飲むヨーグルトの効果・メリット・デメリットは?体に悪い&太ると言われる理由3選

困った人
飲むヨーグルトって固形ヨーグルトと何が違うの?効果やメリット、デメリットを知りたい!体に悪い&太るってホント?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の結論
・飲むヨーグルトは固形ヨーグルトをただ薄めただけじゃない!作り方が全く違う
・体に悪い&太ると言われやすいのは、甘味料や添加物が多く自己管理が必要になるから
・メリットを生かす飲み方を意識して、正しい飲むヨーグルト習慣を作ろう

ヨーグルトを食べたいなと思った時に、いつでもどこでも気軽に飲める「飲むヨーグルト」。

男女1000名を対象に行われたヨーグルトに関するアンケート調査(※1)によると、ヨーグルトを食べる頻度や量が増えた人は約4割で、そのうち「飲むヨーグルト」が増えたのは、なんと6割以上なのだとか。

長谷川ろみ
固形ヨーグルト派から飲むヨーグルトに乗り換える方が増えています!スプーンも必要なく、どこでも飲めるのでお手軽なんだよね。

また、総務省統計局の家計調査によると、実際にヨーグルトの平均支出金額は伸びていて、特に「のむヨーグルト(ドリンクタイプ)」を飲む頻度や量が「とても増えた」「やや増えた」と答える人が63.8%も増えたこともわかっています。

しかし、一方で「飲むヨーグルトは太る」「飲むヨーグルトは体に悪い」というウワサも…。

そこで今回は「飲むヨーグルト」をピックアップ!固形ヨーグルトと比べて何が違うのかメリット&デメリットを整理しながら、太る&体に悪いと言われる理由をまとめてみました。

長谷川ろみ
この記事を書いた人:腸活研究家 長谷川ろみ詳しくはこちら

飲むヨーグルトとは?

飲むヨーグルトとは、一般的な固形ヨーグルトとは異なり、飲み物として飲むことができるドリンクタイプのヨーグルトのことを指します。

飲むヨーグルト
=飲むことができるドリンクタイプのヨーグルトのこと
=固形ヨーグルト(食べるヨーグルト)に対して使われる言葉
長谷川ろみ
単純に固形ヨーグルトを水で薄めただけって思っている人もいるかもしれませんが、実は製造工程や原材料がぜんぜん違うんです。

飲むヨーグルトと固形ヨーグルトの違い

飲むヨーグルトと固形ヨーグルトの違いは大きく分けると3つあります。

違い➀ 製造過程と発酵方法が違う
違い➁ 原材料・成分が違う
違い➂ 味や食感が違う(プレーンタイプが少ない)

一つずつ見ていきましょう。

違い➀ 製造過程と発酵方法が違う

飲むヨーグルトと固形ヨーグルトのいちばん大きな違いは、製造過程と発酵方法が違うことです。

もちろんメーカーによって多少工程は違いますが、多くの飲むヨーグルトは、タンク内で発酵させてから容器に入れる「前発酵」で作られます。

一方、固形ヨーグルトは、容器に入れてから発酵させる「後発酵」で作られています。

【飲むヨーグルトの製造工程:前発酵】
1:発酵タンク内の温度を高く保ち、乳酸菌を活発に働かせる
2:冷やしてから容器に入れる
【固形ヨーグルトの製造工程:後発酵】
1:ヨーグルトを容器に入れる
2:発酵タンク内の温度を高く保ち、乳酸菌を活発に働かせる

違い➁ 原材料・成分が違う

飲むヨーグルトと固形ヨーグルトの違いの2つめは、原材料・成分です。

長谷川ろみ
最初に固形ヨーグルトを作って水で薄めているわけではないんです。

実際に同じメーカーの飲むヨーグルトと固形ヨーグルトの原材料(※2)を比べてみましょう。

まずは、免疫力を高めると話題のヨーグルト「明治プロビオヨーグルトR-1」です。

「明治プロビオヨーグルトR-1」には通常の固形ヨーグルトタイプとドリンクタイプの2種類があります。

100gあたりのエネルギー(カロリー)やタンパク質量は大きくは変わりませんが、ドリンクタイプのほうが脂質が低いのが特徴です。

長谷川ろみ
水分量が多いからあたりまえと言えばあたりまえかな…?
R-1

R-1R-1 ドリンクタイプ
種類固形ヨーグルト飲むヨーグルト
エネルギー89kcal76kcal
3.9g3.6g
脂質3.4g0.67g
炭水化物10.8g13.9g
食塩相当量0.13g0.12g
カルシウム138mg129mg
原材料生乳(国産)、乳製品、砂糖/甘味料(ステビア)乳製品(国内製造又は外国製造)、ぶどう糖果糖液糖、砂糖/安定剤(ペクチン)、甘味料(ステビア)、香料、酸味料

