ぬか漬けにするだけで栄養爆上げ?!効果効能と食べすぎリスクを徹底解剖

ぬか漬け栄養効果効能

【この記事で解決できるお悩み】
・同じ野菜でも生より、ぬか漬けにするほうが栄養価が高いってほんと?
・具体的に何が違うの?
・食べ続ける場合の注意点も教えて!

長谷川ろみ

この記事では、こんなお悩みを解決します!

おうち時間が増え、運動する機会が減り、ちょっとだけ仕込みの手間をかけた料理が作りやすくなったことで、「ぬか漬け」を始める人が多くなっています。

ぬか漬けは健康によい食べものとして人気がありますが、実際になぜ健康によいのか説明できる人は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、ぬか漬けの栄養と効果効能について大解説!1日に食べる最適量と食べ過ぎのリスクもまとめてみました。

長谷川ろみ

この記事を書いた人:
腸活研究家 長谷川ろみ
発酵食品にハマり、ダイエットなしで12㎏減。痩せたことをきっかけに腸を愛でる生活に目覚める。重度の便秘から解放され、腸活研究家として活動開始。今では発酵ライフ推進協会通信校校長を務め、昔の自分と同じ悩みを持つ方に向けて腸や菌のおもしろさを発信中。詳しくはこちら

発酵を体系的に勉強したくなったら…
発酵ライフ推進協会オンライン校へ


\無料講師講座などサポートいっぱい (*´ω`*)/

》》発酵資格講座の詳細をみる

目次

ぬか漬けとは?

ぬか漬けは、米ぬかに塩、水などを混ぜて、野菜などを漬けてつくるお漬物のことを言います。

ぬか漬け
=米ぬかに塩、水などを混ぜて、野菜などを漬けるお漬物のこと
長谷川ろみ
ぬか漬けというと野菜を思い浮かべる人が多いけど、お肉やお魚のぬか漬けもおいしいですよね。個人的には、ゆで卵やチーズ、ナッツを漬けるのも好きです。ナッツはおつまみにもいいよ~!

ぬか漬けの歴史

ぬか漬けの歴史は、江戸時代までさかのぼります。

精米技術が発達したことで、きちんと白米とぬかを分けられるようになったのがはじまり。

残されたぬかを有効活用するための1つの手段として、ぬか漬けは発展しました。

長谷川ろみ
塩漬けなどのシンプルな漬物に比べると、ぬか漬けは比較的歴史が浅く、新しい漬物なんです。たしかに塩漬けしかなかった当時の人達からみたら、かなり画期的な漬物だったんだろうね~!

▲目次に戻る▲

ぬか漬けが健康に良いと言われる理由

ぬか漬けが健康に良いと言われる主な理由は、以下の2点です。

理由➀ 植物性乳酸菌がたくさん含まれる
理由➁ 発酵によって栄養バランスが良くなる

一つずつ見ていきましょう。

理由➀ 植物性乳酸菌がたくさん含まれる

ぬか漬けには、強く丈夫な「植物性乳酸菌」がたくさん含まれます。

乳酸菌には、乳製品などに多く含まれる動物性乳酸菌と、野菜や果物などに多く含まれる植物性乳酸菌があります。

植物についている乳酸菌は、過酷な自然の中で育っているため、エサがなかなか手に入らない環境でも増殖しやすく、丈夫で強い生命力があるという特徴があります。

ぬか漬けは、植物性乳酸菌がたっぷり含まれているという意味で注目されていて、野菜などシンプルかつ食物繊維がたっぷりの具材と合わせて食べるので、腸内環境を整える「腸活」にはぴったりなおかずです。

長谷川ろみ
最近は植物性乳酸菌だから強いとか、動物性乳酸菌だから弱いとは考えなくなりました。植物性乳酸菌でも弱い子もいるし、逆に動物性乳酸菌だって強い子もいるので、正直あんまり分けて考える意味がないって言うことがわかってきたんです。発酵菌は本当に個性的でおもしろいなぁ~!

