ヨーグルトを冷凍したら乳酸菌は死ぬ?!Twitterで話題の冷凍ヨーグルトアイスの作り方

暑い夏が来ると、食べたくなるヨーグルトアイス!

Twitterで話題になってから、市販のマルチパックタイプのヨーグルトに棒を指すだけの、かんたん冷凍ヨーグルトアイスが、とても人気です。
 
実は私も棒は指してなかったものの、夏はヨーグルトを凍らせて食べてました。
 
でも、ネットではヨーグルトを冷凍したら乳酸菌が死んじゃうから、やらないって言っている人もいるんです。

果たして、乳酸菌は凍らすと死んでしまうのか?

今回は、ヨーグルトアイスの作り方から乳酸菌と冷凍の関係まで、まるっとまとめてみました。 

長谷川ろみ

この記事を書いた人:
腸活研究家 長谷川ろみ
発酵食品にハマり、ダイエットなしで12㎏減。痩せたことをきっかけに腸を愛でる生活に目覚める。重度の便秘から解放され、腸活研究家として活動開始。今では発酵ライフ推進協会通信校校長を務め、昔の自分と同じ悩みを持つ方に向けて腸や菌のおもしろさを発信中。詳しくはこちら

発酵を体系的に勉強したくなったら…
発酵ライフ推進協会オンライン校へ


\無料講師講座などサポートいっぱい (*´ω`*)/

》》発酵資格講座の詳細をみる

目次

乳酸菌は冷凍したら死ぬのか?

乳酸菌と一言にいっても、乳酸菌にはいろいろな菌がいます。この「乳酸菌」という名前は、あくまで「乳酸をつくることができる菌」と言う意味で、細かい種類をあげだすと、本当にきりがないぐらいいっぱいいるの。
 
「人間」もそうじゃないですか?
「人間」って一言にいっても、私もいるし、これを今よんでくれているみなさんもいます。笑
 
「乳酸菌」ってそういう、ひろーいくくりなんです。
 
だからね、寒さに比較的強い乳酸菌もいるし、空気がニガテな乳酸菌もいるしね、その特徴を言い出したら本当にきりがありません。だから、とりあえずここでは深追いしません。笑
 
とにかく、一般的な乳酸菌が冷凍すると死んじゃうかどうかという問題については、「死なないことが多いよ」っていうのが正解のように思います。
 
これについては、「明治ブルガリアヨーグルト」が人気の株式会社明治さんの広報部の方によるとこのように説明されています。明治さんの見解としては・・・
 

ヨーグルトの保存最適温度は0℃~10℃であり、0℃以下だと乳酸菌は活動休止状態となります。
 
0℃以下では乳酸菌は増殖も死滅もしません。ちなみに、乳酸菌は死滅しても腸内の善玉菌の餌となります、乳酸菌が生きた死んだは関係はありません。それよりも摂取の継続性が大切です。
参考:https://withnews.jp/article/f0150702002qq000000000000000W00o0601qq000012179A

 
だそうです♪
大事なのは死ぬか死なないかよりも、死んでても生きてても、人間の腸内環境においては、いい影響を与えてくれるんだよ~っていうことですよね。
 
ちなみに東京海洋大学の冷凍に関する研究の中で、乳酸菌を液体窒素凍結した実験があったのですが・・・
 

-20℃凍結では菌同士の凝集が激しく、生残率も大幅に低下していた。
参考:http://www2.kaiyodai.ac.jp/~toru/websuzuki/images/2016.FOOMA.pdf

 
あららら・・・無理やりな冷凍はまたちょっと違うのかもしれませんね。
 

そもそも乳酸菌は死んでてもいい!

重大なのはね、その乳酸菌が冷凍によって生きてるか、死んでるかではなく、死んでいても大丈夫であることを知ることだと思うの。
 
昔は絶対に「乳酸菌は生きていないといけない」と思われていたようなのですが、最近はちょっと見解が違ってきています。特に免疫力を強化する機能が高い種類の乳酸菌については、むしろ死んでいたほうがパイエル版のエサになりやすいことがわかっているの。
 

ところが、近年の研究により、乳酸菌はたとえ死んでしまっても、その菌体成分が小腸部分で働くということがわかってきました。小腸には、免疫機能を整えるパイエル板という重要な器官があります。
 
腸には体全体の6割から8割の免疫細胞が集まっており、この免疫細胞の働きは腸の健康・不健康と同調します。つまり、働きの悪い腸を持っていると、免疫細胞の働きも悪くなってしまうのです。
 
参考:http://yogurt.hatenablog.com/entry/2015/06/28/%E4%B9%B3%E9%85%B8%E8%8F%8C%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F

 
つまり、死んでても生きててもいいから、乳酸菌は取ったほうがいいよ~ってことなのです。
 

夏にぴったり!冷凍ヨーグルトアイスの作り方

乳酸菌が死んでても生きててもよいことがわかれば、話は早い♪
ヨーグルトを冷凍することに対して、抵抗はなくなりましたよね~?
 
