甘酒の日持ち期間、冷凍OK期間はどのくらい?

スポンサードリンク

甘酒は、マクロビ食などではお砂糖の代わりに使われることもあるほど栄養たっぷり!飲むだけじゃなくていろいろな活用ができるので、作り置きしておくと便利なんですよね♪

ただ、お砂糖替わりなら、多少は日持ちしてくれないと活用が難しい・・・甘酒の日持ち期間が気になってきます。

甘酒を冷凍しちゃう手もあるのだけど、いったい甘酒冷凍OK期間はどのくらいなのかもきになります。

今回は甘酒の日持ち期間、消費期限を市販の甘酒、手作り甘酒、米麹甘酒、酒粕甘酒に分けてまとめてみました♪

甘酒の日持ち期間、市販甘酒の場合

市販の甘酒をお砂糖替わりにすることはないかもしれませんが、一度開封して、全部飲みきれなかった場合、みなさんはどうしていますか?

市販甘酒の場合、流通にも時間がかかっているハズなので、基本的にはパッケージに書かれた賞味期限を守るべきで、開封したらなるべく飲みきるようにと言われます。

実際に甘酒を作っている企業の日持ち期間に関する見解を調べてみました。

甘酒の日持ち期間1:市販&酒粕甘酒

酒粕甘酒の定番と言えば、森永さんの赤いパッケージが神々しい甘酒です♪(冷やし甘酒は青だけどw)

森永さんの場合、お問い合わせ窓口に以下のような説明がされていました。開封後は賞味期限に関係なく、

出来るだけお早めに(目安2~3日)

飲んでくださいとのことです。確かに、開封して空気に触れちゃったら、その保存環境によっては、あんまり保障できなくなりそう・・・

ホームページにはこんなQ&Aも載っていましたよ。

Q.1000mlを開封し、冷蔵庫で保管しておいたら、黒い異物が出てきたのですが?

A.甘酒は開封しますと 雑菌やカビの胞子などが容器に入り込むことがあります。冷蔵庫に保管しても、条件によって成長し、 異物と間違われることがあります。

開封後はお飲みになる分だけコップに注ぎ、すぐに冷蔵庫に戻して保管し、賞味期限に関係なく、出来るだけお早めに(目安2~3日)召し上がり下さい。

参考:http://www.morinaga.co.jp/contact/faq/detail/248

うん、開封したら早く飲みましょう。笑

森永製菓 甘酒 190g×30本
森永製菓 甘酒 190g×30本

posted with amazlet at 17.09.02
森永製菓
売り上げランキング: 1,363

甘酒の日持ち期間2:市販&米麹甘酒

最近よく売っているマルコメさんの「プラス糀 米糀からつくった甘酒」ってご存知ですか?私はシンプルなお味でしつこくないので好きです。さらさらしているので、アレンジもしやすいです。

こちらの場合、開封後に関してはコメントなしです・・・。やっぱり「出来るだけお早目に!!!というのが企業側の強い気持ちのよう。

▼プラス糀 米糀からつくった甘酒
賞味期限(開封前):メーカ製造より10か月
賞味期限(開封後):記載なし

参考:パッケージより

私も市販のものに関しては、もともと小さい飲みきりタイプしか買わないので一度開けたら2~3日中には飲むようにしています。

どうしても取っておきたい方は冷凍保存することもできなくはないですが、開封したら早めに飲み終えることが基本となります。

マルコメ プラス糀 米糀からつくった糀甘酒 125ml×18本
マルコメ (2015-07-11)
売り上げランキング: 248

市販甘酒の日持ち期間が短くなっている?!

甘酒の種類が増えて、人気が高まるにつれ、市販の甘酒の中でも日持ち期間が短いものが増えてきました。

これまで、市販の甘酒の賞味期限は、未開封だとだいたい1年間と、とても長い印象があったのですが、最近甘酒は短いものも多いです。

この違いはどこにあるかわかりますか?