理由➁ 発酵によって栄養バランスが良くなる

ぬか漬けは、乳酸菌などの発酵によって、糖やたんぱく質が分解され、たくさんの栄養素が生まれます。

ぬか自体にもビタミンB群やカリウムがたっぷり含まれているので、そこに漬け込んだ野菜などの栄養価もアップします。

長谷川ろみ
生食と漬物にして食べるのは、結構栄養価が違うんですよ。もう同じ食べ物(材料)だとは思えないものも多くあります!

例えば、シンプルな味で人気のきゅうりのぬか漬けと、生食きゅうりの栄養素を比べてみましょう。

きゅうり(生)きゅうり(ぬか漬け)
エネルギー(kcal)1328
水分(g)95.485.6
たんぱく質(g)11.5
脂質(g)0.10.1
炭水化物(g)36.2
食塩相当量(g)05.3
B1(mg)0.030.26
B2(mg)0.030.05
カリウム(mg)200610
マグネシウム(mg)1548
リン(mg)3688
水溶性食物繊維(g)0.20.4
不溶性食物繊維(g)0.91.1

引用:文部科学省|食品成分データベース(日本食品標準成分表2020年版)

ぬか漬けにすることで、特にぐんと増えるのはビタミンB群やカリウム、マグネシウムです。

ビタミンB1はなんと8倍以上に、カリウムやマグネシウムは3倍以上に増えるというから驚きです。

長谷川ろみ
ビタミンB1、カリウムやマグネシウムなどのビタミンやミネラルは、代謝を良くしたり、体内の余分な水分や老廃物を捨てやすくしてくれる栄養素だと言われているよ~。

▲目次に戻る▲

ぬか漬けに含まれる注目の栄養素

ぬか漬けにすることで、生食より一気に増えた注目の栄養素は以下の通りです。

栄養① ビタミンB群
栄養➁ カリウム&マグネシウム
栄養➂ γ-オリザノール

一つずつ見ていきましょう。

栄養① ビタミンB群

ビタミンB群は、ぬか漬けにすることで増える栄養素のひとつです。

特に大きく増えるのは、代謝を助けるビタミンB1とビタミンB2です。

ビタミンB1
=水溶性ビタミンの一種。炭水化物(糖質)の代謝を促す
=神経や筋肉の機能を正常に保ち、疲労回復に役立つ
ビタミンB2
=水溶性ビタミンの一種。エネルギー代謝を助ける。
=皮膚や粘膜を健やかに保つ

1996年に広島大学が報告した研究(※1)によると、ビタミンB1を摂取するだけで、軽度アルツハイマー病の患者の認知機能が改善したことがわかっています。

この研究で摂取したビタミンB1は1日100mg、継続期間は約12週間です。

長谷川ろみ
いつまでも元気に若々しく生きていこうと思ったら、ビタミンB1が不足しないような食生活をキープするのも大事かも!食事のバランスは大事だなぁ。

栄養➁ カリウム&マグネシウム

カリウムとマグネシウムも、ぬか漬けにすることで増える栄養素です。

カリウム
=ナトリウム(塩分)の排泄をしてくれるミネラル
=高血圧やむくみを予防する効果がある
マグネシウム
=体内にある酵素(約300種類以上)のはたらきをサポートするミネラル
=カルシウムと一緒に丈夫な歯や骨を作る
=血糖値やコレステロール値の調整を行い、糖尿病の予防をする

マグネシウムは、体内にある酵素のはたらきをサポートするため、体のさまざまな機能に関わっていると言われています。

特に腸活中の方にとっては、腸内のぜん動運動を正常化し、腸内の水分量を適切にする効果もあるので、不足しないように注意したい栄養素の一つです。

また近年増えている糖尿病の予防になるという点も注目されています。

2006年にアメリカのハーバードメディカルスクールから発表された報告(※2)によると、マグネシウムのサプリメントを1日360mg、4週間~16週間にわたり摂取しただけで、空腹時血糖値が改善されたとのこと。