大きく違うのは、甘味料の種類です。

固形ヨーグルトは「砂糖/甘味料(ステビア)」ですが、飲むヨーグルトは「ぶどう糖果糖液糖、砂糖/安定剤(ペクチン)、甘味料(ステビア)」が使われています。

飲むヨーグルトは飲みやすさを重視している商品が多く、固形ヨーグルトと比べると甘さが強いことが多いのと、酸味料や香料などの調整が加えられることも多いという特徴があります。

長谷川ろみ
固形ヨーグルトのほうが材料はシンプルになりがちです。

もうひとつ、「明治ブルガリアヨーグルト」もみてみましょう。(※3)

長谷川ろみ
明治ブルガリアヨーグルトの脂肪0タイプは、固形ヨーグルトと飲むヨーグルトの両方のタイプがあるので比べてみます。
ブルガリアヨーグルト
明治ブルガリアヨーグルト脂肪0明治ブルガリアヨーグルト脂肪0
種類固形ヨーグルト飲むヨーグルト
エネルギー40kcal56kcal
4.1g3.1g
脂質0g0g
炭水化物5.9g10.9g
食塩相当量0.12g0.10g
カルシウム121mg114mg
原材料乳製品(国内製造又は外国製造)、乳たんぱく質乳製品(国内製造)、ぶどう糖果糖液糖、砂糖/安定剤(ペクチン)、香料

明治ブルガリアヨーグルト脂肪0は、同じ「脂肪0」をうたっている商品ではありますが、固形ヨーグルトは無糖なのに、飲むヨーグルトには糖類が入っています。

長谷川ろみ
だから炭水化物が倍ぐらい違うんですね。パッケージをみると、無糖かどうかそんなに目立つように書かれてないのに…似ているようで全然似てないのがおもしろいですね。

飲むヨーグルトに含まれている甘味料は、「ぶどう糖果糖液糖、砂糖」です。飲むヨーグルトにはよく「ぶどう糖果糖液糖」が含まれている印象があります。

違い➂ 味や食感が違う(プレーンタイプが少ない)

飲むヨーグルトと固形ヨーグルトの違いの3つめは、味や食感です。

固形ヨーグルトではよく見る「プレーンヨーグルト」は、飲むヨーグルトでは少なく、なかなか出会えません。

プレーンタイプ
=砂糖・香料・安定剤などを使用していないヨーグルトのこと。
長谷川ろみ
飲むヨーグルトは、そのほとんどに甘味料や香料が含まれています。たまーに無添加のものがあるけど、かなり珍しいし、ちゃんと原材料のラベルをみないとなかなか探せません。

飲むヨーグルトは体に悪い&太ると言われる理由

飲むヨーグルトは、固形ヨーグルトと比べると、体に悪い・太るなどと言われることが多く、ダイエット中の方や健康に気を付けている方からは敬遠されがちです。

その理由は以下の3点です。

デメリット➀ 砂糖や甘味料の含有量が多いから
デメリット➁ 無添加の飲むヨーグルトを探すのが難しいから
デメリット➂ 手軽すぎて飲みすぎる可能性が高いから

一つずつ見ていきましょう。

デメリット➀ 砂糖や甘味料の含有量が多いから

飲むヨーグルトは、固形ヨーグルトと比べると、砂糖や甘味料の含有量が多いというデメリットがあります。

もちろん無糖・甘味料なしの商品もありますが、かなり注意して探さないと巡りあえません。

一方、固形ヨーグルトの場合は、スーパーやコンビニに行けば、何かしら1種類は無添加のヨーグルトと出会うことができるでしょう。

適量を飲むだけなら問題ないかもしれませんが、飲むヨーグルトを毎日飲む習慣がある人も多いので、どんな甘味料が入っているのかは注意しておく必要があります。

特に飲むヨーグルトによく使われる「ぶどう糖果糖液糖」は、腸内環境に影響を与えると言われる「異性化糖」の一種です。

異性化糖
=血糖値を上げやすい果糖やブドウ糖が主成分の糖
ぶどう糖果糖液糖
=果糖含有率が50%未満のもの
果糖ぶどう糖液糖
=果糖含有率が50%以上90%未満のもの
高果糖液糖
=果糖含有率が90%以上のもの
長谷川ろみ
異性化糖は、清涼飲料水とかソース、ドレッシングなどの加工食品に含まれ、腸内環境を乱すことが知られています。


