手作り味噌の失敗例と失敗しない作り方!水っぽい、パサパサ、発酵しすぎ…コレって失敗?!

手づくり味噌失敗例

【この記事で解決できるお悩み】
・手作り味噌のキットで作ったのに、白いカビが!
・言われた通りに作ったのに、なんかパサパサ…。
・手作り味噌、コレって失敗?失敗例や判断基準をおしえて

長谷川ろみ

この記事では、こんなお悩みを解決します!

手作り味噌は、市販の味噌に比べると香りが芳醇で、食欲をそそります。

さらに、仕込みや発酵の過程も楽しく、保存料も無添加で安心なので、家族そろって味噌づくりにハマるケースも多いのだとか。

しかし、市販の味噌ではあまり見ないトラブルにびっくりし、せっかく手作り味噌を仕込んだのに「完成した味噌が想像と違った!」とがっかりしている人も多いようです。

そこで今回は、手作り味噌の失敗例と失敗しない作り方を徹底解説!味噌づくりをする際に良くある質問も整理してみました。

長谷川ろみ

この記事を書いた人:
腸活研究家 長谷川ろみ
発酵食品にハマり、ダイエットなしで12㎏減。痩せたことをきっかけに腸を愛でる生活に目覚める。重度の便秘から解放され、腸活研究家として活動開始。今では発酵ライフ推進協会通信校校長を務め、昔の自分と同じ悩みを持つ方に向けて腸や菌のおもしろさを発信中。詳しくはこちら

発酵を体系的に勉強したくなったら…
発酵ライフ推進協会オンライン校へ


\無料講師講座などサポートいっぱい (*´ω`*)/

》》発酵資格講座の詳細をみる

目次

結論!手作り味噌の失敗例は多くない。失敗ではない可能性も…?

手作り味噌は、基本的には失敗しません。

困った人
ええ?!嘘だぁ。こんなに表面が白くなっているのに?
長谷川ろみ
市販の味噌とは違うかもしれないけど、ちゃんと発酵している証拠の場合もあるよ。そして失敗しそうでもリカバリーが可能な状態も少なくないの。だから、手作り味噌の失敗の定義ってちょっと難しいんです。

基本的には失敗がない手作り味噌ですが、もちろんおいしくできないことはありえます。

まずは、手作り味噌の状態を以下の2つのケースに分けてみましょう。

➀失敗=美味しくない、食べにくいなど
➁失敗ではない=市販の味噌とは違うだけ。大きな問題ではなく、リカバリーが可能など
長谷川ろみ
手作り味噌が失敗するケースとその原因・解決策を最初に整理しておくと、びっくりすることが減って、さらに味噌づくりが楽しめそう!

失敗例➀ 発酵が進まない

手作り味噌の失敗例の1つ目は、発酵がなかなか進まないケースです。

とても珍しいですが、仕込んだ味噌の状態がいつまでたっても変わらない場合があります。

味噌は米麹と大豆と水が主な材料なので、以下の2つの問題が考えられます。

➀なんらかの理由で、米麹の分解力が弱くなっている
➁なんらかの理由で、大豆が分解しにくくなっている
長谷川ろみ
なかなか発酵してくれないケースは米麹に含まれる麹菌がのんびりなんだなぁと納得して、ほおっておくしかないです。笑 なるべく早く発酵が進むように、仕込みの段階でやっておくことがあるので、「失敗しない作り方のコツ」のパートで説明しますね。

失敗例➁ 水分が足りない

手作り味噌の失敗例の2つ目は、水分が足りず、味噌が硬かったり、パサパサとした食感が目立つケースです。

パサパサしているだけなので、市販の味噌と同じように食べることはできます。

しかし、味噌汁などの料理に使う時に適量に分けたり、溶かしたりしずらく、使う分量が多すぎてしまったり、逆に少なすぎてしまう可能性があります。

料理をおいしく作りにくいという意味では、味噌の水分量はとても大切です。

長谷川ろみ
食べられないわけではないので、失敗とは言いにくいかもしれませんが、料理がおいしくなくなることも考えて、いちお失敗例に入れてみました。

失敗例➂ カビが生えた

手作り味噌の失敗例の3つ目は、カビが生えてしまうケースです。

手づくり味噌には、多少のカビはつきものです。

長谷川ろみ
わたしも最初にカビを見た時はかなりびっくりしたけど、表面にちょっとカビが見えるくらいなら良くあることです。味噌蔵で作られる市販の味噌だってカビが発生するのは日常茶飯事なんですよ。