マグネシウムも不足しないように注意したい栄養素ですね。

長谷川ろみ
わたしは白湯にマグネシウムがたっぷり含まれたにがりを、ちょっと追加して飲んだりしてます!入れすぎるとマズいから、気を付けて~笑

栄養➂ γ-オリザノール

γ-オリザノールは、米ぬかや米油に多く含まれるポリフェノールの一種です。

γ-オリザノール
=米ぬかに多く含まれるポリフェノールの一種。
=血行改善効果、コレステロール低減効果が注目されている

ポリフェノールは全般的に高い抗酸化力が注目されていますが、その中でも血中コレステロールを調整して、自律神経のはたらきを調整したり、動脈硬化を予防すると言われています。

γ-オリザノールはポリフェノールの一種で、高い抗酸化力があるとされている成分です。血行をよくする作用や、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすはたらきがあります。また、自律神経のはたらきを助ける作用により、脳の機能の改善に役立つ成分でもあります。

イノシトールは体内で筋肉や神経細胞に多く存在しています。脳の活動や神経伝達の正常化に不可欠な栄養素であるほか、髪の健康を保ったり、肝臓への脂肪の蓄積を防いだりと、幅広いはたらきがあります。(※7,8)

長谷川ろみ
ぬか漬けって、血行をよくしたり、コレステロールの調整をしてくれるので、慢性的な生活習慣病の予防になりそう…!お手軽なのに、うれしい栄養素がいっぱい採れます。


▲目次に戻る▲

ぬか漬けの効果効能

ぬか漬けに期待する効果効能は以下のとおりです。

効果効能➀ 腸内環境の改善
効果効能➁ 免疫力アップ
効果効能➂ 動脈硬化の予防
効果効能➃ ダイエット&美肌サポート

一つずつ見ていきましょう。

効果効能➀ 腸内環境の改善

ぬか漬けの効果効能の1つ目は、腸内環境の改善です。

植物性乳酸菌の菌体がたくさん採れるのはもちろん、マグネシウムやカリウムなどの腸内環境の調整を助ける栄養素もたくさん含まれています。

また、ぬか漬けのすごいところは食物繊維がたっぷりの野菜も一緒に採れるところです。食物繊維は腸内細菌、特に善玉菌のエサになり、腸内環境の改善を助けてくれます。

便秘解消のために、腸内環境を整えたい人は、わたしが挑戦した腸活法100個の中から効果が出やすいものを厳選し、挑戦しやすいドリル形式でまとめた「腸活ドリル」もおすすめです。気になる方はチェックしてみてくださいね。

\ 今ならオープニング価格で70%OFF (*´ω`*)/

》》腸活ドリルを購入する

効果効能➁ 免疫力アップ

ぬか漬けの効果効能の2つ目は、免疫力アップです。

ヒトの免疫細胞の7割は小腸に集まっているため、腸内環境が整うと免疫細胞の働きも正常化し、免疫力アップにつながることが知られています。

ぬか漬けの腸内環境改善効果が、結果的に免疫力アップにつながり、風邪やインフルエンザにかかりにくくなったり、花粉症やアレルギーが緩和します。

長谷川ろみ
免疫細胞が正常に働いていれば、ガン細胞などもできにくくなるので、結果的に病気にもかかりにくくなるよ~!

効果効能➂ 動脈硬化の予防

ぬか漬けの効果効能の3つ目は、動脈硬化の予防です。

栄養素についての説明でもコレステロール値の低下や血行を良くする機能について説明しましたが、ぬか漬けに含まれる以下の栄養素は、すべて動脈硬化予防をサポートしてくれる機能が期待できます。

ビタミンB群
カリウム・マグネシウム
γ-オリザノール

しなやかな血管を作り、生活習慣病を予防するために必要な栄養素がバランス良く含まれているのもぬか漬けのスゴイところです。

効果効能➃ ダイエット&美肌サポート

ぬか漬けの効果効能の4つ目は、ダイエットサポートです。

もちろんぬか漬けを食べ過ぎては元も子もないですが、適量であれば代謝を良くして、酵素の働きを良くする成分がたくさん含まれているぬか漬けは、ダイエットもサポートしてくれます。

ビタミンB1:糖質をエネルギーに変換する
ビタミンB2:脂肪をエネルギーに変換する
マグネシウム:酵素の働きを助ける
乳酸菌&食物繊維:腸内環境を整える
長谷川ろみ
美肌効果を狙うならビタミンCの多いパプリカなどの野菜をぬか漬けにすると、バランスよくビタミンがとれるかも!?ぬかに足りないビタミンと言えばビタミンCなので、バランスを良くするためにもおすすめです。

