R‐1ヨーグルトの効果・効能が気になる人必見!特徴や口コミも含めてまとめてみました!




R‐1ヨーグルトといえば、「強さひきだす乳酸菌」がテーマの健康特化型ヨーグルト!

私の周りではかなりの方が、効果を感じていらっしゃるヨーグルトの1つです。

私はもともと花粉症ではないので、自分で試せないのがもどかしいのだけど、あまりに多くの方から、「R1ヨーグルトを食べてから花粉症が緩和された!」と、言われるので、さすがに興味を持たざるをえません。笑

今回はそんな魅惑のヨーグルト、R1ヨーグルトの特徴や効果について、私の周りの方の口コミを含めてまとめてみました!

R1ヨーグルトとは?

R1ヨーグルトは、株式会社明治さんが乳酸菌の研究をする中で見つけ出された「強さを引き出す乳酸菌」である、1073R-1乳酸菌が入ったヨーグルトです。

1073R-1乳酸菌とは?

明治さんのウェブサイトによると、1073R-1乳酸菌は以下のように説明されています。

1073R-1株」は、ヨーグルトを作るために使用されるブルガリア菌のひとつで、多糖体を多く産生することが特徴。乳酸菌などが菌体外に作り出す多糖体をEPSと呼び、EPSは生体に対して免疫機能を活性化することが分かっています。

参考:https://www.meiji.co.jp/yogurtlibrary/laboratory/report/1073r1/top/

R-1乳酸菌の正式名称は、「Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus OLL1073といいます。これを略して、「R-1乳酸菌」が入った「R-1ヨーグルト」と呼んでいます。

株式会社明治さんは、本当に健康に特化した乳酸菌を見つけ出して、商品化するのがお上手です。キャッチフレーズもとても分かりやすいもんね。

「R-1ヨーグルト」に入っている、「R-1乳酸菌」のことを株式会社明治さんは、「強さ引き出す乳酸菌」であるとおっしゃっています。

なぜ、「R-1乳酸菌」は「強さ引き出す乳酸菌」と言われるのでしょうか?

強さ引き出す乳酸菌と言われる理由

「R-1乳酸菌」が強さ引き出す乳酸菌と言われる理由は、「R-1乳酸菌」が作るEPSという物質に、私たちがもともと持っている免疫力を引き出す力があると言われているからです。

EPSは、exopolysaccharide(エクソポリサッカライド)の略です。

多糖体の一種で、キノコや海藻にもたくさん含まれています。同じヨーグルトだとクレモリス菌FC株が入ったカスピ海ヨーグルトにも多く含まれていて、あの特徴的な粘りのもとになっています。

胃や小腸で破壊されず、大腸まで届き、マクロファージやNK細胞を活性化させるといわれています。だから免疫力が高まるんですね。

このEPSの影響でR1ヨーグルトはインフルエンザ予防・風邪・花粉症などに効果があると言われ、注目されています。

R1ヨーグルトの効果効能

R1ヨーグルトを食べたときに、いちばん効果が期待されていることはいったい何だと思いますか?

それはやっぱり、免疫力の向上です。

「R-1乳酸菌」が作るEPSが、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化してくれるのはとても有名な話ですよね。このNK細胞の活性化は、私たち人間にとっていろんな効果をもたらします。

効果1:風邪予防(免疫力強化)

やっぱり一番身近なのが日々の風邪対策なのではないでしょうか?免疫力の低下=風邪をひくと考える方も多いと思います。

腸内環境が整っている=免疫細胞も安定するので、腸内環境が整っていると風邪をひきにくくなると言われています。

腸内環境が整っていると思っていいのか、私もあまり風邪をひきません。だから「R-1乳酸菌」をとっても、そのまま風邪ひかないだけで効果がはっきりとはわからないのだけど、笑、明らかな効果を感じる方も多いみたいです。

我が家ではR-1ヨーグルトを継続して食べており、そろそろ3年近くなるのですが、これまで感じている効能として大きなものは以下の通りです。

風邪やインフルエンザといったものに本当にかからなくなった
花粉症の症状が割とマシになった
便通が良くなった
腸内環境が整うことで精神的な安定が得られるようになった
アトピーの症状が出なくなった