表面のカビは、繁殖エリアが大きくならないうちにスプーンなどですくって捨てましょう。

容器のふちのあたりはカビが発生しやすいので、空気が触れないように注意したり、アルコールを吹きかけるなどの管理が必要です。

カビの大量発生はさすがに無視できないので、場合によっては捨てたほうがよいという意味で、失敗例に入れています。

2月に行った味噌仕込みWSの参加者の方からカビ発生の報告。黒カビは本当によくあることなので取ってしまえば問題無しです。面白いことにお子さんが一緒に参加した方はカビ発生率100%。子供の手の常在菌は発酵に良くそしてカビにも影響?この違いはもっと知りたい。 pic.twitter.com/2WXmigsmVN

— テキサスアユミ|ドットミソ代表 (@texas_ayumi) May 2, 2022

失敗例➃ セメダイン臭がする

手作り味噌の失敗例の4つ目は、セメダイン臭がするケースです。

ボンドのような、シンナーのような、セメダインのようなつんとした薬品の臭いがしたら、もうなかなか食べる気にはならないかもしれません。

セメダイン臭の原因は、大量にアルコール発酵したことで「酢酸エチル」という物質が多く発生しているからです。

長谷川ろみ
セメダイン臭はぎょっとします…。いい匂いじゃないとあまり食べたくなくなるから、こちらは代表的な失敗例の1つかも…!

失敗例➄ 納豆臭がする

手作り味噌の失敗例の5つ目は、納豆臭がするケースです。

仕込みの際に納豆菌が入ってしまうと、納豆臭がする味噌ができてしまう可能性があります。

納豆の臭いがイヤな場合は、仕込み時期は納豆を食べないようにするなど、納豆菌を避けなければいけません。

\手作り味噌が気になる人はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/


▲目次に戻る▲

リカバリー可能!手作り味噌の失敗ではない例

一見失敗例だと思いきや、市販の味噌と違うだけで失敗例とは言いにくいケースもあります。

ケース➀ 味噌の色が濃い(ほとんど真っ黒)
ケース➁ 水っぽい
ケース➂ 白カビ(?)らしきものが繁殖
ケース➃ 麹の粒が残ったまま

一つずつ見ていきましょう。

ケース➀ 味噌の色が濃い(ほとんど真っ黒)

手作り味噌は、味噌の色がかなり濃く、場合によって真っ黒になるケースがあります。

これは、メイラード反応と呼ばれる現象です。

メイラード反応
=糖とタンパク質が加熱などによって反応するとみられる
=褐色成分(メラノイジン)が生み出されること

味噌のメイラード反応は、材料の大豆と米麹に含まれる糖とタンパク質が発酵の過程で反応しているために起こります。

そのため、以下の場合に色が濃い味噌ができやすくなります。

・大豆の洗い方が甘い(水にタンパク質が流れ出ていない)
・大豆に含まれるタンパク質が多い
・気温が高いなど

メイラード反応を活性化させる理由はいろいろありますが、味噌の品質には問題ありません。

むしろ、褐色成分(メラノイジン)は抗酸化作用が高いので、健康効果が期待できます。

4月に天地返しした大豆の味噌
均一にメイラード反応していい香りです♪塩分多めで長く常温保存できる赤味噌の出来上がり。長期熟成させながら、少しずつ少しずつ頂きます☺︎#大豆アレルギー pic.twitter.com/j2n62EfWhk

— ∞地球人∞ (@chikyujin701) August 30, 2018

\メイラード反応が気になる人はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

ケース➁ 水っぽい

手作り味噌は、表面に醤油のようなものが溜まってしまうケースがあります。

これを「たまり」と呼びます。

たまり(味噌たまり)
=発酵中に分離した液体

たまりは悪いものではありません。

むしろ、手作り味噌の表面にカビが生えるのを防いでくれる効果があるので、そのままにしておくことをおすすめします。

気になるようであれば、味噌の中に混ぜ込んでしまっても問題ありません。

\薄口醤油が気になる人はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

ケース➂ 白カビ(?)らしきものが繁殖

手づくり味噌への勘違いで良くあるのは、味噌の表面に生える「産膜酵母」とカビと間違えるケースです。

産膜酵母
=酵母菌の一種で、白い膜を作る

白カビの場合は、緑の部分が混ざっていたり、膜というよりはクレーターのように次々と発生します。

そして見た目もふわふわしています。

長谷川ろみ
産膜酵母はふわふわしておらず、本当に膜っぽいんですよ。うん。産膜酵母は表面をすくって捨てるか、混ぜ込んでしまっても大丈夫です。

酒粕で蓋してなかった方の味噌、カビと産膜酵母が広がってきた…🥺でも下は超無事、麹菌すごい。表面削って天地返しして味見したら、しっかりお味噌の味が…!