▲目次に戻る▲

ぬか漬けの食べ過ぎリスク

ぬか漬けはおいしくて栄養満点ではありますが、食べ過ぎはNGです。

その理由は、塩分量の多さです。

長谷川ろみ
ぬか漬けは栄養分も増えるけど、塩分も増えちゃうから注意が必要なんですよ…。

世界界保健機構(WHO)が1日に推奨している塩分量は、5.0g。

日本人の食生活はそもそも世界では塩分が多いほうなので、厚生労働省が推奨する日本人の食事摂取基準では、若干多めの男性7.5g/日未満、女性6.5g/日未満が目安になっています。

ぬか漬けをたくさん食べてしまうと、すぐに推奨量を超えてしまうので、食べ過ぎには注意が必要です。

例えば、きゅうりのぬか漬けは100g中に5.3gの食塩が入っています。

きゅうりのぬか漬けを輪切りにして、3切れ程度つまんだ場合、すでに1g以上の塩分を摂取してしまう計算になります。

きゅうりのぬか漬け3切れ(20g)=1.06g
長谷川ろみ
これだけで、1日の約7分の1程度の塩分をとってしまいました。笑 普通にきゅうりのぬか漬けを食べるのではなく、食べ過ぎないように計算しながら、減塩対策をするのが大事かもね。

ぬか漬け1食分はどのくらい?

定食屋さんなどでぬか漬け1食分として、大体3切れ程度が盛られています。

自宅で食べるときもおいしいからと言って大量に食べないで、20g程度に抑えたいところです。

1食分のぬか漬けを食べた時の塩分量は、以下の通りです。

長谷川ろみ
ぬか漬け1食分を食べた時の塩分量は、1g以内に抑えたいなぁ…。
100g中の塩分量(g)3切れ分(20g)の塩分量(g)
かぶ(皮付き)のぬか漬け2.20.4
なすのぬか漬け2.50.5
だいこんのぬか漬け3.80.8
きゅうりのぬか漬け5.31.1
かぶ(皮なし)のぬか漬け6.91.4

引用:文部科学省|食品成分データベース(日本食品標準成分表2020年版)

長谷川ろみ
皮つきのかぶやなす、大根は塩分量1g程度に抑えられますが、きゅうりとか皮なしのかぶはやっぱりちょっとおおそう…塩分抜きが必要ですね~

▲目次に戻る▲

ぬか漬けの塩分を減らす方法

ぬか漬けの塩分を減らす方法は以下の通りです。

方法➀ 漬ける時間を減らす
方法➁ 少し水につけて水抜きする
方法➂ ぬかをしっかり落とす
番外編 カリウムを含む野菜を選ぶ

一つずつ見ていきましょう。

方法➀ 漬ける時間を減らす

ぬか漬けの塩分を減らす方法の1つ目は、漬ける時間を減らすことです。

漬ければ漬けるほど味が濃くなるのはあるあるですが、一定の味がついたらすぐにぬかから引き上げるほうが、塩分量を気にせずに済みます。

ほったらかしにしてしまうと、どんどん塩分を吸ってしょっぱいぬか漬けになってしまうので注意が必要です。

長谷川ろみ
ぬか漬けは引き上げ時も大事ですよね。ちょっと浅いかなぐらいが私は好きかも!

方法➁ 少し水につけて水抜きする

ぬか漬けの塩分を減らす方法の2つ目は、少し水につけて水抜きすることです。

水に漬けると水溶性ビタミンは流れてしまうので、なるべく浅漬けにして早くぬかから上げるほうがよいのですが、忘れてしまってほったらかしてしまったら、水につけて塩抜きすることもできます。

方法➂ ぬかをしっかり落とす

ぬか漬けの塩分を減らす方法の3つ目は、ぬかをしっかり落とすことです。

ぬかがついたまま食べないと栄養がちゃんと摂れないと思っている人がたまにいますが、そんなことはありません。ぬかをちゃんと落としても、発酵のちからで栄養素はすでに分解されていて、十分に栄養素は増えています。