参考:https://www.tamashii-yusaburuyo.work

飲み始めてから1か月間は、誰も風邪を引きませんでした。ですが、1日飲み忘れていた日があり、その次の日に長男が風邪を引きました…。これはR1効果なのか、たまたまなのかは分かりませんが、管理不足の自分を責めました…。

参考:https://konannews.com/

うむ、R-1ヨーグルト効果もちょっとはあると思っていいんじゃないかな?笑

R-1ヨーグルトを製造されている株式会社明治さんが行った人を対象にした実験でも風邪リスクの低下が確認されています。

山形県舟形町に住む70~80歳の健康な高齢者57名と、佐賀県有田町に住む、60歳以上の健康な高齢者85名を対象にして乳酸菌の免疫システムへの働きを調べました。どちらの地域も2つの群に分けて調査しました。

一つは乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを1日90グラム食べる群。もう一つは牛乳を1日100ミリリットル飲む群です。舟形町では8週間、有田町では12週間継続して食べてもらい、体調や免疫の変化を比較しました。すると、どちらの地域でも、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを食べた群では、加齢に伴い低下するT細胞増殖能が、有意に上昇しました。

参考:https://www.meiji.co.jp/yogurtlibrary/laboratory/report/1073r1/03/01/

この実験では、R1ヨーグルトを食べると、風邪をひくリスクが半分以下になることが、わかっています。

効果2:インフルエンザ予防

風邪もインフルエンザもウイルスが原因なので、R-1ヨーグルトを継続的に摂取することによる免疫力の向上が原因でインフルエンザを回避することが可能だと思われます。

1年間飲み続けており、現在も飲み続けているR1。去年、今年の冬のインフルエンザ流行の時期ですが、家族4人ともインフルエンザにはかかりませんでした!
参考:https://konannews.com/

こういうわかりやすい効果がでるとうれしいですよね。

効果3:インフルエンザワクチン効果を高める

おもしろいのは、インフルエンザや風邪予防だけでなく、インフルエンザワクチンの効果を高めるという研究結果も発表されていることです。

インフルエンザの予防接種をすることが決まったら、その3週間前からR1ヨーグルトを食べるんですって。すると、インフルエンザワクチンの効果を高める可能性があるとのこと。これは人間を対象にした実験から得た結果です。

健康な方にインフルエンザワクチンを接種する3週間前から乳酸菌1073R-1株を使用したドリンクヨーグルトを毎日飲用してもらい、インフルエンザワクチン接種前後に体内で作られたインフルエンザワクチン株に対する抗体の抗体価を測定しました。

その結果、乳酸菌1073R-1株を使用したドリンクヨーグルトを毎日飲用した方は、未発酵の酸性乳飲料(プラセボ)を飲用した方に比べて、インフルエンザA型H1N1、B型のワクチン株に対する抗体の抗体価が高く、通常とは異なる推移を示しました。

参考:https://www.meiji.co.jp/yogurtlibrary/laboratory/report/1073r1/03/04/

R1ヨーグルト、おもしろいですね~!

まとめ

R1ヨーグルトは、乳酸菌1073R-1株が入ったヨーグルトであり、乳酸菌1073R-1株が発酵の過程で作るEPS(エクソポリサッカライド)が私たちの免疫力の向上に貢献してくれていることがわかりました。

特に風邪予防やインフルエンザ予防に関しては、マウス実験だけでなくヒト実験でも多くの研究結果が発表されています。

そして、インフルエンザに関してはそのものの予防だけでなく、予防接種の効果を高めることもわかってきています。

インフルエンザの予防接種を受ける3週間前にはR1ヨーグルトを食べたり、免疫力が低下しているかもしれないとお思いの方は、ぜひR1ヨーグルトを試してみてはいかがでしょうか?

免疫細胞が正常になると、風邪やインフルエンザだけでなく、花粉症やアレルギーの緩和にも役立つので、幅広い方におすすめです♪

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中!

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、元気でポジティブな仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。