味噌の栄養素と効果効能!アミノ酸飲料を飲むなら味噌汁を飲んだほうがいいってほんと?




私たち日本人にとって、味噌はソウルフードといっても過言ではない、日本食に欠かせない調味料の一つです。

その歴史は古く、日本に伝来したのは飛鳥時代の7世紀頃だといわれています。そこから形を変え、味を変え、戦国時代には武士たちの栄養ドリンクのような存在になっていました。

私もお味噌汁だけは、毎日欠かさず飲んでいますが、これを飲まない手はない!ってぐらい栄養豊富なんです。

今回は初心に帰って、味噌の栄養素や効果効能をおさらいしてみましょう。

味噌とは?

味噌とは、一般的に「畑の肉といわれる大豆を蒸して、麹や塩を加えて、発酵させたもの」のことを言います。

長い間、味噌を製造販売してきたマルコメさんは、ホームページで味噌のことをこのように説明しています。

味噌とは1,300年もの長い間、日本人の食生活を支えてきた伝統食品です。
基礎調味料である「さしすせそ」の「そ」にあたり、 微生物の力で作り出される発酵食品でもあります。

参考:https://www.marukome.co.jp/miso/

日本人にとってはなくてはならない調味料の1つ。そしてとても自由度の高い調味料でもあるのがおもしろいところ。そう、味噌は基本調味料には珍しく、明確な規格がないのです。

味噌にはJAS規格がない?

多くの食品は、日本農林規格(JAS)がその定義を設定しています。味噌の仲間の醤油もちゃんとJAS規格があります。しかし、味噌にはJAS規格がありません。

味噌は昔からそれぞれの家庭で自由に作ってきた調味料で、加熱殺菌することもありません。
勝手に作って勝手に食べてきたわたしたちのソウルフードなので、地域ごとに、いやもっと言えば家庭ごとに、作り方が微妙に違ったり、材料が微妙に違ったりします。

そんな味噌に対して、あとからJAS規格を作ろうにも、グループわけが難しく、結局つくれなかったというのが本音みたい。笑

かねさ株式会社さんのホームページには、味噌にJAS規格がない理由をこのように説明しています。

食品には、日本農林規格(JAS)が設定されることが多く、みそとそのルーツを同じくするしょうゆにはJAS規格がありますが、みそにはそれがありません。

これは、みそがしょうゆと違って、その種類があまりにも多いため、規格を設けるためのグループ分けが困難であることと、みそはいわば”生き物”であることが主な理由となっています。

みそは加熱殺菌していない製品が多く、その中に、酵母や乳酸菌が生きたまま存在していて栄養成分を消費していますから、しょうゆにおける窒素分やエキス分といった理化学的分析値を設定・維持することができません。

参考:http://www.kanesa.co.jp/qa/2012/08/jas.html

味噌って・・・おもしろいよなぁ。
生き物と同じ扱いなんですね。乳酸菌や酵母が常に発酵しているため、成分も変わっていきます。だから科学的な数値をはかるのが難しいというのは納得できますよね。

そんな理由から、味噌は発想の自由が許された、数少ない食品と言えるわけです。

味噌の栄養素

味噌は大豆、麹、塩からできています。

大豆には良質な植物性たんぱく質が多く、そして糖質も含みます。糖やタンパク質を麹菌が分解し、様々なビタミンやミネラル、酸などを作り出してくれるので、結果的に膨大な種類の栄養素が含まれることになります。

ひとつの食品で、ここまでいろいろな栄養素が含まれる食べ物は、なかなかないので、味噌は完全栄養食だとか、味噌汁は天然の栄養補助飲料だとか言われることもとても多いんです。

栄養成分一覧

味噌蔵さんのホームページには、味噌に含まれる栄養素がざーっと書いてありました。
それらの栄養素を一覧にしてみると・・・

炭水化物
一価不飽和脂肪酸
葉酸
亜鉛
脂質
タンパク質
カリウム
ビタミンB2
ビタミンB1
パントテン酸
カルシウム

多価不飽和脂肪酸
ナイアシン
マグネシウム
ビタミンK
ビタミンB6
ビタミンB12
ナトリウム

リン
灰分
ビタミンE
飽和脂肪酸
食物繊維

参考:https://www.hanamaruki.co.jp/misogura/health/nutrient-of-miso/

こんなかんじ!笑

腸活中の方ならよく見る栄養素がいっぱいなのではないでしょうか?

