具なし味噌汁、意味あるの?ファスティングに使えるってほんと?栄養・効果効能・作り方を解説します!

【この記事で解決できるお悩み】
・具なし味噌汁がモデルさんの間で人気!なんでなの?
・具なし味噌汁の栄養素は?
・具なし味噌汁のかんたんな作り方もおしえて

長谷川ろみ

この記事では、こんなお悩みを解決します!

モデルでタレントの梨花さんもよく飲んでいると公言されている、具なしみそ汁。

食べ過ぎた日の夜やファスティングの調整食として重宝されています。

「みそ汁クレンズ」っていう言葉もあるほどらしい!笑

今回は具なしみそ汁の作り方や効果をまとめてみました!

長谷川ろみ

この記事を書いた人:
腸活研究家 長谷川ろみ
発酵食品にハマり、ダイエットなしで12㎏減。痩せたことをきっかけに腸を愛でる生活に目覚める。重度の便秘から解放され、腸活研究家として活動開始。今では発酵ライフ推進協会通信校校長を務め、昔の自分と同じ悩みを持つ方に向けて腸や菌のおもしろさを発信中。詳しくはこちら

発酵を体系的に勉強したくなったら…
発酵ライフ推進協会オンライン校へ


\無料講師講座などサポートいっぱい (*´ω`*)/

》》発酵資格講座の詳細をみる

目次

具なしみそ汁とは?

具なしみそ汁とは、具を入れず、だしやみそだけで作ったみそ汁のことです。

食べ過ぎておなかが重く食べたくないときでも、カラダを温めてくれるだけでなく、味噌に含まれる栄養素をたっぷりととることができます。

また、おなかがすいて我慢ができないときにもおすすめ!お菓子を食べるよりも、低カロリーな汁物を飲むほうが、おなかが落ち着いて、満足感も得られます。

具なしみそ汁、なぜ人気?

最近注目されている具なしみそ汁ですが、なぜ人気が高まっているのでしょうか?

その背景にはどうやらおしゃれダイエット疲れがあるようなんです。笑

グリーンスムージーなどのビタミンたっぷりのジュースを毎朝作るのは結構面倒。

それに人によっては、体を冷やしてしまって、いまいち効果が得られないという方もいます。

私たち日本人の腸内環境にあっているのは、やっぱりお味噌汁なのでは?

と考えるようになって、温かく、ミネラルやアミノ酸、ビタミンがいっぱいの味噌汁のほうが続けやすいとおっしゃる方も多いようですね。

具なしみそ汁の栄養素

具なしみそ汁は、具がないので、ほぼ味噌の栄養素と同じです。味噌の栄養を温かいお湯とともにいただくので、カラダも温まって一石二鳥。

味噌には大豆由来のタンパク質がたっぷり含まれているだけでなく、大豆の栄養素を麹菌がもつ酵素のチカラで分解され、もともと大豆には含まれていなかったたくさんの栄養素が生まれます。

必須アミノ酸8種すべて
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンE
ビタミンK
ナイアシン
葉酸
パントテン酸
ピオチン
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム

亜鉛
食物繊維など・・・

腸内環境を整えてくれるだけでなく、カラダの代謝をよくしてくれたり、という効果が期待できるのです。

具なしみそ汁の口コミ

やっぱり定番はファスティングとの組み合わせのようです。
https://twitter.com/irie_orange/status/887099067494391809

具なしみそ汁、おなかがすいたときにもいいよね。私もやってます。
https://twitter.com/naapon/status/905128421201547265

2歳のおこちゃまも好きなんて、日本人ですな~♪
https://twitter.com/akr1100/status/884019828712890368

https://twitter.com/iam_m__p/status/916201137669156864

具なしみそ汁の作り方レシピ

ではここからは、具なしみそ汁の作り方をみてみましょう♪

材料

昆布だし 350ml
味噌 大さじ1

できればだしは昆布だしがベスト。

かつおぶしもよいのですが、動物性たんぱく質は消化に時間がかかるので、ファスティングの際には向かないとおっしゃる専門家の方もいます。

作り方

昆布だし 350mlをあたためながら、ゆっくりと味噌をとくだけ。

もはや料理とは言えないぐらい簡単ですね。

まとめ:具なしみそ汁の作り方レシピ

具なしみそ汁は、日本人の体質には合う可能性が高い、栄養ドリンクです。:

カラダが冷えやすい方、ファスティングをしている方、ダイエットをしている方は、1つの選択肢として「具なしみそ汁」を活用してみるのはいかがでしょうか?

グリーンスムージーよりも材料の値段が安く、作り方も簡単!

気になる方は、ためしてみてね。

工藤孝文先生

この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 
詳しくはこちら>

目次