去年の手前味噌も残り少ない。秋の仕上がりが楽しみだなあ✨ pic.twitter.com/sTvDDlMD2r

— ヒラヤマヤスコ(おかん) (@hirayama_okan) June 30, 2019


また、産膜酵母とは別で味噌の表面につぶつぶが出来ることがあります。

これはアミノ酸のチロシンで、もちろんそのまま食べられますし、順調に発酵が進んでいる証拠です。

味噌チラッみてたらチロシンでてた、よきよき pic.twitter.com/GkYio9Ofyk

— あきお (えっけ)2期 (@akiooom) March 13, 2022

ケース➃ 麹の粒が残ったまま

手づくり味噌への勘違いで良くあるのは、麹の粒が残ったままでびっくりするケースです。

一般的な市販の味噌は、出来上がった味噌をすりつぶした「すり味噌」です。

(一部、粒が残ったまま市販されている「こうじ味噌」や「粒味噌」もあります)

すり味噌=出来上がった味噌をすりつぶしたなめらかな味噌
こうじ味噌=出来上がった味噌をそのまま使っている味噌(粒は残したまま)
長谷川ろみ
はじめて手作り味噌を作った人は、「え!粒が溶けない!」ってびっくりするかもしれません。でも本当はこの粒が残った状態があたりまえです。つぶつぶが嫌いな方は、フードプロセッサーにかけて食べてもOKです。
\手作り味噌、作った後困らないためにこちらの記事もみてね(*´▽`*)/


▲目次に戻る▲

手作り味噌の失敗しない作り方のコツ

手づくり味噌の失敗例は少ないですが、できることなら以下のケースは避けたいところです。

失敗例➀ 発酵が進まない→コツ➀ 発酵を順調に進めるには?
失敗例➁ 水分が足りない→コツ➁ パサパサにならないためには?
失敗例➂ カビが生えた→コツ➂ カビを生やさないためには?
失敗例➃ セメダイン臭/納豆臭がする→コツ➃ 異臭を避けるためには? 

これらを避けるコツを一つずつ見ていきましょう。

コツ➀ 発酵を順調に進めるには?

発酵しずらくなってしまう理由として考えられるのは、以下の3点です。

➀麹の質が悪い

麹に含まれる酵素が弱っていると、糖やタンパク質を分解することができず、十分に発酵が進みません。

古すぎる麹を使っていたり、冷凍庫で長期間保管して麹が焼けてしまっている可能性があります。

一般的には、生麹は冷蔵庫で2~3週間以内、乾燥麹は3~5か月程度が賞味期限です。

もちろん冷凍保存をすればもっと持ちがよくなりますが、手づくり味噌を作るなどの酵素の働きが重要な場合は、なるべく酵素が元気なうちに使いきりましょう。

➁大豆と麹を混ぜるタイミングが悪い

手づくり味噌は、大豆を柔らかく煮るところからはじまります。

煮あがったばかりの熱い大豆を麹と混ぜてしまうと、麹に含まれる麹菌が死滅してしまう可能性があります。

麹菌=60℃以上で死滅
煮あがり大豆=60℃以上の可能性が高い

大豆が煮あがったら、人肌程度まで冷めてから混ぜるようにしましょう。

➂大豆と麹を混ぜた後の大豆のつぶし方が不十分

無事に冷めた大豆と麹を混ぜることができたら、大豆をしっかりつぶしましょう。

大豆の豆粒が残ったままになっていると、麹菌の分解力が強くないと発酵スピードが遅くなります。

コツ➁ パサパサにならないためには?

水分量が少なく、パサパサな味噌になってしまう理由として考えられるのは、以下の2点です。

①大豆の吸水時間が不十分

材料の大豆は、煮る前に吸水しておく必要があります。

一般的な吸水時間は18時間程度で、この時の水の量によって、出来上がりの味噌の水分量が変わると言っても過言ではありません。

少し多めぐらいのほうが、仕込みの豆をつぶす作業も柔らかくてやりやすいのでおすすめです。

②大豆を煮る時間が不十分

大豆を煮るときに、簡単に指でつぶせるぐらいまで柔らかく煮る必要があります。

また仕込みの時の味噌玉の柔らかさも影響しています。麹と大豆を混ぜて味噌玉を作る時にひび割れしているくらいだと、少し水分量が足りません。

柔らかい耳たぶぐらいの硬さになるまで水分量を調整すると、味噌の水分量がちょうどよくなります。

コツ➂ カビを生やさないためには?