むしろぬかの塩分のほうが心配なので、しっかりおとしてから食べましょう。

番外編 カリウムを含む野菜を選ぶ

ぬか漬けの塩分を減らす方法の番外編は、カリウムを含む野菜を選ぶことです。

カリウムには無駄な塩分を体外に排泄してくれるので、塩分の多いぬか漬けを食べる時は一緒に採りたいところです。

カリウムが多い野菜
ほうれんそう
かぼちゃ
ごぼう
にんじん
だいこん
なす など
長谷川ろみ
ぬか漬けにしやすい野菜でいうと、ごぼうやだいこん、なすなどはカリウムが多めなので、おすすめです!

▲目次に戻る▲

まとめ:ぬか漬けの栄養・効果効能・塩分リスク

ぬか漬けは、米ぬかに塩、水などを混ぜて、野菜などを漬けてつくるお漬物のことを言います。

ぬか漬け
=米ぬかに塩、水などを混ぜて、野菜などを漬けるお漬物のこと

ぬか漬けにすることで、栄養素はぐんと増えますが、中でもビタミンB群やカリウム、マグネシウムの増加量は激しく、ビタミンB1はなんと8倍以上、カリウムやマグネシウムは3倍以上に増えるというから驚きです。

栄養① ビタミンB群
栄養➁ カリウム&マグネシウム
栄養➂ γ-オリザノール

栄養素が増えることで、たくさんの期待効果が注目されています。

効果効能➀ 腸内環境の改善
効果効能➁ 免疫力アップ
効果効能➂ 動脈硬化の予防
効果効能➃ ダイエット&美肌サポート

栄養たっぷりのぬか漬けですが、食べ過ぎは禁物です。食べ過ぎると簡単に1日の塩分量を超えてしまうから。

ぬか漬けの塩分を減らす方法は以下の通りです。

方法➀ 漬ける時間を減らす
方法➁ 少し水につけて水抜きする
方法➂ ぬかをしっかり落とす

また、積極的にカリウムを含む野菜(=ごぼう・だいこん・なす)を食べて、塩分を体内に貯めないようにしましょう。

参考にしてみてね。

発酵の仲間づくりやお仕事をするなら「発酵資格講座」

少し本気で発酵や腸活に取り組みたくなった方向けに、発酵ろまんでは、発酵ライフ推進協会とのコラボにて、発酵資格講座「発酵ライフアンバサダー」「発酵ライフアドバイザー」をご提供しています。

長谷川ろみ

発酵ライフ推進協会で、通信校のコンテンツプロデュースを担当しています。

・発酵を本格的に学びたい
・発酵仲間を作りたい
・発酵をお仕事&副業にしたい
・発酵を広める社会貢献活動がしたい

こんな方はぜひ、発酵資格講座のご受講をご検討ください。

長谷川ろみ

オンラインで時間や場所を選ばない通信講座なのに、今後の活動につながるサポートが満載なのは、発酵ライフ推進協会のオンライン校だけ!

\無料講師講座などサポートいっぱい(*´ω`*)/

》》講座の詳細をみる

発酵ライフ推進協会_発酵アドバイザー定例会
長谷川ろみ

有資格者だけの限定勉強会を定期的に開催!ずーっとマニアックな発酵が学べます。

発酵が気になる人

発酵食が好きだけど、教えたり、伝えたりしたいかどうかはまだわかんないな~

長谷川ろみ

学んでいるうちに伝える活動がしたいな~と思ったら、その時に講師養成講座を無料で受けられます。アシスタント体験制度で実務も体験できるから、いったん体験してみるっていうのもおもしろいよ。

\無料講師講座などサポートいっぱい(*´ω`*)/

》》講座の詳細をみる

▲目次に戻る▲

参考文献

(※1)Thiamine therapy in Alzheimer’s disease
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/8815393

(※2)Effects of oral magnesium supplementation on glycaemic control in Type 2 diabetes: a meta-analysis of randomized double-blind controlled trials
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16978367


▲目次に戻る▲

目次