では最近人気の冷凍ヨーグルトアイスを作ってみましょう。
これが普通のアイスよりもさっぱりとした甘さでおいしいってウワサなんだって。
 

材料

市販のマルチパックタイプのヨーグルト 1つ
割りばし 1本

作り方

1:マルチパックタイプのヨーグルトのふたを開けずに、そのままナイフで小さな穴をあけておく(穴をあけておくと、わりばしがまっすぐ入りやすいです)
 
2:小さな穴のところにまっすぐ割り箸を指して、冷凍する
 
3:かちかちに凍ったらできあがり

冷凍ヨーグルトアイスの口コミ

TwitterなどのSNSでは、ヨーグルトがシャーベットみたいになって美味しい!とか、乳酸菌も摂れるし、低カロリーでダイエットにいい!とかいろいろな意見があるみたい♪
 

プチヨーグルトアイスやってみた!真ん中に割り箸を刺す時、予め小さな穴を空けておかないと蓋がビリビリに…
 
ブルガリアはなめらか、ダノンはシャーベットっぽくなってどちらも美味しかった!
 
参考:https://withnews.jp/article/f0150702002qq000000000000000W00o0601qq000012179A
明治ブルガリアヨーグルト(ブルーベリー&4種のあじわいベリー)は、シャリシャリとした氷菓のような食感。甘さも一番控えめでさっぱりしています。ところどころ顔を出すベリーがおいしい。
 
対してダノンビオ(シチリア産レモン)はフローズンヨーグルトのイメージに近いまったりなめらかな口どけ。乳のコクをしっかり感じます。
 
ビヒダス(アロエ)の食感は両者の中間くらい。シャリシャリ感と乳のコクがバランスよく、一番アイスキャンディっぽい印象です。こちらのフレーバーはアロエも爽やかなアクセントになっていて◎。
 
参考:https://enuchi.jp/5899/how-to-make-yogurt-popsicle

 
ふむふむ♪いろんなフレーバーでやってみたくなりますね!
 

乳酸菌ヨーグルトアイスまとめ

これからの季節にピッタリな栄養面も期待できるヨーグルトアイス!今年もかなりお世話になりそうです。
 
いつも面倒で市販のものでやってしまうけど、今年はヨーグルティアで作った手づくりヨーグルトで作ってみようかしら・・・
 
みなさんも乳酸菌冷凍問題はそんなに気にせずに、いろんなタイプのヨーグルトを食べてみてくださいね。

発酵の仲間づくりやお仕事をするなら「発酵資格講座」

少し本気で発酵や腸活に取り組みたくなった方向けに、発酵ろまんでは、発酵ライフ推進協会とのコラボにて、発酵資格講座「発酵ライフアンバサダー」「発酵ライフアドバイザー」をご提供しています。

長谷川ろみ

発酵ライフ推進協会で、通信校のコンテンツプロデュースを担当しています。

・発酵を本格的に学びたい
・発酵仲間を作りたい
・発酵をお仕事&副業にしたい
・発酵を広める社会貢献活動がしたい

こんな方はぜひ、発酵資格講座のご受講をご検討ください。

長谷川ろみ

オンラインで時間や場所を選ばない通信講座なのに、今後の活動につながるサポートが満載なのは、発酵ライフ推進協会のオンライン校だけ!

\無料講師講座などサポートいっぱい(*´ω`*)/

》》講座の詳細をみる

発酵ライフ推進協会_発酵アドバイザー定例会
長谷川ろみ

有資格者だけの限定勉強会を定期的に開催!ずーっとマニアックな発酵が学べます。

発酵が気になる人

発酵食が好きだけど、教えたり、伝えたりしたいかどうかはまだわかんないな~

長谷川ろみ

学んでいるうちに伝える活動がしたいな~と思ったら、その時に講師養成講座を無料で受けられます。アシスタント体験制度で実務も体験できるから、いったん体験してみるっていうのもおもしろいよ。

\無料講師講座などサポートいっぱい(*´ω`*)/

》》講座の詳細をみる

工藤孝文先生

この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 
詳しくはこちら>

目次