飲むヨーグルトが体に悪い&太ると言われやすいのは、甘味料の多さを心配する口コミが多そうです。

飲みすぎないように管理するか、無糖のものを選んで、自分で甘さを調節するのがかしこい飲むヨーグルトの飲み方かもしれません。

デメリット➁ 無添加の飲むヨーグルトを探すのが難しいから

飲むヨーグルトは、固形ヨーグルトと比べると、乳素材だけを使用したプレーンタイプを探すのがとても難しいというデメリットがあります。

甘味料や添加物を避けて、なるべくシンプルな飲むヨーグルトを探そうとしても、1件目のスーパーでは出会えないというケースは珍しくありません。

ヨーグルトは料理に使うことでカロリーダウン、タンパク質アップなどが可能であり、使い方によっては健康的な食生活をサポートしてくれますが、飲むヨーグルトはそもそも加糖タイプが多いので、使い方には注意が必要になります。


飲むヨーグルトが体に悪い&太ると言われやすいのは、このアレンジの難しさも関係しているかもしれません。

デメリット➁ 手軽すぎて飲みすぎる可能性が高いから

飲むヨーグルトは、固形ヨーグルトと比べると、おいしくて飲みやすく、手軽すぎて飲みすぎてしまうというデメリットがあります。

長谷川ろみ
飲むヨーグルトって、毎日必ず飲んでるファンが多いよね!

体に合っていればよいのですが、日本人には乳糖不耐症という乳製品を上手く分解できない方も多くいらっしゃいます。

実はあまり合っていないのに毎日飲み続けてしまうケースも、より手軽な飲むヨーグルトファンにありがちです。


長谷川ろみ
飲むヨーグルトを飲んでお腹を壊すという時点で、あまり体に合っていない可能性も…。笑 ただの食べ過ぎの可能性もあるけど、気になる人はちゃんと検査してみるのもありかもです。


長谷川ろみ
スッキリしない場合は、遅延性アレルギーの可能性も…。乳製品はアレルギーも多いので、ちょっと心配です。

\ダイエットも医師に相談する時代!ストレスなく科学的にヤセよう(^O^)/
》》メディカルダイエットの詳細はコチラから

飲むヨーグルトの効果は?(口コミ付き)

飲むヨーグルトは、固形ヨーグルトに比べると注意が必要な場面が多い反面、体質に合う人にとっては腸内環境を整える強い味方です。

メリット➀ 場所を選ばずどこでも飲める
メリット➁ 便秘解消効果/美肌効果がある
メリット➂ 安眠効果がある

一つずつ見ていきましょう。

メリット➀ 場所を選ばずどこでも飲める

飲むヨーグルトのメリットとして、いちばん大きいのはやはり場所を選ばずにどこでも気軽に飲めることでしょう。

スプーンを使わなくても、外出先でも、気軽に乳酸菌が摂取できます。

固形ヨーグルトではこんなに簡単には行きません。飲み忘れることも多くなるので、何か腸に良いことが起こっていても、体感できるまでには時間が必要です。

しかし、飲むヨーグルトのメリットである「手軽さ」は、ヨーグルトを習慣的に摂取しやすくなります。

長谷川ろみ
ここから先のメリットは、固形ヨーグルトのメリットとほぼ同じです。でも、飲むヨーグルトのメリットの「手軽さ」との相乗効果で体質によっては効果が出やすい人も多いかも!

メリット➁ 便秘解消効果/美肌効果がある

飲むヨーグルトと固形ヨーグルトの共通のメリットとして「便秘解消効果」が挙げられます。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内で有益な有機酸を作ってくれることで、腸内環境が整い、腸のぜん動運動が活発になります。

この働きが便秘の解消につながります。

便秘が解消するとニキビや吹き出物などの肌荒れも改善し、美肌に近づくことができるでしょう。

メリット➂ 安眠効果がある

飲むヨーグルトと固形ヨーグルトの共通のメリットとして「安眠効果」も挙げられます。

腸内環境が整うと体の生体リズムが整い、自律神経も正常化します。それが結果的に安眠しやすくなると言われています。

また、乳製品に多く含まれるトリプトファンは、幸せホルモン「セロトニン」や安眠ホルモン「メラトニン」を作るための材料になるため、心が安定したり、よく眠れるようになる可能性があります。

長谷川ろみ
ヨーグルトを習慣的に食べるようになったら、イライラしなくなったという人も多いですよね。

\コミュニティ・定例会参加で「発酵ライフ」を楽しく学ぼう(^O^)/
》》口コミ・体験談はコチラからチェック!

