の香りの代表的な成分であるピラジンが脳の神経にはたらいているのではないかと考えられています。

期待効果➂ 冷え性改善効果

ほうじ茶に含まれるピラジンには血流を良くする効能があり、冷え性の改善に効果的です。

カフェインが多い飲み物は体を冷やしがちなので、コーヒーや紅茶の飲み過ぎには注意が必要ですが、ほうじ茶はお茶の中ではカフェインが少ないほうなので、冷え性の方でも飲みやすい飲み物です。

冷え性に悩んでいる人はぜひほうじ茶を飲んでみてください。

期待効果➃ 高血圧予防効果

ほうじ茶に含まれているカテキン、、ピラジンには、血管を拡張し、高血圧を予防する力があります。

また、リラックス効果のあるGABAも含まれていて、心身共にリラックスさせてくれます。

カテキン
=緑茶などに含まれるタンニンの一種
=抗酸化作用や抗菌作用、血管拡張作用がある

=緑茶に含まれるアミノ酸(旨味成分)の一種
=睡眠をサポートしたり、抗ストレス効果がある
GABA
=緑茶に含まれるアミノ酸(旨味成分)の一種
=ストレスを軽減させる効果やリラックス効果がある

高血圧にお悩みの方でもほうじ茶は安心して飲むことができます。

\今なら2000円OFF!最近、痩せにくくなったなぁと思っているあなたへ(^O^)/
》》詳細や体験談はコチラからチェック!

まとめ ~ほうじ茶の効果効能!便秘解消に良いってほんと?~

ほうじ茶は、リラックスタイムの定番のお茶です。

大きな特徴としては、カフェインの含有量が比較的少ないところ。

全くカフェインが含まれていないわけではないのですが、コーヒーや紅茶などに比べると、かなり少なめなのでリラックスタイムに活用できます。

その割には緑茶などと同じように、多くの効果効能が期待できるポリフェノールがたっぷり含まれているので、以下の効果効能も期待できます。

期待効果➀ 便秘/下痢緩和効果
期待効果➁ リラックス効果
期待効果➂ 冷え性改善効果
期待効果➃ 高血圧予防効果

カフェインは採りすぎたくないけど、お茶の便秘/下痢緩和効果や冷え性改善効果、高血圧予防効果に期待したい方は、ぜひほうじ茶も活用してみてください。

参考にしてみてね。

長谷川ろみ
この記事を書いた人:腸活研究家 長谷川ろみ詳しくはこちら

\「腸活ドリル」で腸活に挑戦しよう(^O^)/
腸活習慣づくりをお手伝いする「腸活ナビケーションツール」です
【特徴】
・レポート提出が完了するとミッションクリア+次の腸活法に挑戦
・実践→記録→評価→再実践というフローで、腸活を習慣化
・モニターアンケートにて、、むくみ改善などうれしい成功体験多数
腸活ナビケーションツール「腸活ドリル」 》》参加者の方の口コミはこちらからどうぞ


\今なら2000円OFF!最近、痩せにくくなったなぁと思っているあなたへ(^O^)/
》》詳細や体験談はコチラからチェック!