アンチョビとオイルサーディンの違いとは?似ているようで結構違う味と作り方

スポンサードリンク

お魚の保存食といえば・・・アンチョビとオイルサーディン。
おしゃれなお店に行けば、結構出会える確率が多いのではないでしょうか?

そんなおしゃれなアンチョビとオイルサーディン、両方とも「イワシ」からできています。油・塩を入れるという点もほぼ同じなので、こんがらがります。

あれ?アンチョビとオイルサーディンの違いってなに?

今回は、ややこしくなりがちなアンチョビとオイルサーディンの違いについてまとめてみました!

」とは?

「オイルサーディン」とは、小魚を塩漬けにして油で煮込んだもののことを言います。

オイル=油
サーディン=マイワシをはじめとした小魚

オイルサーディンは、マイワシやウルメイワシを原料にする場合がおおいのだとか。

作り方はいろいろですが、頭と内臓を取り除いて下処理した魚を味付けして、そのあと植物油、香辛料などと一緒に加熱して漬け込むのが一般的です。

塩で味付けしてから油で煮込むことで保存がきくようになり、缶詰などにして売られています。

お酒のおつまみとして食べるとおいしいですよね!
そんなにしょっぱすぎず、そのまま食べられます。

」とは?

一方、アンチョビとはどんなものなのかというと・・・

アンチョビは英語で、単純に「小魚」を指す言葉!
日本では魚を塩漬けにして発酵させたものを「アンチョビ」とよびますよね。

使われるお魚は、カタクチイワシ(または同じカタクチイワシ科の別種の小魚)が多いです。イタリア、スペインなど、地中海や大西洋に面した地域で多く作られています。

保存させるためにオリーブオイルにつける場合があるので、ますますオイルサーディンとごっちゃになりますが、オイルに漬けずに、ペーストにしたり、お魚をロールしたりして売られる場合もあります。

アンチョビとオイルサーディンの違いとは?

アンチョビとオイルサーディンは、こうやってみてもとてもよく似ていますね。

かんたんに区別するならば、

オイルサーディン=調理済みの油漬け
アンチョビ=塩漬けにして熟成させた油漬け

スポンサードリンク

ということが出来そうです。ここからは詳しくアンチョビとオイルサーディンの違いをみてみましょう。

違い1:よく使う魚が違う

アンチョビとオイルサーディンは、両方ともイワシが原料になっています。しかしその魚の種類が微妙に違います。

▼オイルサーディンに使われる小魚
マイワシ
ウルメイワシ
ギンイワシ
サッパなど

▼アンチョビに使われる小魚
カタクチイワシ
エツなど

両方ともイワシはイワシですが、微妙によく使う魚がちがうんですね。

違い2:調理方法が違う

アンチョビは発酵食品ですが、オイルサーディンは発酵食品ではありません。

オイルサーディンは塩漬けにした後、油で煮込みます。アンチョビは、塩漬けにしたまま熟成・発酵されるので加熱することはありません。

違い3:食べ方が違う

オイルサーディンは、イワシを三枚におろして食べることはありません。頭と内臓を取り、味付けし、オイル漬けにしてそのまま食べます。

でもアンチョビは、イワシを三枚におろして発酵させます。非加熱の発酵食品です。単品で食べることはなく、調味料の代わりに使うことも多いんです。

オイルサーディンとアンチョビの材料はどちらもイワシ、油、塩とほぼ同じ。アンチョビはカタクチイワシを三枚におろして塩漬けにした非加熱の発酵食で、単品で食べるのには不向き。

一方、オイルサーディンは、イワシ類の頭と内臓を落として油漬けにし、加熱したもの。こちらは単品でも美味しく味わえます。

参考:http://www.ohtabooks.com/qjkettle/news/2015/08/10123115.html

アンチョビとオイルサーディンの違いとは?まとめ

アンチョビとオイルサーディンの違いわかりましたか?

似ているように感じるアンチョビとオイルサーディンですが、食べ方、作り方ともに結構違います。

▼オイルサーディン
・イワシの油漬け
・塩分濃度の高い塩水に短時間漬け込む
・低温の油で火を通してある

▼アンチョビとは
・イワシの塩漬け
・塩漬けにして発酵熟成がされている
・加熱はされていない

発酵をおすすめする腸活サイトである本サイトでは、アンチョビが気になるところですが、時にはアンチョビ、時にはオイルサーディンをたべて、お魚の良質な油を生活に取り入れることを心がけましょう。

トマトコーポレーション 業務用アンチョビ(ブロークン) 720g
トマトコーポレーション
売り上げランキング: 7,405
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。