この日持ち期間の違いの理由の1つは、

保存料や添加物の有無

が挙げられます。

甘酒って健康志向の方が飲む場合が多いので、保存料や添加物が使われていない、原材料が米麹だけの商品もとても多くなってきましたよね。

スポンサードリンク

保存料や添加物が入っていない分、日持ち期間は短くなっています。逆に日持ち期間が長いものは、何かしらの保存料や添加物が含まれている可能性が高いので、自分が何を選ぶのか、意識することも大事です。

甘酒の選択肢が増えたのは、うれしいことですね♪

八海山 麹だけでつくったあまさけ 825g x 3本
八海山
売り上げランキング: 2,957

甘酒の日持ち期間、手づくり甘酒の場合

さて、ここからは手づくり甘酒の日持ち期間をみてみましょう。

市販よりもっと難しいのが手づくり甘酒の場合です。飲む分だけ作るのが基本ですが、さすがに毎日作るのは大変なので、数日分作る方も多いと思います。

手づくり甘酒の場合は、どうやって保存するかによってもその日持ち期間が大きく変わってきますよ♪

基本的な保存方法は?

手づくり甘酒は、基本的に以下の2つの方法があります。

冷蔵
冷凍

冷蔵よりも冷凍の方が長期間保存できます。

1週間以内に飲みきれない可能性がある場合は、冷凍しておくのも1つの手です。一般的に冷凍すれば、日持ち期間は3か月ぐらいだと言われています。

発酵食で腸からHAPPINESSさんに保存方法ごとの日持ち期間の目安が掲載されていました!わかりやすい~♪

冷蔵保存の場合、
米麹甘酒(火入れしている):1ヶ月
米麹甘酒(火入れしていない):1週間

酒粕甘酒(火入れしている):1週間
酒粕甘酒(火入れしていない:3日
となります。

参考:http://cocoaru.net/6514

酒粕甘酒のほうが、米麹甘酒よりも日持ち期間の目安が短いので注意が必要です。

甘酒を日持ちさせる「火入れ」とは?

甘酒を日持ちさせたい時に行う方法の1つが「火入れ」です。市販の甘酒などは、すでに流通させるときに「火入れ」をしているのがほとんどです。こうすると日持ちしますからね♪

火入れ
=完成した甘酒を一煮立ちさせること

一煮立ちさせれば、雑菌が繁殖しにくくなります。

でも、個人的にはあんまり手づくり甘酒を火入れするのはおススメしたくないんです。

なぜなら、せっかくの発酵や酵素の働きを止めてしまうから・・・60~70度になると麹菌は死んでしまうし、酵素も働かなくなってしまうので、せっかくの手づくり甘酒の良さが失われてしまう・・・。

火入れはどうしても必要な時だけにしてもらえるとありがたいです。笑

甘酒を冷凍して日持ち期間を伸ばす方法

冷凍する時に気をつけないといけないのは、1回分に小分けする方法です。使う度にいちいち全部解凍していたら、日持ちは悪くなるので、小分けは絶対です。

▼小分け方法1:製氷皿
普段氷を作っている製氷皿を使うとコンパクトに甘酒が分けられます。この大きさだとお料理にも使いやすくておススメです。

煮物などに凍ったまま、ぽんと入れるだけでいいのでラクちんですよ♪

▼小分け方法2:ジップロックなど
お料理よりもやっぱりそのまま飲みたい方は、コップ一杯分をジップロックに入れて冷凍するのもおススメです。解凍する時は火入れはしないで自然解凍のほうが、冷凍する前の甘酒とあまり変わりがない状態で飲むことができます。

ただ冷凍したとしても、甘酒は早めに飲みきってほしいな。私は1ヶ月以内には飲むようにしています。

甘酒の日持ち期間はどのくらい?まとめ

市販の甘酒も手づくりの甘酒も、基本的には日持ちさせることを考えないでなるべく早く飲んだ方がよいに決まっています。

でもどうしても飲めない場合、またはお料理などに使いたくて保存が必要な場合は、米麹甘酒なのか、酒粕甘酒なのか、市販の甘酒なのか手づくりの甘酒なのかによって、保存方法を検討してみてはいかがでしょうか?

・酒粕甘酒は、米麹甘酒に比べて日持ち期間がかなり短いので注意が必要

・市販の甘酒は、開封しなければパッケージ書いてある日持ち期間を守って飲む(比較的長くもつ)

・市販の甘酒を開封してしまった場合は、2~3日中に飲みきるか、冷凍保存も検討する

・手づくり甘酒は1週間以上保存したい時は、冷凍がおススメ。製氷機やジップロックを使って小分けにして自然解凍で使うのがベスト

・手づくり甘酒の火入れは、日持ちさせたければ必要ではあるが、せっかくの手づくりの良さがなくなるので、あんまりおすすめはしない

甘酒の日持ち期間は、甘酒を習慣的に飲む場合にとても重要な問題になってきます。甘酒習慣の参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。