手づくり味噌にカビが生えてしまう理由として考えられるのは、以下の2点です。

➀塩が不十分

塩は腐敗菌が寄ってこないようにするためのバリアのようなもの。

塩の量が足りないと、腐敗菌が増殖します。

塩分ひかえめの味噌を作りたいからと言って、塩分濃度を低くする方もいらっしゃいますが、その分腐敗しやすくなるので、高度な管理スキルが必要になります。

\みその塩分が気になる方はこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

➁空気に触れてしまっている

カビは空気のないところには生えません。

仕込みの時に容器が割れていて空気が入る場所はないかチェックするとともに、表面にも空気が触れないように注意する必要があります。

容器に隙間ができないようにするために大きな容器で作る場合は、必ず重石を乗せましょう。

小さいジッパー付きのポリ袋などで作る場合は、しっかりと空気を避けるように封をしましょう。

コツ➃ 異臭を避けるためには?(セメダイン臭・納豆臭など) 

手づくり味噌から異臭がする理由として考えられるのは、カビが生える理由と同じく、麹菌以外の雑菌が混ざってしまっているからです。

塩を十分に混ぜて、空気に触れないように容器を管理しましょう。

また、納豆に関しては、仕込みの前後は食べないようにすることもおすすめです。実際に日本酒蔵で日本酒を仕込む杜氏は、納豆を食べないそうです。

納豆菌はとても強いので、管理が適当だと麹菌がやられてしまいます。

長谷川ろみ
手作り味噌は難しくはないのですが、それぞれの工程を雑にやってしまうとそれだけ失敗の可能性が高まります。特に塩と空気には気を付けてね。
\発酵を体系的に学びたくなったらこちらの記事もみてね(*´▽`*)/

▲目次に戻る▲

まとめ:手作り味噌の失敗例と失敗しない作り方

手作り味噌は、基本的には失敗しません。

しかし、仕込み方法や管理方法が雑だとおいしい味噌ができないのも事実です。

よくある手作り味噌の失敗例は以下のとおりです。

失敗例➀ 発酵が進まない
失敗例➁ 水分が足りない
失敗例➂ カビが生えた
失敗例➃ セメダイン臭がする
失敗例➄ 納豆臭がする

また以下のケースは、一見失敗例のようにみえますが、失敗ではなくむしろ順調に発酵しているからこその変化の可能性が高い現象です。

ケース➀ 味噌の色が濃い(ほとんど真っ黒)
ケース➁ 水っぽい
ケース➂ 白カビ(?)らしきものが繁殖
ケース➃ 麹の粒が残ったまま

発酵を順調に進めるには、以下の3点に気を付けることを必要です。

➀麹の質が悪い
②大豆と麹を混ぜるタイミングが悪い
➂大豆と麹を混ぜた後の大豆のつぶし方が不十分

パサパサにならないためには、以下の2点に気をつけましょう。

➀大豆の吸水時間が不十分
②大豆を煮る時間が不十分

カビや異臭を回避するためには、以下の2点に気をつけましょう。

➀塩が不十分
②空気に触れてしまっている

参考にしてみてね。

発酵の仲間づくりやお仕事をするなら「発酵資格講座」

少し本気で発酵や腸活に取り組みたくなった方向けに、発酵ろまんでは、発酵ライフ推進協会とのコラボにて、発酵資格講座「発酵ライフアンバサダー」「発酵ライフアドバイザー」をご提供しています。

長谷川ろみ

発酵ライフ推進協会で、通信校のコンテンツプロデュースを担当しています。

・発酵を本格的に学びたい
・発酵仲間を作りたい
・発酵をお仕事&副業にしたい
・発酵を広める社会貢献活動がしたい

こんな方はぜひ、発酵資格講座のご受講をご検討ください。

長谷川ろみ

オンラインで時間や場所を選ばない通信講座なのに、今後の活動につながるサポートが満載なのは、発酵ライフ推進協会のオンライン校だけ!

\無料講師講座などサポートいっぱい(*´ω`*)/

》》講座の詳細をみる

発酵ライフ推進協会_発酵アドバイザー定例会
長谷川ろみ

有資格者だけの限定勉強会を定期的に開催!ずーっとマニアックな発酵が学べます。

発酵が気になる人

発酵食が好きだけど、教えたり、伝えたりしたいかどうかはまだわかんないな~

長谷川ろみ

学んでいるうちに伝える活動がしたいな~と思ったら、その時に講師養成講座を無料で受けられます。アシスタント体験制度で実務も体験できるから、いったん体験してみるっていうのもおもしろいよ。

\無料講師講座などサポートいっぱい(*´ω`*)/

》》講座の詳細をみる

▲目次に戻る▲

目次