腸内細菌のえさになる食物繊維はもちろんのこと、腸の動きを活発にしてくれるマグネシウムやデトックスに必要なカリウム、アンチエイジングビタミンともいわれるビタミンEや脂質・糖質代謝を促してくれるビタミンB群もいっぱい含まれています。

これだけすごいと、バランス補助食品として、毎日少しずつ食べるのがよいといわれる理由もわかる気がしませんか?

他の豆食材と比べても味噌はスゴイ

上記の栄養素群を見て、豆って栄養豊富なんだなーと思った方もたくさんいると思います。

たしかに豆は栄養豊富。

でも、豆食材の中でも味噌は格別だといわれています。

その理由は、豆をさらに発酵させているため。栄養素は増えています。

また発酵中の状態のまま、ほぼ全体をまるごと食べる味噌は、しぼって液体だけにする醤油よりも栄養がたくさん含まれているのも想像に難くないでしょう。

発酵食品の中でもかなり、効率的に栄養をとることができる食材なんです。

例えば、タンパク質の量を味噌と醤油で比べてみると・・・

:12.5/100g
醤油:5.7/100g

参考:https://www.hikarimiso.co.jp/enjoy-miso/encyclopedia/utility.html

と、なんと倍以上に!

食物繊維を味噌と油揚げで比べたデータを見てみると・・・

味噌:4.9g/100g
油揚げ:1.2g/100g

参考:https://www.hikarimiso.co.jp/enjoy-miso/encyclopedia/utility.html

こちらも倍以上!

豆類には多いといわれるビタミンB2も、豆乳と味噌を比べると・・・

味噌:0.1mg/100g
豆乳:0.02mg/100g

参考:https://www.hikarimiso.co.jp/enjoy-miso/encyclopedia/utility.html

倍どころじゃなくなってきました。

そう、味噌は同じ豆製品からみても、栄養の宝庫だといえそうです。

味噌の効果効能

これだけたくさんの栄養素が含まれた味噌なので、その効果効能も期待できますよね。
一般的に味噌への期待効果としては、以下のようなものが挙げられています。

がんの予防
血圧低下
老化防止・抗酸化作用
美白効果
血中コレステロール低下
ピロリ菌抑制
整腸作用・便秘改善

腸内環境を良くするだけでなく、コウジ酸が美肌・美白に作用したり、メラノイジンがピロリ菌を抑制したり、老化を防止したりするなど、発酵のちからで発酵菌たちが作り出した物質が、健康・美容効果をさらにアップさせてくれているのが、とてもおもしろいところです。

アミノ酸飲料も元気が出るかもしれませんが、ちゃんと成分表をみないと、白砂糖や添加物なども入っている可能性があります。

その点、味噌なら・・・それも自分で作った味噌なら、本当に豆と麹と塩しか入っていませんから、天然のアミノ酸飲料+αとして、とてもよい働きをしてくれます。

味噌の効果効能まとめ

味噌の効果効能、いかがでしたか?

味噌なんて、日本人なら誰でも知ってる調味料で、その健康効果や美容効果が軽視されがちですが、私たちの先祖が生み出した、究極の栄養補助食品であることは確かです。

効果を再度確認するとこんな感じ・・・

がんの予防
血圧低下
老化防止・抗酸化作用
美白効果
血中コレステロール低下
ピロリ菌抑制
整腸作用・便秘改善

生活習慣病の予防から美容まで、幅広い効果が期待できるので、毎日のお味噌汁を習慣にしてみるのも健康のためによいかもしれません。

もちろんお塩は入っているから、飲みすぎないでね。笑

参考にしていただけると幸いです。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中!

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、元気でポジティブな仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。