飲むヨーグルトの効果的な飲み方

飲むヨーグルトは、飲みすぎると糖分の採り過ぎになりやすいので、自己管理の徹底が必須です。

効果的に飲むヨーグルトを摂取するなら、飲み方もきちんと管理しましょう。

飲み方➀ 1日の摂取量を決める
飲み方➁ なるべく無糖・無添加を選ぶ

飲み方➀ 1日の摂取量を決める

飲むヨーグルトは手軽で飲みやすいので、あらかじめ1日の摂取量を決めておきましょう。

おすすめなのは、「1日コップ1杯まで」と決めてしまうことです。

だらだら飲み続けると、糖質の採り過ぎになってしまう可能性があるので注意しましょう。

また飲むタイミングは、固形ヨーグルトと同じで問題ありません。

\固形ヨーグルトの一日摂取量はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

飲み方➁ なるべく無糖・無添加を選ぶ

飲みやすく美味しい飲むヨーグルトですが、糖質や添加物が多いのは認めざるをえません。

なるべく無糖・無添加を選んで、はちみつや米麹甘酒などビタミンや栄養素が多めの甘味料を少し加えるなど、自分なりのアレンジを加えるのがおすすめです。

\コミュニティ・定例会参加で「発酵ライフ」を楽しく学ぼう(^O^)/
》》口コミ・体験談はコチラからチェック!

まとめ:飲むヨーグルトの効果・メリット・デメリットは?体に悪い&太る理由

飲むヨーグルトとは、一般的な固形ヨーグルトとは異なり、飲み物として飲むことができるドリンクタイプのヨーグルトのことを指します。

飲むヨーグルト
=飲むことができるドリンクタイプのヨーグルトのこと
=固形ヨーグルト(食べるヨーグルト)に対して使われる言葉

飲むヨーグルトはただ固形ヨーグルトを薄めて作っているわけではありません。

飲むヨーグルトと固形ヨーグルトの違いは大きく分けると3つあります。

違い➀ 製造過程と発酵方法が違う
違い➁ 原材料・成分が違う
違い➂ 味や食感が違う(プレーンタイプが少ない)

飲むヨーグルトは、固形ヨーグルトと比べると、体に悪い・太るなどと言われることが多く、ダイエット中の方や健康に気を付けている方からは敬遠されがちです。

その理由は以下の3点です。

デメリット➀ 砂糖や甘味料の含有量が多いから
デメリット➁ 無添加の飲むヨーグルトを探すのが難しいから
デメリット➂ 手軽すぎて飲みすぎる可能性が高いから

一方、飲むヨーグルトにはメリットもあります。

メリット➀ 場所を選ばずどこでも飲める
メリット➁ 便秘解消効果/美肌効果がある
メリット➂ 安眠効果がある

飲むヨーグルトは手軽に飲みやすく、固形ヨーグルトと同じ健康効果もあるので、きちんと管理すればダイエットや健康・美容をサポートしてくれるありがたい食材です。

くれぐれも飲み方には気を付けて、うまく活用しましょう。

飲み方➀ 1日の摂取量を決める
飲み方➁ なるべく無糖・無添加を選ぶ

また、腸内環境を整え、美と健康を保つためには、ヨーグルト以外の発酵食品も活用したいところです。発酵食品を体系的に学びたい場合は、発酵ライフアドバイザー養成講座もおすすめです。

資格取得者だけのコミュニティや勉強会では、発酵食品活用のコツも学べますよ。参考にしてみてね。


\コミュニティ・定例会参加で「発酵ライフ」を楽しく学ぼう(^O^)/
》》口コミ・体験談はコチラからチェック!

有資格者限定のオンライン発酵定例会勉強会を随時開催中

参考文献

(※1)ヒューマン・データ・ラボラトリ株式会社 ヨーグルトに関する調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000048466.html
(※2)明治プロビオヨーグルトR-1特設ページ
https://www.meiji.co.jp/dairies/yogurt/meiji-r1/product/
(※3)明治ブルガリアヨーグルト特設ページ
https://www.meijibulgariayogurt.com/product/
\固形ヨーグルトの一日摂取量はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/